風邪 一日で治す。 風邪を早く治すために覚えておきたい3つのポイント|一般内科|東京都墨田区両国の湘南メディカル記念病院

免疫を高めて【風邪を早く治す方法】10年間試してきた奥義とは? | 美人のレシピ

風邪 一日で治す

鼻炎から風邪への変遷 水曜日…仕事しながら鼻がムズムズ。 帰ってきてからも鼻水たらたら。 ナザールが効かない。。 普段はこれで見事に止まるので、ねこのんが常用しているわけですが、今回は効かない。 このパターンは鼻の中がひりひりしている時。 飲み薬に切り替える。 アレグラ。 ひどいときはこれが一番。 飲み薬も色々ありますが、鼻水は止まっても口が渇いてしんどいやつもあるので、この子が一番です。 一日二回でいいし。 飲んでそのまま寝ました。 木曜日…お休み。 起きてしばらくして鼻水が。 アレグラを飲む。 あれ止まらない… ここからおかしなことに。 たまにひどいと飲み薬でも止まらないのでかなりやばいときパターンか…と思ってティッシュ大量に消費。 そして鼻水の影響で喉に違和感が。 そして夜も鼻水のせいで中々眠れない。 金曜日…お仕事。 ねこのんの仕事は身体を結構動かすししゃべることも多いので、鼻水とともに喉がさらに悪化。 この時点で風邪薬に切り替えました。 やばい確実に風邪になったと。 身体がボーっとしてるし。 そんなわけで早く治すべくねこのんはとあることを実践するのです。 風邪を一日で治す方法 仕事終わり帰りの電車の中では完全に熱もありそうな感じで鼻水出るし、喉は痛いし。 やらかした感。 外は雨降ってるし。 帰りに薬局に寄って色々買ってきました。 まず R-1ヨーグルト。 低糖をよく買います。 インフルエンザにも効果ありと言われているR-1。 今回に限らずねこのんもよく飲みます。 効果あります。 毎日は高いので2,3日に1本くらい飲んでいたのですが、まとめて購入。 ヴィックスメディケイテッドドロップ。 ねこのん喉も弱いのでよくヴィックスを買います。 オレンジ味が一番好きですが、レモンもチェリーや巨峰も出ておりどれもおいしい。 医薬部外品ですが効果もしっかりあります。 喉スプレー。 これは常備しています。 ちょっと違和感を感じた時にシュッっとしておくと悪化しなかったりします。 この記事でも書きましたが、喉にすでに炎症が出ている時は「アズレン系」のものを選ぶようにしましょう。 あとはちみつもかなり効果的。 はちみつ飴とかでもいいですが、はちみつの中でも「マヌカハニー」は喉にも良いし、おなかの不調を整えてくれたり、栄養素も多いのでとてもおすすめです。 薬じゃないので普段から食べることもできますしね。 パブロン。 こちらも常備してます。 この手の総合感冒薬でもあえて粒状のこのパブロンはコスパもいいです。 ここまでは風邪のときよく使うものですが、これに加えて今回はさらに即効性を求めて買ったものが… ビタミンC!のサプリメント!今回の風邪を治すための主役です。 DHCが一番安くてたくさん入ってたので買ってきました。 詳しくは後で。 その他… 免疫を高めてくれる亜鉛。 ビタミンCと一緒に取ることで吸収がよくなります。 食事代わりにもお菓子にもなるバランスパワー。 カロリーメイトとかに比べても安いし何よりおいしい。 名前からして善き。 風邪薬と併用できるタイプの栄養ドリンク。 が、無視してます。 あくまで一気に治すための自分を使った実験みたいなものです。 やるかどうかは自己責任でお願いします。 ビタミンC大量摂取で風邪が治る!? 色々準備しましたが、メインはビタミンCがあればいいです。 こんな本もありました。 読んだことはないですが、レビューはよさげです。 あんまり鵜呑みにするのはよくないと思いますが、ビタミンC自体身体にいいのは間違えないです。 たくさん摂っても吸収されない分は尿と一緒に出ちゃうので心配いらないとのこと。 そんなわけでねこのん 金曜日の夜。 食欲があまりなかったので、バランスパワーと即攻元気で軽くご飯。 ちなみに飲み物はビタミンウォーター。 食後はパブロンを飲みます。 そして栄養ドリンク。 しばらくして、ビタミンCを2粒 約1000mg と亜鉛を摂取。 ヴィックスを舐めつつ就寝。 …鼻水がひどくて眠れない。。 そして寒気。。 あかん…布団にくるまっててたらだんだん暑くなってきて汗が…。 熱下がる信じてじっとしてた。。 やはり中々寝付けず1時間おきくらい目が覚めるような感じだったのでこの際にと起きるたびにビタミンCを一粒ずつ飲んでました。 そんなわけで朝。 最後3時間くらいは寝れた気がします。 夜から朝までに摂取したビタミンCは約3000mgくらい。 +ビタミンウォーターとかビタミンC入っているもの摂取していたので約5000mgと言ったところです。 土曜日 ビタミンCを約5000mg。 厚生労働省が定めるビタミンCの1日の所要量は100mgらしいので何倍もの量になります。 でも実は前日の夜悪化していた風邪ですが、それ以上悪化することはなく少し楽になっていたくらいです。 一度体調崩すと長引きやすいタイプなのでちょっとびっくりしました。 とは言えねこのん今日もお仕事。 そんなわけで朝ごはん。 というか普段食べないくせに、こうゆう時は食べる 笑 またバランスパワーと即攻元気。 そしてR-1。 パブロンと栄養ドリンクを飲み、ビタミンC2粒と亜鉛をごっくん。 そしてヴィックスを舐めながら出勤。 意外と元気だ。 自販機でキレートレモンのペットボトルのやつが売ってたので購入。 ビタミンをさらに摂取しながら仕事開始。 仕事中はどうにもできないので喉スプレーたまに吹きかけながらお昼まで頑張る。 お昼ご飯も普段そんな食べないのでいつも通りパンと持ってきたバランスパワー。 パブロンも飲みつつ、ビタミンC2粒と亜鉛を追加。 途中の休憩でもビタミンC1粒のみつつ、栄養ドリンクも飲みました。 なんとか乗り切った!だれにも「風邪?」とか聞かれず普通に終わった!喉悪化してないのが大きかったかな。 軽く鼻声だったくらい。 なわけで帰りも思ったより元気だったので、スーパーでカット野菜買ったりして帰ってご飯の準備もしてました。 健康的に。 おうちでご飯を食べて、一応パブロン飲みつつ、ビタミンCを2粒と亜鉛。 ビタミンウォーターも飲んでました。 朝からのビタミンCの摂取量。 大体6000mgくらい。 ちなみに副作用的なものは特にありませんでした。 ちょっとおならが増えたような 笑 ビタミンCを摂りすぎると下痢になるってこともあるそうです。 日曜日 ビタミンCをたっぷり摂取しつつ、寝て起きた日曜日の朝。 もうほとんど完治してました。 身体もだるくないし、喉も痛くありません。 唯一鼻だけはまだ調子悪いです。 鼻づまり感。。 でもこれはいつものことだしな… そんわけで!ビタミンC飲み始めてほとんど1日で風邪の症状は治まったわけです。 一応この日も仕事があったので、パブロンとビタミンCは飲みつつ過ごしてましたがもういいかなって感じでした。

次の

風邪を早く治すために!医師が教える「よく聞く風邪の治し方」本当のところは…

風邪 一日で治す

当記事に感想をくださった医師のアドバイスをもとに内容を一部リライトしてお伝えしています。 この記事の注意点• 当記事は風邪症状が出た場合に医療機関を受診することを否定している記事ではありません。 風邪の 容態もさまざまで、重篤なものに下記の対応策だと重症化してしまう場合があります。 素人判断の治療ではではなく受診により適切な治療を受けることも必要なことは忘れないでください。 また、当記事は『風邪』に対する記事であり、 『インフルエンザ』を自力で治すことは推奨いたしません。 まいど。 おっちゃんやで。 風邪ってホントに長引くと困るんだよな。 仕事や家事なんかにも影響するし、家族にうつして被害拡大なんてことも。 もちろん普段からの手洗いうがいなどの「予防」が1番大事なんだけど、それでも風邪ひいちゃうことってあるもんな。 今回はおっちゃんが病院で働いていたとき、内科医の先生から教えてもらった 「風邪を最短で治す方法」を紹介するで! 目次• 風邪薬は風邪を治す薬じゃない 風邪を早く治すには、やっぱり薬を飲むのが一番!って思うけどコレが違うんや。 「早めに風邪薬を飲めば良くなる」とか思っている人、多いみたいだけどな。 そもそも風邪薬に「風邪を治す成分」なんてものは入ってないんや。 マイコプラズマ肺炎 風邪に似ているけど、細菌の一種であるマイコプラズマによって起こる肺炎)にかかった患者なんかには出すみたい。 風邪薬の成分は主に咳止めや解熱剤、抗炎症剤なんかで「つらいのを和らげる成分」なんや。 「治す」と「抑える」は似て非なるものなんやで。 症状を 「抑える」 ことによって体力の消耗を防ぐっていう意味合いでは風邪薬も大切みたいやね。 風邪を最短で治す方法・・・言っちゃうと 「免疫をあげることに専念する」っていうのが大事。 大事というかコレが全てなんや。 免疫の上げ方は色々あるんやけど内科医の先生が言う最も効果的な方法が次の3つな。 暖かくして水分はこまめに! 注意事項あり 体温を上げることによって免疫力が上がるのは有名だけど 36. 体を温める簡単な方法は以下の通りや• 湯たんぽや電気あんかを体の中心部にあてて温める• カイロ(貼るタイプ)をお腹や背中に貼る 低温やけどに注意• 葛根湯を飲む(葛根湯服用については注意!追記参照)• 熱めのお湯につかる(体力喪失しないように短時間) 追記:葛根湯について 以下引用 ・心臓や血管に作用がある「麻黄」の成分を含んでおり、高血圧、心臓病、腎臓病など循環器系の持病がある方は服用に注意が必要となります。 ・葛根湯とは別に、他のお薬を服用する場合は、お薬の作用や成分に重複がないか確認が必要です。 ・解熱剤で熱を下げる場合は、葛根湯の作用(発汗作用を促し、体温を下げる効果)と効果が逆に働き、飲み合わせとして適正ではない可能性もあります。 上記の注意点について、詳しいことは公的な文章を確認したり、主治医や薬剤師の方に必ず相談するようにしましょう。 引用元: 麻黄(マオウ)のほかにも甘草 カンゾウ っていう生薬にも副作用があるみたいで 以下引用 漢方薬の副作用としてもっと多いのは、「甘草」 かんぞう の取りすぎによるも のです。 「甘草」はその名の通り甘い薬草で、いろいろな処方に含まれて、嗜好品にも使われています。 しかし取りすぎると、血圧が上がる、体がむくむ、血液 中のカリウムが低くなるなどの「偽アルドステロン症」になる場合があります。 「甘草」を含む漢方薬どうしや西洋薬の飲み合わせ、「甘草」を含む嗜好品や食品との併用などに注意する必要があります。 引用元: 体力消耗なんか副作用や適用もあるみたいだし、臓器の弱い人は飲んじゃダメなんや!高血圧の人も気を付けたほうがいいみたいやね。 葛根湯はすごい昔からあって、ちょっと具合悪くなると、おばちゃんにやたら勧められた記憶があるけど、おっちゃんの場合は初期の風邪ならこれ飲んで寝るだけで本当に治るんやけど、人によっては結構危ない薬なので注意な。 追記:医師から『熱めのお湯につかるのも短時間であれば体力喪失せず良い』との指摘をいただきました。 体温上昇の工夫は大事やで! ビタミンCをとる!(注意事項あり) 次に大事なのが「栄養」な。 これも定番だけど。 栄養っていっても特に「葉酸」とか 「ビタミンC」が重要なんやって。 ビタミンCの1日の必要量は100㎎って言われているけど、 風邪を早く治したい場合は2,000㎎~3000㎎程度を取ればいいらしい。 (追記:医師から腎臓が悪い場合は大量摂取は危険とのこと) ちなみに取りすぎたビタミンCはおしっこと一緒に体外に排出されるらしいけど、「尿路結石の原因にもなる」との意見があったんで調べてみたら 以下引用 以前ビタミンCを取りすぎると、尿中のシュウ酸が増え結石になるといわれた頃がありました。 確かにビタミンCを多量摂取していると尿中シュウ酸濃度が非常に高くなることが報告されていましたが、分析の過程でビタミンCからシュウ酸が生じるため正しく測定されていなかった事が明らかにされています。 その後大量のビタミンC摂取と尿中のシュウ酸の関係の報告については結果がまちまちで不確実です。 疫学調査においても、一例としてビタミンCを1,500mg以上摂取している男性では、25mg以下しか摂取していない男性と比べて、シュウ酸による膀胱結石が少なかったという結果があります。 以上の事からビタミンCを取りすぎて結石になるという事は現在では否定されているようです。 ただし、疾患に関わる事ですので医師にご相談ください。 引用元: とのこと。 つまり「尿路結石とは関係なさそう」ってことみたい。 本当はイチゴなんかの果物とかから取れたら理想なんだろうけど、サプリメントでも効果は十分やで。 たくさん寝る! これも当然やけど、ものすごく大事なことなんや。 もはや 一番の特効薬は「寝ること」って言うひともいるくらいやで! 睡眠と免疫力はとっても密接な関係があるんや。 風邪で体が弱っているときなら7時間と言わずに 8時間でも10時間でも寝たほうがいいみたいや。 「安静にしてよく睡眠をとること」ってやつ、よく言われると思うけど本当に大事やで! まとめ とにかく風邪を最短で治したい場合は ビタミンC3000㎎くらい飲んで、水分大量に取って、適度に暖かくして寝まくる ってこと! 『最短で治す』とは言ったものの、やっぱり体を休めることが大事!『時間が薬』ってことも忘れないでほしいで! あとがき 読者様からのたくさんのご指摘や意見、コメントやメッセージありがとうございます! また、様からの意見・感想も大変感謝しております! 参考にさせていただいたコメントを引用させていただきます。 以下引用 医師によるレビュー(8件).

次の

内科医に聞いた!風邪を最短で治す方法(2020年更新)

風邪 一日で治す

スポンサード リンク 風邪を一晩で治すには? 風邪を一晩で治すために一番重要なことは、たくさん 睡眠時間をとることです。 風邪など病気にかかるということは体の体力がおち、抵抗する力が弱くなっているという証拠です。 たくさんの睡眠をとることで体力を 回復させることができます。 また食欲がないからといって、なにも食べないでいると体力がもどりません。 できれば消化が良いものを選びますが、ゼリーやくだものなんでもいいのでとにかく食べられるものを食べましょう。 体力が回復されれば自然に 免疫力や抵抗力をあげることができます。 そのため早く風邪を治すことができます。 寝るだけで風邪は治る? でもただ眠ればいいということではありません。 寒気がするということは体が熱を欲しているから、体を暖める必要があります。 もちろんお風呂に入って暖めることもできます。 でも長いお風呂は湯冷めしてしまいます。 長風呂には十分注意しましょう。 体を暖めるためには厚着をして 外側から暖める。 また生姜湯や葛根湯で体の内側から暖める、という方法も効果的と言われています。 また暖かくすることには他にも体にいるウイルスを、殺してくれるという役割もあるようです。 体を暖めることによってウイルスに抵抗してくれる、白血球という成分が血液の中で増え活発になります。 そのため暖かくしてたくさんの汗をかくことはとても重要なことです。 汗をかいたら必ず 水分補給をしましょう。 特にスポーツドリンクは吸収がいいのでおすすめです。 熱がすでに上がりきっている場合は? この場合体を暖めることは逆効果になります。 熱さまシートなどで 動脈が通っている部分、例えば首ワキ足の付け根などを冷やしましょう。 そしてしっかり水分補給をしましょう。 スポンサードリンク 風邪を治す食材ってなに? 免疫力を高めるためには ビタミンA・Cを含む食べ物を、食べると効果があるといわれています。 たくさんありますがブロッコリーやピーマン・パセリ・レモン・キウイ・イチゴなどはその一例です。 またとても悪化している風邪の場合には、プラスして 豚肉などに含まれているビタミンB1を一緒にとるとさらに効果的です。 注意することは 23時間ですぐに体の外に、排出されてしまうということです。 3食しっかりビタミンを含んだ食事をしましょう。 落ちてしまった体力を回復させるためには、炭水化物や 糖質が含まれている食べ物がとても効果的であるといわれています。 糖質や炭水化物はすぐエネルギーに変わるからです。 身体を暖めて風邪を治す食材は? 体を暖めるには卵・ニラ・ネギ・生姜が有効です。 卵にはたんぱく質やビタミンが多く含まれてます。 もちろんそのまま食べてもいいですが 卵酒は、体を暖めてくれるためおすすめです。 ただしすでに熱が上がりきっている場合は、逆効果になるので注意しましょう。 またニラには血液の 循環を良くする働きがあるため、体を暖めることができるようです。 ネギには発汗を促してくれる作用があるといわれています。 雑炊やおかゆはおすすめです。 生姜にも体を暖める効果があります。 また殺菌作用や炎症を抑える効果もあるため、風邪を早く治すのに効果的な食べ物です。 梅を真っ黒になるまで丸焼きにして、お湯やお茶に溶かして飲むのもおすすめです。 体の芯からポカポカと暖めてくれます。 梅には解熱作用や 咳止めの効果もあるようです。 大根はのどの痛みや咳に効果的です。 ニンニクに含まれている アリシンには、とてもつよい殺菌力があるといわれています。 体内で菌を殺す手助けをしてくれます。 風邪対策の心強い味方、「ネギ」の情報はこちらをチエック!! 身体を冷やす食材には注意!! 注意したいのは体を冷やす食べ物です。 トマト・ホウレン草・きゅうり・そば・すいか・ 貝類など意外とたくさんあります。 上がりきった熱を冷ますには効果的ですが、悪寒がでる時など体を 暖める必要があるときには逆効果になってしまうことがあります。 また竹の子もち米大量の みかんを食べることは、咳や喘息を悪化させてしまう原因になります。 これらの食べ物にも注意しましょう。 妊婦中の風邪を治す方法 妊婦さんは他の人と比べて風邪をひきやすいようです。 もちろん病院で妊娠中でも飲める薬を、処方してもらうこともできます。 でもできることなら「薬は飲まないで治したい! 」と、思っている方が大半でしょう。 妊娠中に風邪を引きやすくなる原因は、 抵抗力や免疫力が下がっているからです。 薬を飲まずに風邪を治すにはとにかく 体力を回復し、抵抗力や免疫力を上げる必要があります。 そのためにはやはり睡眠が大切です。 体を良く暖め十分な睡眠を取りましょう。 もちろん日頃からの予防はとても大切です。 うがいや手洗い十分な睡眠 バランスのよい食事を心がけ、風邪にも負けない体を作りましょう。

次の