宇髄天元 名言。 【鬼滅の刃】かっこいい宇髄天元には嫁が3人?名言や強さをご紹介!【鬼滅の刃】

宇髄天元(うずいてんげん)の派手すぎる技まとめ!音の呼級+〇〇〇を解説!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

宇髄天元 名言

自らを「 派手を司る神」というほど派手なことが好き。 宝石のついた派手な額当てを付けている。 体格に恵まれており柱の中で2番目に身長が高い。 では表紙を飾っており、とともに遊郭に潜入する。 概要 名前 宇髄天元(うずいてんげん) 階級 音柱 性別 男 誕生日 10月31日 年齢 23歳 身長 198cm 体重 95kg 出身地 不明 趣味 嫁と温泉巡り、秘湯探し 好物 ふぐ刺し 声優(CV) 小西克幸 人物像・性格 元々は 忍者として育てられており、忍として生きていくはずだった。 しかし、訓練が残酷であった( 9人の兄妹のうち7人が亡くなっている)ことから 忍にはなりたくないと思い、3人のくノ一と共に逃れ、鬼殺隊に入隊した。 3人は妻であり、忍の風習に一夫多妻制があったためである。 (15歳になると3人の妻が宛がわれる) 「 一に女房、二に堅気、三に自身」というほど妻たちのことを大切にしている。 第70話、吉原の遊郭に任務で向かうことになった。 隊服は ダークグリーンであるため、これもイメージカラーになるだろう。 能力 聴力に優れている。 音の反響を聞くだけで上階の人間や物体の配置などを正確に把握することが可能。 戦闘だけではなく諜報活動にも生かされている。 元忍のため特殊な技能を備えている。 薬物知識から 毒薬や爆薬を調合することができ、鬼との戦闘で使用する。 また 毒への耐性が他の隊員よりも優れている。 優れた聴覚と指揮能力によるものだ。 まず鬼の行動を「音」に変換し把握し、攻撃と防御の癖を読む。 そして音の合間に自分や隊員達の攻撃を織り交ぜることで譜面を作り上げる。 まるで音楽を奏でるかのようにスムーズな戦闘をすることが可能になる。 しかし音の把握、音の組み合わせなどから譜面の完成までは少し時間がかかってしまう。 音の呼吸 育てによる修行を受けていないため、 雷の呼吸をアレンジし宇髄自身で身につけた。 宇髄の使用する 日輪刀は二刀によるものだが、人の身の丈ほどありとても大きい。 二刀を鎖で繋ぐことにより様々な攻撃スタイルを生み出している。 また、 爆薬を仕込める仕掛けがしてある。 爆発により、自身の攻撃力の増強、敵の攻撃力の減衰が可能。 これにより戦闘中は爆発音が鳴り響くが、これが「 音の呼吸」の由来となっている。 壱ノ型 轟(とどろき) 二刀を力強く真下に振り下ろす技。 爆薬もあいまって威力がとても高い。 第77話で使用した。 地面に穴を開けるほどの威力である。

次の

宇髄天元の継子は吾妻善逸?2人の関係と音柱を引退したその後について

宇髄天元 名言

日輪刀は二刀流ということで、2本所持していて、形も日本刀というよりも青竜刀に近い形で独特です。 そして、2つの刀をつなぎ合わせて投げて攻撃したり、とオリジナルの戦法を持っています。 元忍びの一族 天元は忍びの一族の出身者です。 一族の長兄のため、次世代の頭首候補として厳しく育てられてきました。 そして、兄弟も天元を含めて9人いたのですが、過酷な修行の末に7人は命を落としてしまうことになります。 生き残った弟と2人きりになるのですが、弟は父親の生き写しのように他人を駒のように扱うようになり、忍びに対して絶望を抱くようになりました。 妻を何よりも大切にする 天元は抜け忍として、くノ一を連れて村を飛び出しました。 そのくノ一は、須磨、、の3人で、天元のことを側でずっと見てきたからこそ、知り尽くしているとも言えます。 そのため、天元の取る行動に対して肯定的で、天元の心の支えになっているのです。 そのため、天元は3人の妻を大切にしていて、自分の命よりも価値のあるものとしています。 隠密行動にも3人に協力をしてもらうことで、鬼殺隊の活動がしやすくなっているのです。 お供の動物も特徴的 天元の側にいる動物は、他の柱にないよいほど特徴的です。 どの柱も持つことができる鎹烏(かすがいからす)ですが、天元の烏は主人同様におしゃれで、派手な格好をしています。 正に烏界のファッションリーダーと言ってもいいでしょう。 そして、ネズミも飼っているのですが、通称「ムキムキネズミ」と呼ばれ、特殊な訓練を受けているため、1匹で刀を1本持てるほどの怪力となっています。 ここまで変わった動物を側に置いているのは、天元しかいません。 そのため、性格や行動も大きな動作や言動、口調といったものが目立ちます。 そこには、地味なことだけは絶対に避けたいという、自分なりのルールがあるからです。 相手に屈辱的な言葉を投げる意味で、「地味に死ね」などを口にしています。 豪快で豪傑というのが、天元のイメージそのものと言えるでしょう。 自分よりも他人を優先する 天元は、自分よりも他人の命を大切にしています。 その証拠に、「一に女房、二に堅気、三に自身」と優先順位をはっきりとしているのです。 たちを戦いに巻き込んでしまった時も、下級隊士にもしっかりと謝っていました。 そして、たちの命を守ることを最優先とも考えていたのです。 自分の力をわきまえている 天元は、柱の中でも自分の立場というものを考えています。 他の柱に比べて自分が一番劣っていることも理解しているからこそ、上弦の陸との戦い後には身を引いて、裏方へと回ることを決めました。 天元は、鬼に親しい人間や身内を殺された過去はないので、他の柱に比べて冷静な判断ができる男なのです。 堕姫とは戦力差が明らかだったので、首を落とすことは簡単だったのですが、はそう簡単に倒すことができませんでした。 能力も力も妓夫太郎の方が上だったため、炭治郎や、の手助けがなければ勝つことが難しかったです。 炭治郎が無意識の中で目覚めたことで、戦力が上がり、妓夫太郎の首を落とすことに成功しています。 しかし、そこまで持っていくのに、全員が死ぬ一歩手前までの状態となりました。 それでも、今まで不可能とされていた上弦の鬼を討ったことで、鬼殺隊全体が変わるきっかけを作ったことは間違いないです。 宇髄天元のその後.

次の

宇髄天元 (うずいてんげん)とは【ピクシブ百科事典】

宇髄天元 名言

宇髄天元の身長と体重は? 六尺超えって何センチ? 天元は派手を司る「祭りの神」(自称)だけあってイケメン。 顔は男前だし、背も高いしで、作中で妓夫太郎が妬みまくり。 肉付きもいいなぁあ 俺は太れねぇんだよなぁ 上背もあるなぁあ 縦寸が六尺は優に超えてるなぁあ 出典:鬼滅の刃 10巻86話 吾峠呼世晴 株式会社集英社 2018年3月7日第1刷 天元の身長は見た目「六尺は優に超えて」いるということ。 上背 うわぜいとは身長のことです。 六尺は一尺の六倍のこと。 一尺は約30. 3cmなので 六尺は約1. 8mにあたります。 六尺褌 ろくしゃくふんどしもこの長さです。 参考: 実際の値はというと… 『鬼滅の刃公式ファンブック鬼殺隊見聞録』によれば 宇髄天元の身長と体重は 198cm、95kg。 確かに「六尺は優に超えて」いますね…。 当時の成人平均と比べてみても 天元の年齢は23歳なので大正時代の成人平均と比べてみましょう。 例えば、 1894年(明治27年)生まれの20歳男性(1915年・大正4年時)の場合、 身長は 約160cm、体重は 約54kg。 ざっくり見積もっても身長で約38cm、体重は約41kgの差が。 参考 「学校保健統計調査 年次統計 」で1915年の17歳の平均をみると 身長は159. 7cm、体重は51. 7kg。 どちらにしろ天元の方が遥かに体格が立派!.

次の