引越し費用の相場。 引越し料金の相場はどれくらい?条件で大きく変わる費用の実態

宮城の引越し料金の費用・相場|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し費用の相場

引越し費用を安くするために必要な要素は3つあります!• この記事では引越し費用を安くするための「チョイスできるポイント」を深堀りしていきます。 私は100円引越しセンターに勤務する「トクダ」と申します。 メイン業務は見積もり&電話対応、引越し全般のアドバイザーです。 お客様と接する日常から「安くて満足できる快適な引越し」のご提案ができるよう、日々探求しています。 引越しは完全オリジナル・・・一つとして同じ引越しはありません。 「100円引越しセンターに頼んでよかった!」そう言っていただけることが励みになります。 引越し費用を最安値にする方法をご紹介します。 【引越し費用相場】を知る!相場を知るための鉄則は「相見積もり」 引越し費用を安く抑えるためには「相場」を知ることです。 相場を知るためには複数の引越し業者から見積もりを取る必要があります。 最低でも3社、できれば5社以上の見積もりがほしいところです。 なぜなら見積もりの数だけ相場を下げる効力があるから。 どういうことかと言いますと、各引越し業者が最初に提案する見積もりは、比較的高い料金で設定されています。 引越し業界は「 相見積もり」が鉄則ですから、ほかの引越し業者と価格で競うことを想定しているわけです。 そのため最初から最安値を提案してしまえば、それ以上に価格を下げてくる業者があった場合、戦うコマがないということに・・・。 一発で負けとなります。 おわかりですよね? 競い合うことがなければ価格は下がりません。 オークションの逆バージョンみたいな感じと考えていただけばわかりやすいでしょう。 次がなければ「決定」となります。 なので 複数の見積もりがあった方が引越し業者同士が競い合って、どんどん価格が下がる可能性を秘めている、ということになります。 これは引越し費用最安値の条件としても「重要」ですから、頭の片隅ではなく、ど真ん中に置いておいてください。 まったく同じ引越しは存在せず、時期や荷物量、ほかにもさまざまな異なる状況から引越し費用の見積もりが算出されます。 下記はあくまでも一般的な例です。 参考程度にご覧ください。 1-1. 「間取り」と「距離」で見る引越し費用相場! 「間取り」と「距離」で引越し費用の相場を出してみました。 最低価格と最高価格の幅が広く、引越し業者によって引越し料金に差があることがわかりますね。 下記の表では時期的な要素を分けていないこともあり、価格差が生じていますが、最高価格は3月・4月の繁忙期、最低価格は通常期という認識で参考にしていただければと思います。 【間取り別引越し費用相場】 — ワンルーム 1LDK 2LDK 3LDK 4LDK 対象 小口荷物・学生単身 単身・一人暮らし 単身荷物多め 二人暮らし 一般的な家庭 一戸建て・部屋数の多いマンション トラック種類 軽トラック 1. 「トラックの大きさ」で見る引越し費用相場! 一般的には荷物量によってトラックのサイズが決まりますが、実は荷物量だけでは決められません。 下記の表を見ていただくとわかると思いますが、 トラックが通れる「道幅」が関係してきます。 広い道路に面した建物ならあまり気を揉むこともありません。 しかし狭い道路沿いだったり、狭い道路を通らなければたどり着かない立地の場合は、事前に把握しておくべき情報です。 その情報をもとに引越し業者が判断することになります。 ・トラックサイズを下げて2台で運ぶのか?• ・トラックのサイズそのまま、駐車可能な場所から作業を試みるのか? どちらにしても引越し業者がなんとかしてくれます。 【トラックサイズ別引越し費用相場】 — 軽トラック 2tショート 2tロング 3t 4t 幅 1. 5m 1. 9m 2. 2m 2. 2m 2. 3m 長さ 1. 9m 3m 4. 5m 6m 6m 高さ 1. 3m以内 2m以内 2. 2m 2. 2m 2. 5m 広さの目安 1. 5畳程度 3畳程度 4. 1-3. 「人数別」繁忙期(3月〜4月)の引越し費用相場! 新年度となる時期のため、入学や就職に伴い引越し需要も増える傾向です。 需要がある時期は引越し料金も高めに設定されます。 通常期の2倍近い費用というケースもあるので、可能なら時期をずらした引越しを検討した方がよいでしょう。 「人数別」通常期(5月〜2月)の引越し費用相場! 引越し時期を選べるなら、この時期がおすすめです。 繁忙期と違い希望の日程で予約を取りやすいというメリットもあります。 引越しはどれもがオリジナル!引越し費用内訳の4項目 引越し費用の相場は、あってないようなもの・・・。 おわかりのとおり、すべて1件1件の引越し内容が違う、どれもがオリジナルだからです。 引越し費用は大きくわけて4つの項目で決まります。 2-1. 大型家具や大型家電、自転車などがあると当然大きなトラックが必要になるため、費用も高くなります。 さらに荷物の量が増えるとスタッフの人数も増え、人件費がプラスされるのが一般的です。 2-2. 長距離の引越しなら 「高速代」「ガゾリン代」「引越しスタッフの拘束時間」が、近距離に比べ余計にかかりますよね? その分、費用が高くなることは理解しておきましょう。 2-3. 通常期と比べ、2倍近い引越し料金となる場合もあります。 通常期のなかでも、1月~2月中旬頃までの引越しがおすすめ! 11月も比較的安い月といえます。 2-4. 引越し業者からすれば、 「空いた時間にできれば安くて大丈夫ですよ」という仕組みとなっています。 だいたい 「17時前後からならお安くできますよ」というのが多いようです。 引越しはその場その場で金額が違うものなので、1社だけに見積もりを依頼しても、相場と比較して安いのか高いのかわかりません。 すべての引越しそれぞれがオリジナルなので、なるべく複数の引越し業者へ「相見積もり」を依頼すると、引越し料金も安く抑えられるかもしれません。 簡単!引越し費用算出方法 引越し料金の算出方法には決まりがあります。 自由に設定してよい部分もあるため、同じ条件であっても見積もり時に金額の差が生じるのです。 安く引越しをするためには複数の見積もりが必要ですよね。 見積もりを比較して相場を知るために知っておいて損はありません。 では見ていきましょう。 【引越し料金=基準運賃・割増料金・実費・オプション料金の合計】 基準運賃は引越運賃の基礎となる部分。 基準運賃の算出方法は 「時間制運賃」と 「距離制運賃」の2種類あります。 時間制:引越し距離が100km以内で適用 基礎時間を4時間制・8時間制・8時間以上に設定されており、1時間超過するごとに追加料金が加算される。 距離制:引越し距離が100kmを超える場合 超過距離によって追加料金が加算される。 時間制:引越し距離が100km以内で適用 基礎時間を4時間制・8時間制・8時間以上に設定されており、1時間超過するごとに追加料金が加算される。 距離制:引越し距離が100kmを超える場合 超過距離によって追加料金が加算される。 これらのルールと国土交通省で示しているモデル料金があるので、法外な料金を設定する業者はまずないでしょう。 ただし業者は、 基準運賃の上下10%の料金幅を決めることができるため、この部分で料金の差が出ます。 割増料金は、休日・深夜・早朝に加算。 繁忙期や豪雪地帯といった地域的な影響による割増が発生する場合もあります。 実費は、梱包資材・有料道路利用料・荷物の搬出入費用・作業スタッフの人件費などです。 オプション料金は、各業者で提供しているオプションサービスの利用時に発生する費用です。 エアコン脱着・ピアノ輸送・不用品の処分などがあります。 「割増料金」• 「実費」• 「オプション料金」 これら3つは値引き交渉で価格が変わる可能性があります。 オリジナルだからこその値引き交渉です。 引越し費用を最安値にするために必要な交渉ですから、算出方法を参考にして値引き対象項目を検討してもらうとよいでしょう。 引越し費用の相場は原価にある 引越し業者の最安値の相場は、簡単に考えると、 かかる費用(原価)にどれだけ利益がプラスされているかということになります。 引越し業者からすると 繁忙期(3月~4月)は利益を増やしても依頼がもらえるので割高の相場になっています。 逆にオフシーズン(5月~2月)は仕事が少なく 、安くしないと依頼をもらえないので格安の相場になっています。 車両を保有している業者であれば維持費がかかり、レンタルしている業者であれば、4tトラックであれば50,000円ほどの費用がかかります。 「オプション」にも原価がある!• ・エアコンの脱着• ・クレーンでの荷物運搬• ・ピアノ輸送• ・不用品回収 なども費用が発生します。 引越し業者の利益! 引越し料金の原価がある程度わかったうえで、あとは業者の利益がプラスされます。 引越し業者も運営していくためには「利益」が必要であって当然のことです。 「 相見積もり」の場合、最初から競争が激しいことを理解しているため、 引越し業者は極端に「高い料金」を出すということはできません。 また、繁忙期は「車両」にしても「スタッフ」にしても、準備をしていないと足りないということにもなりかねないので、前もって準備をします。 そこで、逆に仕事が無ければ「大赤字」になってしまうので、ある程度安くても仕事が多い方がよいのです。 ある程度の「最安値」のところで業者を絞ってお願いすると「気持ちのよい引越し」ができますよ! 5. 「100円引越しセンター」は最安値で提案 引越し費用を安く抑えるために、複数の引越し見積もりを取り、相場を知ることをおすすめしています。 しかし、100円引越しセンターを利用する場合は、ちょっと状況が変わってきます。 100円引越しセンターは一括見積もりを採用していますが、厳選1社に絞り込み、ご提案させていただくスタイルです。 そのため、一括見積もりサイトのデメリットとして挙げられる煩わしい勧誘やメールの対応に追われることはありません。 条件クリアで引越し料金は100円になりますので、複数の見積もりを取る必要がないわけです。 そんな100円引越しセンターは以前、 読売テレビ「ZIP」のコーナー「おしえて辛坊さん」で取り上げられました。 格安プランはもちろん、条件さえ合えば100円で引越しができる人気のサービス! 100円で引越しするための条件は下記の3つです。 【単身の引越し】• 「インターネット(光回線)」• 「モバイルWi-Fiルーター」• 引越しの予定がある! 選べるアイテムの契約予定がある!! という人にとっては最高のタイミングでしょう。 100円引越しセンターの「100円になる仕組み」は? 新生活に必要なアイテムをお申し込みいただくことで、100円引越しセンターに手数料が入ります。 その手数料を引越し業者の料金に充てるので、100円で引越しが可能になるのです。 さらに、100円の条件に該当しない引越しでも、特別提携業者により格安引越しを可能にしています。 どのような引越しでも、まずはお気軽に「」へご相談ください! 6. 【タイプ別】ズバリ!安く引越す方法 安く引越す方法をまとめました! 簡潔明瞭!これで最安値間違いなしです。 6-1. 単身者におすすめの引越し 荷物量が少なく、大型家具家電なしの場合は、ズバリ!「 単身パック」がおすすめです。 17,000円(税抜)~ 【一般的な荷物量目安】 冷蔵庫・洗濯機・テレビ・テレビ台・電子レンジ・掃除機・カラーボックス・衣装ケース・布団・ダンボール5個 下記を契約予定の人なら「」がおすすめです。 「インターネット(光回線)」• 「モバイルWi-Fiルーター」• 「SoftBank携帯乗り換えor新規」 引越し費用:100円• 2tショート車に積載できる量• 引越し距離~50km もしくは• 2tロング車に積載できる量• 引越し距離~20km 荷物量はをご参照ください! 6-2. ファミリーにおすすめの引越し 家族の引越しは1~2ヶ月前には見積もりを取りましょう。 早めの引越し予約で値引き率が高くなります。 これはトラックの空き状況が影響しており、値下げしてでも契約を取りたい時期に合致するのが1~2ヶ月前ということ!• ・ダンボール無制限サービス• ・ダンボール無料引取りサービス• ・大型家財設置サービス• ・ハンガーBOX無料レンタルサービス ファミリーの引越しなら、上記のようなサービスが受けられる引越し業者がおすすめです。 無料でない場合は結構な料金がかかってしまいます。 6-3. 結婚!同棲におすすめの引越し それぞれの家から新居へ引越すなら 「2ヵ所立ち寄りプラン」がおすすめです。 すべての作業を同日で完了させる必要があるため、彼と彼女の家が遠方の場合は利用できません。 1台のトラックにまとめて荷物を積むので、それぞれの荷物の量が限られてしまう点も注意してください。 立ち寄り引越しが可能な引越し業者は• ・アーク引越センター• ・アート引越センター• ・アリさんマークの引越社• ・サカイ引越センター• ・日本通運• ・引越し本舗• ・ハート引越センター などです。 通常の引越しに比べたら割安です。 6-4. ペットも一緒に!おすすめの引越し ペットの引越しは「 ペットの引越し専門会社」に依頼するのが1番です。 もしくは自力で運ぶ方法が適しています。 犬や猫の場合、飼い主と一緒ならストレスも最小限ですむというメリットがあるからです。 熱帯魚や爬虫類はこの限りではありません。 引越し会社に依頼する場合、ほとんどがオプションになります。 ペット輸送の専門会社に取り次ぐ方法です。 ペット輸送に対応している引越し業者は• ・ヤマトホームコンビニエンス• ・ハート引越センター• ・サカイ引越センター• ・アート引越センター• ・アーク引越センター などです。 ペットの種類によっては輸送できないケースもありますので、要確認でお願いします。 まとめ 引越し費用の相場がどのように決まり、その相場をいかに下げて最安値にするのか紹介しました。 引越しの数だけ相場があり、さまざまな条件に左右されてコストの増減があるのがわかります。 安くなる方法がわかっても実際に利用できるかどうかは別問題という場合もあるでしょう。 しかし引越し費用の相場を理解し、最安値を見つける方法を身につけたことは大きな収穫ではないでしょうか。 さらに100円で引越しが可能な「」についても紹介しています。 引越しに関するどんなことでもお気軽にお問い合わせください。

次の

価格.com

引越し費用の相場

長距離引越しはすることも多く、費用も高いのでとても大変です。 しかし、引越しの費用は業者によって結構違いがあるのです。 A社が10万円でも、B社が8万円ということもありますので、必ず複数の引越し業者から見積もりを取りましょう。 しかし、自分で適当に探して連絡して、見積もりをしてもらって比較するというのは、手間もかかるし非常に面倒くさいと思いませんか? 今はパソコンやスマホから一括見積もりが出来る時代です。 1度情報を入力して送信するだけで、最大10社から見積もりを取ることが可能です。 何度も連絡する必要はありません。 長距離引越しの場合は特に実際の荷物を見てみたいという業者もありますので、見積もりのための日にちを決めておくとスムーズです。 相手も複数の引越し業者から見積もりを取っているのを知っていますから、値引き交渉などもしやすいです。 大手から地域密着の引越し業者まで、200社以上が参加しています。 簡単で便利なのに無料で利用することができますので、ぜひお活用ください。 複数の見積でさらに安くなる! 1つ1分。 3つでも3分。 最もお得にしよう!! 引越し達人 ・なんと最大55%安くなる! ・ 30秒のかんたん見積もり ・引越し手続きガイド プレゼント SUUMO引越し ・ 電話番号入力不要! 見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい ・クロネコヤマトの引越が人気 引越しの費用相場と繁忙期 引越しには繁忙期呼ばれるとても忙しい時期があり、その他の時期を通常期と言います。 繁忙期は3月前後であり、新大学生や新社会人、人事異動で転勤するサラリーマンととにかく人が一斉に動く時期です。 引越し業者はどこも大忙しなのでスタッフを増員して繁忙期を迎えるのですが、それでも到底及びません。 ですからこの時期の引越し費用は通常期よりも高めに設定されていますし、早割などの割引もあまり期待できません。 そんな状況でも引越し費用を安くしたいなら、早めに準備することをお勧めします。 新居の住所が決まったらすぐ、複数の引越し業者に見積もりを取りましょう。 こんな時に一括見積もりが便利です。 繁忙期といえども、引っ越しの価格はどこの引越し会社も一律同じという訳ではありません。 早めに申し込めばそれだけ多くの引越し業者からの返事がもらえます。 しかしこれが引っ越し日ギリギリになればなるほど1社減り、2社減りと最後にはとうとう1社も来ないという事態もあり得るのです。 これは繁忙期には限ったことではありません。 引っ越しは新居の住所が決まったらできるだけ早めに見積もりを取って、業者をおさえておきましょう。 引越し料金のしくみ 引っ越し費用は、人件費と移動距離とオプション費用で決まります。 あなたの引越しにどれだけのスタッフ(人件費)が必要かということ、荷物を移動させるのに必要な交通費、そしてゴミの処理費やエアコン移設費などのオプションがどれだけあるかということ、これらの合計が引っ越し費用です。 荷物が多い人の引っ越しはそれだけスタッフの数も多く必要ですし、トラックも大きい物が必要なためその分ガソリン代もかかります。 さらに新居までの距離が遠いほど、運転の交代要員や高速代が加算されて引越しの価格が高額となるのです。 また物件のエレベーターの有無・廊下の狭さ、トラックを停められる位置によっては料金がさらに高くなることもあります。 あなた自身の引越し費用の相場を知りたいのであれば、複数の引越し業者から見積もりを取るしか方法はありません。 少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、新居の住所が決まったらすぐに見積もりを依頼して比較して引越し業者をおさえておきましょう。 先延ばしにすればするほど、条件の良い引越し業者ほど予約が埋まり契約できなくなります。 引越しの手順 引越しはとにかくすることが多いので、先に手順を知っておくとムダな動きが少なくて引越し作業が少しだけ楽になります。 どんな感じで引越し作業を進めればいいのか、確認しておいてください。 <引越しの1カ月前まで> ・現住所の大家さんや管理会社への退去連絡し、駐車場の解約も行う。 ・新居を決めて契約する。 駐車場も新規契約 ・引越しの日程を決めて、相見積もりを取って引越し業者を選ぶ <1カ月〜2週間前まで> ・今すぐに使わないものを荷造りする。 ・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。 <引越しから2週間〜1週間前まで> ・転出届けの提出、印鑑登録の廃止、など役所関係の書類を提出。 ・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。 <1週間〜3日前まで> ・インターネット、電気、ガス、水道などのインフラの停止手続き ・郵便物の転送手続き <3日前〜当日> ・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。 ・新居への移動方法を確認する。 ・新居の掃除を行う。 <引越し当日> ・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認 ・荷解きと整頓 ・新居こ゛近所への挨拶 <引越し後> 転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続き。 ゛ 携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更。 引越しが確実になったら、まずは管理会社や大家さんに退去の意向を連絡しましょう。 入居の際に「退去する場合は何ヶ月前に伝える」という契約を交わしているはずなので、出来るだけ早く伝えてください。 引越し業者への見積もりですが、実は新居が決まってからでないと費用の算出ができません。 まず新居を探して、決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して引越し業者を比較して、一番良いと思った業者と必ず契約しておきましょう。 不用品や粗大ゴミを処分するのは時間がかかるので早めに取り掛かり、荷造りも普段使わないものなどからどんどんダンボールに詰めてください。 市外引越しの場合は転出届など役所関係の書類の提出、インフラの停止や精算、郵便物の転送届を提出したら、いよいよ引越し当日です。 当日は引越しスタッフに運搬はおまかせして、家財の配置を指示してください。 先に決めて紙に描いておくと便利です。 ただし、貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理してくださいね。 引越しをしたらできるだけ当日のうちに、空いた時間にご近所へ挨拶に行きましょう。 市外引越しなら転入届、同一市内の引越しなら転居届、いずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。 ほかにも役所関係の書類があれば提出しましょう。 あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なもののを変更しておきましょう。

次の

引越し費用の相場ってどうやって決まる?目安を知って【最安更新!】|100円引越しセンター

引越し費用の相場

この記事の目次• 単身の引越しでは、一人だからこそ荷物量がそれほど多くなりません。 そのため、うまく工夫して引越し費用を安くしたいと考えている方もいますよね。 単身で引越しをした場合、実際の 引越し費用の相場はどれくらいなのか知っていますか?この記事では、単身の引越し費用相場をはじめ、費用を抑えるコツについてご紹介していきます。 単身の引越しにかかる費用の相場 引越しにかかる費用は、荷物の量や移動距離などの状況に応じて大きく変わります。 ここでは、引越し費用に影響する3つの要因をはじめ、単身の引越しでの一般的な引越し費用の相場について見ていきましょう。 引越し費用に影響する要因は3つ 単身やファミリーなど人数に関わらず、引越しの費用を大きく変動させる要因に3つがあげられます。 引越し先までの移動距離• 荷物の量• 引越しの時期 単身の引越しの場合、荷物の量が少ない分引越し費用を抑えられますが、引越し先までの移動距離や時期によっては引越し費用が高くなってしまいます。 学生の場合は入学・卒業シーズンの3月前後、社会人の場合は人事異動時期の3月や10月前後に引越しが集中します。 単身の引越しにかかる引越し費用相場 引越し一括見積もりサイトの「ズバッと引越し比較」の情報によると、引越し先までの移動距離や時期に応じて、以下のような単身の引越し費用の相場になります。 参考: 通年の相場を見てみると、移動距離が20kmまでの 近場であれば3万円台で済むことが分かります。 また、移動距離が200kmを超えると2倍以上の金額になります。 移動距離を変更して引越し費用を抑えるということは現実的ではないので、安くしたい場合は他の2つの要因について工夫をする必要があるでしょう。 さらに引越しの 3~4月の繁忙期は通常期に比べると引越し費用が 15~30%程度割高になることが分かります。 引越し費用を少しでも抑えたいのであれば、繁忙期は避けて引越しを行いたいですね。 居住環境などによって引越し費用が変動することも?! 引越し費用に大きく影響する要因は3つのほか、何階建てのマンションなのか、運ぶ家具荷はどんなものがあるのかなど、居住環境や条件によっても金額が前後します。 引越し費用に影響するそのほかの要因• 旧居や新居のフロア階数• 旧居や新居のエレベーターの有無• 旧居や新居の前面道路幅(トラックの停車の可否)• 運ぶ家具に高価なものはないか• 運ぶ家具にガラスなどの繊細なものが多くはないか• 引越し業者のトラックやスタッフの空き状況 荷物を運ぶ時にエレベーターがないと、作業に時間がかかったり人数を必要としたりすると引越し費用が変わってきます。 作業の難易度やリスク、必要な人員数などによっても引越し費用は変わるのです。 「単身向けパック」と「単身向けプラン」の違いって? 「単身向けパック」では荷物を コンテナボックスで運びますが、「単身向けプラン」では通常のようにトラックに荷物を積み込んで運ぶので一般的な引越しと同様に、すべての荷物が載せられます。 荷物の量によってどちらを利用するのか選びましょう。 「単身向けパック」 積める荷物の量の上限が決まっていて、引越業者が用意したボックスに収まるだけの荷物しか運べません。 「単身向けプラン」 運びたい荷物の量に合わせたトラックで荷物を運びます。 原則ファミリー向けの引越しプランとの変わらずトラックを1台準備するため、単身向けパックよりも費用がかかります。 荷物の量が少ない単身者におススメなのが「単身向けパック」 「単身向けパック」は多くの引越し業者が提供している引越しプランです。 「単身向けパック」を提供している主な引越し業者を紹介 「単身向けパック」では、コンパクトなコンテナボックスに荷物を積んで運びます。 単身向けパックを提供している主な業者は以下の通りです。 ヤマト「単身引越しサービス」• 日通「単身向けパック」• サカイ引越しセンター「小口便引越しサービス」 荷物をコンテナボックスに詰め込んで、他の引越し依頼者のコンテナボックスと一緒にトラックなどで運ぶので、コストダウンを実現しており、 おトクな費用で引越しができます。 「単身向けパック」で運べる荷物の量はこれだけ!大手3社を比較 単身向けパックで運べる荷物の量とサイズには上限があります。 3社のコンテナボックスの大きさと料金について見ていきましょう。 「単身向けパック」のメリット・デメリット 単身向けパックの 最大のメリットは安さでしょう。 また、荷物の量を確認するために訪問して見積もりをとってもらう必要がなくお手軽です。 ただし、荷物の量に上限あるとデメリットもいくつかあります。 例えば自転車や組み立て式家具、3ドアの冷蔵庫など、単身パックでは運べないものもあります。 また、移動距離や引越し先によっては、単身向けパックを選べない場合もあります。 荷物の量が多いなら「単身向けプラン」を選ぼう 「単身向けパック」では荷物が運びきれない場合、荷物の量に上限のない「単身向けプラン」を選ぶとよいでしょう。 「単身向けプラン」を提供している主な引越し業者を紹介 単身向けプランでも、引越し業者によってはさまざまなプランが設定されています。 例えば、以下のような単身向けプランがあります。 アーク引越センター「ミニ引越しプラン」 段ボールが50枚まで無料でもらえたり、ハンガーボックスが5個まで無料で利用できたりなど、便利でおトクな特典があります。 アリさんマークの引越社「ミニ引越しプラン」 畳3畳分程度の荷物を運んでもらえます。 目安は段ボール20箱までと、単身向けパックでは載せられない冷蔵庫や自転車、洗濯機、電子レンジ、テレビなどです。 「単身向けプラン」のメリット・デメリット 単身向けプランの場合、単身パックと異なり荷物の量を気にすることなく、自転車やベッドなどの 大きな荷物を載せられるので、荷物の量が多い方におススメです。 また、ダンボールなどの梱包資材がサービスでつく場合があるのでぜひ利用しましょう。 ただし、単身向けプランは単身向けパックに比べるとやはり引越し費用が割高になります。 単身の引越し費用を抑える3つのコツ 引越しの時期は、新居にかかる費用など、さまざまな状況で資金が必要になります。 できるだけ引越し費用を抑えるための3つのコツをご紹介します。 荷物の量が減るように工夫する 引越しの移動距離や時期については、都合によって調整できない場合が多いですよね。 それなら、引越し費用に大きく影響すると考えられる要因の一つである 「荷物の量」を少なくすることで、コストダウンを図りましょう。 例えば、古い家電や寝具があれば処分して引越し先で購入したり、不要な衣類や食器などを処分するなど、「断捨離」をしながら荷物の量を減らしてみましょう。 引越しをきっかけに不要なものを一気に処分し、気持ちよく新しい生活をスタートさせましょう。 引越し業者以外に引越しを頼む 引越し業者以外でも、 配達・配送をしてくれる業者はあります。 荷物の量や内容によって、以下のような業者を利用し引越しをすることができます。 ゆうパックや宅急便などの宅配サービス 例えば赤帽であれば、運べる荷物の量の上限は基本的に軽トラック1台分です。 荷物の量が少ないのであれば、赤帽を利用したほうがおトクになる可能性もあります。 引越しの一括見積もりで引越し費用が安い時期を選ぶ 単身向けパックや単身向けプランなど、サービス内容を吟味して引越しプランを選ぶことは引越し費用を安く済ませる方法としておススメですが、引越しの時期にも注目してみましょう。 引越し業者にとって一般的な繁忙期は共通していますが、繁忙期シーズンとして設定している日程が、引越し業者ごとに異なる場合があります。 特に 3月中旬など、超繁忙期に入る前などは料金を安く設定している可能性があるので、注意して探してみてください。 数日異なるだけで業者ごとに引越し費用が大きく変動することがあるので、引越し一括見積を利用して見積もりをとって、自分に合った引越しプランを選びましょう。 単身の引越し費用相場を知ってコストダウンしよう 単身での引越しの場合、相場を知るには 引越し一括見積もりを利用することがおススメです。 手軽に引越し費用の相場を知ることができ、よりおトクに引越しができます。 ひとつの引越し業者のだけでなく、複数の引越し業者の情報を一括してとることができ、引越しに関する豊富な知識や情報を備えていることも魅力です。 ぜひ活用してみてくださいね。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればお得に電気も使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の