年金一元化。 共済年金が廃止!?厚生年金と統合されたのはどうして?

【早わかり】年金一元化とは?「公務員は年金が多い」が幻になる制度

年金一元化

4つに分かれて運営されていた被用者年金制度が、平成27年10月から厚生年金1つに統一されました。 わが国の公的年金制度は大きく「基礎年金制度(国民年金)」と「被用者年金制度」の2つに分けることができます。 基礎年金制度(国民年金)は、自営業の方のほか、民間サラリーマン、公務員、私学教職員やこれらの被扶養配偶者も加入する全国民共通の制度となっています。 したがいまして、被用者年金制度の1つである国家公務員共済組合の加入者である組合員の皆さまは、あわせて基礎年金制度(国民年金)にも加入し、同時に2つの年金制度の適用を受けています。 被用者年金制度の一元化は、公的年金制度のうち、国家公務員共済組合、地方公務員等共済組合、私立学校教職員共済と厚生年金の4つに分かれて運営されていた被用者年金制度を厚生年金1つに統一させたもので、今後の少子・高齢化の一層の進展等に備え、年金財政の範囲を拡大して制度の安定性を高めるとともに、民間サラリーマンや公務員、私学教職員を通じ、同じ保険料を負担し、同じ年金給付を受けるという年金制度の公平性を確保することにより公的年金に対する国民の信頼を高めることを目的に、平成27年10月から行われました。 なお、平成27年10月前に年金を受給されている方(または受給権を有している方)や、既に退職されている方のうち、平成27年10月以後に年金の受給権を取得する方に関する年金の取扱いにつきましては、以下をご参照ください。。 なお、このほか厚生年金や私学共済の加入期間がある方は、別途、日本年金機構や私学事業団からそれぞれの加入期間に応じた年金を受給することとなります)。 また、たとえば、厚生年金では被保険者として加入できるのが70歳までと上限が設けられているのに対し、国家公務員共済年金では年齢制限が設けられていないなどといった、厚生年金と共済年金との制度的な違いについても基本的に厚生年金にそろえられることになります。 【参考】 ・ 平成26年10月発行リーフレット (PDF1. 59MB).

次の

共済年金が廃止!?厚生年金と統合されたのはどうして?

年金一元化

日本の公的年金制度は職業などによって加入する制度が異なり、保険料や給付水準など異なる部分もある。 これら制度を一本化し、どのような職業、立場でも同じ年金制度に加入するようにしようとの考え方。 自由民主党が政権与党であった時代は、被用者(勤め人)が加入する年金制度を一本化する動きをさしていたが、民主党政権になってからは自営業者らの年金を含めすべての公的年金制度を一本化するという意味で使われることが多い。 被用者の公的年金は大きく分けると、民間企業の厚生年金、公務員らの共済年金に分かれる。 かねてより国会などで、公務員のほうが優遇されているとの官民格差が問題となっており、この格差をなくし、すべての制度を厚生年金にあわせる形での改革が進んできた。 共済年金には国家公務員共済、地方公務員共済、公務員ではないが、私立学校教職員共済などがあるが、2007年(平成19)に国会に提出された年金一元化法案では、これらすべてを基本的に厚生年金に統合するとの方針が示されている。 ただし、2009年夏の衆議院解散・総選挙によりこの法案はいったん廃案となった。 政権与党となった民主党は全制度の一本化を目ざしている。 官民格差の解消とはいうものの、共済年金は厚生年金に比べれば加入者が少なく、少子高齢化のなかで将来的に財政が不安視されていたので、厚生年金に統合していくという面もある。 実際、過去には旧国鉄職員を対象としていた日本鉄道共済組合、電電公社時代からあった日本電信電話共済組合、農協職員らが加入していた農林漁業団体職員共済組合などが財政悪化から厚生年金に統合されている。 [編集部].

次の

被用者の年金制度の一元化|日本年金機構

年金一元化

メリットということですが、特別そういったことはないでしょう。 むしろ今まじめに保険料を納めている人にデメリットが生ずることが想像されます。 難しい点はいくつか考えられます。 現在の年金制度はその根本に「世代間扶助」という考えがあります。 つまり自分で払った保険料から年金を受け取るのではなく、子ども世代・孫世代に負担を求める制度です。 しかし一元化となった場合、これが積み立て方式に変わることになります。 今まで保険料を負担してきた人にも「積立資金」がないことから、単なる制度変更のみでは「払ってきた人」「払ってなかった人」で不公平が生じることになります。 この点をいかに公平感を国民に感じさせながら移行するのかが難しくなってきます。 また「共済年金」「厚生年金」は労使折半で保険料を納めています。 一方国民年金は全額自己負担です。 これらを単純に統一し、全額自己負担になれば単純に「国民年金だった人は保険料が下がる」「共済年金・厚生年金は保険料が上がる」ことになります。 ここからは個人的見解ですが… 今の民主党案は制度的には理解できます。 しかし現行制度との整合性についての議論が抜けている以上、「諸手を挙げて賛成」というわけには行きません。 また与党案も「共済年金と厚生年金を統合」その後は議論するといったプロセスは理解できますが、具体的な方法がわからない以上、やはり賛成ということはできません。 賛否を判断できるようになるには、まだまだ議論が必要ですね。 民主党の年金一元化は、従来の年金とはまるで違う案となっています。 従来は、掛け金を払った人が、給付を得る権利を持ち、税金を投入することで安定かつ有利にしようというものでした。 全国民は義務づけているが、徴収は自らの意志でできるというものです。 民主党案は、生活保護のような機能を加えていますので、国民から税として保険料を強制徴収することと、所得から天引きすることを両立させています。 民主党案のメリットは、国民の最低限度の生活を国が保証するというものですから、低所得者層は助かるでしょうね。 しかし、それを消費税でまかなうのですから、若い人たちはたまったものではありません。 民主党は、いくらの増税になるのかを公開していません。 又、所得の15%を厚生年金のかわりに給料から天引きにすると言っています。 パートやアルバイトはどうなのかも公開されていません。 もしもパートも15%引かれたら、手取りが大幅に減ります。 社会保険庁を廃止すると言っていますが、実態は国税庁との合併です。 今以上に税と社会保険料の徴収の機関が増大し、そこに国民背番号制を導入するという案になっています。 従来は単年度の所得を国税庁が把握するだけでしたが、生涯の所得を合併した酷税庁が管理することになります。 つまり公務員の特権の大幅拡大です。 その民主党案は、日本の税制や社会保障だけでなく、自由をどう考えるのか?という点も大きく変わります。 つまり社会主義国家に変貌するような大改正です。 公務員に大きな権力を金を預ける民主党案は、詳細を国民に説明すると、誰も賛成しないと思います。 公務員と労働組合だけが喜ぶ案ですね。 自民党は、先ず厚生年金と共済年金を一元化すべきと言っています。 国民年金の一元化は、まず国民の意見を聞くべきだという考え方ですね。 僕も同感です。 今の国民年金制度は悪くないです。 もっともベターだと思います。

次の