思う所存です。 間違いも多い「所存です」の正しい意味と使い方・意向との使い分け

「所存です」の意味・使い方|「所存」「次第」の違いとは?

思う所存です

「所存」の読み方・意味 「所存」の読み方は「しょぞん」 「所存」は 「しょぞん」と読みます。 「しょそん」は誤読になるので注意しましょう。 「所存」の意味は「思うところ、考え」のい敬語表現 「所存」は、 「心中に思うところ・思惑・考え」という意味です。 「所存」は「存ずるところ」を省略した表現で、「存ずる(ぞんずる)」は、「知る」「承知する」の謙譲語です。 そのため「所存」は 「思う」の謙譲語になります。 「所存です」と言う場合は、「〜するつもりです」「〜したいと思っています」といった意味合いになります。 「所存」は「思います」「考えます」と同義ですが、「思いを常に持ち続けている」「思いを常に持ち続けたい」といったニュアンスを持つため、自分の考えや思いを伝える際は「所存です」と使う方が適切です。 「所存」の使い方 一般的に「〜する所存です」と使われる 「所存」は、 「〜する所存です」「所存でございます」「所存の外」といったように使います。 「所存の外」は、「考えていたこととは違っていること・意外なこと」を意味しています。 「所存」は、決意や意向を伝える際に使用するのが適切です。 例えば、 ・新しい役職に就くとき ・今後の方向性を話すとき ・自分の考えを述べるとき といったような場面で使います。 「所存」は目上の人に使うことができる 「所存」は、日常会話ではなく、改まった言い方として書簡文などで用いる言葉です。 ビジネスシーンでは「思います」と使っても問題ありませんが、少々軽い感じの表現です。 そのため、堅い挨拶をしたり、ビジネス文書で使う際は「思います」の代わりに「所存」を使うのが無難です。 「所存」は、謙譲語です。 謙譲語は、自分の動作をへりくだって表現するので目上の相手に敬意を示します。 相手に対してへりくだった表現になるので、 大抵目上の相手に使用します。 「所存」の使用上の注意点 「所存」を使用する上でいくつかの注意点があります。 「ご所存」は二重敬語 「所存」を丁寧にしようと「ご所存」と言ってしまう場合がありますが、これは間違いになります。 「所存」は謙譲語になるので、謙譲を表す「ご」を付けて「ご所存」にしてしまうと 二重敬語になってしまいます。 二重敬語であっても慣例的に使われる言葉も場合によってはありますが、なかには違和感を感じたり、失礼だと感じてしまう人もいるので注意が必要です。 「と思う所存です」は誤用 「〜と思う所存です」や「〜と考えていく所存です」は誤りになります。 なぜなら「所存」は「思うこと・考えること」を指しているため、 二重表現になるからです。 二重表現とは、「筋肉痛が痛い」や「本を読書する」といったように、同じ意味の語を重ねる表現のことです。 例えば、「私は彼女の提案が良いと思う所存です」といった場合、「私は彼女の提案が良いと思い思います」といった意味で、明らかにおかしい表現になってしまいます。 「所存」を使用する際は、「考える」や「思う」といった言葉を補足しないように注意しましょう。 「所存」の例文 ビジネスシーンで「所存」を使う場合 ・一生懸命、仕事に専念する所存です。 ・品質向上のため努力いたす所存でございます。 ・退院しましたら、改めてご挨拶に伺う所存でございます。 ・都合が合えば、近々お見舞いに参上する所存です。 ・リーダーとして精一杯努力していく所存です。 ・社員一同、プロジェクト成功のため一致団結して取り組む所存です。 ・これからもお客様にご満足いただけるサービスを提供するべく努めて参る所存でございます。 ・今回のようなミスを二度と起こさないよう、厳重に注意いたす所存でございます。 ・今後はこのようなご迷惑をおかけしないよう誠心誠意努力いたす所存でございますので、何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 挨拶で「所存」を使う場合 本日よりこちらに配属になりました山田と申します。 まだ環境の変化に追い付けず、ご迷惑をおかけすることもあると思いますが、精一杯皆さまから学び、一日も早く追いつけるように努力する所存でございます。 何卒ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 謝罪で「所存」を使う場合 この度は当社のサービスに不備があったことでご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳ございませんでした。 貴社に多大なるご迷惑をおかけしたこと、謹んでお詫び申し上げます。 今後はこのような不手際のないよう、十分に注意してまいる所存でございます。 どうか今後とも変わらぬご愛顧のほどを、心よりお願い申し上げます。 専門的なスキルは入社後に教わる部分も多いですが、一日も早く戦力となれるよう努力していく所存でございます。 「所存」と「意向」の違いのポイントとしては、「誰の考え・思い」かということです。 「所存」は、自分の考えを指しているのに対して、「意向」は、相手側の考えを指しています。 「所存」は謙譲語のため、目上の相手に対して自分の考えを伝える際に使い、 「意向」は敬語ではないため、目上の相手に対して使う際は「ご意向」とします。 目上の相手に対して使う場合は、「私の意向としては〜」と使うよりも「私の所存は〜でございます」と使った方が適切になります。 自分の考えを目上の方に伝える際は「所存」、相手の考えを伺う場合は「意向」を使用しましょう。 <「所存」と「意向」の正しい使い方> ・(正)「社会貢献に尽力する所存です」 (誤)「社会貢献に尽力する意向です」 ・(正)「そちらのご意向に沿うよう調整いたします」 (誤)「そちらのご所存に沿うよう調整いたします」 ・(正)「今後も精進していく所存です」 (誤)「今後も精進していく意向です」 「意向」の意味 「意向」は、 「どうしたいか、どうするつもりなのかという考え」を意味しています。 「意向」は「心の向かうところ」と書くように、「考えの方向性」や「本心」といった意味合いになります。 「意向」は敬語ではないので、目上の相手に対して使う場合は丁寧を表す接頭語「ご」を付けて「ご意向」とします。 「ご意向」は、「その人が物事をどう対処するか、どうするつもりなのか」という意味で使います。 「意向」の前には「誰の考え・思惑か」ということを表す言葉が入ります。 例としては「先方のご意向」「上層部の意向を受け」「上司の意向を踏まえて」といったようになります。 また「私の意向」「我々の意向」といったように、 自分自身に使う場合は「ご」を付けず「意向」のまま使います。 「意向です」「意向でございます」といった使い方はしません。 「意向」の例文 「意向」の例文を紹介します。 ・先方の意向に従ってこの依頼は断念することにした。 ・どうやら彼はこの契約を更新する意向は皆無のようだ。 ・こちらとしては相手の意向を尊重したい。 ・転勤について本人の意向を打診する。 ・ご意向をお伺いしてもよろしいでしょうか。 ・なんとかこちらの意向も汲んでいただけないでしょうか。 ・皆様のご意向をぜひ伺っておきたいと存じます。 ・電話で構わないので、ご意向をお聞かせください。 「所存」は自分の考えを伝える際に使う表現で、「次第」は物事の報告や説明をする際に使う表現になります。 自分の意志を相手に伝えたい場合は、「次第です」と言うよりも「所存です」と言った方が適切です。 <「所存」と「次第」の正しい使い方> ・(正)「電車が遅延したため、出社が遅れた次第です」 (誤)「電車が遅延したため、出社が遅れた所存です」 ・(正)「精一杯仕事に取り組む所存です」 (誤)「精一杯仕事に取り組む次第です」 ・(正)「近日中にご挨拶に伺う所存です」 (誤)「近日中にご挨拶に伺う次第です」 「次第」の意味は名詞「順序、事情」や接尾語「成り行きに任せる」などがある 「次第(しだい)」という言葉には名詞と接尾語(語基の後ろに付く語)の2つの品詞があります。 「次第」のそれぞれの品詞の意味をまとめると、 名詞「次第」の意味 ・順序 ・事情、状況、経過、成り行き、由来 ・(「次第に」という形で副詞として)だんだんに 接尾語「次第」の意味 ・(名詞の後について)物事または事柄のなりゆきに任せる、その物事によってどうにでもなる。 「君次第だ」など ・(動詞の後について)したらすぐに。 「終り次第、向かいます」など となります。 「次第」の使い方 職場では、原因や理由、状況、経過などを報告する場面がたくさんあります。 そんなときに便利でよく使う言葉が「次第」です。 ビジネスシーンで「〜という次第です」「〜を実施した次第です」などと使う場合の「次第」の意味は「事情、状況」という意味です。 基本的に立場の上の人に対して使います。 「〜という状況です」「〜という事情です」などと言ってももちろん問題ありません。 が、「次第」の方が堅い言葉なので、ビジネスシーンにはより適切です。 顧客や上司など目上の立場の人に対して「〜したわけです」「〜となっています」を使うのはフランク過ぎるので避けた方がよいでしょう。 「会議次第(議事次第)」という言葉も職場であるかもしれません。 この「次第」は「順序」の意で、「会議や会合の進行する順番のこと」を指します。 「次第」の例文 「次第」の例文について紹介します。 ・大変恐縮ですが、メールにてご連絡させていただいた次第です。 ・弊社は海外進出に積極的に取り組んでいる次第です。 ・幸い納期への影響はなく、先方からお許しを頂けた次第です。 ・このような次第ですので、明日予定されていたイベントは延期いたします。 ・次第に従業員が増えてきた。 ・次第に新しい職場に慣れてきた。 ・説明会が終り次第、個別面談を開始します。 ・書類が届き次第、精査いたします。 「所存」は自分の考えを伝える際に使う表現で、「所在」は物や人が存在すること・行為に使う表現です。 例えば、「責任の所在」と使うことができますが、「責任の所存」とは使うことができません。 「所存」と「所在」は間違えないように気をつけましょう。 「所在」の意味は「物や人が存在すること、仕業、身分」など 「所在(しょざい)」とは、 ・物や人が存在すること ・すること、仕業、行為 ・身分、職業、境遇 を意味しています。 「所」は「場所・ところ」を、「在」は「そこにある・いること」を表しています。 「所在」の使い方 先程も説明しましたが「所在」は物や人が存在すること・行為に使う表現です。 よく使われている「県庁所在地」は「県庁が存在する場所」といった意味で使われています。 また 「所在ない」という言葉がよく使われます。 「所在ない」は、 「やることがなく退屈である・手持ち無沙汰である」という意味で、「所在ない〜」や「所在なく〜する」といった形で使います。 「所在」の例文 「所在」の例文を紹介します。 ・彼は昨日から所在が不明である。 ・所在なさを紛らわすために部屋のあちこちを歩き回った。 ・彼女の所在を突き止める ・所在ないので本を読む。 ですが、「存じます」は自分の思っていることや知っているということを伝える場合に使いますが、「所存です」は「〜をしたいと思っている」などただ思っていることを話すというよりも決意表明に近い言い回しとなっています。 「存じます」の意味は「思います」「知っています」の謙譲語 「存じます」は 「思います」「知っています」の謙譲語になります。 「存じる」が「思う」「知る」の謙譲語で、それに丁寧語の「ます」を付けた敬語です。 「存じます」の使い方 「存じます」は謙譲語なので目上の相手にも使うことができます。 「知っています」という意味で使う場合は 「存じ上げます」が主に使われています。 ただし、「上げます」を用いる場合は、「知っている」対象が「人」に限定されます。 物事には使われないので注意しましょう。 その場合は「その件は存じております」など使いましょう。 「will」は学校では「未来」という意味だと習ったと思いますが、主語が第一人称のときの「will」は「強い決意」を表します。 ですから、「will」で「所在」というニュアンスをちゃんと表現することができます。

次の

「所存」の意味とは?正しい使い方や類語表現を解説(例文つき)

思う所存です

陛下には、この先、どちらへお運びになられるご所存でありましょうか? 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』 より引用• 主の気がすむのであれば、我輩その泥を喜んで引っかぶる所存である。 しかし、主の勉強の妨げをしてはならぬとひたすらにテーブルの下で伏せて耐える我輩を、誰かに褒めてもらいたいところであった。 それを赤法華輪天はつれ出し、城へつれて来たのだが、はてどういう所存であろう? しかも、見れば大膳は小脇に大盥を一個かかえている。 … 山田風太郎『伊賀の聴恋器』 より引用• しかし、残念ながらエアーズ市は本日をもって連邦政府に恭順し、抵抗を終結致します。 私は自らの死をもって、この責任を償う所存であります。 重ねて貴下の我々に対する御理解とお申し出に感謝させて頂くと共に、願わくば貴下がニューディサイズ諸君の支援をされん事を望みます。 … 高橋昌也『ガンダム・センチネル』 より引用• そして、私が今この状態にあるということに関係しているすべての人、事、物、ありがとうございました。 これが 泡沫 うたかたの夢で終わらぬよう、 努々 ゆめゆめ努力を忘れぬ所存であります。 森軍医監に申し上げます、これはすべてわたくしごとであります。 娘の生命は責任をもって護る所存でありますから、くれぐれもお口出しのなきように。 娘の居所はここにしたためておきましたから、親元へ帰すなり、お手許に置かれるなり、どうぞご随意に。 … 荒俣宏『帝都物語1』 より引用• 此地は険要であるから、 某 それがし快く一戦して明軍と雌雄を決する所存である。 渡海以来の某は日夜戦陣に屍を暴すをもって本意として来た。 … 菊池寛『碧蹄館の戦』 より引用• そしてコルトンからエリスへ宛てた強迫手紙を読んで、直にパラメントヒルへ馳付けたのである。 彼は 幾許 いくらかの金をやってコルトンを外国へ 追遣 おいやり、エリスを救う所存であった。 林がパラメントヒルに着いたのは九時五分過であった。 … 松本泰『P丘の殺人事件』 より引用• ただ、だからこそ今の私たちの生活があるわけなので、贅沢は言えません。 樋口さんの言われるように、今の自分に与えられた機会を思う存分活用し、これからも自分を高めていく所存であります。 そのためにも健康が大切なので、できるだけ運動はするようにしています。 … 森見登美彦『四畳半神話大系』 より引用• 貴下の直属する上官は、当村の村長であり、貴下の仕事および給与条件に関する、すべて詳細なことも、村長から貴下にお伝えするはずでありますが、貴下もまた、村長にたいしては、顛末の報告をせねばならぬ義務を負うわけであります。 とは申しても、しかし、本官も、絶えず貴下から眼を離さない所存であります。 この書状を持参しましたバルナバスが、今後は、貴下の種々の望みを承って、本官に報告するために、時折、貴下のもとにお伺いすることになりましょう。 … カフカ/谷友幸訳『城(上)』 より引用• 閣下は貴国を発たれる以前から書状において戦術を思い描いておられており、我が帝国と皇帝陛下をこの受難から救おうと思案されております。 女王陛下におかれましてはヨーロッパの自由のために陛下の御力をもって同盟諸国への援助拡大と閣下をして速やかに帝国を支援するために政府委員諸卿と協議をされるか、必要最低限な兵力を派兵していただきたく思う所存であります。 帝国を崩壊から救うため、わたくし自身信じたくはございませんが、現在ネーデルランド国境付近に駐留している貴国の軍を広大な河川と大地によって守られている低地諸国にではなく、フランスの砲火と剣に脅かされた我が帝国へと派遣していただきたいのであります。 主の夢を聞くのは嫌ではなかったが、主がそれを決して叶わぬ夢のように語るのは好きではなかった。 であるから、その夢が実現可能そうであるのならば我輩は全力で手伝う所存でありながらも、満面の 笑 えみを持って、とは言いがたい。 主が言ったように、夢を叶えるには危険を覚悟せねばならぬようであるからだった。 六時に会おうと言っている手紙を無視して乗り込むのはマナー違反かもしれないが、とにかく気になるんだからしかたがないと思ってもらうしかないな。 万が一にでもナイフの 餌食 えじきになるかもしれない可能性がある限り、俺は自分の勘などいくらでもトイレに流して捨てる所存である。 と、意気揚々としていた俺の足がふと止まった。 … 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕 後 』 より引用• 事ここに至っては、長官殿と親しく面談させていただくよりほかに、術はあるまいかと存じます。 測量師としましては、これがいかに無理なお願いであるかは、よく承知しておりますし、長官殿ができうる限り御不快を感じられることのないように、努力する所存であります。 さらに、いかなる時間的制限にも服しますとともに、また、会談の折に測量師が使って差し支えない言葉数を、もしかして、指定することが必要と認められた場合は、その御指定にも従う所存であります。 … カフカ/谷友幸訳『城(上)』 より引用• それがし一人でも大殿の仇を討つ所存であったれば、そのお言葉何よりも嬉しうござりまする。 秀吉殿も同じ気持ちと思われます。 … 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』 より引用• 俺の人生にはもういらぬ! そして次はできれば年内に、『とらドラ6』をお届けしたい所存であります。 よろしければどうか引き続き、パワーをお貸しいただけますよう、是非とも! … 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第05巻』 より引用• お見かけしたところ陛下はそのような徒輩とは縁遠いおかたですから、陛下のお命に危害を加えたりするつもりは毛頭ございません。 それどころかご必要とあれば、この剣を陛下のお役に立たせる所存であり、われわれには何のさしつかえもございません。 また大枚の身代金をとのことですが、お気持だけで十分、受け取るわけにはまいりません。 … セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(上)』 より引用• 五百の兵は失い、賊にはそそのかされ、あげくに何か 嘘言 きよげんをかまえて、家族を連れ出さんの所存であったろうが、そうはさせん。 吉川英治『新・水滸伝(二)』 より引用• べつに国会議員に立候補したワケじゃなし。 美人なのは事実だし、どうやら肝っ玉も太そうだし、これから何をしでかしてくれるか、私はじっくり拝見する所存である。 … 中村うさぎ『屁タレどもよ!』 より引用• ところが、このわたくしは、そういう賢明人種とはちがい、至って生来無慾恬淡の方であるからして、なにごとも構わずぶちまけて、一向に憚らない次第である。 でも、他人さまのことは他人さまの御勝手ということにして置いて、わたくしは自分のことを 詳 くわしく申し述べる所存であるが、まずこのわたくしが、初めて自分自身の消身現象に気がついたときの、あの 戦慄 せんりつすべき思い出を語ろうと思う。 … 海野十三『第四次元の男』 より引用•

次の

「所存」の意味とは?正しい使い方や類語表現を解説(例文つき)

思う所存です

スポンサードリンク 次に尊敬語ですが、目上の方を立てる場合に使う言葉です。 今回の「思う」の場合ですと「思われる」というような表現が正しい尊敬語となるでしょう。 謙譲語は自分をへりくだてて表現する敬語です。 自分で自分の事をへりくだてることで、相手を立てる手法になります。 この謙譲語で「思う」を敬語表現するのが難しいように感じる方が多い様子です。 「思う」の謙譲語の正しい使い方とは? では、ここからはその「思う」の謙譲語について使い方を含めて紹介していきたいかと思います。 まず、自分がその話の主体の時に謙譲語は使います。 「思う」を「存じる」に置き換えると正しい使い方ができるかと思います。 ・以前よりA社のこの企画についてお話を伺いたいと存じておりました。 ・この企画は明日から取り掛かると存じております。 といったような表現が正しい使い方です。 「思う」立場が自分の場合に取り入れる使い方なのですね。 また、「存じる」以外にも「所存です」という表現も正しい謙譲語の使い方です。 ・この企画に全力を尽くす所存です。 このような使い方もあるのですね。 使い方の注意点としては、「存じる」の場合意味がもう一つ存在しており 「知っている」の謙譲語も「存じる」と表現するようです。 ・企画の趣旨は存じております。 このように使います。 一緒にならないように覚えておきましょう。 いかがでしたでしょうか。 このように謙譲語は少し難しくも感じますが、しっかりと身に付けておけばコミュニケーション能力が一層上がることは間違いありません。 覚えておきたいですね。

次の