フレッツ光 onu。 onuルーターの設定やランプの見方解説、onuは光モデムのこと?|ネット回線cdn.gifpop.io

フレッツ光で借りているモデムを交換したい!交換できる条件や交換までの流れを解説

フレッツ光 onu

光回線を利用する際に必要になる装置に「ONU」というものがあります。 あまり聞きなれない装置ですが、ONUはモデムやルーターとは違う機器なのでしょうか? 光回線終端装置とも呼ばれるONUの役割や、その他のよく似た装置との違いなどについて解説していきます。 ONUとは? ONUとは光回線を家の中に引き込んだ際に設置される装置で、光信号とデジタル信号(電気信号)を相互変換する役割を担います。 ONUという名前は「Optical Network Unit」の略で、日本語では光回線終端装置と呼ばれます。 戸建住宅でフレッツ光などの光回線を契約すると、多くの場合、このONUが提供されます。 ONUの見た目はモデムやルーターと似ています。 壁に設置された光コンセントと宅内光配線コードで接続でき、さらにLANケーブルで直接パソコンやルーターとも接続できます。 ONUの中にはルーターと一体化されたタイプもあります。 NTT東日本・西日本のフレッツ光では、契約内容によって、ONU・ひかり電話・ルーター・無線LANなどの機能を備えた一体型機器である「ホームゲートウェイ」という名前の装置をレンタルで提供しています。 現在のフレッツ光ではこの一体型のホームゲートウェイが提供されることが多いようです。 また、マンションやアパートで、共用スペースに光回線を引き込んで「VDSL方式」で各戸への配線を行っている場合は、各部屋にはONUではなく「VDSLモデム(VDSL宅内装置)」という装置が提供されます。 いろいろとややこしいのですが、いずれにしてもONUは光回線を通ってきた光信号とパソコンなどで利用するデジタル信号とを相互変換し、インターネットに接続して際にデータのやりとりをするための装置だと覚えておきましょう。 ONUとモデム、ルーターの違い ONUとモデム、ルーターとの違いを整理しておきます。 ONUとモデムの違い ONUとモデムはよく似ています。 モデムはアナログ信号とデジタル信号を相互変換する装置です。 モデムは光回線の前に広く普及していたADSLを利用するときに使用されていました(現在でもADSLを利用している家庭はあります)。 ADSLはアナログである電話回線を使用するため、モデムはパソコンとデータをやりとりするために必須の装置です。 役割が似ているため、ONUは光モデムと呼ばれることもあります。 ONUとルーターの違い ルーターはONUとは役割の違う装置です。 ルーターは複数のパソコン、ゲーム機、スマートフォンなどをインターネットに接続できるようにする装置です。 もう少し専門的に言うなら、パソコンなどにIPアドレス(インターネット上の住所のようなもの)を割り振るのがルーターの役割です。 ルーターにもいくつか種類があり、有線LANによる接続だけではなく、Wi-Fi(無線LAN)でも接続できる機能を持ったルーターはWi-Fiルーター(または無線LANルーター)と呼ばれます。 一方、上述したように、ONUとルーター機能が一体化された装置もあります。 ルーター機能があるONUにはLANポートが複数あります。 ONUは回線事業者から無料レンタルされる ONUはNTT東日本・西日本などの回線事業者から無料レンタルされることが一般的ですので、自分で購入することはあまりありません。 ただし、NTT東日本・西日本が提供する一体型のホームゲートウェイを利用する場合には、月額数百円程度のレンタル料金がかかります。 この場合、「ひかり電話」に加入していれば無料になるケースもあり、また内蔵無線LAN機能を利用するかしないか、無線LANカードを利用するかしないかなどでレンタル料金が変わってきます。 フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えた場合も、ONUやホームゲートウェイはそのまま流用できます。 その場合、レンタル元はNTT東日本・西日本から各コラボ事業者に変更されます。 ルーターはプロバイダーから有料でレンタルされることが多い NTT東日本・西日本から無線LAN機能内臓のホームゲートウェイをレンタルしている場合は、より高性能なルーターを使いたい場合を別として、別途ルーターを用意する必要はありません。 しかし、単体ONUのみレンタルしている場合、単体ONUと無線LAN機能のないホームゲートウェイをレンタルしている場合などで、Wi-Fiを使いたいときは別途Wi-Fiルーターを用意することになります。 ルーターは、インターネット接続サービスを行っているプロバイダーの多くが月額数百円程度の料金でレンタルサービスを行っています。 レンタルするメリットは、インターネットに接続するための設定などでわからないことがあれば、サポートに問い合わせて問題を解決できる点にあります。 一方、ルーターを自分で購入してONUと接続して使用している方も多くいます。 自分で買う場合は、設定などを自分で行う必要がありますが、その点をクリアできれば高機能な製品を自由に選ぶことができ、使用年数が長くなれば、レンタルする場合よりも安くなることが多いようです。 ちなみに、同じ光回線を使う場合でも、より高速で安定した通信が可能な「IPoE」を利用するには、IPoE対応ルーターが必要となります。 IPoE対応ルーターが無料レンタル! 速くてお得なDTI with ドコモ光 回線速度が安定し、快適にネットを楽しめるIPv6 IPoE 接続サービスの利用を検討されている方に朗報です。 をご存知でしょうか?国内で550万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービスで、以下のようにさまざまなメリットがあります。 IPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料 ドコモ光の回線スピードとそれを活かすIPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料で使えます。 また、通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。 しかし、DTI with ドコモ光であれば、光回線の開通前にIPoE接続対応の高性能ルーターが用意されます。 もちろん、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。 ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 最大15,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈 さらに、すべての方に最大15,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用、他社光コラボからの乗り換えでお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。 新規工事料も無料 そして、新規工事料が無料になる特典もあります。 この機会にぜひ一度、特典内容をご確認ください。 ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです ドコモユーザーではない方には、auセット割も利用できるもおすすめです。 ルーターは有料レンタルとなりますが、さまざまな特典があります。 auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり ほかサービスとのセットで、各種割引が受けられます。 DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。 従来の接続方式による光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている人でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。 最低利用期間なし&違約金なし また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。 そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。 いつでも違約金なしで解約できます。 キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載 さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。 また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

次の

フレッツ光で借りているモデムを交換したい!交換できる条件や交換までの流れを解説

フレッツ光 onu

フレッツ光(店舗・事業所のお客さま) 仕様• データ送受信速度• フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ• フレッツ 光ネクスト ファミリー/マンション・ギガラインタイプ• フレッツ 光ネクスト プライオ• フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ データ受信(下り) データ送信(上り) 最大概ね 1Gbps• フレッツ 光ネクスト ファミリー/マンション ハイスピードタイプ データ受信(下り)最大200Mbps データ送信(上り)最大100Mbps• フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ/マンションタイプ• フレッツ 光ライト• フレッツ 光ライトプラス データ受信(下り) データ送信(上り) 最大100Mbps• フレッツ 光クロス データ受信(下り) データ送信(上り) 最大概ね 10Gbps 最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。 お客さまのご利用環境(端末機器の仕様など)や回線の混雑状況などにより大幅に低下することがあります。 また、フレッツ 光クロスの技術規格においては、通信品質確保などに必要なデータが付与されるため、実際の通信速度の最大値は、技術規格上の最大値より十数%程度低下します。 耐災性、災害時復旧の早さ。 NTT東日本の信頼性。 NTT東日本では、24時間体制での通信ネットワーク監視・制御や、通信伝送路の複数ルート化など、NTT東日本エリア全域で災害対策強化を行っています。 また災害時も、災害対策機器の活用や全国からの復旧用機材調達によりサービスの早期回復に努めます。 IEEE802. IEEE802. xx500X-XXXXXX-1 : IEEE802. 4GHz帯 対応 xx500X-XXXXXX-2 : IEEE802. 4GHz帯 対応 xx500X-XXXXXX-3 : IEEE802. フレッツ光の開通日以前に接続した場合、インターネットはご利用いただけません。 11a 最大54Mbps(自動切換) IEEE802. 11ac 最大1733Mbps(帯域幅80MHz の場合)(自動切換) IEEE802. 11a 最大54Mbps(自動切換) IEEE802. 11ac 最大1300Mbps(自動切換) IEEE802. 4GHz帯) IEEE802. 11b 最大11Mbps(自動切換) IEEE802. 11g 最大54Mbps(自動切換) IEEE802. 11a 最大54Mbps(自動切換) IEEE802. 11ac 最大1300Mbps(自動切換) IEEE802. ホームゲートウェイの機能追加や機能改善に対応するため、必要に応じ最新のファームウェアを提供します。 初期設定が自動更新となっています。 最新のファームウェアが提供された場合、あらかじめ設定されている時間帯(午前1時~午前5時のいずれか)に自動的にファームウェアの更新を行います。 自動更新が『5:00』に設定されている場合は、『5:00~5:59』の間に自動的にファームウェアの更新(再起動)を行います。 再起動中は約1分間、インターネットやひかり電話、映像コンテンツ視聴などの各サービスがご利用いただけません。 手動更新に変更したい場合、または自動更新の時間を変更したい場合は、ホームゲートウェイの取扱説明書をご覧いただき、設定を変更してください。 回復不能な故障の原因となります。 接続構成等を変更することでご利用いただけることを確認済みですが、弊社の推奨環境でご利用ください。 ご利用にあたっては、「」を必ず事前にご確認ください。 4GHz帯 IEEE802. 11b 最大11Mbps(自動切換) IEEE802. 11g 最大54Mbps(自動切換) IEEE802. 11n [HT20]最大144. 技術参考資料 フレッツ 光ネクストの仕様・技術情報に関する資料です。

次の

【体験談】不安定だったインターネットの速度がONU交換で直った【フレッツ光ネクスト】

フレッツ光 onu

インターネット通信を有線でしている場合は、家の中やマンションの共有部分に何かしらの接続機器が設置されています。 ネット接続機器には• ルーター• モデム• 光回線終端装置(ONU) などの種類があり、それぞれの役割が違います。 どれがどんな役割を持っているかわからないという方も多いのではないでしょうか? そこで、今回は光回線終端装置(ONU)に焦点を当て、• ONUとはどういう役割を持った機器なの?• 他の機器との違いは? などについて紹介していきます。 機器の違いを知っておくと 不具合等で問い合わせをする際などに便利ですよ。 この記事の目次• 1 ONUの設置場所は光回線の終端 光回線でインターネットをするには、必ず回線終端装置である ONUが必要です。 ONUは、「光回線の終端」に設置される機器なので、家の中まで光ファイバーを引き込んでいるタイプは家の中に置かれます。 マンションタイプの場合、• 各部屋までは電話線で配線してあるVDSL方式• LANで配線してあるLAN配線方式 などマンション共有部まで光ファイバーを引き込んでいる場合は、ONUを見た事が無い方もいるでしょう。 2 ONUの役割は? 電線からONUまでは光ファイバーが使用されます。 しかし、パソコンやルーターには直接光ファイバーは挿し込むことができません。 そこで、ONUによって、 光ファイバーからLANケーブルに切り替えられます。 また、ONUには、コードの切り替えだけではなく、信号変換の役割もあります。 光ファイバー内には光信号が流れていますが、そのままではコンピューターは認識できません。 光信号はONUによって、 コンピューターが認識できるデジタル信号に変換されます。 逆に、コンピューターから流れてくるデジタル信号を、光信号へ変換し光ファイバーへ流すことで通信が成り立っています。 このようにONUとは、 光信号とデジタル信号の相互変換を行う機械なのです。 3Wi-Fiルーターとの違い ONUと間違いやすい機器には、「ルーター」があります。 「ルーター」とは、 複数の端末をインターネットに同時接続するための機器で、複数のLANケーブルを挿し込めるハブ機能などが主な役割です。 このルーターに無線LAN機能が備わったものを、「Wi-Fiルーター」と言います。 Wi-Fiルーターであれば、LANケーブル(有線)を使わなくても、無線通信でパソコンやスマホなどの端末でネット通信ができます。 ONUのみ:有線接続で1台しか使えない• 1おすすめのWi-Fiルーター 話は少しずれますが、ここでおすすめのWi-Fiルーターを紹介します。 主な光回線は、最大速度が1Gbpsで提供されています。 ADSLなどの通信速度が遅い回線では、通信速度が最大54Mbpsしか出ません。 つまり、光回線でそのような遅いWi-Fiルーターを使用していては、 光回線の速さを生かしきれません。 そのため、光回線に切り替えた際には、Wi-Fiルーターも新しいものを購入した方が良いでしょう。 実際の器種では、バッファロー製のWXR-1750DHP2などがお勧めです。 最大通信速度は1300Mbpsと 高速• 子機を自動識別し 適切に電波を届けるビームフォーミング機能搭載• 露出式大型稼働アンテナを微調整することにより Wi-Fiの死角をなくしやすい などの特徴があります。 引用元: 1. 4モデムとの違い ONUと似たネット通信機器に、モデムというものがあります。 モデムとは、 アナログ信号とデジタル信号の相互変換するための装置で、ADSL回線や光回線のマンションVDSL方式で使用されます。 ADSLも光回線VDSL方式も電話線を使うため、電話線に流れるアナログ信号とコンピューターが認識できるデジタル信号の相互変換が必要なのです。 ONUとモデムの違い ONU 光信号とデジタル信号の相互変換 上部(電線側)が光コード、下部(端末側)がLANケーブル モデム アナログ信号とデジタル信号の相互変換 上部(電線側)が電話線、下部(端末側)がLANケーブル VDSL方式の場合は、マンションの共有部分にONUがあり、各戸にはVDSLのモデムが設置されます。 局内の光信号を出力する装置には、各家庭のONUのMACアドレスが登録してあります。 局内の登録MACアドレスと、実際に付けているONUのMACアドレスが 一致しないと認証しない仕組みになっているからです。 1フレッツ光・光コラボ回線の場合 フレッツ光と、フレッツ光回線を使用した光コラボ回線の場合で、それぞれの契約プランによって使用される機器を紹介します。 ファミリータイプ・マンションタイプ光配線方式の場合:ONU• マンションタイプVDSL方式の場合:VDSLモデム• マンションタイプLAN配線方式の場合:各宅内に通信機器は設置されない また、ひかり電話を契約した場合は、電話ルーターと接続機器が一体となった• ONU一体型ひかり電話ルーター• VDSL一体型ひかり電話ルーター を設置します。 LAN配線方式の場合は、 ひかり電話ルーターだけを宅内に設置します。 【ひかり電話一体型ルーター】 引用元: 2. 2auひかりの場合 次にauひかりの場合ですが、auひかりでは、 ONUとホームゲートウェイを設置します。 ONUを設置しない配線方式の場合は、VDSLモデムとホームゲートウェイ またはVDSL内蔵ホームゲートウェイ になります。 出典元: ONUを設置しない配線方式の場合は、VDSLモデムとホームゲートウェイ またはVDSL内蔵ホームゲートウェイ になります。 出典元: タイプEはホームゲートウェイだけを宅内に設置します。 出典元: 2. 3その他の回線(電力会社系、ケーブルテレビ系)の場合 その他の回線も必ず終端装置が必要という点について一緒ですが、 終端装置の種類は様々です。 光回線であれば光回線終端装置 ONU ですが、ケーブルテレビの回線だとケーブルモデムを設置します。 ここでは、ネット通信がうまくいかない場合の原因がONUなのかを調べる方法と、ONU故障時の問い合わせ窓口を紹介します。 1 ONUと光ケーブルをチェックしよう ONUの故障かなと思った時は、まず光ケーブルとONUの 接続点不良を疑ってみましょう。 何らかの原因で接続が緩くなると、光信号がうまく届かなくなり、通信速度が遅くなるのです。 2 ONUの故障かその他の機器の故障かを判断する方法 次にやってほしいことは、 すべての機器の再起動です。 これで直らなければ、一つずつ原因を探っていきます。 ONUには状態を表すランプが点いています、機種によってランプは異なりますが、 正常であれば緑色で点灯します。 その際は回線事業者に修理を依頼する必要があります。 UNIやホームゲートウェイのランプが消えている場合は、• LANケーブルが抜けていないか• LANに接続されている端末が故障していないか を確認します。 ランプが全て正常なのにインターネットができない場合は、• 接続している全ての端末で通信ができないのか• 特定端末だけで使えないのか を確認します。 端末1台だけがインターネットに繋がらない場合は、回線の大元になっているONUが故障しているということはありえません。 ONUが故障すれば 端末全台通信不可能になるからです。 なので、特定の端末の故障か、端末とルーター間でのトラブルだと分かります。 3 ONUの交換・修理の方法 宅内に設置するタイプのONUは、各回線事業者からレンタルしているものなので、 契約している事業者へ問い合わせます。 フレッツ光の契約時は、以下の連絡先へ問い合わせます。 フレッツ光東西の連絡先 東日本エリア 0120-000-113 西日本エリア 0120-248-995 光コラボ回線を契約してる場合は、 各光コラボ事業者へ問い合わせます。 auひかりの契約時は、以下の連絡先へ問い合わせます。 auひかり問い合わせ先 KDDIお客様センター 0077-7084 ONUの交換は基本的に 無料です。 OUNの故障とハッキリ断定できる祭は、新しいONUが送られてくるので自分で交換し、故障した機器は送り返します。 故障個所が特定できない、または、回線側に原因があるケースは、故障担当者が自宅まで来て点検を行います。 故障した原因がユーザー側であった場合には、 出張費や修理費が発生してしまうので注意しましょう。 最初は単純な故障でも、直らないからといろいろ設定をいじってしまい、 2重3重の要因でインターネットが繋がらない状態になってしまう方もよくいます。 そのため、先ほど紹介した簡単な故障探索方法を試しても改善しない場合は、 回線事業者へ問い合わせをし、判断を仰いだ方が良いでしょう。 オペレーターは、ユーザーから現在の状況を問診し、的確なアドバイスをしてくれます。 オペレーターとのやり取りで改善するケースも多く、修理者を派遣するのは最終手段になります。 宅内に光回線終端装置を設置する必要がある契約プランの場合は、かならず無料で回線事業者からレンタルできるので、 自分で用意する必要はありません。 ONUの故障が疑われるときは電源を入れ直すと直る場合があるので、 再起動を試してみましょう。 また、ランプ状態を見てもある程度故障の個所を推測できます。 故障修理は、契約している各事業者へ問い合わせましょう。 レンタル機器なので 無料で修理・交換してくれます。 ONUの故障などではなく、光回線が原因でネット通信が遅い場合は、回線の乗換えが効果的です。 自分に合った光回線を探すのは意外と骨の折れる作業ですので、簡単な質問に答えるだけですぐにピッタリの回線が分かる診断ツールを用意しました。 ぜひこちらもお試しくださいね。

次の