コロナ 家賃 補助。 【新型コロナ】飲食店の固定費負担を軽減する「家賃支援給付金」が6月下旬より受付開始

【第四弾】新型コロナを乗り切るための個人事業主が使える助成金・給付金・補助金(5月29日分まで)

コロナ 家賃 補助

【5月7日時点での案】 「対象者」 中小、小規模事業者、個人事業主です。 テレビでは飲食店への助成金が目立っていますが、以下の条件を満たせば助成されそうです。 「条件」 ・前年同月比で収入半減 ・もしくは3ヶ月にわたって平均3割減収 「前年同月比で収入半減」というのは、 持続化給付金の条件と同じです。 (売上=収入として) これに加えて、前年の3ヶ月(おそらく連続した3ヶ月)と今年の連続した3ヶ月の収入(売上)が3ヶ月平均で3割減収していれば条件に当てはまります。 売り上げに波がない事業であれば、自粛のために1ヶ月休業していたらそれだけで条件を満たしそうですね。 「支援策」 金融機関から の無利子無担保融資で家賃に充てた分のうちの3分の2(上限あり)。 これはつまり、 5月1日から始まった民間金融機関での無利子無担保融資を利用していないともらえないということになります。 この案をまとめたプロジェクトチームは、これを「融資と助成のハイブリッド型スキーム」と言っていました。 民間金融機関からの無利子無担保融資を利用するには、売上減少の要件を満たし、セーフティネット保証4号・5号か、危機関連保証いずれかの認定を受けていることが条件です。 予算が決まっているので、かなりの数の事業者が5月1日に申し込んだと、ある銀行の支店長さんが言っていました。 「給付額」 それぞれの上限額は、 中小・小規模事業者が月50万円、個人事業主が月25万円です。 これが年内6ヶ月なので、最大で中小・小規模事業者は300万円、個人事業主が150万円もらえるということになります。 めちゃくちゃありがたいですね。 【一般向けにも家賃の助成制度】 事業者向けではなく、一般の人向けの助成もあります。 「住宅確保給付金」です。 元々、コロナと関係なく存在していましたが、感染拡大に伴って支給対象が拡大しました。 「支給対象拡大前(コロナ前)」 離職・廃業後2年以内の者 「支給対象拡大後(コロナ後)」 上記に加えて、給与等を得る機会が当該個人の責に帰すべき理由・当該個人の都合によらず減少し、 離職や廃業と同程度の状況にある者 支給期間は原則3ヶ月で、支給額は住んでいる地域や家族構成によって異なります。 【まとめ】 メディアの報道では、一律10万円給付や持続化給付金ばかり目立っている印象ですが、着実に動いてくれています。 (スピード感に関してはノーコメント) 事業者の人は当然ですが、こうした情報には敏感になりましょう。 顧問税理士や社会保険労務士はめちゃくちゃ忙しいです。 自分で情報を取りに行いくようにしましょう。 資金繰りが苦しいならば尚更です。 LINE公式アカウント友達追加で 2大特典プレゼント! 虎の巻其の壱「クレジットカード」 年間37万マイル貯める男が使うクレジットカード1枚を大公開! 虎の巻其の弐「ふるさと納税の極意」 ふるさと納税の自己負担が実質0円!?知らなきゃ損の裏ワザ! その他、セミナー情報をはじめ世界情勢や旬な情報をお届けしています!•

次の

コロナ救済策「家賃支援給付金」が閣議決定!法人最大600万円、個人最大300万円の家賃補助

コロナ 家賃 補助

コロナウィルスの影響により売上が減少した中小事業者・個人事業主を対象に、家賃を補助するための給付金。 5月8日に与党案が政府に提出され、政府が第2次補正予算案として概要をまとめ、今後正式に確定する方向で進んでいます。 今後、給付金の内容は変更になる可能性もあります。 家賃補助として家賃支援給付金で最大600万円の支援? 事業者に対する家賃支援の与党案としては、ひと月最大50万円の補助を行うもの。 まずは金融期間などにおいて無利子などの融資を受けた上で、その後にこの給付金を助成として支払うという内容です。 最終的に家賃の3分の2の金額 最大50万円 として半年間分を給付するとしているため、最大300万円の支援となります。 これにより、場合によっては最大600万円の家賃補助を受けられることになる方向です。 家賃支援給付金は家賃対策を行う地域も支援? 家賃支援給付金に関して、国だけでなく地域が独自の家賃対策を行うことでさらなる支援に繋がると考えられます。 そのため、事業者に対して独自支援を行う地域に対しても地方創生臨時交付金などの拡充などで支援する案を盛り込んでいます。 コロナで家賃補助の対策を行う地域の例 緊急事態宣言以降、店舗や企業を対象として家賃補助を行うとする地域も出てきています。 店舗を運営する上で固定のコストの一つである一ヶ月分の家賃の8割 最大35万円 を補助するという内容 参考資料: 宮崎市の家賃補助 宮崎市でも、中小企業者等を支援するために、家賃補助を行っています。 条件を満たした事業者の家賃8割 最大10万円 を1か月分補助するという内容。 参考資料: 家賃補助である家賃支援給付金の対象条件とは? 今回の家賃支援給付金の対象となる条件等はどのような内容になっているのでしょうか。 今後内容が調整される可能性もありますが、現時点での内容をご紹介します。 しかし今後対象業種が絞られる可能性はあるでしょう。 この売上の減少幅に関しても、確定ではなく調整される可能性があるでしょう。 参考資料 家賃補助となる家賃支援給付金の申請に必要な書類等 この給付金が決定し、申請や支給が始まる際には当然手続きが必要になります。 そこで現時点で必要となる書類等を確認してみましょう。 あらかじめ、書類等の準備をしておくとスムーズかもしれません。 賃貸借契約書は必須 与党のスキームによると、給付に関して「従前の賃貸借契約書」による家賃への使用を確認するとしています。 そのため、家賃が発生している物件の賃貸借契約書は必須書類になるはずなので、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。 そのほか、売上減少額等が確認できるような証拠書類等も必要となってくるでしょう。 参考資料: 家賃補助としての家賃支援給付金の申請は? 現段階では、与党によるスキームが政府へ提言されたかたちとなっています。 その後、閣議決定や国会提出が行われ、第二次補正予算案に盛り込まれ決定することになるでしょう。 段階的に進んでいくため、6月中旬頃の第二次補正予算案が決定することで、具体的な申請や支給に進む流れとなります。 家賃支援給付金の申請方法は? 現時点では具体的な申請方法は未定ですが、オンライン上での申請が原則となると見込まれています。 申請方法も今後の動きを踏まえて最新情報をご紹介していきます。 家賃支援給付金は家賃補助として一時的措置 今回の「家賃支援給付金」は家賃の補助により、困窮している中小事業者・個人事業主を支援する内容ですが、現段階で期間は半年としています。 コロナウィルスで激減した売上や機会損失などを考えると、長期的に支出を減らす必要があるのではないでしょうか。 特にコストのなかでも大きな支出となるのが家賃。 売上が減少していること、今後も従来の売上に回復させるには時間もかかるでしょう。 そこで注目すべきなのが店舗や企業で発生するコストを削減すること。 特に基本的には変動しない大きな金額である家賃について考えるべきです。 家賃支援給付金の家賃補助とともに家賃交渉の選択肢 売上が減少しているなかで、家賃などのコストが経営を圧迫している場合、一つのコスト削減方法として「家賃交渉 家賃減額 」があります。 一般的に家賃交渉というと、個人が家を借りる際に不動産会社やオーナーに対して行うものというイメージが大きいかもしれませんが、テナントとして店舗が借りている状況でも家賃交渉や家賃減額を依頼することは可能なのです。 店舗の家賃交渉や家賃減額のやり方 店舗の家賃交渉についての進め方をご紹介していきます。 オーナーに連絡をして、家賃に関する相談を行いたい旨を伝えるようにしましょう。 また、オーナーとテナントの間に管理会社が入っている場合には、まずは管理会社に連絡をして、状況を伝えるといいかもしれません。 オーナーとの連絡を直接取るべきかどうかなども聞いてみると良いでしょう。 いきなりの連絡になる場合はメール等でまとめて連絡するのではなく、一本電話をすることや手紙でのコンタクトを丁寧に取ることがその後の印象としても良いはずです。 しかもお金に関することなので、丁寧に慎重に交渉することが必要になってくるでしょう。 店舗側の現状や売上の減少幅などを切実に伝えます。 しかし、オーナーとしてもコロナの影響で、家賃収入が減少していたり、他のテナントとの兼ね合いもあるため一方的に話を進めないようにしておきたいところ。 家賃減額なのか、支払いの猶予なのか、オーナーとしっかり向き合って進めていくことが重要になってきます。 国土交通省が賃料の支払いに関して、柔軟な措置の実施の要請も行っているため、こういった国や地域の情報なども織り交ぜましょう。 お金に関する交渉は、テナントとして借りている側の店舗と、貸している側のオーナー、管理会社や不動産会社との関係性も重要になってきます。 今後も良好な関係を保つためにも、交渉の進め方や伝え方、姿勢を意識して行うようにしましょう。 店舗の家賃交渉ならプロに依頼するのがおすすめ 上記で、店舗の家賃交渉のやり方をご紹介してきましたが、直接交渉を行うことに不安がある場合は、プロによる家賃交渉を利用するのがおすすめ! 専門家による専門的な知識や法律、根拠、家賃相場等を基に、交渉を進めてくれるサービスです。 家賃交渉を行っているサービスが様々ありますが、成功率が90%以上であったり、平均減額率15%前後という事例を持つサービスもあります。 家賃交渉に不安がある場合は、プロによる家賃交渉を検討してみてはいかがでしょうか。 賃料減額コンシュルジュ 当サイトでも、家賃交渉に関するサービスを取り扱っています。 この「賃料減額コンシェルジュ」の特徴は、なんといっても「完全成果報酬型」である点。 減額できなかった場合は、費用はかからないため安心して利用できるのではないでしょうか。 適正賃料の査定は無料となっているため、まずは適正賃料を確認してみるのも良いでしょう。 11,000件以上の成功実績と、削減率平均17%という驚異的な数字も強味です。 気になる方は是非チェックしてみてください! 家賃支援給付金の家賃補助に関する動向を今後もチェック 中小事業者や個人事業主の経営を支援するための家賃支援給付金。 今後、この給付金の内容がどのように調整されていくのか、申請の開始時期など、目が離せない内容となっています。 補助金だけでなく、家賃そのものを減額して、長期的にコストを抑えるという点も行っておきたいところです。 今後「特別家賃支援給付金」の内容が調整・変更される可能性がありますのでご注意ください。

次の

【新型コロナ】飲食店の固定費負担を軽減する「家賃支援給付金」が6月下旬より受付開始

コロナ 家賃 補助

キーワード :• 緊急事態宣言がとうとう解除されました。 しかし、専門家は「新しい生活様式」を掲げ、今後とも第二波、第三波の感染拡大が起きないよう気は抜けないとしており、すぐにこれまでの生活に戻るというわけにはいかないようです。 政府も第2次補正予算を閣議決定し、家賃補助など新たな給付金を創設しています。 第2次補正予算で新たに創設される内容を中心に、いま使える給付金などについて見ていきます。 詐欺に注意! 助成金の申請や、申請のための相談を受け付けるといった記載の書面を一方的に送付、電話で勧誘する業者の情報が国に寄せられています。 また、「生活支援給付金」などで検索すると副業紹介サイトへ誘導されることもあります。 事業再開支援を利用したい場合は、それぞれの補助金に申し込みが必要です。 内容:新型コロナウイルス対策の設備投資を行うことで、投資資金に対して補助金を受けることができます。 内容:新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者が、通常枠とは別に新たに設けられた、補助率の引き上げ・営業経費を補助対象とした「特別枠」により、優先的に支援を受けられるものです。 内容:新型コロナウイルス感染症の影響への対策、拡大防止に向け具体的な対策に取り組む事業者がITツールを導入するのに、優先的に支援を受けられるものです。 詳細はまだ発表されていません。 内容:感染拡大防止対策を行いつつ、販路回復・開拓や事業継続・転換のための機械・設備の導入や人手不足解消の取組を総合的に支援する事業。 額は同額の50万円(2事業所以上で100万円)で、申請用の特設サイトは現在準備中です。

次の