目が腫れる。 目やまぶたの「腫れ」症状と考えられる病気

【獣医師監修】犬の目の下の腫れ。その症状から疑われる病気とケアの方法

目が腫れる

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... ふと子供の顔を見たときに、「あれ?目が腫れている?」と気づいて心配になったことがあるママやパパは多いでしょう。 鼻水や咳といった風邪のような症状には慣れていても、目の腫れはあまり経験することがないので、「何かの病気では?」と不安を感じてしまうかもしれません。 今回は、子供の目の腫れについて原因や対処法などをご紹介します。 子供の目が腫れるのは病気が原因のことも? まぶたの皮膚は薄いので、腫れてくると、赤くなって厚みが増し目立ちます。 さらに腫れてくると、目が開きにくくなり、半目のような状態になります。 それでは、子供の目が腫れる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?まずは目が腫れる病気と、その対処法をご紹介します。 眼瞼炎の治療には、原因に合わせた服用薬や点眼薬が用いられます。 ものもらい 子供の目の腫れの原因のひとつに、ものもらいがあります。 治療法としては、症状に合わせた抗菌作用のある目薬を使用して対処していきます。 それでも改善がなければ、切開して膿を出すこともあります。 関連記事 涙嚢炎(るいのうえん) 涙の通り道である鼻涙管が閉塞すると、涙嚢というところに涙が溜まり、細菌感染が起きることがあります。 涙嚢炎は、抗生物質の内服や鼻涙管閉塞を改善するブジー(管状の内臓器官を広げるための医療器具)で治療していきます。 小児ネフローゼ症候群 小児ネフローゼ症候群は2~6歳の子供に多く発症し、目の周りや顔など柔らかい場所のむくみから気づきやすい病気です。 そのほかにも、下痢や食欲の低下、腹痛など消化器系の症状があらわれ、病気が進行すると腹部の膨満感や腸のむくみによる腹痛や胸水が溜まって呼吸困難を引き起こします。 小児ネフローゼ症候群の治療は基本的に入院し、ステロイドなどの内服あるいは注射をして、治療を行っていきます。 関連記事 子供の目はアレルギーや虫刺されでも腫れる? 子供の目は病気以外でも腫れることがあります。 病気以外で腫れる原因とその対処法は、以下の通りです。 アレルギー 食物や薬品、ハウスダストなどのアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を体内に取り入れ、アレルギー反応として目が腫れることがあります。 原因がアレルギーの場合は目の腫れだけでなく、体の他の部分にも湿疹が現れることがあります。 アレルギーの対処法としては、アレルゲンを避けることが大切です。 誤ってアレルゲンを食べたり、アレルゲンに触れたりした場合は、一般的に抗アレルギー薬などを用いて症状を軽減させていきます。 関連記事 虫さされ 蚊やノミ、ダニなどにまぶたを刺されて、目が腫れることがあります。 腫れと一緒に強いかゆみが伴う場合は、虫刺されの疑いがあります。 ひどいかゆみが出ている場合は、冷たくしぼったタオルなどで冷やしてあげると、かゆみが和らぐことがあります。 子供が患部を搔き壊し、化膿してしまったら、医師に診てもらいましょう。 打撲 モノにぶつかるなどして目に強い衝撃がかかると、まぶたが赤く腫れることがあります。 打撲による目の腫れが起こったときは、患部に濡れタオルなどを優しく当てて冷やすようにしましょう。 外から見ただけでは分からない目の障害が起きている可能性もあるので、目をぶつけて腫れが生じたときは、念のため病院を受診するようにしてください。 子供の目の腫れに気づいたら、病院に連れて行くべき? 子供の目の腫れに気づいても、原因が分からない段階では、むやみに触らないようにしましょう。 そして、子供が目をこすって症状が悪化しないように気をつけてください。 そのうえで、目の腫れ以外の症状が現れていないかを確認します。 主には、目やにや涙は出ているか、かゆみはあるか、目以外に湿疹やむくみが現れているかなどです。 子供が頻繁に目を掻こうとしているときは、ものもらいや虫刺されの可能性があります。 また、目以外の体の部分に湿疹が現れている場合は、アレルギーが疑われます。 目の腫れ以外に何の症状も出ておらず、腫れ自体もそれほどひどくないときは少し様子を見てみましょう。 目の腫れがひどかったり、食欲がなく、ぐったりとしていたりする場合は、小児科か眼科を受診してください。 病院では原因に合わせた治療法が行われるので、きちんと医師の指示に従って対処してください。 どのタイミングで薬を飲ませるのか、お風呂に入れてもいいのかなど、日常生活で気になることがあれば受診時に確認しておくようにしましょう。 子供の目が腫れる前の状況を把握しよう 子供の目が腫れていると、びっくりするかもしれませんが、目が腫れる前に子供が何をしていたのかを思い出し、記録しておくことが大切です。 目が腫れる前は外で遊んでいたのか、家で寝ていたのか、何かを食べたり触ったりしたのか、状況によって、予想される目の腫れの原因は異なります。 病院を受診した際に、目の腫れの前に子供がしていたことを伝えると、原因究明につながり、診察がスムーズに進められますよ。

次の

アイプチでまぶたが腫れる原因と治し方

目が腫れる

com 犬の目の下が腫れている時には様々な原因が考えられますが、まずは目の病気について解説します。 眼瞼炎 眼瞼炎はまぶたに炎症が起こる病気で、皮膚炎から併発することもあれば、まぶたの内側である結膜炎から併発することもあります。 原因としては、寄生虫性、細菌感染(ものもらいなど)、真菌感染、免疫性、アレルギー性など様々です。 まぶたが腫れたり、脱毛したり、痛みをともなったりします。 腫瘍 まぶたや涙腺などに腫瘍ができることにより腫れることもあります。 眼球内などに腫瘍ができることもありますが、その場合は、まぶたの下が腫れるというよりも、目全体が押し出されるような見え方をします。 続いて、目以外の病気原因となっている場合です。 歯周病 歯周病は犬の病気の中でもポピュラーなもので、重症化すると、歯根にたまった膿が皮膚を破って排泄されることがあります。 上顎の歯根を悪くすることで、ちょうど目の下辺りが腫れてきて、そこから排膿することがあります。 歯周病は予防ができる疾患なので、日々のデンタルケアが大切です。 アレルギー アレルギー反応のために、目の周囲が腫れることがあります。 この時は、直前に普段と違ったことをしていないかを思い出してみましょう。 散歩のルートを変えたり、フードの種類を変えたり、ケージの場所を変えたり…些細な変化でアレルギーが出ることがあります。 アレルギーは時間が経つと収束していきますが、緊急対応が必要な場合もあるので、念のため獣医師の診断を仰いだ方がよいでしょう。 このように、目の病気以外でも目の下が腫れることがあるのです。 com 眼瞼炎による腫れなどは、ひどくなる前に気づいてあげることが大切です。 目を気にする素振りをみせたら、なるべく早く動物病院を受診するようにしましょう。 また、目やにや涙をそのままにしておくことは、犬の目の衛生上良くありません。 散歩から帰ってきた時も、やわらかい布などで拭き取ってあげるとよいでしょう。 また、このようなケアをいきなりしようとしてもなかなかさせてくれないのが犬です。 そのため、仔犬の頃から目のケアに慣れさせておくことが大切です。 コミュニケーションの一部として、遊びの時に目のケアもしておくと、大きくなっても嫌がることが少なくなります。 犬の目の下が腫れるのには、様々な原因があります。 目の病気の場合は見た目でわかることが多いですが、ほかの部位が原因の場合…とくに歯周病が引き起こしている目の下の腫れは、日頃から歯のチェックをしておかないとなかなか気づかないかもしれません。 どのような病気にも共通していますが、日頃から異常がないかをチェックすることが、犬の健康につながります。

次の

目の周りが腫れて痒い症状が続く時は眼瞼炎かも!種類と原因!

目が腫れる

〔もくじ〕• ヘアカラー後、頭皮では無くまぶたが腫れるのはカラーのアレルギー? はじめまして。 ジアミンアレルギーで検索し、たどり着きました。 質問させてほしいのですが、 カラー歴25年になり、三年ほど前からまぶたが腫れぼったい状態が続き、時々腫れがひいたりというのを繰り返しています。 髪は抜け毛が増えたかなぁという感じがします。 今はありませんが、フケが出ていた時もいっときありました。 ヘアカラーをすると、ピリピリ感じる時もありました。 最近、特にまぶたの腫れがひどくなり、皮膚科に通っていますが、先生もわからないようです。 私の場合、頭皮というよりまぶたに症状がでているのですが、これもヘアカラーアレルギーの可能性があるのでしょうか? 時間のあるときに、お返事いただけるとうれしいです。 ぶしつけに質問して、失礼をお許しください。 すみません、カラーの頻度は、三週間に一回です。 かなりの年数と頻度で カラーをやってきました。 という内容でした。 簡単にまとめさせていただくと、 ヘアカラーをした後、頭皮ではなく「 まぶた」が腫れるといった症状が出るがこれは何なのかということですね。 アレルギーは直接触れていないとこにも発症する!? それでは、ご質問にお答えしていきたいと思いますが、 「 アレルギー性接触皮膚炎」いわゆるアレルギー反応と呼ばれる症状は、 刺激物 アレルゲン が直接接触していない箇所にでも起こるのが特徴です。 例えば金属アレルギーなどでも金属が触れていないところでも症状が出ることがあります。 これは金属が身体に入り込んだから起こっているわけではありません。 ずっと手荒れの原因がわからなかった人が実はカラー剤によるアレルギー反応によるものだったというケースもあったそうです。 引用:EBA ヘアカラー以外の他のアレルギー物質の可能性もないわけではないですが、 カラーの後に必ずといっていいほどまぶたが腫れるのであれば、カラー剤に含まれる『 ジアミン』と呼ばれる化学染料でのアレルギーである可能性が高いと考えれます。 うちでもカラー剤の パッチテストは行なっていますので、ご不安であれば施術の前にさせていただいております。 結果が出るのは2日後になります なので、 今回のご相談者さまの場合ですと、 皮膚科の先生がアレルギーの特徴を知らないとは考えにくいですが、 他の病院でなどでもう一度診てもらってもいいかもしれません セカンドオピニオン。 皮膚科やアレルギー科であれば『 ジャパニーズスタンダードアレルゲン』と呼ばれる日本人が起こりやすいアレルギーをチェックできるパッチテストキットを常備されています。 そのパッチテストキットの中に「 パラフェニレンジアミン」がありますので、ジアミンアレルギーがあるのかどうか調べてもらう事が出来ます。 親身にアレルギーの相談に乗ってくださるところでしたら、ヘアカラーを持ち込んでパッチテストも行っていただけます。 もちろん僕のところ、もしくは他の理美容室でもパッチテストを行いたいと相談すればしてくれます。 ただパッチテストをほとんどした事がなく、正しいパッチテストの方法を理解していない理美容師さんも多いので、ご来店する前に電話などで出来るか確認しておきましょう。 そして、 もしヘアカラーのアレルギーが発覚してしまうと、 残念ながらこれまで通りのジアミン入りのヘアカラーは使用することはできません。 そういってももう二度とヘアカラーが全くできないというわけではなく、 アレルギーの原因である物質 ジアミン を含むヘアカラー剤が使用できません。

次の