ポケモン剣盾 ムゲンダイナ レイド。 【ポケモン剣盾】「野良レイド」の使用ポケモン、ニャイキングやウオノラゴンがいまいち浸透しない問題

ポケモン剣盾の伝説「ムゲンダイナ」の厳選!種族値、努力値とおすすめの性格は?|ポケモニット

ポケモン剣盾 ムゲンダイナ レイド

この記事にはポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレが含まれています。 あらかじめご了承ください。 ポケモンのシリーズによっては、ストーリー上避けて通ることのできない伝説のポケモンとの戦闘があります。 最新作であるポケモン剣盾でもムゲンダイナというポケモンが登場し、捕獲しないと先に進めない仕様となっていました。 こうした伝説のポケモンはストーリー中1匹しか手に入らないため、よく考えて捕まえる必要があります。 今までの伝説はどのみちレート対戦で使うことができなかったことから軽視されてきましたが、今回のムゲンダイナに関してはそうも言っていられないと感じたので記事にすることにしました。 2020年1月18日追記:『ムゲンダイナの努力値を考える』の項を追加しました。 ムゲンダイナはマックスレイドバトルで活躍する ポケモン剣盾では4人のトレーナーが1匹ずつポケモンを持ち寄って戦うマックスレイドバトルというものがありますよね。 このマックスレイドバトルで大活躍するのがムゲンダイナというポケモンなのです。 マックスレイドバトルは何度もこなす必要がある まず、このマックスレイドバトルの必要性について語っていきたいと思います。 マックスレイドバトルはレベル上げ、技レコード集め、夢特性持ち、高個体値のポケモンなどなど、様々を報酬を手に入れられるコンテンツとなっています。 クリア後の遊びとして何度もこなすこととなるでしょう。 少しでも成功率を上げるため、また効率的に周回するためにもムゲンダイナを育てておくと役立つことでしょう。 ムゲンダイナは特攻キャラ! ムゲンダイナの専用技であるドラゴンタイプの「 ダイマックスほう」は、ダイマックスしたポケモンに2倍のダメージを与える効果があります。 ソシャゲでいうところの特攻キャラみたいなところですね。 また、ムゲンダイナはドラゴンタイプの通らない相手に毒で弱点をつけ、苦手な鋼タイプにも自力取得するかえんほうしゃで対抗できるため、どんなレイドにも参加することが可能な万能な1匹となっています。 ザシアン・ザマゼンタも特攻キャラ! 他にもザシアン、ザマゼンタが覚える「 きょじゅうだん」という技もレイドでは有効です。 しかし、鋼タイプなので通りが悪く、持ち物も固定になってしまうため万能ではありません。 ザシアンの特性による火力アップもレイドで効果的ではあるのですが、レイドバトルのポケモンが能力変化を打ち消す行動をしてくることがあります。 そのため、持ち物による火力アップが期待できるムゲンダイナ( こだわりメガネ推奨)のほうが信用できると思います。 攻撃モーションがながい点は考えものですが… ムゲンダイナの種族値からおすすめの性格を考える ムゲンダイナの詳細を見ていきます。 ムゲンダイナの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 140 85 95 145 95 130 特攻と素早さが高く、攻撃が低いのがわかると思います。 物理技にめぼしい技もないため、よほどのことがない限り攻撃を落とす性格を選ぶこととなります。 控えめと臆病どっちがいい? 特攻の上がる控えめと素早さの上がる臆病で迷う方が多いと思います。 結論から言うと、 マックスレイドバトルで活躍させることを考えるなら控えめを選ぶべきでしょう。 マックスレイドバトルにおいて、ムゲンダイナの素早さは過剰すぎます。

次の

【ポケモン剣盾】「野良レイド」の使用ポケモン、ニャイキングやウオノラゴンがいまいち浸透しない問題

ポケモン剣盾 ムゲンダイナ レイド

レイド用におすすめのポケモン 『効率周回向けのおすすめポケモン』と『高難易度の攻略におすすめのポケモン』に分けて紹介していきます。 効率周回向けのおすすめポケモン 効率周回向けのポケモンとして5種類紹介します。 この5種類を育てて使い分けていくのが良いでしょう。 ムゲンダイナ 最初に紹介するのは、ストーリーをクリアした方ならみんな持っているであろうムゲンダイナ! 専用技の『ダイマックスほう』はダイマックスしたポケモンにダメージが2倍になる効果があり、レイドバトルの攻略にはもってこいの性能となっています。 ドラゴン技の通らないフェアリータイプには『ヘドロばくだん』、半減してくる鋼タイプには『かえんほうしゃ』で打点が持て、伝説のポケモンであることから耐久も申し分ないです。 とりあえず、ムゲンダイナさえ育てておけばほとんどのレイドに参加できるので、まだ何も育てていないという方はこのポケモンを育てておくと間違いないでしょう。 持ち物は『こだわりメガネ』がおすすめです。 ザシアン 『くちたけん』を持たせたザシアンの専用技である『 きょじゅうざん』は、ダイマックスしたポケモンにダメージが2倍になる効果があり、レイドバトルの攻略にはもってこいの性能となっています。 また、バトル開始時に攻撃が1. 5倍になる『ふとうのけん』の特性を持っており、短期決戦にとても向いているポケモンです。 フェアリータイプ以外にはムゲンダイナ、フェアリータイプにはザシアンといった使い分けをするのも良いでしょう。 ウオノラゴン 完全無欠に見えるムゲンダイナですが、『ダイマックスほう』のモーションが長いのが難点です… ウオノラゴンは、そんなモーションまで効率化したいという方におすすめのポケモンとなります。 ウオノラゴンの『 エラがみ』は先制を取ると威力2倍で撃つことができ、モーションもとても短くなっています。 ソロプレイでは戦闘アニメーションをオフにすることができますが、マルチプレイではオフにできないので、野良のマルチに参加するときにおすすめのポケモンの1匹です。 持ち物は『こだわりハチマキ』がおすすめです。 ニャイキング ニャイキングはフレンドと4人で周回する際の最適解となるポケモンです。 夢特性である『 はがねのせいしん』は、味方の鋼タイプの技の威力を1. 3倍にする効果があり、4人揃うと『アイアンヘッド』の火力がすさまじい火力になることは容易に想像できるかと思います。 持ち物は『こだわりハチマキ』がおすすめです。 ジジーロン ジジーロンは、マックスレイドバトルの画面を一々チェックするのが面倒くさいといった方向けのポケモンです。 1度ボタンを押せば3ターン継続する『 さわぐ』をタイプ一致で撃て、特攻の種族値も135と申し分ない高さです。 ですが、連射コントローラーがあれば他のポケモンでも放置プレイが可能になるので、今後何度もレイドバトルを行うことを考えると、買ってしまうのも悪くないと思います。 2020年4月現在、ルナアーラやネクロズマ過去作から連れてこないといけないためハードルは少々高いですが、キョダイマックスできるカビゴンのレイドが再度開催されたように、ミュウツーレイドも再び行われる可能性があるので、用意しておいて損はないと思います。 ミュウツー ミュウツーは高い素早さを誇り、『リフレクター』『ひかりのかべ』の両壁を貼れ、『ちょうはつ』や『いのちのしずく』でサポートも可能なポケモンです。 オーロンゲのような『いたずらごころ』持ちと異なるのは、種族値の高さもそうですが、「悪タイプのポケモン」や「サイコフィールドの状態」でも変化技を入れられる点が大きな差別化要素となります。 ミュウツーはポケモン剣盾では入手できないものの、「3DSのウルトラサンムーン」や「Switchで遊べるピカブイ」で入手することができます。 ポケモンGOを遊んでいる方なら、ピカブイと連動させることでGOから連れてくることも可能なので、入手はそれほど難しくありませんね。 マーシャドー マーシャドーは専用技の『 シャドースチール』で攻撃しながら相手の能力上昇を奪うことができ、ミュウツーレイドのイベントでも活躍していました。 幻のポケモンのため入手はとても難しいですが、育てておいて損はないポケモンでしょう。 ヌケニン ヌケニンの専用特性である『ふしぎなまもり』は効果抜群ではない攻撃を無効化するという強力な特性です。 ヌケニンで完封できるレイドというのは考えにくいですが、一般ポケモンなので用意も容易であり、育てておくといいと思います。 まとめ レイド用のポケモンとしては、ムゲンダイナが有名ですが、ウオノラゴンやニャイキングも用意しておくと、より効率的に周回することができます。 高難度のレイドバトルでは、ルナアーラやミュウツーの活躍が期待できるので、時間があるときにでも過去作を進めてみるといいかもしれません。

次の

【ポケモン剣盾】「野良レイド」の使用ポケモン、ニャイキングやウオノラゴンがいまいち浸透しない問題

ポケモン剣盾 ムゲンダイナ レイド

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド のムゲンダイナの厳選方法を掲載しています。 ムゲンダイナの入手方法や厳選の目安、おすすめの性格に関しても掲載しているので参考にしてください。 マックスレイド攻略 目次• ムゲンダイナの厳選目安・おすすめ性格 厳選目安 性格は「ひかえめ」がおすすめ ムゲンダイナは特殊攻撃がメインになるため、とくとうが上がり、こうげきが下がる性格「ひかえめ」がおすすめです。 特攻216・素早さ179 個体値が最大の場合のステータスは以下の表の通り。 より重視する優先度が高いステータスは特攻、次点ですばやさとなります。 性格がひかえめの場合、最大ステータス実数値は特攻216、素早さ179となりますので、厳選する際の指標として覚えておきましょう。 1ターン目にフィラのみをなげつけてムゲンダイナが混乱するかどうかを見ることで、性格が「ひかえめ」である可能性があるかないかを初動で判断し、周回の効率を上げることができます。 フィラのみを投げるのは2戦目 ムゲンダイナは通常形態とムゲンダイマックス形態の2戦に分けて戦う事になる相手ですが、 通常時とムゲンダイマックス時では別の個体扱いになっています。 手に入るのは2戦目のムゲンダイマックス時の個体となるので、 フィラのみをなげつけるのは必ず2戦目で行うようにしましょう。 努力値を忘れずに振ろう 最強のムゲンダイナを作りたいのであれば捕獲を終えた後、努力値を振る事も忘れないようにしたいです。 マックスレイドバトルでのみ運用する場合は、元々の素早さが高い事もあって素早さに努力値を振る意味はほぼありません。 特攻に252振り、残りを耐久面に回すのをオススメします。 今作では、ミント、おうかんを比較的容易に入手できますので、とりあえずムゲンダイナを捕まえておいて、殿堂入りしてから 性格は「ひかえめミント」、個体値は「きんのおうかん」「ぎんのおうかん」でまとめて調整するのも一つの選択肢です。 マックスレイドバトルは高個体値ポケモンや有用なアイテムが大量に手に入るので、効率よくマックスレイドバトルをするならば高ステータスのムゲンダイナを用意するのをオススメします。 レイドバトルを活用してメタモンを厳選する際にもムゲンダイナの存在が非常に重宝します。

次の