茶道 歴史。 高山茶筌の歴史

茶道

茶道 歴史

茶道とは 「茶道」とは、日本の伝統的な様式に則り、亭主が客人にお茶を点(た)て振舞い、客人は亭主のおもてなしを受け、お茶をいただくことを言い、「茶の湯」とも言われます。 「茶道」では、お茶の点て方(点前)、いただき方、座り方、礼(お辞儀)の仕方、立ち方、歩き方の動作にも色々な決まりがあり、これを作法といいます。 この作法は、客人をもてなし、お茶をおいしく差し上げるため、また客人がもてなしを受け、お茶をおいしくいただくためにできたものです。 「茶道」は単にお茶を客人に振舞い、お茶をいただくだけではなく、亭主と客人との精神的な交流を重んじる精神性や思考、そのための茶室や庭、茶室のしつらえ、茶道具の選別や鑑賞、振舞われる料理や手前作法などの審美性が融合した総合芸術ともいえます。 また、客人をもてなす茶道の精神は、現代の日本人のおもてなしの精神にも通じています。 おもてなしの心に触れながら、お茶を楽しむことが、茶道では大切です。 お茶は中国から渡来し、鎌倉時代(1185-1333)には禅宗(臨済宗)と共にお茶を持ち帰った栄西により、禅宗と共にお茶も全国的に広まったといわれています。 そして、室町時代(1392-1491)には、中国からの「唐物」がもてはやされ、それを使用したお茶会が流行する一方で、「和物」といわれる日本製の茶道具を使用し、亭主と客人との精神的な交流を重んじる「わび茶」を村田珠光(1423-1502)が成立させ、茶室・茶道具も次第に派手で華美なものから、精神性を尊ぶ質素なものが尊重されるようになりました。 その後、その精神を武野紹鷗 1502-1555 が受け継ぎ、その弟子の千利休(1522-1591)が、安土桃山時代(1573-1603)に、「わび茶」を完成させました。 それが今日の「茶道」・「茶の湯」の礎となっているといわれています。 これまでに千利休の子孫による「表千家」「裏千家」「武者小路千家」のいわゆる「三千家」を始め、多くの流派が誕生し、今日でも広く人々に親しまれています。

次の

茶道とは|東京大茶会 TOKYO GRAND TEA CEREMONY

茶道 歴史

表千家、裏千家、武者小路千家の違いとは? 茶道には主に 表千家、 裏千家、 武者小路千家という3つの流派がありますが、これらは全て、茶道を現代の形にまで高めたと言われる偉大な茶人、 千利休を由来とするものです。 そこで、まずはこの 3つの流派の違いについて見ていきましょう。 まず最初の 表千家ですが、これは千家の本流ということで古くからの作法を忠実に守ってきた流派です。 使う道具や仕草は裏千家と異なり質素で華やかさはありませんが、よりわびさびの心を感じることができます。 二つ目の 裏千家ですが、「裏」という名称にも関わらず、茶道の流派の中で最大のものです。 裏千家の当主は、茶道が廃れかかった明治期や戦後に積極的に茶道の普及に奔走し、学校教育に取り入れられるなどしたため門弟を増やしたのです。 学校にある茶道クラブの多くも、裏千家の作法を採用している所が多いのです。 最後の 武者小路千家ですが、特徴として「合理的な動き」がよく挙げられます。 この流派の茶室は何回も消失、建て直しを繰り返しているのですが、その度に今までの茶室の無駄を排除してきた事から、必要のない所作を極限にまで省いた経緯があります。 表千家、裏千家、武者小路千家の作法の違いについて そして、 作法においても細かな違いが存在します。 少しだけ見ていきましょう。 ・抹茶を泡立てるのが裏千家、他の2つはあまり泡を立てない ・一畳を4歩で歩くのが裏千家、他の2つは一畳を6歩で歩く ・菓子を出す盆に蓋がない(菓子を見せる)の裏千家 ・他の2つは盆に蓋がないため、菓子を見せない傾向にある ・裏千家の女性の帛紗(ふくさ、相手をもてなす時に着る着物)の色は朱色 ・表千家と武者小路千家の帛紗の色は赤色 ・男性の帛紗の色は、いずれも紫 ・部屋に左足から入るのが表千家 ・右足から入るのが裏千家 ・柱側の足から入るのが武者小路千家 ・表千家の礼は八の字に手をつき、両手の間を少し開けて、体を30度ほど傾ける ・裏千家は、角度によって区別される礼が三種類ある ・武者小路千家の礼は、左手が前になるように両手を合わせ、背筋を伸ばし頭を下げる これを見てみると、 表千家と武者小路千家は比較的似ている事が分かりますね。 この2派が細かい点を重視しているのに対し、 裏千家は明治初期に外国人向けに正座する必要のない椅子に座る方式を考案するなど、積極的に新しい流れを取り込んできた事が特徴です。 また、明治時代は西洋文化が流入したこともあり茶道にとっては冬の時代だったのですが、裏千家の当主は拠点を一時期、京都から東京に移し茶道普及のために尽力しました。 結果として戦後には、14代目当主の努力により学校教育に茶道が取り入れられ、結果的に学校の茶道クラブで学ぶ流派も裏千家の方式となったのです。 スポンサードリンク 表千家、裏千家、武者小路千家の由来と歴史を見てみよう! ここからは、表千家、裏千家、武者小路千家が 成立した由来とその歴史についてご紹介します。 千利休の死後、そのあとを継いだのは嫡男の 千道安でした。 この千道安は「堺千家」という流派を創設したのですが、後継ぎがなくこの流派は断絶してしまいます。 一方で、利休の婿養子・ 千少庵(しょうあん)の子供である 千宗旦(そうたん)には四人の息子がおり、長男を除く三人が茶道を志しました。 この三人が、表千家、裏千家、武者小路千家のそれぞれの創始者になるのです。 最初に茶道を継いだ三男の 江岑宗左(こうしんそうさ)は、父の茶室である「不審庵(ふしんあん)」を継ぎ、 表千家を創設します。 そして四男の 仙叟宗室(せんそうそうしつ)は、表通りに面する不審庵の裏側に茶室「今日庵(こんにちあん)」を建立し、これが 裏千家の由来となるのです。 その後、養子に出されていた次男の 一翁宗守(いちおうそうしゅ)も茶道に戻ります。 一翁宗守は、表千家の不審庵と裏千家の今日庵から少し離れた「武者小路」という通りに茶室「官休庵(かんきゅうあん)」を建て、これが 武者小路千家の由来となりました。 家系図にして分かりやすくご紹介します。 その後、歴代の三千家の投手は各地の大名に仕えながら、町人へ茶道を普及するための努力を行ってきました。 実は茶道には、この3つ以外にも流派があるのですが、こうした人々への普及活動が「 茶道=三千家」というイメージを作っていったのです。 また、三千家も時代が経過するにつれて、当主の次男や三男が独立する等して数多くの流派が登場しました。 これに対して、流派が分裂するのを危惧した表千家の7代目当主である如心斎が、「 千家を名乗るのは表千家、裏千家、武者小路千家の嫡男のみとし、他には名乗らせない」と決めたため、現在まで有名な千家は表千家、裏千家、武者小路千家の3つのみなのです。 その一方で、度重なる火災によって茶室が焼け落ちたり、幕末から明治維新の混乱期の中で武者小路千家が一時断絶するといった危機を経験しながら、表千家に対する三井財閥の後押しや裏千家の当主による茶道の普及活動などで、茶道を近代化の波に乗る事に成功していくのです。 この記事のまとめ 表千家、裏千家、武者小路千家の違いや由来、歴史についてご紹介しました。 千利休を始祖とする三千家は、細かい違いを生みながらわびさびの精神を伝えてきました。 これから茶道にチャレンジしたいという人のために、最後にもう一度まとめてみます。 ・表千家、裏千家、武者小路千家の始祖はいずれも千利休 ・3つの流派の名前の由来は、それぞれの茶室の場所 ・最大の流派は裏千家で、積極的に茶道を広め有名になった ・表千家は3つの流派の本流で、細かい作法を重視している ・武者小路千家は合理的な動きが特徴として知られる いかがでしたか。 茶道には、三千家以外にも多くの流派があります。 また、茶道において最も大切なのは、それぞれのしきたりの違いよりもわびさびの心です。 ぜひ気軽に茶道をはじめてみてはいかがでしょうか? スポンサードリンク.

次の

高山茶筌の歴史

茶道 歴史

表千家、裏千家、武者小路千家の違いとは? 茶道には主に 表千家、 裏千家、 武者小路千家という3つの流派がありますが、これらは全て、茶道を現代の形にまで高めたと言われる偉大な茶人、 千利休を由来とするものです。 そこで、まずはこの 3つの流派の違いについて見ていきましょう。 まず最初の 表千家ですが、これは千家の本流ということで古くからの作法を忠実に守ってきた流派です。 使う道具や仕草は裏千家と異なり質素で華やかさはありませんが、よりわびさびの心を感じることができます。 二つ目の 裏千家ですが、「裏」という名称にも関わらず、茶道の流派の中で最大のものです。 裏千家の当主は、茶道が廃れかかった明治期や戦後に積極的に茶道の普及に奔走し、学校教育に取り入れられるなどしたため門弟を増やしたのです。 学校にある茶道クラブの多くも、裏千家の作法を採用している所が多いのです。 最後の 武者小路千家ですが、特徴として「合理的な動き」がよく挙げられます。 この流派の茶室は何回も消失、建て直しを繰り返しているのですが、その度に今までの茶室の無駄を排除してきた事から、必要のない所作を極限にまで省いた経緯があります。 表千家、裏千家、武者小路千家の作法の違いについて そして、 作法においても細かな違いが存在します。 少しだけ見ていきましょう。 ・抹茶を泡立てるのが裏千家、他の2つはあまり泡を立てない ・一畳を4歩で歩くのが裏千家、他の2つは一畳を6歩で歩く ・菓子を出す盆に蓋がない(菓子を見せる)の裏千家 ・他の2つは盆に蓋がないため、菓子を見せない傾向にある ・裏千家の女性の帛紗(ふくさ、相手をもてなす時に着る着物)の色は朱色 ・表千家と武者小路千家の帛紗の色は赤色 ・男性の帛紗の色は、いずれも紫 ・部屋に左足から入るのが表千家 ・右足から入るのが裏千家 ・柱側の足から入るのが武者小路千家 ・表千家の礼は八の字に手をつき、両手の間を少し開けて、体を30度ほど傾ける ・裏千家は、角度によって区別される礼が三種類ある ・武者小路千家の礼は、左手が前になるように両手を合わせ、背筋を伸ばし頭を下げる これを見てみると、 表千家と武者小路千家は比較的似ている事が分かりますね。 この2派が細かい点を重視しているのに対し、 裏千家は明治初期に外国人向けに正座する必要のない椅子に座る方式を考案するなど、積極的に新しい流れを取り込んできた事が特徴です。 また、明治時代は西洋文化が流入したこともあり茶道にとっては冬の時代だったのですが、裏千家の当主は拠点を一時期、京都から東京に移し茶道普及のために尽力しました。 結果として戦後には、14代目当主の努力により学校教育に茶道が取り入れられ、結果的に学校の茶道クラブで学ぶ流派も裏千家の方式となったのです。 スポンサードリンク 表千家、裏千家、武者小路千家の由来と歴史を見てみよう! ここからは、表千家、裏千家、武者小路千家が 成立した由来とその歴史についてご紹介します。 千利休の死後、そのあとを継いだのは嫡男の 千道安でした。 この千道安は「堺千家」という流派を創設したのですが、後継ぎがなくこの流派は断絶してしまいます。 一方で、利休の婿養子・ 千少庵(しょうあん)の子供である 千宗旦(そうたん)には四人の息子がおり、長男を除く三人が茶道を志しました。 この三人が、表千家、裏千家、武者小路千家のそれぞれの創始者になるのです。 最初に茶道を継いだ三男の 江岑宗左(こうしんそうさ)は、父の茶室である「不審庵(ふしんあん)」を継ぎ、 表千家を創設します。 そして四男の 仙叟宗室(せんそうそうしつ)は、表通りに面する不審庵の裏側に茶室「今日庵(こんにちあん)」を建立し、これが 裏千家の由来となるのです。 その後、養子に出されていた次男の 一翁宗守(いちおうそうしゅ)も茶道に戻ります。 一翁宗守は、表千家の不審庵と裏千家の今日庵から少し離れた「武者小路」という通りに茶室「官休庵(かんきゅうあん)」を建て、これが 武者小路千家の由来となりました。 家系図にして分かりやすくご紹介します。 その後、歴代の三千家の投手は各地の大名に仕えながら、町人へ茶道を普及するための努力を行ってきました。 実は茶道には、この3つ以外にも流派があるのですが、こうした人々への普及活動が「 茶道=三千家」というイメージを作っていったのです。 また、三千家も時代が経過するにつれて、当主の次男や三男が独立する等して数多くの流派が登場しました。 これに対して、流派が分裂するのを危惧した表千家の7代目当主である如心斎が、「 千家を名乗るのは表千家、裏千家、武者小路千家の嫡男のみとし、他には名乗らせない」と決めたため、現在まで有名な千家は表千家、裏千家、武者小路千家の3つのみなのです。 その一方で、度重なる火災によって茶室が焼け落ちたり、幕末から明治維新の混乱期の中で武者小路千家が一時断絶するといった危機を経験しながら、表千家に対する三井財閥の後押しや裏千家の当主による茶道の普及活動などで、茶道を近代化の波に乗る事に成功していくのです。 この記事のまとめ 表千家、裏千家、武者小路千家の違いや由来、歴史についてご紹介しました。 千利休を始祖とする三千家は、細かい違いを生みながらわびさびの精神を伝えてきました。 これから茶道にチャレンジしたいという人のために、最後にもう一度まとめてみます。 ・表千家、裏千家、武者小路千家の始祖はいずれも千利休 ・3つの流派の名前の由来は、それぞれの茶室の場所 ・最大の流派は裏千家で、積極的に茶道を広め有名になった ・表千家は3つの流派の本流で、細かい作法を重視している ・武者小路千家は合理的な動きが特徴として知られる いかがでしたか。 茶道には、三千家以外にも多くの流派があります。 また、茶道において最も大切なのは、それぞれのしきたりの違いよりもわびさびの心です。 ぜひ気軽に茶道をはじめてみてはいかがでしょうか? スポンサードリンク.

次の