課金 自殺。 消費者庁審議官、飛び降り自殺か 妻と2人死亡 :日本経済新聞

消費者庁審議官、飛び降り自殺か 妻と2人死亡 :日本経済新聞

課金 自殺

「FGO」では累計1000万ダウンロード記念として、9月20日から10月4日まで、普段は入手できないマーリンを引くことができる期間限定ガチャを実施していた。 イベント開始日の20日は、安室奈美恵(40歳)の引退表明日だったが、Twitterトレンドでは「マーリン」が1位を獲得。 その注目度の高さがうかがえる。 ユーザーはTwitterで、そのガチャの結果について、「26万課金してマーリン1枚も出ませんでした。 」と告白。 「もう生きてる心地がしない」「何も感じない。 死にたい」「普通に自殺考えるわ…」と心境を吐露した。 ユーザーによると、26万円は概算でしかなく、それ以上をつぎこんでしまった可能性もあるという。 そんなユーザーにファンたちからは、「覚悟が無いなら課金はすべきでは無い」「とりあえず生きてほしい」といった厳しくも温かいお叱りや激励が相次いだ。 そして、ユーザーの間で、ガチャを所定の回数利用すれば好きなキャラクターやアイテムを1つ獲得できる「天井」というシステムが話題に上っている。 「グランブルーファンタジー」では「天井」として9万円が設定されているが、その背景には、70万円分ガチャをしても目当てのキャラクターが出現しなかったという、昨年の騒動がある。 かねて問題が頻発しているスマホゲームの課金問題。

次の

ゲームに100万課金して自殺 「お母さんごめんなさい。許して」 (2020年6月16日)

課金 自殺

最近では子供がスマートフォン(=スマホ)を所持することが一般的になっており、小学生でも日常的にスマホゲームやアプリを利用しています。 子供のゲーム自体を禁止している親もいるようですが、多くの人は「ゲームぐらいなら問題ない」と考えているのではないでしょうか? しかしほとんどのスマホゲームには 課金要素があり、端末からお金を払ってゲーム内のアイテムなどを購入できるシステムになっています。 「自分の子供なら問題ない。 安心だ」と思っている人もいるかもしれませんが、日常的にスマホを使っている子供をもつ親ならば、突然そういったトラブルに巻き込まれる可能性は十分あります。 万が一に備えて、子供の課金トラブルの実態と有効な対策について知っておきましょう。 子供の課金トラブルの実態 冒頭で説明したように、子供がスマホを利用するなかで課金を繰り返し、その結果、高額な請求をされてしまうトラブルが後を絶ちません。 特に未成年の子供の場合、スマホ内での買い物やゲーム、アプリ内の課金については、 保護者である親のクレジットカードを利用しているケースがほとんどです。 そこで子供がゲームに夢中になるあまり、大量の課金アイテムを購入し、身に覚えのない高額のカード請求が来て驚いたという人が増えています。 後日、クレジットカード会社やゲームアプリを提供している企業に問い合わせて、はじめて「子供が自分のカードで高額課金をしている」という事実がわかるわけです。 ゲーム内課金とゲームソフトの購入はまったく違う 日頃、スマホのゲームやアプリ、オンラインゲームなどに馴染みのない人にとっては、そもそも「ゲーム内課金(アプリ内課金)」がどういうものなのかを知らないことは少なくありません。 ほとんどのスマホゲームやスマホアプリは、端末にダウンロードすること自体は無料というものが多いです。 一部、税込540円といったふうに、ゲーム(アプリ)自体の購入にお金がかかるものもありますが、現在の主流は 「ゲーム自体は無料で遊べる」というのが基本になっています。 そういったゲームが何でお金をとっているかといえば、ゲーム内で使える良いアイテムや装備、あるいは強いキャラクターを手に入れるための「ガチャ」だったりします。 ソーシャルゲームにおける「ガチャ」とは、アイテム課金方法の通称で、いわゆる「ガチャポン」を引く感覚でゲーム内のキャラクターやアイテムを引き当てるやり方です。 オンラインゲームやスマホゲームが登場する以前は、ゲームといえばソフトを購入して遊ぶものであり、一度ソフトを購入すれば、その後は無料で遊び続けられるのが普通でした。 しかし、インターネットを介したゲームが発展するにつれて、 ガチャをはじめとしたゲーム内課金が浸透しはじめ、今ではほとんどのオンラインゲームやアプリでゲーム内課金が当たり前になっています。 知恵袋にも子供のゲーム課金についての質問や相談が多い このように、日常的に子供が遊ぶようなスマホゲームでも、今ではいたるところで課金要素があるため、未成年者の高額課金が問題になるケースが増えているのです。 親としては「月に1000~2000円程度の課金なら問題ない」と思っていても、ゲームに夢中になった子供は、強いアイテムやキャラクターが欲しくて次々と課金してしまい、気づいてみれば総課金額が数万円~数十万円になってしまったケースも珍しくなくなっています。 ヤフー知恵袋などを確認してみても、毎月数千円分の買い物しかしていなかったクレジットカードに、突然、70万円もの高額請求が来て困っているといった相談が少なくありません。 そして、その多くは子供のゲーム課金が原因で、何とか返金してもらえないかという内容なのです。 また、日本オンラインゲーム協会のホームページにも、子供のスマホによる課金トラブルに関して警鐘を鳴らすページが設けられています。 「買い物をしている」という感覚がない子供も多い すでに説明したように、近年のスマホゲームをはじめとするオンラインゲームは、ダウンロードやゲームプレイ自体は無料というものが多いです。 しかし実際には、無料でプレイ可能なのは一定の範囲のみで、あらゆる操作やアイテムの使用などが無料というゲームはほぼありません。 それでもゲームの売り文句は「無料でプレイできる」となっているため、 プレイする子供は無料の感覚で課金してしまい、そもそも「買い物をしているんだ」という感覚がないケースが少なくありません。 場合によっては、それが有料であることを知らずに課金したり、操作ミスで課金してしまうこともあります。 ゲームによっては、たった2~3タッチ程度で課金が完了してしまうものもありますから、親としては「ゲームは基本的にお金がかかるもの」であることや、課金のシステムについてしっかりと教えておく必要があります。 子供が勝手に大量課金をしてしまった場合に返金してもらえる? それでは、 子供が勝手にゲームやアプリで大量課金してしまった場合、返金はしてもらえるのでしょうか? 結論をいえば、返金してもらえるケースと、してもらえないケースがあり、クレジットカード会社やゲーム・アプリを提供している運営会社によっても違いがあるようです。 課金を取り消せるケースと取り消せないケース 課金を取り消せるケースとしては、 子供が親のクレジットカードを勝手に使って課金をしていた場合があります。 たとえば、親のカードを無断で持ち出してゲームアカウントの登録を行い、そこでアイテム課金などをしていたケースです。 それに加えて、 課金額が未成年者が一般的に支払える金額を大きく超えていた場合に、返金が認められることが多いようです。 そもそも民法には、 未成年者が契約を行う場合は両親の同意を得る必要があり、同意を得ずに行った契約については取り消しができるという規定があります(民法5条ほか)。 つまり、子供が親の同意を得ずに課金を行った分については、その金額が大きければ取り消しができる場合があるのです。 ただし、多くのスマホゲームでは、登録の際にプレイヤーの年齢確認が行われており、一定の年齢未満の場合には、課金額に上限が設けられていたり、ゲームプレイ自体ができないこともあります。 もし子供が自分の年齢を偽って(成人だと嘘をついて)ゲーム登録をしていた場合、親の同意を得ずに課金した分についても、 原則として取り消しができません。 なぜなら、 未成年者が成人であると嘘をついて売買行為を行っていた場合には、それを取り消すことができないという趣旨の規定もあるからです(民法21条)。 したがって、子供が「自分は成人だ」と偽ってゲーム登録をして課金を行った場合、その行為の取り消しはできず、親に無断で使っていたクレジットカードの支払い義務についても、法定代理人である親が支払うことになってしまうのです。 課金の取り消し方法 このように、子供の大量課金は取り消しができる場合とできない場合があり、返金についての対応はカード会社やゲーム会社によってまちまちなのが実態です。 さらに現在は、ほとんどのゲームやアプリで年齢認証が導入されているため、知らず知らずのうちに子供が課金していたとしても、 取り消しができないケースが多いことは覚えておきましょう。 それでも、ゲーム会社と交渉するなどして返金に成功した例はありますから、子供の大量課金が発覚した場合には、以下の方法で取り消しを打診してみましょう。 子供が20歳以上と嘘をついてゲーム内課金をしていたケースでも、消費者センターからゲーム会社に打診したことで、最終的に取り消しに応じてくれた例もあります。 すでに説明したように、たとえ未成年者でも「成人だ」と嘘をついて課金行為をした場合には、親の同意をもらっていなくても取り消しができないことが多いです。 しかし、どういう状況であれば「嘘をついた」といえるのかの判断基準はあいまいで、ゲーム会社によって判断が変わってくるのが実態のようです。 そのため、 子供が嘘をついていたからとあきらめずに、消費者センターなども利用しつつ返金してもらえるように努力することをおすすめします。 困ったら弁護士に相談も視野に入れる 本来は取り消しができるはずなのに、カード会社やゲーム会社が取り消しや返金に応じてくれないという場合は、 弁護士に相談してみるのも有効です。 上で説明したように、未成年者が親に無断でクレジットカードを使った場合、その金額が大きく、かつ相手方に「成人だ」などと嘘をついていなければ、未成年者本人か親の求めによって契約を取り消すことができるのが原則です。 しかし、それでも相手方が取り消しや返金に応じてくれるとは限りませんから、その場合は弁護士に相談してみましょう。 弁護士に取り消しを求めてもらうことで、スムーズに返金してもらえるケースは少なくありません。 当然、弁護士に依頼すると費用がかかりますが、あまりに課金額が大きい場合は、弁護士費用を負担しても確実に返金してもらった方がよいケースは少なくありません。 なお、どうしても弁護士費用が心配という方は、初回のみ無料で相談に乗ってくれる弁護士や弁護士事務所を利用するとよいでしょう。 弁護士の無料相談についてはこちらの記事で詳しく説明しています。 また、失敗しない弁護士の選び方についても、こちらの記事で説明していますので、ぜひ参考にしてください。 大量課金を防止するには?子供の課金対策や利用制限を徹底しよう 子供が大量課金してしまった場合の対応について説明してきましたが、最後に 子供の課金対策や防止策について説明しておきます。 もっとも重要なのは、自分の作ったクレジットカードはしっかりと管理し、子供が勝手に使えるような状況にしないことです。 カード自体は自分が保管していても、子供がカード番号や有効期限などを知っている場合、その情報でゲーム登録をしてしまう可能性もあります。 カード情報は自分だけで管理し、家族であっても教えないなど、徹底した管理が大事です。 また、スマホにカード情報を登録している場合は、 子供にスマホを貸さないようにすべきです。 端末にカード情報が登録されていると、ゲームに限らず簡単にカード決済で買い物ができてしまいます。 人によっては「ウチの子なら安心」だと思っていることもありますが、その結果、子供が大量課金してしまった例はたくさんあります。 基本的に子供は何をするかわからないと考え、日常的に遊んでいるゲームに関しても、しっかりと目を光らせておくことが重要です。 子供の課金トラブルを避けるために 子供のスマホゲームやアプリでの課金トラブルの実態と、具体的な対策について解説してきました。 課金トラブルを防ぐためには、 自分のカードやカード情報を徹底的に管理することがもっとも重要です。 子供が無断で課金できないようにしたり、日常的に遊んでいるゲームのアカウント情報がどうなっているのかをしっかりとチェックしておきましょう。 ゲームによっては、カード決済が簡単にできないように独自のパスワードを設定できることもあるので、そういったセキュリティや利用制限を上手く使いながら必要な対策をとっておきましょう。 また、子供に課金ゲームのシステムについて、しっかりと教えておくことも忘れてはいけません。 そして万が一、子供が大量課金してしまった場合には、すぐにカード会社やゲーム会社に連絡して、取り消しができないか確認してください。 対応が遅れればそれだけ返金の可能性が低くなってしまいますから、消費者センターへの相談も含めて、 できるだけ早く対応することが大事です。

次の

クレカ請求額に衝撃!? 子どもの「勝手なスマホ課金」を防ぐアイデア4つ

課金 自殺

いちいち無課金と付け加えるのがうざい 基本無料アプリの多くは、ゆっくりと時間をかけてプレイし続ければ、無課金でも十分楽しむことができます。 しかし、アプリの配信元もビジネスですので、無料で遊んでもらうためにアプリを開発していません。 無課金をSNSでアピールするのがうざい 先が気になる物語やキャラクターの配信などで、プレイヤーの課金意欲を掻き立て、多くの利益を確保することが、配信元の一番の狙いでしょう。 そのため、人気キャラの配信が開始された際は、「無課金で欲しいキャラが手に入った!」などのアピールが次々にSNSなどに投稿されます。 課金プレイヤーからすれば、こういった投稿を見てしまうと、究極にうざいと思ってしまうようです。 運営への文句も多い お客として何らかのサービスを利用した際、その質に問題があれば、ちゃんと文句を言うべきではあります。 しかし、基本無料アプリの無課金プレイヤーは、お金を出していないのに文句ばかりでうざい、といわれているようです。 文句だけ一人前の無課金自慢 無課金プレイヤーたちは、アプリ配信元には一切お金を支払っていません。 しかし、文句だけは一人前で、課金プレイヤーにとっては、ただの理不尽なクレーマーに見えるためうざいと思われています。 レストランで水だけ飲んでキレる客• コンビニでトイレだけ借りて文句言ううざい客 などと例えられ、彼らと同類だという意見もチラホラ。 課金と無課金のプレイヤーの溝は、想像以上に深いようです。 課金した人に対する態度もうざい! 基本無料アプリに熱中する人は、「廃人」と揶揄されることもあり、常識を軽く超える金額を課金するプレイヤーも続出しています。 しかし、全体的には無課金プレイヤーの方が圧倒的に多く、課金プレイヤーに対してうざい態度を取る人は少なくありません。 課金プレイヤーの多くは、自分自身納得した上で課金しています。 そのうえで• 無課金で遊ぶのが普通• 課金するとか勿体ない などといわれてしまうと、課金プレイヤー的にはうざいと感じてしまうでしょう。 無課金で遊べるゲームですので無課金は問題ないですが課金している人に言わなくても良いと思います。 達成感をやたらアピール 今まで全然クリアできなかったステージを突破したときなどに、言葉にならないほどの達成感を感じますよね。 その達成感のためにテレビゲームや基本無料アプリを楽しんでいる人も多いでしょう。 課金ユーザーをバカにするのがうざい 無課金プレイヤーも、無課金と言う縛りでしか得られない達成感を楽しんでいます。 しかし、自分自身が無課金で楽しんでいるからと、課金するプレイヤーを小馬鹿にしたような態度を取る無課金プレイヤーも多く、やたらと無課金の達成感をアピールしてきます。 そういったプレイヤーは、課金プレイヤーだけでなく、傍から見ててもうざい人にしか映らないでしょう。 課金はズルいと文句をつけてくる 無課金プレイヤーに対し、最もうざいと感じてしまうのが、無課金プレイヤーに対してズルいとケチをつけてくることです。 プレイ中にやり直したくなった際、課金で入手できるアイテムによって、より有利に進めるようになります。 基本無料アプリにおいてオーソドックスな楽しみ方ですが、無課金アピールがうざいプレイヤーは、課金そのものをズルだと決めつける傾向があります。 無課金アピールする人はドケチ!? 高価なものが安く手に入った際、誰にも構わずアピールしたくなった経験がある人も多いのではないでしょうか? 無課金プレイヤーは、欲しいキャラなどが配信されたとしても絶対に課金しません。 そのうえで目当てのキャラが手に入ると、無料で手に入ったことを存分にアピールし、気持ちが抑えられなくなるものです。 欲しいものを無料で手に入れたときの喜びは計り知れませんが、あまりにも必死にアピールするため、周囲にもうざいと思われがちです。 また、良く言えば倹約家、悪く言うとケチな人が多いので、無課金アピールしていなくても、お金の面でうざいと思われやすいようですね。 無課金アピールがうざい人は男性が中心 今では持っていない人の方が珍しいほど、スマートフォンが普及していますね。 巷では、多くの女性がインスタグラムで楽しんでいますが、男性は、SNSよりも基本無料アプリに熱中している人が多いですね。 年齢も幅広く、10歳未満の男の子も、基本無料アプリを楽しんでいる時代でもあります。 そのため、SNSでうざい無課金アピールをしていると思ったら、実はまだ小学生の子供だったという衝撃の事実が判明することもあるでしょう。 子供だと思ってやり過ごす 自分が好きなものを頻繁にアピールする人は、単純にかまってもらいたい人や、自分の共感者を増やしたい願望を抱えています。 精神的に未熟な人が多いので、無課金アピールがうざいと思っても、深く受け止めず、相手がまだ子供なのだと解釈すれば、うざい気持ちも緩和されていきますよ! 9. 楽しみ方は人それぞれ 人生が崩壊するほど課金するのは良くありませんが、基本無料アプリをどう楽しむのかは人それぞれです。 課金しようが、無課金を貫こうが、楽しみ方に正解はありません。 しかし、自分の意見や価値観を相手に押し付けるのは、あまり良いことではありません。 あまり人の言うことを気にせず、自分なりに楽しむのが一番いいでしょう。 無課金・課金して遊ぼうが自慢をする人はうざいと思われますので無課金、課金関係なくゲームを楽しみたいものです。 彼氏にときめかない・・・昔のようにドキドキ・キュンキュンしたい女性必見 昔のようなときめきを感じたい!では、ときめきを思い出せるとっておきの方法をお伝えします。 ゲームやパチンコしてばかり…。 同棲しているニートの彼氏の立ち直らせ方 彼をゲームやパチンコ中毒から立ち直らせたい・・・では体験談を交え、やめさせる方法を考えてみました。 モテる?引かれる?どっち?ゲーム好きな女の特徴と男の評価 皆さんの周りにはゲーム好きの女性っていませんか?ゲーム好き女の特徴をご紹介。

次の