パズー トランペット。 必殺仕事人のトランペット奏者は誰?ルパンやラピュタでも演奏してるよ

必殺仕事人のトランペット奏者は誰?ルパンやラピュタでも演奏してるよ

パズー トランペット

明日夜9時金曜ロードショーにて公開のスタジオジブリ映画[天空の城ラピュタ]について誰得情報。 パズーが早朝に小屋の上でトランペットで演奏していた曲[ハトと少年]は、小学生のときに学校の掃除の時間の際にかけられていた曲です。 はい誰得。 — 画家のはしくれ 勅使河原浩太郎 自称:瀬戸内国際芸術祭2019非公認芸術家 GAKANOHASIKURE おっ、今日ラピュタが放送されるんか、私の目覚ましの音はずっとパズーがトランペットで演奏しているあの曲です。 目覚ましにするとどんなに好きな曲でも嫌いになっちゃうあの特有の感じが一切ないので良いよ。 — かなこが… kxkx13 天空の城ラピュタの序盤で登場するパズーがトランペットを吹くシーン。 シータが空から降ってきた翌日に朝の日課として行っている印象です。 普通に見ていれば気持ちの良い朝だなーと感じますよね。 実はこのシーンはいくつか理由が存在するのではないかと言われています。 シータを歓迎する意味• パズーの両親(父親・母親)に挨拶をする意味 この2つの意味が込められているのではないかと考察します。 では詳しく解説していきます。 トランペットを吹く意味や理由と母親の存在について なぜパズーはわざわざ朝、あんなに周りに響きそうな屋上でトランペットを吹くのか気になって仕方ない。 パズーは毎日、日が昇る時と同時にトランペットを吹く習慣があると仮定できます。 日の出は時期によって時間は異なります。 よって、パズーはお日様・お天道様に向けてトランペットで挨拶をしていると考えれます。 この「お天道様」こそ、すでに他界している両親(父親・母親)に対する「おはよう」の挨拶なのではないかと考えられています。 ある国ではお天道様は守護してくれる存在であり、まさにパズーにとって両親の存在と重ねているのではないでしょうか。 ラピュタのストーリーの中では、ラピュタを生涯探し続けた父親のエピソードは登場しますが、母親については全く触れられていません。 よって、母親は父親よりも早くに他界しているのではないでしょうか。 または幼少期に生き別れしているなど、パズー自身の記憶に存在していないのだと思われます。 いずれにせよ、両親を含む、パズーの先祖に挨拶をする、今日も1日頑張るから見守ってくださいの意味が含まれていると考察します。 そして、もしかするとトランペットを教えたのが両親であると仮定するなら、昔からパズーの家ではお天道様に向かって感謝をする方法が楽器だったのかもしれません。 また時代背景からしても、トランペットは職業としても役に立つと思われます。 シータにも一族としての「仕来り」「おまじない」があったように、パズーにも何かしらのあったと考えると不自然ではありません。 シータを歓迎する意味 できたはずだれど,彼がトランペットを吹くことで,王を迎えたことと,自分が「王の従者」であり「王を守る者」であることを意味する。 この時点でパズーはシータが王女だと知らないから,これは暗示。 そしてその通りに物語は進んでいく。 ちなみにこの曲, — Yamada tone2m 一方でパズーの吹くトランペットはシータを歓迎する、迎える意味があるのではないかという説です。 シータは序盤では「ラピュタ族の王位継承者」というのは判明していませんが、物語が進む毎にその正体がわかっていきます。 トランペットとは、かつて王の即位や凱旋からの帰還などで、歓迎をする際に吹かれあ楽器だったと言われています。 よって、パズーはトランペットを吹くことで、シータを歓迎する家来たちのような存在であることをすでに序盤で意味しているのではないでしょうか。 王の家来とは、「王の従者」「王を守るもの」になります。 パズーは最後まで、シーターを命を掛けてでも守ろうとします。 まさに、その意味をトランペットを吹く事で表現していると推察します。 上記の2つの理由がこのシーンには隠されているのではないかと思います。 まとめ 今回は天空の城ラピュタでパズーはなぜトランペットを吹くのか、理由と母親の存在について考察しました。 ただ単にパズーの習慣なのかもしれませんが、別にトランペットである必要はなかったと思います。 もし上記の理由があるのであれば、宮崎駿監督の設定の熟考さには鳥肌ものですね。 「天空の城ラピュタ」関連記事.

次の

トランペットとは|サウンドハウス

パズー トランペット

スポンサードリンク パズーがトランペットで吹いてる曲とは? ラピュタ劇中で パズーがトランペットで吹いてる曲は なんていうのかといえば・・・ ハトと少年(スラッグ渓谷の朝) と呼ばれる曲。 パズーがトランペットで 「ハトと少年」を演奏しているシーンは 白いハトが飛び立ってるのと相まって とても曲名とマッチしている場面と言える。 ちなみにこの 「ハトと少年(スラッグ渓谷の朝)」という曲は ラピュタ以外でも聞く機会が多いと思う事から、 「有名な音楽をラピュタ劇中で演奏してるのか? 」 みたいに思うかもしれないけど、 パズーがトランペットで演奏してる 「ハトと少年(スラッグ渓谷の朝)」は ラピュタオリジナルの曲 となっている。 実際のところ、 「ハトと少年」というのもまさに トランペットを吹くパズーとハトを意味してるし、 「スラッグ渓谷」というのも ラピュタの劇中に登場する地名となってる。 スポンサードリンク パズーのトランペットを実際に吹いてるのは? ラピュタの劇中で パズーがトランペットを吹いてるけど、 実際にトランペットを吹いてるのは 数原晋さん というトランペット奏者。 数原晋さんはラピュタの「ハトと少年」以外だと 必殺仕事人のテーマ「冥土の鈴か、地獄花」 も演奏していたりする。 とても渋い曲調の歌だけど まさかラピュタの劇中で演奏されてる 「ハトと少年」を吹いてる人が吹いてるとは思わなかった。 朝を迎えた事を知らせるかのような 明るい曲調の「ハトと少年」とのギャップが とてもすごい事になってるように感じる。 パズーがトランペットで吹いてる曲はまとめ パズーがトランペットで吹いてる曲は以上。 一応 ハトと少年(スラッグ渓谷の朝) はラピュタオリジナルの曲なのだけど、 ハトと少年(スラッグ渓谷の朝)は 割と聞く機会が多い曲だと思うので、 有名な音楽家の曲か何かだと 思う人もいるのかもしれないと思う。

次の

「ラピュタ」のパズーが理想男子な3つの理由&パートナーにしたいジブリイケメンまとめ(トリセツ付き!)

パズー トランペット

こんにちは。 天空の城ラピュタと言うと、 ドキドキハラハラさせられる冒険映画として知られています。 また、そのドキドキ感を 盛り上げるのに使われているのが音楽です。 天空の城ラピュタの音楽担当は前作、風の谷のナウシカから 久石譲さんが担当されています。 久石譲さんがこの映画の音楽づくりをするのに深く関わっているのはラピュタの プロデューサー高畑勲氏で、映画の主題歌「君を乗せて」の作詞にも高畑氏が関わっていることは有名です。 そんな「天空の城ラピュタ」で主事に追うパズーが朝のシーンで吹く 「ハトと少年」のトランペットが上手い!と話題になっていますが、この曲の 原曲ってあるんでしょうか? 気になったので調べてみました! 目次• パズーはトランペットが上手いのかプロに質問 今日の金曜ロードショーは だそうですね。 ラピュタといえば、 の。 すると、 「パズーのトランペットはヤバすぎるほど上手い!」との答えでした。 その理由について聞いたことをご紹介しますね。 友人はトランペットを習い始めてすぐの頃にパズーが演奏している「ハトと少年」にチャレンジしたそうです。 ただ、彼女の場合オクターブしたで吹けた気になってしまい、やっぱりきちんと吹けない…と気付き、吹かなくなったそうです。 どういうことかと言うと(未経験者には全く分からない 笑) 初心者から見るとこの曲は音程が高い ということだそう。 高い音を吹くとなれば、その音を出すのは非常に大変で、出たとしても 細い音になってしまうそうです。 美しい音程で吹くとなれば、2オクターブくらいは吹けないとだめなのでは?と思うそうですよ。 ところが、パズーはどうかと言うと、 あんなに美しい音色でらくらくと吹けるのはまさにプロ中のプロ!と言ってもいいそうです。 超有名なトランペット奏者か?!というレベルだそうです! それなのにパズーの年齢はと言うと、 たったの13歳。 まさに、そのまんまの曲名で見るとすぐに パズーのための曲だと分かりますよね! このFanfareとは トランペットや太鼓を使った勇ましく華やかな短い曲のことを指します。 ちなみに、トランペットをやらない人は分からないかもしれませんが、「ハトと少年」という楽曲は トランペットの曲集のほとんどに入っているほどの有名な曲だそうです。 ちなみに、映画の中でトランペットを演奏されているのは 数原晋さんという方だそうですよ! 吹いていた曲名「ハトと少年」の原曲について では、天空の城ラピュタの中でパズーが吹いている「ハトと少年」の原曲の曲名はなんというのでしょうか? 調べてみたところ、この楽曲は ラピュタオリジナル曲だそうです。 しかも、題名「ハトと少年」というのも トランペットを吹くパズーとハトを意味していると思われますので、オリジナルというのは間違いなさそうです! パズーはなぜトランペットを吹くのか 大洗の海で朝っぽい曲をトランペット🎺で吹いてみました。 天空の城ラピュタより 「ハトと少年」 パズーが吹いてたやつです。 — 中南(ナカミナミ) 音楽アレンジ talisno さらに、映画を観ている人が疑問で思うのは 「 パズーはなぜトランペットを吹くのか?」ということではないでしょうか? この理由についても調べてみたところ、シータを歓迎する意味があるのではないか?というのがありました。 映画の中のストーリーが進むにつれ、 シータは王位継承者 だということが分かってきます。 昔、王が即位する際や凱旋で帰還する際などにトランペットが吹かれていました。 つまり、パズーがトランペットを吹くというのは シータを歓迎する家来のような役割だということを表しているのでは?ということです。 映画の中でパズーはシータを命をかけて守ろうとしていますが、これをトランペットを吹くことで表しているのでしょうね。 まとめ 天空の城ラピュタの パズーのトランペットがうまいのかどうか、「 ハトと少年 」 の原曲の曲名についても調べてみました。 トランペット経験者から見ると、実際に パズーのトランペットは上手いようです。 ただ、「ハトと少年」の原曲はなく、 天空の城ラピュタオリジナルということだそうですね。 今度観る時はパズーのトランペットの音色にしっかりと耳を傾けてみたいと思います!.

次の