ゲーム向け simフリー スマホ。 [2020年最新]Androidスマホおすすめ28選|全キャリア・格安SIMから厳選紹介

格安機種あり!おすすめのゲーム用(ゲーミング)スマホ6選【2020年】

ゲーム向け simフリー スマホ

今では日常生活において、スマートフォンはなくてはならない存在になったと言えるだろう。 そんな中、ふと電車内を見渡してみても、 スマホでゲームをしている人が多く見られる。 ちょっとした休憩にスマホでゲームをしている、なんていう人も多いのではないだろうか。 時間のある時に暇潰しに最適なものから、通勤や通学の途中でもつい夢中になって、長い時間ハマってしまうようなアプリまで、最近のゲームの種類は本当にバラエティに富んだものが多い。 スマホユーザーのうち、実に 48. 7%と、日々の生活の中にいかにスマホゲームが溶け込んでいるのかが伺える。 また、スマホゲームをプレイしている人のうち、75%以上が1日に複数回利用しており、そのプレイ時間の1日あたりの平均時間は 約1時間という調査結果も出ている。 そんな中、最近では スマホ代を大幅に節約できるということから 格安SIMを利用する人が年々増えてきてる。 格安SIMの最大のメリットは何と言ってもその月額料金の安さだろう。 大手キャリアで契約している場合、そのスマホ代は月額平均で 約8,000円ほどかかっている方が、格安SIMにすることで月額 3,000円程度まで抑えることが可能となる。 これだけで、 毎月およそ5,000円程度節約ができたことになるだろう。 しかし、いくら安いといってもその使い勝手が悪ければ意味はない。 格安SIMが普及し始めた当初は、様々な問題点も挙げられておりなかなか利用者数も伸び悩んでいた。 だが、現在は非常に多くの業者が参入し、業者によって差があるものの 品質はかなり向上してきていると言えるだろう。 利用者数も急速に伸びており、年々その勢いは増している。 スマホを使用したゲームに関しても、 キャリアと格安SIMで差が生じることはほとんどない。 ソフトバンクやドコモ・auの回線と同じくらいの速度が出ていなくとも、問題なく快適にゲームをプレイすることができるため、今格安SIMに買い替えようか、ゲームはどんな感じになるのかなど気になっている方も安心して利用していいと言えるだろう• そもそも格安SIMとは 格安SIMとは、 MVNOと呼ばれる事業者が 大手通信キャリアに比べて低価格で提供しているSIMカードのことである。 なぜ、格安SIMの料金は従来の大手通信キャリアの場合と比べて低額で済むのかといえば、 MVNOは大手通信キャリアから回線をまとめて借り受け、 それを小口に分けて格安SIMユーザーに提供している。 そのため、通信設備などを維持したり、サポートしたりするための費用が発生しないので、コストが削減される。 加えて、大手キャリアとの大きな違いが、 直営の販売ショップをほとんど展開していないことだ。 利用申し込みは、インターネットもしくは一部の家電量販店経由とする代わりに、店舗運営費や人件費といった費用を削減することができる。 これら 削減したコストによって大手キャリアに比べて格安でSIMを提供できる、というわけだ。 格安SIMのメリット・デメリット 多くの人にとって、格安SIMは快適に使えるものであるが、やはり メリットと デメリットも出てくるだろう。 比較してみてみると、下記のような点が挙げられる。 大手キャリアに比べて通信費用が安くできる まず格安SIMを利用する最大のメリットは、何と言っても 月額料金が安いことだろう。 今大手キャリアを利用しているのであれば、MVNOに乗り換えるだけで、毎月の 固定費を大幅に抑えることができるというわけだ。 柔軟に選択できる豊富な料金プラン 格安SIMの料金プランは、ほとんどの場合が データ量と通話プランの組み合わせによって価格が設定されている。 また、これらの選択肢も需要に応じて 自由度の高いプランから選べるようになっていることがほとんである。 そのため、大手キャリアのような複雑さがなく、初心者であっても 自分にあった最適なプランを選びやすいと言えるだろう。 契約の2年縛りがない 大手キャリアでの契約は、そのほとんどが2年契約を前提としたものになっている。 2年契約を結ぶことで、基本料金が割引になるプランなど、ほとんどの人がそういった契約を結んでいるのではないだろうか。 しかしこの契約は、 自動更新が適用されており、 2年に1度訪れる契約の更新月以外に契約解除した場合、 1万円近い契約解除手数料が発生する仕組みになっている。 この 更新月をネックに思っている人は多いのではないだろうか。 格安SIMであれば、こういった 自動更新のある2年縛りの契約というものは基本的には存在していない。 そのため、使用後に再び他社へ乗り換えがしたいという場合にも契約解除手数料は発生しないというわけだ。 キャリアサービスの利用ができない では反対にデメリットだが、今まで使用していた キャリアメールやキャリア決済などが利用できなくなるという点である。 最近では、迷惑メール対策をしているユーザーも多いため、携帯メールのみ受信でPCメールについては受信しない設定にしている場合、キャリアメールが使用できないことにより相手先にメールが届かないケースもあるかもしれない。 ただしメール機能自体は、キャリアメールが使用できなくても、スマホであれば gmailなどを取得することで、 キャリアメールと同様にスマホからメールの送受信は可能となる。 ただし、キャリア決済ついては現状格安SIMで代用できるようなサービスはない。 支払い方法がクレジットカード決済のみのところが多い 格安SIMの利用料金の支払い方法は、原則的に 本人名義のクレジットカード決済のみというケースが非常に多い。 口座振替やコンビニ決済という支払い方法は選択することができない。 そのため、クレジットカードを所有していない場合には、新たに作る必要があるだろう。 大手キャリアに比べて通信速度が遅くなる場合がある そして、通信速度は大手のキャリアに比べると遅いと感じることもあるだろう。 格安SIMの回線は、大手キャリアの回線の一部を借りて使用している。 そのため、 たくさんの人が通信を多くする時間帯(特に通勤時間帯や平日のお昼帯)には、 一度に多くの人が回線を利用するため回線が混み合ってしまい、 通信速度が遅くなってしまう可能性がある。 しかし、ゲームをする、サイトを見るといった使い方をする分にはほとんど問題なく利用できるレベルと言えるだろう。 実店舗が少ない 格安SIMは、 実店舗を持つ形態が非常に少ない。 最近では、実店舗を持つ格安SIMも増えてきてはいるが、それでも大手キャリアに比べれば全く及ばないだろう。 そのため、万が一何かトラブルがあった場合にも、すぐには対応してもらえない可能性がある。 ほとんどが 電話対応の形態をとっているため、混み合っている時は電話がうまく繋がらず何十分も待つことになることもあるだろう。 直接店員と話して相談したり解決がしたい、という人は、近くに実店舗を持つ格安SIMを選択するか、大手キャリアでの契約が安心と言える。 【参考コラム】 大手キャリアのスマートフォン料金との比較 上記したように、格安SIMの最大のメリットは 料金の安さにあると言える。 2016年に総務省が発表した「スマートフォンの月額料金アンケート結果」では、 一か月の支払いはMNOのLTEプランだと8,000円から10,000円ほど支払っている方が半数以上で、多い方では1万円以上の方もいるというデータがある。 一方、MVNOの一か月の支払いは、約7割の方が2,000円ほどの支払いとなっている。 その他の方でも4,000円未満の方が多く、一万円を超えるという方はほとんどいない。 また、MVNOを利用している理由についてのアンケート結果でも、やはり一番は 月額料金が安いことが挙げられている。 ついで2番目には、初期費用が安いこと。 3番目は、都合の良い料金体系があるということが挙げられている。 また、 利用中の7割以上の方たちが料金に対して満足または、非常に満足しているとの回答をしている。 通信速度や品質について MVNOの通信速度や品質に関しての満足度は、 8割以上の方が非常に満足・満足など特に不便などを感じずに利用しているとの結果が出ている。 しかし、通信速度はどうしてもMNOに比べて遅くなってしまうことから、1割程度の方は不満があるとしている。 MNOを利用中の方が不満に感じていることの一位は、「月額料金が高いこと」が挙げられている。 一方、MVNOを利用中の方が不満に感じていることの一位が、「データ通信の速度が遅いこと」となっている。 しかし、格安SIMカードでゲームをする分には、大体 1Mbps以上の速度があれば問題なく行うことができるレベルだろう。 格安SIMカードでゲームをするには 今は、3大キャリアと呼ばれる「au」「ドコモ」「ソフトバンク」の通信速度に負けないくらいの速度を出す格安SIMも登場し始めている。 スマートフォンでゲームを行うには、 通信回線を使って行うオンラインゲームと、 ゲームのデータをダウンロードして行うオフラインゲームがある。 これは各MVNOの会社によって、通信速度がかなり違ってくることになる。 特にオンラインゲームを主にプレイすることを考えている人は、気を付けなければならないだろう。 オンラインゲームは、ゲーム中は相手と対戦したり会話をしたり随時通信を行なっているため、 通信回線が必要になるので速度も容量も多く必要になってくるだろう。 そのため、自身のスタイルにあった通信の容量や速度からプランを選ぶ必要がある。 必要な通信速度 スマートフォンにアプリやゲームなどをダウンロードする時には、キャリアと比べるとやはり通信速度は遅くなってしまい、ダウンロードにも少し時間がかかってしまう。 では、 ゲームのアプリをダウンロードするのにはどのくらいの速度があればいいのだろうか。 スマートフォンにゲームのアプリをダウンロードするのに必要な速度は、 3Mbps以上あればスムーズにダウンロードできるとされている。 その他、You Tubeの動画などは1Mbps、Webサイトを見るのには1Mbps以上あれば不便を感じずに見ることができるというデータがある。 ゲームのアプリは、速度もそうだが通信容量も必要になってくる。 そのため、 5Mbps以上なければダウンロードにかなりの時間がかかってしまうだろう。 また、 既にダウンロードされたゲームをプレイするだけなら、 1Mbpsくらいあれば問題なく快適にプレイすることができる。 また、ゲームをプレイする時には、アプリのアップデートによりデータのダウンロードや更新が必要になる場合があるので、 Wi-Fi通信を使用できる環境で行うことが望ましいと言えるだろう。 格安SIMカードに移行後のゲームやアプリのデータ では、いざ格安SIMへ以降することになった場合、これまでのゲームやアプリのデータはどうなるのだろうか。 例えば、これまでドコモのスマートフォンを使用してゲームを行っていた方も、 SIMカードを入れ替えるだけで使用することができる。 ゲームに限らず、LINEなどのアプリもそのままのデータで使うことができる。 移行の際に新しくスマートフォンを買ったという方は、 キャリアでの機種変更時と同様に機種変更のデータ移行を行えばそのままのデータを使用することが可能だ。 格安SIMの種類 いざ格安SIMにする!と検討をし始めてみても、格安SIMにはたくさんの種類がある。 総務省が発表したデータによれば、2016年夏までの時点で、MVNO事業者数は 561社にものぼる。 ちょっとテレビをつければ、CMだけでも複数のMVNO事業者が目につくことだろう。 例えば、マイネオ(mineo)や楽天モバイル・UQモバイル・Uモバイルなどは、みなさんもどこかで耳にしたことがあるのではないだろうか。 その他にも、「LINE MOBILE」「BIGLOBE」「Y! mobile」などあげていけばキリがないほどだ。 どこのMVNOにもそれぞれ 特徴があり、例えば「 Uモバイル」は、 ドコモの回線を借りているMVNOが提供している格安SIMだ。 そのため、ドコモの端末もしくはSIMフリー端末での使用となり、auやソフトバンクの端末では使用することができない。 それに対し、「 UQモバイル」は auの回線を借りてMVNOが提供しているので、auの端末もしくは一部のSIMフリー端末での使用となり、ドコモやソフトバンクの端末では使用できない。 また、「 マイネオ(mineo)」は 最初auの回線を使用していたが、 2015年からはドコモ回線のサービス開始している。 そのため、自分に合った回線を選ぶことができるMVNOとなっている。 中でも、通信速度がお昼の混雑時でもキャリアと変わらない速度が出ていて、一番安定していて速いと評判なのが「 UQモバイル」だ。 多数ある格安SIMだが、それぞれのMVNOに特徴や長所があるため、 どのMVNOが自分に合っているのかをしっかりと考えて選ぶのが良いだろう。 ゲームをするのにおすすめの格安SIM 実は、 スマートフォンでゲームをするのが大好きな方のために作られた格安SIMが、2017年の夏から登場している。 それは「 LinksMate(リンクスメイト)」だ。 LinksMateは、グランブルーファンタジーやシャドウバースなどのゲームのプロデューサーとして有名な春田康一氏が2016年に設立した「LogicLinks」が提供する格安SIMである。 春田氏は、 通信量を気にしながらゲームをしたりいざアップデートしようとした時に通信制限が原因でできないといったことを防ぐために、LinksMateを立ち上げたとのこと。 そんなLinksMateの特徴をいくつか紹介しよう。 ドコモ回線を使用した格安SIM 格安SIMにはドコモの回線とau回線、ソフトバンク回線を使ったものがあるが、 LinksMateはドコモの回線を使用している。 そのため、ドコモのスマホやタブレットに挿せばドコモのSIMを挿したときと変わらないエリアで通話や通信が可能だ。 また、最近は日本国内でも数多くのSIMフリースマホが発売されているが、格安SIMはドコモの回線を使ったものが多いため、周波数 バンド もドコモ回線に最適化されているものがほとんどである。 つまり、LinksMateで使えるSIMフリースマホの選択肢はかなり多いため、 自分の使い方や予算に合った端末を選ぶことができるということだ。 カウントフリーオプション カウントフリーオプションに申し込むと、 対象のコンテンツやゲームなどの通信量カウントが90%以上オフになるというもの。 LinksMateでは、ゲームだけでなく Twitter、 Facebookやサイバーエージェントの動画サービス「 AbemaTV」、同じくサイバーエージェントが提供する音楽ストリーミングサービスの「 AWA」とゲーム実況やプレイ動画のライブ配信サービス「 OPENREC. tv」もカウントフリーで使い放題となっている。 また、LinksMateのカウントフリーは、カウントフリー対象のアプリを使う時の通信量だけがカウントされないわけではない。 対象のアプリをAndroidのGoogle PlayやiOSのApp Storeでインストールしたりアップデートする際の通信も高速通信としてカウントされない。 ゲームアプリの場合は、実際にゲームをプレイしている時よりもアプリをアップデートする時などの方がより多くの通信を必要とすることが多いため、LinksMateのこの仕様はユーザーにとっては大きなメリットと言えるだろう。 気になる利用料金だが、本来は1グループにつき 月額500円のオプション料金がかかるところ、 2017年12月31日までは無料のキャンペーンも行われている。 ゲーム連携特典がある カウントフリーオプションに申し込んでいると、 対象ゲーム内のアイテムを毎月貰う事ができたりと様々なゲームの特典を得ることができる。 2017年11月時点では、 グランブルーファンタジーと シャドウバースのみで実施されている。 ゲーム連携の可能数は、利用しているプランに応じて設定されており、1GB・5GBプランは1つ、10GB・20GB・30GBは3つまでとなっている。 データ通信容量を分け合うことができる 1人で複数の端末を利用する方や、追加SIM利用料が 月額300円かかるが、家族と分け合うこともできる。 カウントフリーオプションも1グループで 月額500円なので、全てのSIMカードで使うことが可能だ。 追加SIMの利用者は、未成年の方でも大丈夫なので、18歳未満の方は無料でフィルタリングアプリを利用し安心して使用することができる。 料金プランが豊富にある データ通信容量サイズ別に 5つの料金プランが設定されている。 1GB月額500円・ 5GB月額1,500円・ 10GB月額2,500円・ 20GB月額4,200円・ 30GB5,400円のプランがあり、SIMカードサイズは通常SIM・micro SIM・nano SIMとなっている。 支払い方法は、 クレジットカードのみとなっていて、 最低利用期間は無しとなっている。 オプションも揃っており、音声通話機能は 月額600円、留守番電話機能は 月額300円、割り込み通話機能は 月額200円、その他にも転送電話や国際ローミング・国際電話などのオプションもある。 データ通信量を追加することもでき、 1回200円で100MB・ 1回1,000円で1GBを追加することが可能だ。 まとめ このように、格安SIMの中には、ゲームに特化した格安SIMがあったり、キャリアと変わらない速度が出るMVNOがあったりと、業者によって特徴が分かれてきており、それらの選択が可能であるという点からも、 年々格安SIMが使いやすくなってきていると言えるだろう。 現在、キャリアのスマートフォンを使用している方のなかで、 月額利用料やキャリアの利用状況に不満がある方は、 一度格安SIMを検討してみてはいかがだろうか。

次の

【2020年最新版】SIMフリースマホのおすすめ機種ランキングとレビュー(android,iPhone)

ゲーム向け simフリー スマホ

HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU 4 x 2. ごちゃごちゃしていてわかりにくいですが、「オクタコア…CPUが8個。 4つは2. 36GHz、4つは1. 8GHz。 」となっています。 できるだけ大きな物を選ぶ 【メモリ RAM 】空きスペースの広いスマホを選ぶ RAMはスマホの空きスペースのこと。 人間だと勉強や仕事をする机をイメージすると良いですね。 机が広いと、パソコン、スマホ、資料と広げられますよね。 スマホも同じで空き容量が多い方がサクサク動いてくれます。 実は、 スマホは開いたアプリ以外にもバックグランドで動いてくれています。 メール通知やタイマー機能など。 常に動いています。 ゲームアプリを開いて、LINEの通知からの返信。 再度ゲームアプリを開く。 本来であれば一度切らないと開けないですが、メモリが大きいおかげで実現できています。 RAM容量が低いとゲームがカクカクしたり、フリーズを引き起こします。 ベンチマークに注目しよう CPUやメモリ RAM はよくわからない!という人も多いと思います。 Mate10 ProのCPUなんて、オクタコアで2. 8とワケがわからないですよね。 他の端末も複雑化しています。 そこで簡単に見分ける方法としてベンチマークがあります。 例:iPhone8 iPhoneX のベンチマーク ベンチマークとは、性能を数値化したもので、CPUを公表していないアップル製品も含めてCPU性能を数値化してくれます。 様々なベンチマークを調べるサービスがありますが、ここでは有名どころのGreebench 4がおすすめです。 一つの指標としてこちらを活用して見てください。 一例を挙げるとZenFoneシリーズには、Game Ginieというメモリ解放機能を持ち合わせています。 専用機として購入するなら、こういった専門アプリがあるものを選ぶのも良いです。 ただし、別途ダウンロードできるためおまけ機能という感覚です スマホゲーム向け!おすすめ端末ランキング ゲーム向けでおすすめの端末を紹介します。 ゲーム向け最強なのはiPhone8シリーズ 現在、販売されている端末で最も高性能な端末です。 Atutuランキングでも1,2位を独占しています。 もし高くても良いならiPhone8シリーズを選んでください。 コスパ重視端末はhonor 9 搭載しているCPU性能はHUAWEIの代表機P10と全く同じ。 CA キャリアアグリゲーション とデュアルレンズの性能が劣りますが、スマホゲームには影響ありませんん。 ただし、3D描画設定を変更できるゲームにて最高設定にするとカクつく場合があります。 ある程度、設定を抑えられる方ならOKです。 3Dゲーム以外ならHUAWEI P10 lite 負荷の高い3Dゲームではなく、一般的なゲーム。 ポケモンGO、モンスト、パズドラあたりならP10 liteで十分です。 スペックと価格のバランスが良いので、そこそこゲームをやる程度ならHUAWEI P10 liteにしておきましょう。 3Dゲームをやるならキャリアスマホが良い 負荷のかかる3Dゲームをしたい場合、ハイスペックモデルから探すことを検討するかと思いますが、最近の ハイスペックSIMフリー端末は高価格化してきています。 1年前までは5,6万で販売していたものが、10万台にて販売しています。 性能も高くなってきているのですが、ハイスペックを狙うなら大手キャリアで販売しているiPhone,GALAXY, Xperiaを購入する方が良いです。 CPU・GPU性能を測定するAtutuやGeekbench 4でもキャリア販売の端末の方が上位にあります。 SIMフリーでiPhone8を購入して、格安SIMと組み合わせるか、キャリアで端末を購入して起きましょう。 参考 格安スマホでゲームをやるならスペックに注目しよう 低価格な端末が増えてきており、全て込み1980円~!などという格安スマホも増えてきました。 ゲームの種類によっては満足に楽しむことができません。 CPU・メモリ RAM に注目しながら端末を選ぶようにしてくださいね。

次の

SIMフリースマホおすすめランキング18選!コスパ最強の格安スマホはコレ!

ゲーム向け simフリー スマホ

荒野行動やPUBGモバイルの人気もあって、どんどんスマホゲームをプレイする方が増えていますね! そんな中、ゲームが重くて動かないだとか、充電がすぐに切れてしまうだとか、 スマホのスペックのせいでゲームをしっかり楽しめていない方は多いのではないでしょうか? そこで、2018年頃から登場し始めたのが ゲーミングスマホ(ゲーム用スマホ)です! 以前本ブログでは、ゲーミングスマホの特徴やおすすめ商品をご紹介しました。 それではぜひ最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次• スマホのキャリアモデル・SIMフリーの違いとは キャリアモデルのスマホとは、日本でいうau・ドコモ・ソフトバンクの大手キャリアで契約できるスマホのことを言います。 一方、 SIMフリーのスマホとは、どの通信業者と契約するかを自分で自由に決めることができるスマホのことを言います。 これらの違いは主に以下の4つですので、順番に説明していきます。 まずSIMロックのスマホとは何かというと、特定の通信業者のSIMカード以外は使えないようになっているスマホのことです。 例えば、「ドコモで契約したスマホがドコモのSIMカードしか使えない」という話です。 これに対して、SIMロックがない(SIMフリーの)スマホとは何かというと、先ほども書いた通り、どの通信業社のSIMカードも自由に使えるスマホのことを言います。 ただ、 購入した際にはSIMロックがかかっていたスマホでも、SIMロック解除をするという選択肢があります。 その際、SIMロック解除済みのスマホも「SIMフリースマホ」と呼んでいるようです。 ちなみに、スマホ超初心者の方に向けて一応説明すると、SIMカードとは、スマホで電話やインターネットを使用するのに必要な小さなICカードの事です。 SIMフリーは携帯ショップや家電量販店などで買うこともできますが、Amazonや楽天などのネット通販で買うこともできます! 家を出る手間もなく、パソコンでポチッとするだけでスマホが買えるなんてすっごくいい時代ですね笑。 その点、SIMフリーの方が気楽に簡単に買えるスマホと言えそうです。 com 基本的に、大手キャリアで契約するよりもSIMフリーで買う方が機種の選択肢は広いです。 大手キャリアでは、需要が多くて人気の機種をメインに取り扱っていますが、SIMフリーで購入する際はあまりメジャーではない機種も選び放題です。 もちろん格安スマホもありますが、最近では超ハイスペックのゲーミングスマホなどでもたくさん種類があります。 ゲーム用スマホにこだわりがある方などはSIMフリーでの購入がいいかもしれませんね。 現在はゲーミングスマホが日本であまり普及していないので、大手キャリアでの取り扱いが少ないですが、スマホでゲームをするのが当たり前な時代に合わせてどんどん取り扱いが増えていくのではないでしょうか! 個人的にはとても楽しみです笑。 しかし、SIMフリーのスマホならスマートフォン単体を購入することができます。 よく、キャリアモデルスマホを契約したらそのキャリア独自のアプリがたくさん入っているなんてことがありますよね。 頼んでもいないのに勝手にセットで付いてきて、契約から数ヶ月経つと有料のサービスに切り替わったりするので、とても厄介です笑。 ただ一方で、支払い方法に関してはキャリアモデルの方が優秀です。 大手キャリアは年単位の分割払いが可能なのに対して、SIMフリーでは基本的に一括払いになります。 そういった、細かいサービスの必要性によってどちらでスマホを買うべきかが変わってくると思います。 分割払いがしたいならキャリアスマホだし、機種によってはSIMフリーでしか買えなかったり、条件によって変わってきます。 ただ1つ言えるのは、ゲーミングスマホにしたいからSIMフリーにする!という考えは間違っているということです。 確かに機種は少なめですが、キャリアモデルでもゲームに適したスマホは販売されています。 もし、大手キャリアのサービスに満足しているのに、ゲーム用スマホのためだけにSIMフリーに乗り換えようとしているのなら、いったん落ち着いてキャリアモデルの商品スペックを見直してみる方がいいと思います! 具体的な商品は以下にまとめています。 amazon. jp こちらは、HUAWEI(ファーウェイ)という中国のメーカーで製造され、auから販売されているゲーミングスマホです。 HUAWEIのゲーム用スマホは、元々はSIMフリーでの購入がメインでしたが、2018年になってからauでも取り扱われるようになりました。 SoCはKirin659のクアッドコアで、RAMは4GB、画面は5. 8インチなのでスペックは問題ないレベルです。 しかしこのスマホの一番の魅力は何と言ってもその安さです!! 4万円を切っています!! 大手キャリアのサービスの元、お手軽にゲーム用スマホが欲しいならこの商品が間違いないでしょう。 この機種は残念ながらドコモ・ソフトバンクでは販売されていないのですが、ドコモではHUAWEI P20 Proというシリーズ商品が販売されています。 レビューや評判はliteの方がいいですが、ドコモユーザーの方々にはそちらもおすすめです!• engadget. com こちらは、大手キャリアの販売するAndroid端末の中でもとっても有名な機種ですね! サムスンのギャラクシーシリーズと言えば、誰もが聞き覚えがあるのではないでしょうか? そのギャラクシーシリーズの中でもかなりスペックが高くてゲームに最適なのがこのGalaxy Note9です。 CPUはSnapdragon845(SDM845)というハイエンドスペック、バッテリー容量4000mAh、6. 4インチの大画面、6GBのRAMといった感じで、最高級スペックです! さらに、何と言っても魅力的なのはSペンというアイテム。 この専用のタッチペンを使って、とっても自由に操作することができます! こちらはauとドコモで取り扱われていますが、ソフトバンクにはありません。 ちょっとした小話ですが、実はソフトバンクはシャープにとっても恩があるため、シャープのライバルであるサムスンの製品はあまり使わないようにしているんです…。 そのためGalaxyシリーズも取り扱われていません。 ソフトバンクユーザーの方はどうか理解してあげてください…。 amazon. jp またファーウェイの製品か!と思われたかもしれませんね笑。 しかし、こちらは先ほどのP20 liteよりもずっと最新のハイエンドスペックです! 発売はなんと2019年1月です。 キャリアモデルとしてはソフトバンクだけが販売しているので、Galaxyを諦めたソフトバンクユーザーの方は必見ですね笑。 ちなみに、このスマートフォンはトリプルレンズカメラという特殊な技術を使っているため、カメラ性能が最高級です! ゲームとはあまり関係ないですが、ゲーム以外にも写真に興味がある方などは一度調べてみてはいかがでしょうか。 スペックに関して具体的には、CPUはKirin980のオクタコア、バッテリー容量4200mAh、6GBのRAM、6. 4インチの画面。 これぞまさにハイエンドスマートフォンといった感じです! 最新機種なので値段はそこそこ張りますが、このスペックにしては安い方だと思います!• itmedia. html こちらは、LGエレクトロニクスという韓国の大企業が製造したスマートフォンです。 こちらもハイエンドスペックなため、値段が少し張ってしまっています…。 具体的なスペックは、CPUはSnapdragon 835、RAMは4GB、6. 0インチ画面です。 apple. アップルの他の製品との互換性も抜群で、合わせて持つと最高に使い勝手が良いです。 問題点は2点。 バッテリーの消耗が激しい点と値段が高い点です。 しかし、その分サービスも充実していますので、これらの問題点を踏まえた上でも買う価値のある製品だと思います。 以上がキャリアモデルのゲーム用スマホ解説でした! 確かにSIMフリーでマニアックな製品を安く買うのもいい手ですが、大手キャリアの安心のサービスの元、ゲーミングスマホの購入を考えるのも悪くないと思います。 それでは最後までご覧いただきありがとうございました! よいゲームライフを。

次の