寝 過ぎ 腰痛 い。 寝過ぎでなる腰痛の予防法

腰痛は寝過ぎが原因か?5つの対策や予防法も含めて解説!

寝 過ぎ 腰痛 い

この記事の目次• 寝すぎてしまう病気 寝すぎてしまうという症状により、日常生活に支障をきたす病気です。 過眠症:ナルコレプシー 突発性過眠症、反復性過眠症などがあります。 10代での発症率が高く、日中の強い眠気、居眠りなどの症状があります。 非定型うつ病 過眠・過食症状があります。 落ち込んだりうきうきしたり、感情に大きな波があるのが特徴です。 これらの症状のある人は専門医を受診しましょう。 寝すぎによって引き起こされる悪影響と病気 健康な人が浅い睡眠をだらだらと続けていると、自律神経が不安定な状態になるといわれています。 また寝すぎにより脳が不安定な状態となり、学力低下や、病気への関連性も懸念されています。 浅い睡眠を続けることの悪影響として、以下が挙げられます。 体内時計を乱す 体内時計を乱すことによって、体内ホルモン(メラトニンや成長ホルモン)の分泌に影響を受けたり、頭がぼーっとする、食欲がわかないなどの影響がでます。 生活習慣病 生活習慣病予防に効果のあるホルモン「メラトニン」の分泌が寝すぎによって乱れることで生活習慣病のリスクが高まります。 また糖尿病のリスク調査では、睡眠7時間以下の人に比べ寝すぎの人のリスクは1.5倍であったとされています。 脳の老化 寝すぎの人は認知症の発症率が2倍になると言われ、アルツハイマーのリスクも高まるとされています。 腰痛 体に合わない寝具で、長時間横になる姿勢を続けることは、腰や体の血行を悪くし、大きな負担となります。 情緒不安定 すぎによって体内リズムが乱れ、情緒不安定を起こします。 感情の波が大きくなりコントロールが難しくなります。 寝すぎによる病気を改善する方法 寝すぎを改善、予防する方法をいくつかご紹介します。 パソコン、スマートホンは控える:パソコンやスマートホンの強い光をずっと見ていると、睡眠時間に乱れが生じ体内時計が狂い始める原因となります。 しっかり朝日を浴びる:朝日の明るい光を浴びることで、体と脳が自然と目覚めます。 また、朝日や日光を浴びることは、体内時計の調整には欠かせません。 運動をする:運動によって体の代謝不良が改善されます。 また体を疲れさせることで、寝入りも良くなり、睡眠の質も上がります。 リスクを意識して起きる:だらだらと二度寝を繰り返さないよう、しっかりと朝起きることを意識した「気持ち」が大切です。 まとめ 体や脳を休ませることは大切ですが、休ませすぎると脳や体の機能を低下させてしまうようです。 自分に対して「優しく、厳しく」適度なメリハリが大切なようですね。

次の

腰痛の危険度セルフチェック。原因や症状、対処法・治療の注意点

寝 過ぎ 腰痛 い

寝起きが腰痛を引き起こす原因で最も多いのが何らかの原因で睡眠リズムが崩れたことによる寝返り不足で、血行不良を引き起こし寝起きに痛みや違和感を感じてしまいます。 ストレッチも予防からその場しのぎまで、そもそも腰痛は日本の4人に1人が患っていて、寝起きに腰痛いなんて慢性化されては困るので寝起きの腰痛を整理してお伝えします。 目次はこちら• 寝起きの腰痛は寝返りが原因 私たちの睡眠は一定のリズムで繰り返されています。 浅い眠りのレム睡眠、深い眠りのノンレム睡眠、1セットはざっくり90分前後で、このリズムが快眠のための大切な条件だったりします。 レム睡眠とノンレム睡眠のリズムをコントロール(切り替えのきっかけ)しているのは、寝返りであると近年では考えられていて、寝起きに感じる腰痛と寝返りに深い関係があったのです。 筋肉は動かさなくても硬くなってしまうので、寝返ることで圧迫されている部分の血行も促します。 さらに、ふとんの中の空気を入れ替えて温度と湿度を調整します。 寝返りが不十分だと 寝起きに起きる腰痛の最も多い原因は、何らかの理由で眠りのリズムが崩れてしまうことにより寝返りが不十分だった場合、腰まわりの筋肉が硬くなってしまうことです。 その仕組みは、筋肉が硬くなることで体が緊張してしまい、自律神経も活動方向へ向かってしまいリラックス出来なくなります。 自律神経が崩れてしまうと先ほどお話した睡眠のリズムが更に崩れてしまうので、そのスイッチ役(切り替え役)の寝返りが機能しなくなり筋肉が緊張して硬くなってしまうといった悪循環に陥ってしまいます。 寝起きに腰痛が起きるメカニズム 寝るときの姿勢になると、腰のあたりに内臓が乗った状態になってしまいます。 40代の女性平均体重53kgの場合、23kgが腰に乗った状態になってしまい血管を圧迫してしまいます。 血管が圧迫されると血流が滞って酸素が全身に行き渡らず酸欠になってしまい、血中の酸素が減少するため白血球や筋肉から痛みを引き起こす発痛物質が発生し、寝起きに腰痛を感じてしまいます。 定期的に寝返りをすることができていれば、発痛物質は血液とともに流れ、酸欠状態も改善され、腰に痛みが生じることはありません。 実は腰痛は寝方(仰向け・横向き)にも関係しているので詳しくはこちらの記事をどぞ。 椎間板ヘルニア• 筋・筋膜性腰痛• 椎間板症• すべり症• 腰椎分離症• 脊柱管狭窄症 寝起きに腰痛いからといって、腰だけに原因があるわけではありません。 「腰が痛い」というのは、あくまで結果であり、原因はほかのところにある場合が多いのです。 腰が痛いのは腰が悪いのではなく、ほかの部分が悪いから腰が痛くなった、と言っても過言ではありません。 壁の位置と添い寝が心理的な原因に ベッドは壁から最低でも50cm以上は距離を取りましょう。 添い寝も寝返りを阻害する原因になってしまいます。 寝ていても無意識に壁の圧迫感を感じ寝返りがしにくくなります。 また、人や動物のいる場合でも無意識に寝返りを打たなくなってしまうので、寝起きの腰痛が慢性化している場合は見直しましょう。 パジャマの生地が実は邪魔になる 摩擦の大きい衣類は寝返りしにくいという落とし穴もあります。 摩擦が大きいパジャマ生地として代表的なものを紹介しておきます。 モコモコパジャマ:0. 524• フリース:0. 449• スウェット:0. 447• 綿:0. 380• 麻(リネン):0. 367• シルク:0. 250 (摩擦係数が小さいほど摩擦が小さい) 寝起に腰痛を感じる最も多い原因は枕 枕がやわらかいと頭が沈み、轍(わだち)にはまったタイヤのように抜け出せなくなり、次の寝返りをうちづらくなります。 さらに、硬さだけではなく、枕の高さも重要です。 人によって適した枕の高さは違うので、自分の体格に枕を合わせることで寝起きに腰痛が起きる可能性がグンと下げてくれます。 寝起きに腰痛を感じたら布団の可能性も 毛布も摩擦が大きいため、最初に布団を掛け、その上に毛布の順で掛けた方が保温性にも優れるため一石二鳥。 また、明らかに布団に重さを感じる場合は、重さによって寝返りを阻害してしまうので、羽毛布団など寝起きの腰痛が木になる場合には出来るだけ軽い布団をおすすめ。 寝起きの腰痛はマットレスから からだ全体にかかる圧力をまんべんなく分散させる体圧分散性は、いまやマットレスの基本性能です。 硬すぎるマットレスでは、からだの一部に圧力が集中し血行不良となって、寝起きの腰痛などを引き起こします。 マットレスがやわらかすぎるとからだが沈み込みすぎ、硬すぎると背骨が反って緊張してしまいます。 背筋が立っている時とほぼ同じまっすぐな状態が自然な寝姿勢です。 今すぐできる寝起きの腰痛予防 今すぐできる寝起きの腰痛予防があります。 まずは腰を温め血行を良くする事、続いて腰への負担を分散させるようマットレスとの隙間を埋めたり、サポートを増やすことが肝心です。 腰を温めて寝る 腰痛は患部を温めることで血行がよくなり、症状がやわらぎます。 掛布団や毛布を重ねてもお尻や腰回りが寒いと感じる人はカイロを貼って寝るとよいでしょう。 身体を動かすと筋肉が体内で熱を作ったり、血行が良くなったりするため身体が温かくなります。 寝る前に軽いストレッチをしてみるとよいでしょう。 38~40度ぐらいのぬるめのお風呂にゆっくり入ることもおすすめです。 身体が温まるだけでなく、副交感神経の動きが活発になることでリラックスした気分になるため良質な睡眠がとれます。 こういう時には、オールシーズンで腹巻が重宝します。 腹巻については、こちらの記事で詳しく説明しています。 バスタオルを縦に2回2つ折りして細長い状態にします• 細長くなったバスタオルを着物の帯を巻く要領でお腹に巻き付けます。 仰向けに寝た状態でほどゆるみがなくまるまでバスタオルをしめます。 ゆるみがなくなったらガムテープでバスタオルを固定します。 背骨とお布団を平行に保つため、硬いお布団でも柔らかいお布団でも寝返りが打ちやすく腰に負担を与えません。 しかし、これはあくまで応急処置です。 長期的な寝起きの腰痛予防を考える場合、マットレスの見直しやトッパーやベッドパッドで代用するなど検討しましょう。 ヒザ下にクッションを置いて寝る 仰向けで寝ると腰がそったままの状態となるため、腰に大きな負担がかかってしまいます。 ヒザ下にクッションを置くだけで腰にかかる負担が足に分散されるのです。 仰向けで寝ることが多い人はぜひためしてみてください。 横向きで寝るクセがある人は両ヒザの間にクッションを挟むとよいでしょう。 そうすることで腰が安定するため、負担が減ります。 寝起きの腰痛防止に効くストレッチ 腰痛改善のための王道4ストレッチ ストレッチで大切なことは無理のない(痛みのない)範囲で行うことで、とにかくリラックスが大事です。 体が力(りき)まないように、深呼吸を続けながら行いましょう。 ストレッチを行う際は、フローリングなどの硬い床は避け、絨毯や布団の上など体を痛めない場所で行うよう配慮することを忘れないようにしましょう。 効果UPのカギは、入浴後や就寝前などの「夜」に行うこと、最低でも1か月の継続がオススメです。 簡単!45秒で出来る寝たまま体操 朝30秒の正座• 背骨のゆがみ• 足の使い方• 血流の悪さ この3つを改善することで、ほとんどの腰の痛みはよくなり、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎから足首までの部分に、バランスよく圧をかけます。 結果、血流が促され、新しい毛細血管を増やすことができます。 硬くなり、血流が悪くなっていた箇所にも十分に血流が行き渡っていきます。 仰向けで寝れない人(反り腰)のストレッチ.

次の

腰痛の危険度セルフチェック。原因や症状、対処法・治療の注意点

寝 過ぎ 腰痛 い

この記事の目次• 腰痛の原因は寝過ぎにあった!?どうして寝過ぎると腰が痛くなるの? 腰痛の原因がなぜ寝過ぎなのでしょうか? 寝転んでいるだけで動いていないのに腰が痛んでしまう原因は、寝ている間の動きに関係があったのです。 寝過ぎてしまい腰を痛める原因をご説明していきます。 寝返りをうっていない 普段人は寝ているときも寝返りをうつことで体に負担がかからないようになっています。 寝返りには重要な役割があり、本人が行う整体ともいわれているほどです。 リンパや血液の循環を良くし、筋肉や脊髄、椎間板などを全体的に休める役割があるのが寝返りです。 しかしさまざまなことが原因で寝ているときに 寝返りをうてない方もいらっしゃいます。 寝具が合っていなかったり、アルコールなどを飲み過ぎ熟睡していたりすると自然と寝返りがうてなくなってしまいます。 ずっとイスに座りっぱなしのときもお尻が痛くなってきますよね? それと同じでずっと同じ寝方で寝ていると布団に触れ合っているところが痛くなってしまいます。 圧迫され血液やリンパの循環が悪くなったり、 ずっと同じ姿勢だった体を急に動かすと体に痛みが出てしまうことが原因の1つです。 腰に負担がかかる寝具で寝ている 先ほども少し話に出ましたが、自分に合っていない寝具で寝ていると腰痛の原因になってしまうことがあります。 低反発などの布団が一時期流行りましたが、実は 低反発は腰を痛めやすい寝具なのです。 柔らかすぎるマットレスや自分の体が沈んでフィットしたままの状態になってしまう低反発のマットレスなどは体が沈み過ぎて動きがとれなくなり、寝返りをうてなくなります。 また沈み過ぎて腰を不安定な状態で支えるため、腰に負担がいき腰痛の原因になります。 じゃあ硬いマットレスを選べばいいのかというわけでもなく、硬すぎると圧迫が強すぎるため腰痛になりやすいです。 なので硬くもなく柔らかくもない 自分の体のカーブを保てる寝具を選ぶことが大切です。 腰のまわりの筋肉が固まっている 腰まわりの筋肉が固まっていると 血行が悪くなり、疲労が溜まってしまいます。 筋肉が緊張状態のままだと体が休まらず、また血行が悪くなるので冷えて痛みがでてしまいます。 普段デスクワークが多かったり、体をあまり動かさない人は腰まわりの筋肉が固まってしまう傾向があるので、デスクワークの合間などに体を動かしたり、ストレッチなどをしたりすることをおすすめします。 寝過ぎが原因でなった腰痛の改善や対策法5つ 原因が分かったところでなにに気をつければいいのでしょうか? 腰痛を緩和できる対策法をご紹介します。 1つだけご紹介します。 仰向けに寝転んだ状態で両手を真横に広げ、肩が上がらないようにしっかり布団につけながらウエストをゆっくりと左右にひねります。 そのあと腰を10秒ほど浮かすのですが、無理をすると逆に腰を痛めてしまうのでクッションなどを腰の下に敷いたりして工夫しながら10秒浮かしてください。 ゆっくりと起き上がり軽く伸びをして、深呼吸をしましょう。 この簡単なストレッチだけで腰の痛みが緩和されるので、ぜひ試してみてください。 ほかにも整体などにいくとさまざまなストレッチを教えてくれるので、本当に腰の痛みがひどい方は相談するのもいいですね。 なので柔らかすぎない、 やや硬めのマットレスがおすすめです。 またマットレスだけではなく、「枕」も自分に合っていないと腰痛の原因になってしまいます。 枕なしや低い枕を使用している場合は、顔が上を向いた状態になってしまうため首の筋肉が固まって腰の反りがひどくなり腰痛の原因になります。 逆に高すぎてしまうと顔が下を向いた状態になり、首の筋肉が引っ張られ筋肉の負担が大きくなります。 首の後ろの筋肉が伸ばされると足までの筋肉が緊張状態になってしまうので腰の筋肉にも負担がかかり腰痛の原因になるのです。 これを防ぐためには 力を入れず自然に寝返りがうてる高さの枕で寝るようにしましょう。 枕を購入する際は自分の高さに合っているか確認してから購入することをおすすめします。 「柔らかい枕だから気持ちよさそう」などの選び方はやめて、高さで選ぶようにしましょう。 腰痛の痛みは筋肉が固まってしまっていることが多いので、温めて血行を良くしてあげることが大切です。 なので冷感湿布より温感湿布を貼るようにしましょう。 消炎鎮痛剤を飲むと痛みが和らぎますが、胃が荒れたり服用しすぎると薬が効かなくなってしまうこともあるので、できたら湿布を使用するようにしましょう。 寝る際には体を冷やさないように腰から下は毛布などの布団を増やすことや、長めに湯船に浸かり体を温めてあげることなどの工夫をして体を冷やさないようにしましょう。 待ちに待った休みの日はたくさん寝たい気持ちは分かりますが、寝過ぎることによって体に負担がかかってしまいます。 なので、休みの日こそ早起きをして時間を有効に使うことで腰痛は和らぎますし、なにより充実した休みを過ごせます。 寝てばかりで一日を無駄にするのではなくて、早起きをして自分の好きなことをするとストレス発散にもなるのでいいですね! 寝過ぎで腰痛にならない予防策とは? まだ腰痛にはなっていないけれど、普段たくさん寝てしまうからいつか腰痛になりそうで怖いと思っている方もいらっしゃると思います。 そんな方は腰痛にならないために予防することが大切です。 寝る前にストレッチ 体が冷えて血行が悪くなり筋肉が固まると腰痛になってしまうので、 体を温めることが予防策になります。 お風呂上りからお布団に入るまでの体が冷めていない間にストレッチをしましょう。 あまり激しすぎると寝れなくなってしまうので、軽めのストレッチや体を伸ばす、またラジオ体操などの運動をすると体がほどよく温まります。 特に下半身から冷えてしまう方が多いので下半身を中心にストレッチなどをするといいでしょう。 腹筋を鍛える 腹筋が弱っているとその分腰に負担がいってしまうので腰痛が引き起こされる原因になります。 なので普段から腹筋を鍛えておくと腰痛を引き起こしにくくなります。 座っているときは猫背にならないように気を付けることや、大股で歩くなどいつもの日常に少しお腹に力を入れることを増やすだけでも効果はあるので、 少し腹筋を意識しながら生活するようにしましょう。 まとめ 体の疲れをとろうとたくさん寝てしまい後悔する方は多いと思います。 まずは腰痛の原因を改善することが大切です。 ひとつひとつできることをしていきましょう。 寝過ぎないことが1番いいので、休みの日だからといってだらだら寝るのではなく 休みの日こそ早く起きて時間を有効に使いましょう!.

次の