マーク·チャオ。 マーク・チャオ: ブログ

中国俳優マークチャオ フォトカードセット! :079:華流グッズストア

マーク·チャオ

「永遠の桃花~三生三世~」より。 , Ltd マーク・チャオ <趙又廷> 1984年9月25日生まれ台湾出身。 身長180cm。 カナダヴィクトリア大学卒。 父親は俳優の趙樹海。 2009年にヴィック・チョウと共にドラマ 「ブラック&ホワイト」に出演し、第44回台湾金鐘賞にて最優秀主演男優賞を受賞。 2010年には、 『モンガに散る』でスクリーンデビューを果たし、第五回アジア・フィルム・アワードで最優秀新人賞を獲得する。 デビュー時から演技派としての作品出演が続き、台湾の若手俳優としては異色の存在として注目を集める。 個性派有名監督からのオファーも多く、ドラマと映画 『ハーバー・クライシス』シリーズを手がけたツァイ・ユエシャン監督や、 『モンガに散る』のニウ・チェンザー監督、そしてツイ・ハーク監督の人気シリーズ 『狄仁傑』には2作品出演するなど、大物感ハンパないラインナップの数々はまさに圧巻。 約8年ぶりのドラマ出演となった 「永遠の桃花~三生三世~」(17年)では、墨淵と夜華という二つの異なるキャラクターを熱演し話題に。 今後のグローバルな活躍に注目が集まる存在。 「永遠の桃花~三生三世~」より。 , Ltd 【おススメ!マーク・チャオ出演作】 「ブラック&ホワイト」 ヴィック演じるチャラ男の在天とは正反対の熱血漢、英雄役。 台湾ドラマ史上に残る名バディ作品。 『モンガに散る』 イジメられっこモスキートを演じ、極道の世界に足を踏み入れ翻弄されていく若者たちの青春を熱演。 Text:島田亜希子 ライター。 中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆する他、中文翻訳も時々担当。 『台湾エンタメパラダイス』『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)にて執筆記事掲載中。

次の

永遠の桃花~三生三世~

マーク·チャオ

Contents• blogspot. 現に、永遠の桃花放送前は 「時代劇史上、最も醜い美男子」と呼ばれていたといいます苦笑 それが、放送後、本国でもその 評価はうなぎ登りに。 その男の色気とセクシーさで、まさに「男は顔じゃない」を証明したんですね。 いや、そこらへんにいる男性の顔よりは十分かっこいいのですが笑 プロフィールから! 名前:趙又廷 Mark Chao 国籍:カナダ 生年月日:1984年9月25日 出生地:台湾台北市 身長:180cm 体重:68kg と、台湾出身の俳優さん。 お父さんも俳優で、 役者の一家に生れます。 大学は、カナダのヴィクトリア大学を卒業しています。 国籍がカナダなので、国籍を変えた可能性が高いですね。 台湾では、09年に新人ながら、ドラマ 「ブラック&ホワイト」に起用。 鮮烈レビューを飾りました。 その後は、中国に活動の拠点を移しました。 お父さんも台湾出身ですが、祖籍が河北省となっているので、戦後蒋介石と一緒に台湾に渡ってきた 外省人だと思われます。 ドラマ出演作品は? ドラマ出演作品は多いのですが、 日本でも有名なのはやはり、下記の2作でしょうか。 ブラック&ホワイト ブラック&ホワイトの演技は、台湾版エミー賞・ 金鐘奨で主演男優賞に輝いたんですね。 まさに、名作なのでチェックしましょう。 結婚や妻 奥さん についても! そして、プライベートな情報! マークさんは2014年に同じ俳優の、 高圆圆さんと結婚しました。 「捜索」という映画で二人は知り合ったといいます。 baidu. とっても綺麗です! 俳優同士の結婚はやはり、中国でも多いですね~ 同業者同士で結婚というのは古今東西どこにでもあるようです。 奥さんの高さんも もうすぐ40歳であり、 お子さんは欲しいとのことなのですが、 マークさんがあまりにも忙しくなかなかできないと最近のインタビューで語ったようです。 うーん、スターも大変ですね。 まとめ ということで、マークチャオさんについてでした! なんといっても、 永遠の桃花の演技とかっこよさにみんな度肝を抜かれたようです。

次の

【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>:1

マーク·チャオ

「謝罪大会」がネット上で話題だ。 自由時報が伝えた。 【】 マーク・チャオは09年、新人ながらドラマ「ブラック&ホワイト」に起用され、その年の台湾版エミー賞・金鐘奨で主演男優賞に輝いた。 その後、拠点を中国に移して活動しているが、美男キャラ「夜華」を演じる時代劇ドラマ「三生三世十里桃花」で猛批判を浴びることに。 ドラマのビジュアルが公開されたとたん、「時代劇史上、最も醜い美男子」「人選ミス」などとダメ出しの声が沸き起こったためだ。 人気小説が原作の「三生三世十里桃花」は昨年、映画版も制作されたが、こちらでは「夜華」役にイケメン俳優のヤン・ヤン(楊洋)を起用。 納得の美しさだっただけに、マーク・チャオへの風当たりは余計に強くなった。 しかし、先月末に配信スタートした「三生三世十里桃花」は人気が高まり、すでに再生回数が130億回を突破という異例のヒット作に。 同時に視聴者の間では、マーク・チャオの演技力や存在感を評価する声が広がり、中国版ツイッターのフォロワー数が一気に150万人も増加。 「全ては私の間違い」「心から謝りたい」などと謝罪メッセージが多く寄せられ、中国版ツイッターでは「マーク・チャオ 謝罪大会」が検索ワードのトップに急浮上し、話題を呼んでいる。

次の