コロナ禍使い方例文。 コロナウイルスについて気遣うビジネスメールの例文を紹介|ドドヨの腹ぺこ自由帳

コロナ禍とは? 読み方と意味

コロナ禍使い方例文

この記事で分かること• コロナ禍とは コロナ禍とは、新型コロナウイルスが招いた危機的、災厄的な状況をさす言葉です。 2020年5月現在、感染防止のための自粛の影響もあり、新型コロナウイルスはイベントの自粛、株価の急落、消費の低下、収入の減少、失業者の増加など、社会各方面に様々な影響を与えています。 また、時差通勤やテレワーク、商店の休業や営業時間短縮、臨時休校など、コロナ禍によって私たちの日常は大きく変わりつつあります。 コロナ禍の由来 「禍」という漢字には以下の意味があり、コロナ禍という言葉の由来になっています。 よくないこと• 悪いこと• また日本の古典でもしばしば用いられており、平安時代後期に成立したとされる「大鏡」には、以下のような詩が読まれています。 「ものの音調子吹き出づる程に、『禍かな、あれは舞はじ』とて」 訳:楽器の音調子を合わせだすころに、「いやなことだなあ、僕は舞うつもりはない」と言って。 出典: コロナ禍の使い方 コロナ禍の使い方には以下のようなものが挙げられます。 コロナ禍は受験生にも大きな影響を与えている。 コロナ禍により学校に行くことができない現在、多くの受験生は勉強や受験への不安を抱えているのではないでしょうか。 コロナ禍により客足が激減し、閉店を余儀なくされたレストラン。 個人経営の店舗など、コロナにより客足が減って資金繰りが難しくなり、閉店に追い込まれたお店は数多くあります。 コロナ禍と関係する難読漢字 ここからはコロナ禍と関わりのある2つの難読漢字をご紹介します。 冠状病毒 冠状病毒は中国語で「コロナウイルス」と読み、冠状が「コロナ」、病毒が「ウイルス」に相当します。 日本ではあまり使われませんが、中国では一般的に使用される熟語です。 冠状がコロナを表す理由 コロナとは、ラテン語で王冠や太陽の周りの光状の輪を指します。 駱駝 駱駝は動物の「ラクダ」を指します。 ラクダはサウジアラビアで発生し2015年に韓国でアウトブレイクした感染症であるMERS(中東呼吸器症候群)の感染源となった動物です。 2020年現在、厚生労働省は中東地域においてラクダと接触したり、を行っています。 不安を抱える全ての方に。 コロナ助け合い保険 「禍」に似ている様々な漢字 「禍」と似ている漢字をいくつか紹介していきます。 蝸 読み方は「かたつむり」「にな」「か」などです。 かたつむりは蝸牛と書きます。 蝸の意味• かたつむり• でんでん虫• にな 中国語での使い方 蜗牛(かたつむり)は、中国語からそのまま由来しています。 例)孩子们都喜欢蜗牛:子供たちはみなカタツムリが好きだ また中国明朝時代の小説集『二刻拍案惊奇』には、という四字熟語が出てきます。 「蝸角」とはかたつむりの角を指しています。 かたつむりの角のように小さく、左右にある国同士が小さな領土を奪い合う争いをしたという故事にちなみ、取るに足らない小さな争いという意味で使われます。 咼 読み方は「か」です。 日本語ではほとんど用いられません。 咼の語源 咼の語源は諸説ありますが、『』(東京堂出版)によると、穴にはまり込む関節の骨を描いた図形を表しています。 咼の意味• よこしま• 口が歪む 咼の中国語での使い方 中国では姓として用いることが稀にあります。 例)呙先生是我的女朋友:呙さんは私の彼女です 媧 読み方は「か」です。 日本語ではほとんど用いられません。 中国語での使い方 女娲忽然醒来了:女娲は突然目を覚ました(出典:) この一節は近代中国を代表する作家である魯迅が著作した小説、故事新編の「」という話の冒頭の一行です。 堝 読み方は「か」「るつぼ」です。 堝の意味 るつぼとは、金属を溶かすために使う器のことです。 堝の使い方 元来の意味が転じて、様々な物が混ざり合い、渦巻いている様子を形容する表現として用いられます。 例えば多種多様な民族が混在して暮らしている都市を形容するときには、人種の坩堝(るつぼ)という表現を用います。 単一民族国家である日本とは対照的に、アジア系・アフリカ系・ヒスパニック系などが混在して暮らしているアメリカは、人種の坩堝の代表格と言えます。 窩 読み方は「か」「あな」「むろ」「いわや」「かくす」などです。 日本語ではほとんど用いられません。 中国語での窩の使い方• (昆虫の)巣 例)我在校园里发现了一个蜂窝:私はキャンパス内で蜂の巣を見つけた• (悪人の)根城 例)小偷们的窝被警察发现了:泥棒たちの根城は警察により発見された• (犯人などを人に見られないように かくまう 例)家里窝着一个逃犯:家に逃亡中の犯人をかくまっている 渦 読み方は「か」「うず」などです。 渦の意味• などが向かってながら、い回っている状態• 入り乱れた、目まぐるしい動き 渦の使い方 鳴門の渦潮、興奮の渦、紛争の渦に巻き込まれる、など渦は日常表現でもしばしば用いられる漢字です。 コロナ禍の「禍」がしめすへんではなく、さんずいの漢字が「渦」です。 おわりに コロナ禍の読み方や読み間違いしやすい文字について解説しました。 新型コロナウイルス助成金・給付金一覧 新型コロナウイルスに関連した助成金・給付金一覧をまとめて記事にしました。 不安を抱える全ての方に。 コロナ助け合い保険 コロナ助け合い保険とは 不安を抱える全ての方に、我々の生活を守ってくださる方に、そして全てのみなさまへ、です。 ケガまたは病気で1泊2日以上の入院をしたとき給付金10万円を受け取れます 新型コロナウイルス感染症の罹患の有無にかかわらず、1泊2日以上の入院をしたときに10万円の給付金を受け取ることができます。 新型コロナウイルス罹患時の自宅療養にも対応 医療機関の事情により1泊2日以上の入院が必要にもかかわらず、臨時施設(病院と同等とみなせる施設)または宿泊施設や自宅で療養し、医師の治療を受けている場合等も、医師の証明書等をご提出いただくことで入院一時金の支払対象となります。 安価な保険料でクレカ決済完了後すぐに保障開始 年齢・性別により月々510円からの保険料で加入できます。 お申込み後すぐに当月分の保険料のお引き落としを行い、決済が完了しましたらご契約が開始します。

次の

コロナウイルスについて気遣うビジネスメールの例文を紹介|ドドヨの腹ぺこ自由帳

コロナ禍使い方例文

コロナ禍の読み方と意味 コロナ禍とは何? ずっと何て読むのかわからんまま放置やった言葉、コロナ禍。 — みゅ mtunyachang 鍋(ナベ)や渦(うず)と似ている「禍」という感じですが、 コロナ禍(ころな か)と読みます。 「禍」はわざわいとも読み、喜ばしくない事柄。 不幸を引き起こす原因。 災難を意味します。 ちなみに「禍々しい」は「まがまがしい」と読み、何か良くないことが起こりそうな、不吉な様子のことを言います。 つまり「コロナ禍」とは、新型コロナウイルスによる様々な災いという意味になりますね。 中国の武漢で新型コロナウイルス感染者が発見されてから、世界各地で流行し、日本も様々な影響を受けています。 こういった状況を「コロナ禍」と表現しているわけですね。 コロナ禍はいつから広まった? 今では、「コロナ禍」という言葉が広まっていますが、いつからこの言葉が使われ始めたのか?使い始めたのは誰なのか?誰がこの言葉を作ったのかを調べてみました。 「コロナ禍」を最初にツイッターで呟いた人を検索してみたところ、現在削除されていない公開ツイートで、2020年1月23日のツイートが最古でした。 春節なぁ・・・(コロナ禍) — 驪猫トム KuronekoTom gattineri 3月くらいから広まり始めたと思っていましたが、1月末ごろからすでに使っている人がいたんですね。 誰が最初に言い出したのかは、特定できませんでしたが、今やネットやテレビなど様々なメディアで使われるようになっている新語となりました。 「コロナ禍」今年の流行語大賞になるかもしれませんね。 コロナ禍の使い方【挨拶文・メールなど】 コロナ禍は、新型コロナウイルス感染症の大流行によって様々な災いが起きている現在の状況を指す言葉なので、 「コロナ禍の今〜」「コロナ禍の中〜」「コロナ禍は終息するのか?」 などといった使われ方をしています。 会社や取引先などの挨拶で、コロナ禍を使う場合の例文を紹介します。 カテゴリー• 102• 218• 128•

次の

収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

コロナ禍使い方例文

手紙の書き出しのポイント 1. 相手をよく考える ・手紙を出す相手とあなたとの関係を考えます。 親しい相手なのか、目上の相手なのか、ビジネスの相手なのかを良く考えて書きます。 先方の状況を推し量る ・現在の相手の状況を考えてみます。 例えば、幸せ、元気、健康、闘病中、超多忙、活躍している、暇を持て余している、大変な困難に遭遇している、寂しい、不安、など。 ・上記のうち、もしも先方がコロナウィルス感染症に感染して闘病中の場合には、入院中であったり、感染予防の観点から手紙のやり取りが難しい場合などがあります。 できれば患者本人やその家族に対しては手紙は避け、どうしても連絡を取りたい場合にはメールや電話を使うようにしましょう。 季節を考える ・季節についてふれるのが手紙の書き出しの慣例となっています。 手紙の書き出し 1. 頭語(とうご) ・頭語とは、手紙を書く時に冒頭に用いられる言葉をさします。 例えば「拝啓」「拝復」「謹啓」「前略」など。 ・頭語は、 必ず、決まった結語とペアになっています。 例えば「拝啓」で書きはじめる場合は結語「敬具」で結ぶのが決まりです。 代表的な頭語と結語のペアには以下のようなものがあります。 ・頭語を用いるのが手紙の正式なマナーですが、文章が堅苦しくなるので、親しい相手や子どもにあてた手紙の場合などには、省略しても構いません。 このほかに「頭語」「結語」のペアはこちらのページ 手紙の書き出し 2. 時候の挨拶 (じこうのあいさつ) 冒頭に「頭語」を書き、続いて自分の言葉で季節感を述べます。 これを「時候の挨拶」と言います。 頭語のあと一文字あけて続けて書くか、または改行して次の行の上一文字下げて書きます。 時候の挨拶の例 ( 下記を参考に、時候の挨拶は自分の言葉で) 1月 厳寒の侯 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 余寒の侯 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 早春の侯 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 陽春の侯 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 5月 新緑の侯 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 梅雨の侯 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 盛夏の侯 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 残暑の侯 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 9月 初秋の侯 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 10月 秋冷の侯 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 晩秋の侯 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 初冬の侯 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。

次の