つなぐ よ 子 に 学用品。 令和元年度船橋市所蔵作品展「椿貞雄・椿夏子展 親子をつなぐもの」|船橋市公式ホームページ

【オンライン】大切な思い出をつなぐ 写真整理の基本とスッキリ収納術

つなぐ よ 子 に 学用品

船橋市所蔵作品展 趣旨 船橋市が所蔵する市ゆかりの芸術家などの作品を展示することで、市民の皆さまの財産である芸術作品を有効に活用し、文化芸術に対する理解を深めていただき、また、芸術鑑賞の楽しみを見出していただくことを目的として平成13年から開催しています。 令和元年度船橋市所蔵作品展「椿貞雄・椿夏子展 親子をつなぐもの」 この度の展覧会では、船橋ゆかりの洋画家・椿貞雄(1896-1957)、染色家・椿夏子(1926-2004)親子の市所蔵作品とともに、近年市内で発見された作品、貞雄が愛蔵していた陶芸品を紹介します。 椿貞雄は大正3年、山形から上京して間もなく、岸田劉生(1891-1929)、武者小路実篤(1885-1976)ら白樺派の同人と出会います。 彼らは文芸雑誌『白樺』でヨーロッパの美術を日本に紹介していました。 その影響が強く表れていたのは肖像画、特に子供像です。 椿貞雄は生涯を通して子供を描いていましたが、その表現は、精神性を映し出すことを追究したものから、スナップショットのように日常の家族の姿をとらえたものへと変わっていきます。 本展では、作品をとおして、彼の芸術や子供に対する思いの変化を明らかにしていきます。 椿貞雄の子供像のモデルにもなっていた次女・夏子は、父と同様、美術家として活躍します。 彼女は東京女子美術専門学校刺繍科(現・女子美術大学)卒業後、父の紹介で、後に人間国宝となった染色家・芹沢銈介(1895-1984)に師事し、彼が創始した「型絵染」という技法で作品を制作しました。 絵画と工芸の密接な関係、それは貞雄・夏子親子をつなぐものでした。 貞雄の娘への愛情・夏子の父に対する尊敬のまなざしを、展覧会で感じていただけたらと思います。 会期 令和元年7月12日(金曜日)~7月28日(日曜日) 午前9時30分~午後8時(土曜日、日曜日、祝日は午後5時まで) 会場 船橋市西図書館(2階 ギャラリー) 〒273-0031 船橋市西船1-20-50 JR西船橋駅から徒歩約5分、または京成本線京成西船駅から徒歩約15分 関連イベント 親子向けワークショップ「なくしもの屋」(開催終了しました) 記憶の中に広がる風景をさがしてみませんか?言葉・場所・もの・匂い・音などのキーワードをもとに「なくしもの」を思い出して形にしていきます。 日時:7月15日(月曜日・祝日)14:00~15:30 講師:武藤亜希子(アーティスト) 会場:西図書館3階多目的室 対象:小学生以下の子供とその保護者(はさみを使用します) 定員:8組(先着順) 要事前申し込み。 6月17日(月曜日)から、文化課にお電話(047-436-2894)でお申込み下さい。 学芸員によるギャラリートーク 美術担当学芸員による展示解説です。 日時:7月19日(金曜日)、7月26日(金曜日)14:00~(30分程度) 講師:益子実華(船橋市教育委員会学芸員) 会場:西図書館2階ギャラリー 申し込み不要。 当日会場にお集まりください。 主催 船橋市教育委員会.

次の

つなぐBANK

つなぐ よ 子 に 学用品

歴史 [ ] 知的障害児を持つ母親3人が提唱し、に精神薄弱児育成会(別名 手をつなぐ親の会)が設立された。 各都道府県に育成会が結成され、それらが団結してに全国精神薄弱者育成会としてとなり、には社会福祉法人の全日本精神薄弱者育成会となる。 に差別的な言葉を除き、全日本手をつなぐ育成会と改名する。 に社会福祉法人を解散し、新たに各都道府県・政令指定都市育成会の連合体として任意団体の全国手をつなぐ育成会連合会を設立、活動している。 会員 [ ] 会員は、設立当初は障害児の親であったが、現在は障害のある本人・その家族や支援者となっている。 全国手をつなぐ育成会の正会員である全国47都道府県の手をつなぐ育成会(名称が異なる場合もある)と手をつなぐ育成会の傘下に、数多くの市町村・施設や学校などで作られた育成会が存在する。 全国手をつなぐ育成会の正会員は都道府県・政令指定都市育成会とされており、都道府県・政令指定都市育成会以外の団体や個人は、賛助会員となることができる。 市町村の育成会は居住地(中学校校区・で分けることが多い。 )別に組織されている例が多い。 ただし、名称は自治体名に「手をつなぐ育成会」を加えるスタイルでない場合もある。 障害者の家族・本人の加入については、例えば入会できる障害の範囲を知的障害に限定しないなど、育成会毎に要件が異なる場合がある。 活動内容 [ ] かつての全日本手をつなぐ育成会は、全国統括組織であったことから、各地の委員会をまとめ、研修プログラムを組みセミナーも開催していた。 また国際育成会連盟(Inclusion International)や国連などの代表機関との連絡、障害者の雇用・差別禁止・バリアフリーなどに関する法令化に向けた運動を行い政府への助言などマクロ的な活動を行っていた。 社会福祉法人格の取得は、障害者のための入所施設(第1種社会福祉事業)開設を志向してのことだったが、近年ではの観点から住み慣れた家、まちで暮らすことを志向するようになっており、法人格返上の一因とされている。 組織・名称変更後は、国際会議への参加や正会員・賛助会員向け機関紙の発行、政策動向等の情報発信などの活動を行っている。 鉛筆販売 [ ] 各都道府県およびその傘下にある育成会は、地元に密着したマイクロ的な活動を行う。 最も広く知られているものに、知的障害者支援活動に対する啓発、募金を兼ねて地元の小・中学校などで販売されるがある。 子どもたちの使用する筆記用具が多様化したため、消しゴム・シャープペンなど他の学用品・ハンカチが売られる場合もあるが、いずれの活動も下火となりつつある。 運動実施の是非や商品の名称などは各都道府県・政令指定都市育成会に委ねられており、頒布される学用品等も、などでは「愛のひとしずく」鉛筆 、、、、などでは「心のとも」鉛筆 、・・などでは「心とこころ」鉛筆 、やなどでは「愛の光」鉛筆 と呼ばれていた。 脚注 [ ].

次の

子どもたちの支援報告(つなぐよ子に〜ハドラミ、アビネット/トキオ編)

つなぐ よ 子 に 学用品

家族と暮らせないこどもたち。 社会にはさまざまな理由で保護者がいない・保護者の適切な教育が受けられなかったりする「社会的養護」を必要とするこどもたちが暮らす児童擁護施設があります。 その数は全国で約600 施設あり、2 歳~18 歳までのこどもたちが約3 万人暮らしています。 その中で小学校入学を控えた5 歳児だけでも1417 名(平成25年2月1日現在)にのぼると言われています。 (厚生労働省「児童養護施設入所児童等調査結果」より) また、近年ではDVによって生活の場を離れることを余儀なくされる母子が多く、母子支援センターが運営する母子寮も常に定員がいっぱいの状態です。 何も持たず駆け込んだ多くの母子が新たな生活を始めなければならず、最低限の生活支援物資が必要とされています。 ランドセルをとりまく環境。 現代の日本文化の中で学用品の一部であるランドセルは少子化の影響を受けて贈答品として価格が高騰し、そのデザインは多様化してきています。 多くの児童が両親や祖父母に連れられてランドセルを買いにいくのが報道ニュースに取り上げられる事も少なくありません。 そんな加熱するランドセル商戦の一方でデザインや色の多様化により製造メーカーや卸売業者・小売店では多くの在庫を抱えています。 つなぐランドの願いは すべてのこどもたちに夢のある学習環境を。 ランドセルの寄付を募り、 児童擁護施設や母子生活支援施設へ寄贈。 つなぐランドはランドセルを取り扱う企業が抱えている在庫を商品寄付として募り、多くの児童養護施設や母子生活支援施設に寄贈することで支援者とこどもたちをつなぐ活動をしています。 ランドセルが持てない為、学校へ行くのが嫌になるこども、他の子との違いにコンプレックスを感じてしまうこども、そのような不安を取り除き毎日のスクールライフが活き活きとした時間であってほしい。 それがつなぐランドの願いです。

次の