左背中の痛み 原因。 背中が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

背中の痛みは膵炎や膵臓ガンが原因かも,病気や症状を解説

左背中の痛み 原因

ではまず、なぜ歪みが出るのか? その場合の原因も色々とありますが、• いつも同じ足から靴下を履く• 片足に重心を置いて立つ• 身体を捻ってTVを見たり、パソコンをする• かばんをいつも同じほうで持つ などの些細な日常生活による「歪み」が多いです。 そして「筋肉疲労」。 腰は 上半身と下半身をつなぐ非常に大切な部位であり、その分多くの負担が常に掛かっています。 そのため、疲労物質がたまりやすいので筋肉も凝り固まりやすくなります。 さらにそこに歪みがあると、一方だけに負担がかかり、痛みが出ることが多いです。 身体のどの部分をマッサージしても、たいてい「片側」が痛くなるのはそういった「日常生活による歪み」からです。 なお、座っている時は 立っているときの1.5倍もの負担が腰に掛かっていますので、悪い姿勢で長時間座っている場合も、骨盤から腰にかけての歪みを大きくする原因となります。 長時間座っている場合は特に 腰周りの筋肉が硬直しやすいため要注意です。 また、筋肉が硬直している場合は、「骨による神経圧迫」だけでなく「固い筋肉による神経圧迫」が生じてしまいます。 スポンサーリンク 胃・十二指腸潰瘍 考えられる一つ目の病気としては• 胃潰瘍 いかいよう• 十二指腸潰瘍 じゅうにしちょうかいよう が挙げられます。 これらは消化器の病気としてよく耳にする病気です。 下の画像の 緑の部分が胃、 青の部分が十二指腸です。 html 病名にある「潰瘍 かいよう 」とは、 ストレスやウィルス感染などによって粘膜組織に炎症が起こり、その部分が硬くなって盛り上がり、腫瘍のような状態になる病気 の事を言います。 通常の胃炎とよく似た症状のため、はっきりと診断をするためには医療機関で胃カメラなどの検査を受ける必要性があります。 胃潰瘍は放置していると炎症が強まり、 ・出血性胃潰瘍 ・胃瘻 胃に穴が開く病気 ・胃がん などにかかる可能性が高まります。 ちなみに、これらの病気は 一般薬で完治できる病気ではありませんので、必ず病院で適切な治療を受けるようにしましょう! スポンサーリンク 膵炎(すいえん) 考えられる2つ目の病気は、 「膵炎」です。 「膵炎」とは文字通り、 膵臓に炎症が起こる病気です。 症状として、 上半身の左側 脇から腰にかけて に強い痛みを感じます。 膵がんの症状は? こちらも膵臓の病気ですので、上で説明のとおり初期の頃にはあまり症状がみられません。 しかし進行するにしたがって、 ・上半身の左側の痛み ・背中の痛み ・食欲の低下 などが、慢性的な症状としてあらわれます。 膵がんの原因は? 膵臓がんの詳細な原因については、現代医療でも解明されていない部分が多いのですが、 ・生活習慣の乱れ ・暴飲暴食 が原因 リスク として挙げられています。 他に考えられる原因としては、 ・慢性膵炎 ・糖尿病 ・胆石症 などの病気から、合併もしくは悪化させる可能性があります。 膵がんの治療方法は? 膵がんの治療方法は、 ・化学療法 抗がん剤による が理想的ですが、早期発見が難しい上に転移が早いタイプのがんであるため、 部分切除 + 化学療法 + 緩和ケア 痛み止めによる疼痛コントロール という治療法が主流です。 では最後に、 「左腰が痛くなった場合の簡単な治療法」について説明します。 左腰が痛くなった場合の簡単な治療法 さて、ここまで難しいお話が長くなってしまいましたが、最後に「治療」について説明しましょう。 ではどのように「内臓の病気による痛み」との違いを見極めるのか? 簡単な方法があります。 内臓の病気による痛み?見極める簡単な方法! 100%とは言いませんが、多くはこの方法で見極められます。 まず、今現在の腰の痛みが和らぐ姿勢はありますか?• 膝をかかえて丸くなる• 横向きに寝る• うつぶせでねる• 仰向けで寝る• 座る などなど、体勢としては色々考えられるかと思います。 内臓の病気の場合、いかなる姿勢でも痛みを伴いますし、他の症状が出ている場合もあります。 もちろん、この方法は100%見極められるものではありませんので、仮に「左腰の痛み」以外にも症状が継続的に出ている場合は、内臓の病気の可能性もありますのでまずは病院を受診した方が良いでしょう。 物理的な痛みを緩和しよう! おまたせしました。 この場合は 冷やすことを徹底してください。 炎症が悪化するため、間違っても お風呂で温めるということだけは避けるようにして下さい。 なお「炎症が起きている」ということは、 身体が修復しようとしているということですので、炎症が強い場合は無理に動かないように安静にすることが大切です。 炎症が落ち着けば、後に説明するストレッチなどを取り入れていきましょう。 どうしても痛みがある場合は 痛み止め セデスやバファリン、ロキソニンSなど を使用しましょう。 まず結論から言います。 もっとも多いこのタイプの腰痛を改善するには、出来る範囲で 正しいストレッチを継続する ということです。 腰痛の原因の多くは筋肉の硬さです。 腰は一番使う部分ですので、疲れが溜まることでも筋肉は固まります。 逆にデスクワークなどで使わなさ過ぎる場合も、血流が悪くなり腰の筋肉は硬直します。 歳を取っても腰が痛くない方は、普段から筋肉をしっかり使えており 筋肉が柔軟な人が多いです。 筋肉が柔らかければ血行も良くなるため、 疲労物質も溜まりにくくなります。 また、上でも説明した通り、筋肉の硬直によって「背骨」や「背骨周りの靭帯」が圧迫され、腰の病気へと悪化することも多々あります。 逆にもともと椎間板ヘルニアなどを持っていた場合でも、 周りの筋肉が柔軟であれば、痛みが全くでないこともあります。 そのため、何よりも大切なことは 楽にほぐすなら「ささない鍼」! コリや痛みに効果があると言われているのが「鍼(ハリ)」です。 しかし• 値段が高い• 診療に行くのが面倒 という声が多く、その効果を体感したことのある人は少ないです。 しかしその効果を手軽に、そして無痛で期待できるのが 「ささない鍼」です。 主成分の鉄やクロムが「深層のツボ」に刺激を届け、痛みやコリを緩和してくれます。 「こんなので本当に効果があるのか?」と思いましたが、 55年前から鍼灸院のみで治療で使われてきたという実績があるとおり、「首〜頭にかけて」のコリと痛みが消え、ずっと感じていた「だる重い感覚」が吹き飛びました。 また、腰が曲がり始めた母親の腰に貼って実験してみましたが、母も「これは効いてるようだね」と喜んでいました。 腰に貼る場合は「自分では貼れない」という欠点もありますが、誰かに張ってもらえる環境にある場合は、ぜひオススメします。 なお 「一般医療機器の許可」もしっかり取得されているため、信頼できる商品です。 (届出番号:26B2X00006000096) 公式HP: 電気治療も簡単! 市販の電気治療器もオススメ。 貼って電源をオンにすれば、勝手にほぐしてくれるすぐれもの。 面倒くさがり屋でもできますが、この類のものは 替えパッドの交換が必須です。 また、腰や背中、肩には一人で張りにくいという事と、価格が張る点が欠点として挙げられます。 購入時は「筋肉を鍛えるタイプ」を購入しないように気をつけましょう。 上の写真のものは、あくまでも「ほぐす・痛みをとる」タイプです。 実際に私が使用している治療器(上の写真のもの)は、以下のタイプです。 ストレッチを続けましょう! 上で紹介したような物で、筋肉はほぐせます。 しかし、普段から正しく筋肉をストレッチ出来てなければ、 結局また凝り固まってしまうため、またグリグリとほぐし直す・・・ この繰り返しとなり、止めてしまう人が多いです。 そのため、正しい方法を探す必要があります。 動画サイトのストレッチ動画は怖い! インターネットには数多くの方法が発信されていますが、あえて「これがいい!」とお伝えしていない理由があります。 なぜなら動画サイトに挙がっているストレッチ方法が、正しくない可能性があるからです。 いくつか見た中にも「これ本当に大丈夫か?」と思える物が散見されました。 このように、近年の爆発的な普及により、誰でも簡単に動画をアップすることが出来るようになった反面、本当に正しいのかを見極める必要も出てきました。 街には格安の整体や、リラクゼーションを謳った施設、カイロプラクティックなどがたくさんありますが、なぜ格安で出来るかご存知でしょうか? それは、多くのアルバイトを雇用しているからです。 しかも、「治る!」という医療行為を謳わなければ、何の資格も持ってない人が施術できるため、素人も多く在籍しています。 ちなみに「マッサージ」はマッサージ師としての資格が必要です。 なので、「マッサージ」と書いてある場合は、資格を持った人が在籍しているハズです。 通常資格が無い場合は「ボディケア」などと書かれているハズです。 余談ですが・・・ 私はボディトレーナーとして働く前は、10年間マッサージ師として働いていました。 () このように街にも素人整体師がたくさん居るいま、インターネットに無数にあるマッサージを適当におこなうのは危険です。 きちんと実績があり、多くの方に効果が出ている方法を行うのが最も安全かつ近道です。 私としての一番のオススメは、テレビにも出演している整体のプロが広めた「福辻式の腰痛ストレッチ」です。 腰を曲げることの多いマッサージ師も腰痛に悩まされることが多く、そんな私たちの間でも最も人気のある方法でした。 かなり簡単な方法なので、いつでもどこでも出来る• ヘルニアなど、腰の病気全般の痛みをカバーできる という2点から非常に優れた方法と言えます。 別の記事「」にて紹介していますので、あわせてご確認ください。 あなたは今、ネット上にあるストレッチ動画を見ながら• いまいち効果がわからない・・・• これで本当に合ってるのかな・・・• 逆に痛くなったような気がする・・・ と模索しながら日々過ごしているのではないでしょうか? 今よりも酷くなり余計にお金が掛かる様になる前に、正しい方法で身体を整えましょう。 スポンサーリンク ズキズキを緩和するオススメの方法! 基本は上で紹介したストレッチでほとんどの場合は良くなります。 それでもズキズキして重い場合に限っては、 「キャッツクロー」がオススメです。 また、 キャッツクローに含まれる成分で 「キノビック酸グルコシド」という成分があります。 この「キノビック酸グルコシド」は、キャッツクローの樹皮と根に含有される成分の中で、 最も抗炎症成分の優れた植物化学物質であることが確認されています。 他にも、自然治癒力を高め調節する機能を持つ 「植物性ステロール」が 炎症を抑制する作用があるといわれています。 yamano-suppli. htm とあるように、キャッツクローに含まれる他の成分も 身体の痛みに非常に有効なのです。 ちなみにキャッツクローは、1994年に WHO「世界保健機構」にて、有用サーブとして取り上げられており、世界的に信用のあるハーブです。 私自身は、福辻式ストレッチを取り入れる前に毎日飲んでいました。 そこで、10種類以上のキャッツクローを摂取してきた中で 個人的に実感度の高かったものを、ランキング形式で紹介させて頂きます。 ヤマノ キャッツクロー「純粋」 北九州に拠点を置いている「株式会社ヤマノ」が販売しているキャッツクローサプリです。 このサプリは「実感力にこだわったサプリ」とされていますが、私個人的にも、そしてマッサージ師の仲間内でも 一番実感度が高かったため、 圧倒的に一番推しの商品です。 実際、2週間モニターを実践した方の80%が、• 1週間後から、以前より和らいだ• 体が軽やかになった など、何らかの違いを実感していることからも、非常に品質の高い物であると言えます。 実感力を高めるために 「吸収力」へもこだわっているところが、結果に繋がっていると考えられます。 また、なんと初回は51%OFFで購入出来るため、試してみたい方にも非常に良心的な価格となっているところも、 一番推している理由の1つです。 毎日65円ほどでお試しが出来るうえに、最近多い「初回は安くするから、3回は継続して飲んで下さい」という 定期便の縛りがないため、とりあえず試してみる、という方に非常に優しいです。 ヤマノは約20年間サプリメント販売をしている会社のため、原料の受け入れから最終製品までの各工程を、しっかりと国内の自社工場で管理しているところも、評価が高いです。 本来はストレッチである程度緩和できると思いますが、ズキズキがどうしても酷い時には 是非一番最初にお試し頂きたいと思えるキャッツクローサプリです。 個人的な実感度として、上で紹介した「キャッツクロー純粋」ほどではないものの、 しっかりとした実感がありました。 ただし値段が10日分1980円(お試しセット)となり、1ヶ月でみると約6000円ですので、コスパが良いか?と問われれば、なんとも言えないところではあります。 ちなみに、お試しセットは6つまでしか購入できないため、それ以降は月10260円となります。 決して安くはありませんが、「ヤマノ キャッツクロー純粋」でもし実感できなかった場合には、こちらのお試しセットをご購入頂いても良いかと考えます。 重くダルい ズキズキへの実感度 価格 公式HP: ということで、オススメ順に紹介してみました。 商品ページのところどころに「ふしぶし」という言葉が出てくるため、膝の関節をイメージするかもしれませんが、腰の痛みにも大変良いです。 また、このような商品はどうしても「40代以降のもの」というイメージがあるかと思いますが、私は20代の頃に飲んでいましたし、年齢は全く関係ありません。 なぜなら、コンドロインチンのように「軟骨を生成して和らげる」のではなく、キャッツクローの成分は 関節痛や神経痛、炎症その ものに働きかけます。 なお、 薬ではないため毎日飲んでも問題ありません。 私自身、上記ストレッチを取り入れる前までは、毎日のように飲んでいました。 ということで、あくまでも「ストレッチをしたくない!」という方を前提に紹介しましたが、毎日の重ダルい腰痛によって• 仕事が捗らない• 何事にも集中できない• スポーツができない• 普通の生活さえ辛い という方に参考になれば幸いです。 最後に! ストレッチ以外では.

次の

背中の左側が痛い!そんな時に考えられる病気や対策は?

左背中の痛み 原因

いつもと違う腰痛……もしかしたら、内臓に原因があるかもしれません 「腰の痛みが随分としつこい」「この背中の凝りは何だろう?」と、いつもと違う腰痛や背中の痛みを感じる場合、内臓の病気の可能性も考えましょう。 痛みは、目では直接見ることのできない体の中の異常も知らせてくれます。 そして、痛みの出ている部分が必ずしも悪い部分とは限りません。 「腰痛なのに腰自体には原因がなく、内臓からきている痛みだった」というケースもあるのです。 詳しく解説します。 マッサージや温めも効かないコリには要注意 背中や腰の筋肉が張るような感じがしても、一般的な肩こりや背中、腰部の張り感であれば、ほぐしたり温めたりすることで、多少楽になったり、体を休めることで軽減したりすることで、程度の差はあれ改善されることが多いです。 しかし、ツボ押しグッズなどで自分で圧したり、お風呂で温めてほぐしてみたり、ヨガやマッサージなどに通ったりしてコリ解消に励んでも、全く効果が感じられない。 それどころか症状が悪化しているように感じる……。 そのような場合は、ただの凝りではない可能性、別の場所に原因がある可能性も疑った方がよいでしょう。 背中の張り・痛み・腰痛の原因は、内臓の病気の可能性も 結びつきにくいかもしれませんが、腰痛や背中に出る痛みや張り感の中には、実は、内臓疾患が原因で起こるものがあります。 内臓疾患の痛みが内臓から離れた部位に出てしまうのです。 これは「関連痛」と呼ばれます。 例えば「左肩が痛むと心臓に問題があるらしい」といった話を聞いたことはありませんか? もちろん、左肩の痛み全てが心臓のせいではありませんが、実際に内臓の異常がこのような形で表れる場合もあります。 一方でコリや痛みが長引くときに内臓の病気かもしれないと不安感ばかりが高まり、症状が悪化してしまう場合もありますので、過剰な心配にもご注意ください。 適切なタイミングで病院を受診するなどして、正しく対処していくことが大切です。 関連痛とは……痛みの伝達時、筋肉の収縮や血流低下が原因で起こる痛み 内臓や骨、関節周囲の深部にある組織から、脳へ痛みを伝える神経の経路と、皮膚からの痛みの情報を伝える経路が同じであると、内臓による痛みが特定の皮膚を過敏に感じさせることがあります。 痛みが脳へ伝達される時に、交感神経系や運動神経にも影響を及ぼすことで、発汗が見られたり、特定の筋肉の収縮、血流が低下するなどして、こりや張り感、痛みを起こすことになります。 このように、内臓からの刺激と皮膚からの刺激を勘違いしてしまう働きがあります。 各内臓と収縮する筋肉の関連性などが、離れた部位にこりや痛みを起こす「関連痛」の仕組みとなります。 少しナゾが解けてきたでしょうか? 腰や背中へ症状が起こりうるケースでは、腹部の後ろ側にある筋肉が収縮するのですが、一般的な腰痛でも緊張して硬くなりやすい「骨盤を引き上げる作用のある筋肉」や「股関節を曲げたり腰部、骨盤を安定させる筋肉」にも影響を及ぼす可能性があります。 そのため、腰の痛みや張り感、背中の違和感やこりを感じることがあるのです。 腰部と関連の深い臓器は、子宮や卵巣、腎臓などがあり、背中や脇腹では、胃、胆のう、膵臓などがあります。 特に心当たりもなく起こったいつもと違う腰痛や背部痛が続いた場合は要注意です。 例え症状を我慢できたとしても、どんな体勢や処置でも緩和せず、夜間もつらい場合は早めに病院を受診して下さい。

次の

肩の痛みが左側や首からくる場合は要注意!原因や対策を紹介します。

左背中の痛み 原因

スポンサーリンク 背中の痛みが、内臓の病気によるものというケースは、少なくありません。 背中に痛みが出る、内臓の病気の1つが、胃潰瘍です。 胃潰瘍を原因とする背中の痛みは、右と左のどちらに現れるのでしょうか? 胃潰瘍の場合は背中の左!どんな症状が伴ったら胃潰瘍の可能性があるのか? 胃潰瘍を原因とする背中の痛みは、左側に現れます。 胃が体の左側にあるためです。 胃は、みぞおち左辺りから肋骨の一番下辺りに存在します。 胃潰瘍が進行し、粘膜に穴があいた状態になると、膵臓にまで炎症が及びます。 膵臓は、胃の真後ろにある臓器です。 膵臓まで炎症が及ぶと、背中の左側に痛みが出ます。 背中の左側の痛みに加え、胸やけ、ゲップ、嘔吐、食欲不振、貧血、吐血、下血などの症状が見られたら、胃潰瘍の可能性があります。 お腹や背中の痛みが出る前に、前兆として腹部不快感を示すことが、稀にあります。 ただし、多くは、腹痛や背中の痛みは、突発的に現れます。 背中の左側に痛みが出る他の病気は?可能性のある臓器は心臓と膵臓 背中の左側に痛みが出る内臓の病気は、胃潰瘍だけではありません。 背中の左側が痛む場合、心臓や膵臓の病気の可能性もあります。 心筋梗塞や膵炎の場合は、背中の左側からみぞおちにかけて、痛みが続きます。 心臓の病気が原因の場合は、しばしば左肩や腕、顎などにも痛みが広がります。 胃潰瘍の場合と紛らわしいのが、膵炎による背中の痛みです。 膵炎では、みぞおちから左脇腹上部にかけて痛みが出ます。 吐き気、嘔吐、下痢、便秘などの症状を伴うことがあります。 痛みが出やすいのは、食後。 特に、 油分の多い食事をした後やアルコールを多く飲んだ後に、背中が痛むことが多いとされます。 スポンサーリンク 痛みが1週間以上続いたら受診!最初は内科にかかると良い 背中の左側が痛む場合、膝を曲げて腹ばいになると、痛みが和らぐようなら、膵炎の可能性があると言われています。 胃潰瘍だけでなく、胃炎や胃癌の場合、その姿勢をとっても、痛みは続きます。 安静にしていても背中の痛みが治まらなかったら、内臓疾患による痛みの可能性があります。 痛みが1週間以上続くようなら、病院を受診しましょう。 まず、内科を受診します。 他の病気の可能性が高い場合は、他の科を紹介してもらえます。 今回のまとめ 内臓疾患が原因で、背中に痛みが出ることは、稀ではありません。 背中の痛みの原因となる内臓疾患の1つが、胃潰瘍です。 胃潰瘍が進行して、粘膜に穴があくような状態になると、背中の左側が痛みます。 痛みは、長く続きます。 安静にしていても、姿勢を変えても、背中の痛みが和らぐことがなかったら、胃潰瘍の疑いがあります。 1週間以上、痛みが続いたら、内科を受診しましょう。 スポンサーリンク -.

次の