節分 何食べる。 節分とは?2020年はいつ?恵方巻以外にもある縁起の良い食べ物は何?

節分に食べるものは何?食べ物の由来は?縁起がいい7つの食べ物

節分 何食べる

節分に必要な豆の数はいくつが正しい? 2月3日の節分には、豆をまいて、年齢の数だけ豆を食べるという習慣がありますが、年齢については、満年齢の数を食べるという人と、数え年の数を食べる人、と分かれます。 さらに、プラス1個を追加する人とそうでない人とがいます。 満年齢:生まれた年を0歳として、誕生日を迎えるごとに、年齢が1歳増える数え方です。 生まれた1年後が1歳となります。 一般的に、書類などに年齢を記入する際は、満年齢の年を記入します。 数え年:生まれた日を1歳として、1月1日の元旦に年齢が1歳増える数え方です。 例えば、2018年12月1日に生まれた場合、その時点で1歳とし、2019年1月1日に2歳になるという考え方です。 この場合、満年齢では0歳です。 満年齢か数え年かは、地域によっても異なります。 節分の豆の数え方や年齢の数を食べる理由 節分は、昔は立春の前日で、現在でいう大晦日のような日と考えられていました。 神社やお寺でお祓いをして清めた豆、「福豆」を、年の数だけ身体に取り入れることで、次の年も健康で幸せに過ごせますように、と願ったとのことです。 年齢にプラス1個を足して食べる場合は、次の年のことを指し、来年も健康で幸せに過ごせますように、という意味で多めに食べるようになったと言われています。 節分の豆まきの正しいやり方 準備するものは、福豆(炒った大豆)または、落花生。 地域によっては、大豆ではなく落花生を使います。 落花生は殻付きのもので、芽が出ない、散らばらない、拾って食べるのに抵抗がない、などのメリットがあると言われています。 豆をまくのは、その家の主人か年男・年女、厄年の人、がするのが良いと言われています。 年男・年女には、その年の干支に生まれていることで縁起がよく、悪い気を追い出せるためと言われ、厄年の人は厄払いとして、豆をまくと言われています。 豆のまき方は、邪気である鬼を家から追い出すイメージで、部屋から玄関の方向、または窓から外へ向かって、「鬼は外」で豆を投げます。 そして、「福は内」で今度は、部屋に向かって豆を投げます。 このやり方で部屋の奥から、玄関まで順番に行います。 そして、豆まきが終わった後に、投げた豆を拾って食べます。 節分の豆まきで豆が食べきれない場合 豆まきの後、年齢分の豆が食べきれない時は、豆まき用の豆が余ってしまったら、福豆を入れた「福茶」がおすすめです。 昔は節分とは現在の大晦日のように、新年を迎える前日であったため、新年を迎えるにあたって、邪気を祓うために飲んだ福茶というお茶に、福豆を入れていただくようになったそうです。 福豆にお茶を注ぐだけでも良いそうですが、さらに縁起がよい美味しい福茶の作り方もあります。 福茶の作り方(1杯分)• 福豆:3粒• 塩昆布:適量• 梅干し:種をとったもの1個 3つの材料に、180CCの熱湯またはお好みで緑茶を注げば福茶の出来上がりです。 まとめ 節分の豆まきの数には、年の数だけ福を取り入れて、来年の幸せを願う、という意味があったのですね。 伝統的な行事ですが、由来や理由を分かったうえで、豆まきをすると、より福がありそうですね。 ぜひ節分には、来年の幸せと健康を願って、豆まきを行ってみましょう!.

次の

節分に恵方巻と一緒に何を食べる?運気が上がる食べ物ものは?

節分 何食べる

節分は正しくはその季節の始まりの前日のことを指します。 春夏秋冬の季節それぞれの始まりを「立春」「立夏」「立秋」「立冬」と言いますよね。 その前の日、つまり季節を分けるという意味から「節分」となったわけです。 でも、現在は立春の前日だけが節分と言われています。 それはなぜかと言うと、旧暦の正月は立春前後の新月の日とされていて、これから新しい年を迎えるのにとても大切な日だったのです。 当時、節分は現在でいう大晦日であり、季節の節目だったのです。 江戸時代以降、節分は立春の前日を指すようになりました。 1985年~2024年くらいまでは、現在の2月3日に節分の日が当たりますが、2025年以降は2月2日にあたるそうです。 2月3日のイメージが強すぎて、2日の節分は違和感しかありませんね…。 追儺とは、悪鬼を追い払う儀式です。 元々は中国で行われていた儀式で文武天皇の時代に日本に伝わったそうです。 節分と言えば豆まきですが、ここから現在も続いている鬼に豆をぶつける習慣ができたのですね。 昔は、災害や病気はすべて鬼の仕業だと思われており、追儺のことを「鬼やらい」「厄払い」などと言われていました。 豆まき以外にも、鰯の頭を柊の枝に指して玄関に立てたり、関西では恵方巻きを食べたりして鬼を退治していました。 鰯を焼いた煙とニオイが厄を払うと言われており、また、柊の葉のトゲを鬼が嫌うことから鬼が近寄らないと言い伝えられています。 ご存じの方も多いと思いますが、恵方巻きは「福を巻き込む」「縁を切らないように」という意味合いがあり、関西を中心に広がった風習なのです。 まとめると、節分は 鬼を退治するために、「豆まき」「鰯を焼く」などをしたり、福を呼ぶために「恵方巻きを食べたり」する日です。 ・こんにゃく 昔はこんにゃくは「胃のほうき」と呼ばれていて、体内の毒だしの効果が期待され大掃除には持って来いです。 ・鰯 鬼は鰯の煙とニオイが嫌いとされているので、鬼を追い払うと言われています。 ・そば 長細いそばを食べることで長生きし、すぐに切れることから災難を切る意味合いがあります。 ・恵方巻き その年の縁起の良い方向に向かって黙々と食べることで、縁を切らないように、福を巻き込むようにという意味合いがあります。 ・くじら 大きなものを食べて邪気を祓うとして山陰地方で風習があるそうです。 ・大豆 魔滅 まめ =豆は、鬼が集まってくる節目に豆をまいて無病息災を祈ります。 まとめ 節分はただ単に、豆まきをすれば良いと思っていましたが、節分の意味を知って今までよりもしっかりと豆まきや恵方巻きを食べたいなと思いました。 みなさんも、しっかりと邪気を祓えるように豆まきしましょうね。

次の

節分に食べるものは何?食べ物の由来は?縁起がいい7つの食べ物

節分 何食べる

節分に食べるものって豆と恵方巻きだけ? 節分に食べるものといえば、豆ですよね。 私小さな頃は、「鬼は外、福は内」といいながら豆まきをし、 年齢の数だけ豆を食べると良いということくらいしか知りませんでした。 しかし、あるコンビニが火付け役となり、 恵方巻きが全国に広まり、今や節分で食べるのが当たり前の食べ物となりました。 私が子どもの頃、ウン十年前には、 恵方巻きというものは、関西地方のみで節分に食べられていた食べ物だったようなんです。 このように、 ある地域でしか節分に食べる風習のなかったりして、多くの人に知られていないだけで、 本来節分に食べると良いとされている食べ物が他にもあるんです。 では、節分に食べると良いとされている縁起物の食べ物には どんなものがあるのでしょうか? 節分の食べ物の由来は? 節分に食べると良いとされている縁起の良い食べ物は、 7つあります。 ひとつずつ、由来を見ていきましょう。 大豆 節分は 「季節を分ける」日のこと。 ですので、本来は立春だけでなく、立夏、立秋、立冬の前日も節分と言います。 現在のように、立春の前の日と特に「節分」と呼ぶようになったのは 江戸時代以降なのだそうです。 節分に豆をまく意味は? 昔から、季節の変わり目である立春や立夏、立秋、立冬には鬼がやってきて、 病気や災害などを引き起こすと考えられていました。 そのため、鬼がやって来ないように、季節の変わり目の前日にあたる節分に 大豆をまくようになったといわれています。 豆まきの豆には、鬼の目 「魔目 まめ 」に 豆を投げつければ、 魔が滅する 「魔滅 まめ 」という意味があるのだと考えられているそうです。 つまり、豆は鬼を追い払うための道具でもあり、 「豆=魔目」として鬼そのものととらえてもいたようですね。 季節の行事を調べていると、語呂合わせが多いことに驚きます。 節分で、歳の数だけ豆を食べるのには、次のような意味があるのだそうです。 昔は、一年の始まりは立春だと考えられていたため、 立春の1日前の節分は、大晦日と同じように考えられていました。 火であぶり、邪気を払った豆は「福豆」と呼ばれ、年の数だけ福豆を食べることで、 「立春から始まる一年も健康に過ごせますように」 という願いが込められているといわれています。 そのため、年の数に1つ加えて、 数え年で豆を食べるご家庭もあるようですよ。 また、福豆を食べることで 「鬼を退治している」 という意味もあるそうです。 恵方巻きの由来には諸説ありますが、最も有力なのが 昔、 大阪の商人が商売繁盛を願って食べたのが始まりと言われています。 恵方巻きに7種類の具を使うことで 七福神を表現し、 福を取り込む 食べる ことで、無病息災や商売繁盛を願っているのだとか。 また、恵方巻きがこん棒に見えることから、 鬼が逃げる際に落としたものとして、 鬼退治が成功したことを意味していたり、 巻きずしは 福を巻き込むという意味で縁起が良いとか、 包丁を入れず一本丸ごと食べることで、 人や物との 縁を切らないようにするという意味があるなど、 恵方巻きには様々な意味が込められています。 ちなみに、 恵方とはその年の最も縁起が良い方角のこと。 恵方巻きは、恵方を向いて黙々と食べきります。 これにも、口から 福や運が逃げないようにという意味があるのです。 とはいっても、太巻き1本丸ごと食べきるのは、女性には困難ですよね。 なので私は、最初 売っている時点 から短めにカットされた恵方巻を選ぶようにしています。 自分でカットしなければいいかな、という安易な考えですけどね~。 いわし 古くから、鬼はイワシのニオイが嫌いとされていて、 イワシには 鬼を追い払う効果があると考えられていました。 イワシのにおいのほかに、 柊のトゲが刺さると痛いからという意味もあったようです。 ・細長い蕎麦を食べることで、 健康長寿や 家運長命を願う ・他の麺類に比べてそばは切れやすいため、 今年一年の厄災を断ち切る ・金細工職人が飛び散った金粉をそば粉を練ったもので集めたことから お金が集まるという意味 ・成長が早く痩せた土地でも育つため、 健やかな成長を願う ・そば=傍の語呂合わせで、 末永くそばにいられるようにと願う など、さまざまな意味や願いがあります。 お蕎麦は、縁起の良い意味を多く持つ食べ物ですので、 今年から節分の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか? こんにゃく 節分にこんにゃくを食べる文化は、四国地方で始まったと言われています。 こんにゃくは食物繊維が豊富なことは、有名ですよね。 昔からこんにゃくは、 「胃のほうき」「砂おろし」などと呼ばれていました。 そのことから、 体の中の毒素を排出し 身を清めるためとして、節分で食べられるようになったようです。 節分のほか、大掃除後や冬至にも食べていたそうですよ。 また、炒った大豆は固く消化に負担をかけそうですから、 節分でこんにゃくを食べるのは、 胃腸の負担を軽減することにも効果がありそうですね。 けんちん汁 けんちん汁の発祥については、諸説あるようですが、 鎌倉にある「建長寺」の修行僧が、 中国より伝わった料理を元に作った「建長寺汁」が起源というのが有力です。 けんちん汁は、大根やにんじん、ごぼう、里芋、こんにゃく、豆腐などをごま油で炒めて、 お出汁を加えて煮込み、味を調えた汁物。 昔は、 冬の行事には欠かせない料理だったようですが、 時代の流れとともに、さまざまな行事が消えてなくなっていき、節分だけが残ったため、 節分にけんちん汁を食べる文化だけが現在もあるとされています。 けんちん汁は、豚汁とよく似ていますが、もともとは 精進料理だったため、 本来は、だしにも魚を使わず、具材にも肉を加えません。 しかし最近は、鶏肉や豚肉を具材に加えるご家庭も多いようです。 我が家も、けんちん汁には鶏肉が入っています。 寒い季節に、体がぽかぽかと温まる、暖かい食べ物は嬉しいですよね。 これは、 大きなものを食べるのは縁起が良いとされているからだとか。 「大きなもの=くじら」と連想し、くじらが選ばれたということのようです。 また、 「志を大きく」「広い心を持つ」などの意味も込められています。 ただ、近年はくじらを食べるという文化自体がなくなってきましたよね。 私が幼い頃は、 まだかろうじて給食でくじらの竜田揚げが出てきていましたが・・・。 縁起の良いものとして、 節分でくじらを食べる風習も、今後消えていくのかもしれませんね。 節分に食べるもの まとめ 節分の日に食べるといいとされる縁起の良い食べ物は 豆や恵方巻き以外にもたくさんありますね。 いわしは何となく聞いたことがあるけど、 そばやけんちん汁など様々なものが食べられていたことは 知らない人も多かったのではないでしょうか。 そして、それぞれには 食べる意味があり、いろんな 願いが込められています。 恵方巻だけでお腹いっぱいになりそうだけど、 他にもいろいろ食べた方がいいんだ~と思うと、想像するだけで胃もたれしそう 笑 朝または昼に恵方巻を食べて、 夜はけんちん汁におそばを入れて『けんちん蕎麦』と 1日の食事の中でうまく分ければ、縁起物をいろいろと取り入れることができそうですね。

次の