ヨクバリス 育成論。 ポケモン剣盾 ヨクバリス育成論メモ|ひらのあい|note

ヨクバリス育成論【フルアタオボン】:だてやまとのブロマガ

ヨクバリス 育成論

初めに このヨクバリスは最後の最後の対面で勝つ想定で考えていましたが、 実際には死に出しや初手出しなどと色々な出し方で戦う型になってます。 語彙力がないので伝わりづらい場所もあると思いますが頑張ってください。 今回のヨクバリス 今回の型は基本的に物理と戦いますが特殊とも戦えるという 欲張りな型 になっています。 どっちかに集中したほうがいいんじゃ?とかいうコメントは基本無視します。 欲張りなヨクバリスの型なんでね。 このヨクバリスの強み このヨクバリスの強みは 耐久が高いこと・火力がちょっとはあること・ヨクバリスを見て引いてきたポケモンにも強く出れる・ダイマ切らしもできる・ 何故か私のヨクバリスは急所ばっか当ててくれること と、かなりツオツオポイントが高いポケモンです。 耐久は 専用技:頬張る 特性:頬袋 で、かなりの耐久が出せます。 火力は A95ですが、 素早さ種族値が20で ジャイロボールや しっぺ返しと相性がいい上に、 鬼火をされても タイプ一致空元気ができるポケモンになっています。 引いてきたポケモンに強く出れる点は、 この型のヨクバリスは基本 初手頬張るをするんですが、それで B2段階上昇D1段階上昇 するので 物理特殊どちらにでも強く出れるポケモンだからです。 ダイマ切らしもこの B2段階上昇D1段階上昇があるのでできるってのがあります。 ヨクバリスのステータス• 特性 頬袋 これ一択です。 性格 勇敢 足りない火力を補うための性格。 Sは低い方がいいのでSを下降。 持ち物 ズアの実. タラプの実. 回復実 特防が上がる系の木の実。 ・ズアの実の場合、物理技でも1分の4まで減る場合に誤爆してしまい、 頬張るが発動できなくなる。 ・タラプの実の場合、特殊技を受けたときに発動するので 頬張るが発動できなくなる。 ・腹太鼓採用時に、回復できるので強い。 と、運用が少し難しいポケモンになっています。 私はズアの実なんですが、物理環境な上に誤爆で発動してしまうでタラプのほうがいいのかもしれません。 ダメ計ではズアの実前提です。 努力値 H12 A252 B220 D20 DMドリュウズのダイアースを耐えながら、頬張る。 返しのボディプレ2撃。 とドリュウズにも強い。 DMトゲキッスのダイフェアリーを耐えながら、頬張る。 返しのジャイロボール。 乱数1発 と、物理特殊両方の環境ポケに強いポケモンになってます。 個体値は H31. A31. B31. D31. S0 が理想だと思います。 技構成 確定枠 ・空元気 鬼火対策やタイプ一致として使えるので確定 今回のコンセプト。 かなり耐久が上がるので受けがしやすくなる。 木の実がない時の頬張るには注意。 選択肢 ・頬張る ・ジャイロボール フェアリー対策。 素早さが低いので相性が良い。 ダイマックス時にダイスチルで防御が上がるので相性が良い。 ・ボディプレス 頬張るで、B2段階上昇するので相性が良い。 ダイマックス時にダイナックルでA上昇するので相性が良い。 ・しっぺ返し 素早さが低いので基本後手をとれるため、相性が良い。 だが、ダイマックス時に関係ない効果が発動するためダイマ非推奨。 対:ドラパルトには使える ・地震 地震事態がそこまで刺さらない環境なのであまり採用しなくても良いが、 ダイマックス時にDを上昇させることができるのでダイマ前提の場合は採用もあり。 対ドヒドイデに使える。 ・ワイルドボルト ダメージを受ける攻撃技なので回復木の実と合わせると強いと思われる。 ギャラドス対策にでも。 ・腹太鼓 足りない火力を補う補助技。 ただ、頬張ると相性が悪いので同時採用は基本ない。 採用するときは持ち物も回復木の実にしておこう。 与ダメージ 最速H4ドラパルト vs しっぺ返し 78. 0〜92. 9〜164. 8〜117. 1〜116. 8〜29. 4〜58. 6〜51. 6〜45. 1〜89. 2〜58. しっぺ返し. しっぺ返し 敵が特殊特化. 命の珠. 流星群だと乱数で耐えないので敵にダイマがあると負けます。 vs 敵が特化. 命の珠. DMの場合 頬張る. ジャイロ. ジャイロ 呪い型などの場合. ジャイロ. ジャイロ アッキドレパンミミキュには初手で剣舞してきたら負けますが、しなければ勝てます vs ダイマでもなんでも 初手 頬張る. ボディプレス. ボディプレス で行けます。 アイアンヘッド怯みゲーじゃない限り負けません。 vs 頬張る. ジャイロボール. ジャイロボール で怯みゲーじゃない限り負けません。 相手が弱点保険型でも、初手頬張るの場合C2段階上昇 vs D2段階上昇 なのでダメージは変わりません。 悪だくみは、頬張るのタイミングでやられると 急所以外負けです。 アッキトゲキッスにも一歩足りず負けます。 vs 頬張る. ボディプレ. ボディプレ 回復実警戒なら 頬張る. 空元気. ボディプレ か 普通に 頬張る. ボディプレ. ボディプレ 欠伸は眠っている間耐えるしかないので頬張る安定。 立ち回り 基本、初手頬張るからの一番火力が出る技連打で勝てます。 頬張る後のダイマックスは耐久がすごすぎてやばいです。 ただ、敵が超火力ポケでこちらの持ち物がズアの実なら頬張るは間に合わないので 素直に引くのが一番だと思います。 最後に このポケモン頬張るのタイミングさえ間違えなければ強いポケモンになっています。 耐久も高いですが、回復が一度きりなので他のポケモンに回復サポートしてもらうのもありかもしれません。 何かご指摘があればコメントしてくれると嬉しいです。 頬袋での回復はおまけ程度です。 頬張るヨクバリスの基本型で、使いやすそうですね。 良いと思います。 まずは一つ指摘させていただきます。 1ヨクバリスの型のところで特性が頬張るになっています。 次に要望なのですが、被ダメージが欲しいです。 けっこうな頻度で見る弱点保険トゲキッスにも勝てるのか、などが分からないからです。 最後にこれは私個人の意見なのですが、コンセプトである頬張るが選択枠というのはいかがなものでしょうか。 これは私個人の意見なので無視していただいても構いません。 以上の二点の改善よろしくおねがいします! 長文失礼しました。 頬張るが選択肢というのは足りない火力を補う場合に旗太鼓と同時に採用するとどうしても相性が悪いので選択肢にしました。 確かにコンセプトなのに選択肢なのもおかしいので確定枠に入れておきます。 ご指摘ありがとうございます。 被ダメージも入れ忘れていました。 何かない.. とは思ってたんですが 後で付け足しておきます。 全体的にまとまっていいとおもいます。 1つ上げるとしたら与ダメに確定O発(乱数O発) とかいて欲しいです。 これからもがんばってください。 ご指摘ありがとうございます。 使用感について、お聞きしたいのですが アッキ、ドレパンミミッキュの場合対面打ち勝てるのでしょうか?? 最近、ミミッキュやキッスはアッキ持ちも多いかと思いますので、そういった相手との対面についてお聞きしたいです。 また、基本的にはこのヨクバリスは受け出しではなく対面での運用を想定してると思うのですが、ウオノラゴン等のダメージ計算はどの状況を想定されたものでしょうか。 してきたら負け。 ダイマされても負け。 アッキキッスはアッキ込みでほぼ乱数3発、トゲキッスからはエアスラで乱数4発。 で、負けます。 ウオノラゴンとパッチラゴンは何故かダメ計がおかしかったので修正しておきました。 ウオノラゴンはこちらが頬張る使用時。 パッチラゴンはA2段階上昇してるときくらいのダメ計になってました。 ご指摘ありがとうございます。 努力値の項のところなのですが、DMトゲキッスについては、相手がどのような振り方であっても乱数1発ということはないかなと思います。 おそらく、非DM時なのかなとは思いますが… 技構成のところなのですが、ダメージ計算上「からげんき」を打てそうな相手がロトム系統くらいしかいないのかなと思ってしまいました。 どちらかというと、ボディプレスのほうが選択肢上優先されそうな印象を受けました。 あと「ほおばる」の位置がずれているので修正いただければと思います。 あと間違っていたら申し訳ないですが、対トゲキッスの項のD2段階上昇は1段階の間違いなのかなと思います。 あと全体的なダメージ計算について、表記してないだけかもしれませんが、もちものを考慮されていないのかなと思います、その点についても記載いただければと思います。 受けだしは難しいかと思いますが、対面構築としてはよく考えられており使用してみたい方だと思いました。 自分でも育てて一度使用してみようと思います。

次の

ヨクバリス育成論 : 【物理受け&高火力】ヨクバリな腹太鼓|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ヨクバリス 育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるヨクバリスの育成論と対策について掲載しています。 ヨクバリスのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• 専用技のほおばるを使うことで防御力を上昇させながら能動的に木の実を使い、特性ほおぶくろを発動させるコンボがとても強力です。 はらだいこ後に全回復 はらだいこは体力を半分のしながら自信の攻撃力を最大まで上昇させる技ですが、オボンの実を持たせることによって 特性と合わせて体力を全回復させることができます。 攻撃力が最大まで上がったヨクバリスは簡単には止めることができないので非常に強力です。 幅広い技範囲 タイプ一致のノーマルタイプ技に加えて、 フェアリータイプに有効なジャイロボールや ゴーストタイプに有効なしっぺがえしなどを習得します。 他にもボディプレスやワイルドボルト、ほのおのキバ、こおりのキバなど幅広いタイプの技を覚えるためパーティに合わせた技構成で育成することができます。 さながらミミッキュのようです。 体力が多い状態でのダイマックスはそれだけで強力であり、そこから相手に大きな負荷を与える強力な物理アタッカーとなります。 流行りの物理アタッカーに軒並み強く、技範囲も広いため現環境で活躍できるポケモンです。 防御ランク上昇が二段階で足りる場合には、より体力を回復することができる回復木の実が候補になります。 はらだいこ後のヨクバリスを受けることは非常に難しく決まると強力なコンボとなります。 HPの努力値ははらだいこを使用した際にちょうどオボンのみが発動する2nの値に調整しています。 ほおばるで火力上昇 ・で習得 ・みずやひこうタイプへの打点に ・で習得 ・ナットレイ対策などに ・で習得 ・ワイルドボルトの反動を嫌う場合に ・で習得 ・汎用性の高い高威力 ヨクバリスのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 リュガのみ ピンチのときに防御力が1段階上昇。 くいしんぼう+フィラのみは、ほおぶくろ+オボンのみの劣化になるので注意 ヨクバリスの対策 注意点 高耐久により一撃で倒しづらいポケモンであり、防御ランクを三段階上昇させるコンボが存在するため物理アタッカーで突破を試みる場合は特に注意が必要です。 はらだいこで攻撃力を上昇させるコンボも存在するため物理受けポケモンで相手をする場合にも注意が必要です。 対策方法 おすすめ対策ポケモン ポケモン 詳細 はたきおとすをすることで木の実を使ったヨクバリスのコンボを防ぐことができます。 ゴリランダーの弱点技も低威力のものしか覚えないため有利に殴り合うことができます。 相手から一撃で落とされる技がないため先制して殴り切ることができます。 あくのはどうにより怯みを狙うこともできます。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

ポケモン剣盾 ヨクバリス育成論メモ|ひらのあい|note

ヨクバリス 育成論

『さいはい』はでしか使えないからこそ、使おう!! どうも、シホドラです。 今回は 『』の使い方について紹介していきたいと思います。 レッツーー!! 目次• 5) パー HP 90 攻撃 60 防御 80 特攻 90 特防 110 素早さ 60 合計 490 通常特性 せいしんりょく テレパシー きょうせい 今回使う特性は『きょうせい』です!! 味方が道具を使ったり、失った時、自分の持っている道具を味方に渡す。 9〜77. 2〜58. 味方の『ヨクバリス』が上げた能力を自分にもかけることが出来る。 さいはい 技説明 相手が最後に使用した技をその場でもう一度使わせる。 『』などの反動のある技やックス技、『ックスほう』などの一部の技には反映されない。 今回のコンセプト的に必須。 技説明 後攻技(優先度-7)。 5ターンの間、素早さが低いから攻撃をするようになる。 先制技は通常通り、先制出来る。 もう一度使用した場合、元の素早さ関係に戻る。 素早さの遅い(『ヨクバリス』など)と相性が良いので採用。 アシストパワー 技説明 通常攻撃技。 急所に当たった場合は、効果は発動しない。 交代した場合でも、効果は続く。 後続が動きやすくなる。 リフレクター 技説明 5ターンの間、相手が使う物理攻撃技のダメージを半減する。 急所に当たった場合は、効果は発動しない。 交代した場合でも、効果は続く。 後続が動きやすくなる。 相手からの攻撃を防ぐ。 連続で使うと失敗しやすい。 では、とても使いやすい。 ちょうはつ 技説明 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 相手の変化技を止めることが出来る。 使い方 今回の育成論は『ヨクバリス』とのコンボを想定しています。 『』下。

次の