オセロニア セクメト。 『逆転オセロニア』

セクメトに愛されし漢。【逆転オセロニア】

オセロニア セクメト

概要 [ ] の片目(右目とも左目とも)から生まれ、の頭を持つ。 頭頂に赤い円盤を載せており真昼の太陽の灼熱を表現している。 破壊神にして復讐者であり、王の守護神とされる。 夫プタハ、息子ネフェルトゥムと共にメンフィス三柱神を構成する。 伝染病をもたらす神とされ、「火のような息」を吹くと恐れられたほか、戦いの女神でもある。 一方で家庭では、穏やかな女神になるという。 同じ獅子頭の女神であるやと同一視されることもあり、レトポリスやメンフィスで信仰されていた。 神話 [ ] ある時、ラーが自分を崇めない人間に復讐して殺戮させるためにセクメトを地上に送ったが、らの意見を聞いて後悔する。 そこでラーは、血に似せて造らせた赤い(ただのとも)で彼女を酔わせ、殺戮を止めさせたという神話で知られている。 この時からエジプトの砂漠が赤く染まったと言われる。 また、セクメトはなどを司り、人間を殺してしまう病の風を吐く女神とされた。 そのため、この女神を鎮められるセクメトの神官たちは、伝染病を鎮める特殊な医師や呪術師とされた。 他の神話との類似性 [ ] この話は、『』や『』におけると似ている。 のでは、ナイル川の水が血に変えられ、疫病が流行し、暗闇がエジプトを覆う様子が書かれている。 これは実際に起きた火山の噴火による影響ではないかという科学者もいる。 7番目の章133節については、から出エジプト記からの引用と考えられる。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

「逆転オセロニア」,釘宮理恵さん演じる魔属性激超レアSキャラ「セクメト」が新登場

オセロニア セクメト

主な称号 強きもの、燃え上がるもの、ラーの眸、赤い亜麻布の女主人 主な信仰 プタハ神の妻として、メンフィスの三柱神の一を成す女神。 メスライオンの頭部を持つ女性の姿で表されるのが一般的で、名前は「強力な女性」を意味する。 ラー神の右目より生み出された、エジプト神話最強の破壊女神。 なんたって人類を抹殺しようとして神々さえも震え上がらせたほどのお方。 エジプトの砂漠が赤いのは、そのときセクメトに殺された多数の人間に血に染まったから、という説もある。 頭上に頂く丸いものは太陽。 灼熱の太陽を体現し、常に昼の世界に存在するセクメトは、死の世界、闇、夜といった世界に属する夫プタハの真逆の属性を持っている。 セクメトは、伝染病などを統べ、「火のような息」=人間を殺してしまう病の風を吐く女神とされた。 そのため、この荒ぶる女神を鎮められるセクメトの神官たちは、伝染病を鎮める特殊な医師、呪術師でもあった。 医療パピルスにおいては、不治の病は「セクメト神官たちにも治せないもの」として分類されている。 たとえばセンウセルト3世をたたえる賛歌では「セクメトのなすが如きに矢を射る者」「かれはその国境に踏み込みし敵に対するセクメトなり」といった表現が使われている。 物理でも状態異常 疫病 でも殺される。 逆らってはいけません。 新王国時代のテキストでは、「荒ぶるセクメトにビールを飲ませ、寝ている間に猛々しい心を抜き取ると、バステト女神となった」というパターンのものもある。 しかしこれはおそらく両方ともネコ科動物だというところからきた後付けの神話である。 飼い猫を種として確立させたのはエジプトであると考えられていることから、エジプト人が、飼い慣らす前の猫の荒っぽさを記憶していたことによるのかもしれない。 母なる女神として、ハトホル女神とも関連が深い。 また、その名自体が「母」という意味でもあるテーベの守護神ムト女神ともよく関連づけられた。 夫はエジプト史の初期から信仰された、メンフィスの守護神である大神のひとりプタハ。 「良き妻」の側面も持つのである。 服装は称号のとおり真っ赤なロングドレスであることが多い。 屋根を伝った水が、ライオンの口からどばーっと出てくる仕組みである。 最も保存のいい例は、デンデラのハトホル神殿に使われている。 エジプトに、「降雨を想定した排水システムがあった」ことは、ちょっとオドロキ。 大トラどころではない。 いやトラじゃなくてライオンだけど。 人間のどんな酒豪も敵いません・・・。

次の

セクメトに愛されし漢。【逆転オセロニア】

オセロニア セクメト

概要 [ ] の片目(右目とも左目とも)から生まれ、の頭を持つ。 頭頂に赤い円盤を載せており真昼の太陽の灼熱を表現している。 破壊神にして復讐者であり、王の守護神とされる。 夫プタハ、息子ネフェルトゥムと共にメンフィス三柱神を構成する。 伝染病をもたらす神とされ、「火のような息」を吹くと恐れられたほか、戦いの女神でもある。 一方で家庭では、穏やかな女神になるという。 同じ獅子頭の女神であるやと同一視されることもあり、レトポリスやメンフィスで信仰されていた。 神話 [ ] ある時、ラーが自分を崇めない人間に復讐して殺戮させるためにセクメトを地上に送ったが、らの意見を聞いて後悔する。 そこでラーは、血に似せて造らせた赤い(ただのとも)で彼女を酔わせ、殺戮を止めさせたという神話で知られている。 この時からエジプトの砂漠が赤く染まったと言われる。 また、セクメトはなどを司り、人間を殺してしまう病の風を吐く女神とされた。 そのため、この女神を鎮められるセクメトの神官たちは、伝染病を鎮める特殊な医師や呪術師とされた。 他の神話との類似性 [ ] この話は、『』や『』におけると似ている。 のでは、ナイル川の水が血に変えられ、疫病が流行し、暗闇がエジプトを覆う様子が書かれている。 これは実際に起きた火山の噴火による影響ではないかという科学者もいる。 7番目の章133節については、から出エジプト記からの引用と考えられる。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の