生理 痛 和らげる に は。 生理痛を和らげる飲み物&食べ物まとめ!生理中に控えるべきものも解説

つらい生理痛を和らげる。女性に優しいアロマ9選

生理 痛 和らげる に は

女性なら誰もが経験する 「生理痛」。 自分の感情をコントロールできない時期ですから、いろんな意味で憂鬱ですよね? そんな生理痛ですが、和らげる方法や、改善法があると言われています。 それらはどんな方法なのでしょうか? 生理痛を和らげる4つの方法 生理痛が始まってしまえば、痛みを我慢しながらの毎日になります。 安静にできる時期であれば良いですが、大事な仕事やプライベートが重なれば安静にしていられる暇もありませんよね。 さらに、大事な会議や試験など、集中したいときは生理痛ほど邪魔なものはありません。 少しでも楽になったらなと、感じる日も多いことでしょう。 生理痛を和らげる方法としては、以下のものがあります。 体の3か所を温める• 生理痛に効くツボを押す• 適度な運動• 心身共にリラックスする いずれも、 生理痛を和らげるのに効果的なものばかりです。 1:体の3か所を温める 実は 体を温めると生理痛が和らぐといわれています。 その温める場所も、生理痛特有の3か所のみでOK! 気になる場所は、以下の部分です。 おへその下• 腰回り 仙骨は特に温めるべきだと、専門家の間でも言われています。 おしりの割れ目の、丁度真上にある骨の部分が仙骨です。 カイロなどを使うと効果的。 また、 アロママッサージオイルで、腰回り全体をマッサージしながら温めるのも効果が見込めます。 おへその下は、仙骨の丁度反対側。 挟むように温めると生理痛を和らげることが出来るそうです! スポンサーリンク 2:生理痛に効くツボを押す 生理痛に効果があると言われる ツボの存在をご存じでしょうか? 体には300を超えるツボが存在し、そこを刺激することによって様々な症状を改善する効果があります。 生理痛に効くとされるツボは、以下の通りです。 三陰交(さんいんこう)• 気海(きかい)• 血海(けっかい)• 足三里(あしさんり)• 関元(かんげん)• 合谷(ごうこく)• 腎兪(じんゆ) これらのツボを刺激することにより、 血流の流れが促進されたり、 体調不良を和らげることが可能となります。 ツボはあまりにも強く押しすぎると、逆効果となるので、 「ほんの少し痛い」ぐらいの力加減で押すようにしてください。 最初は、知人や家族の人にお願いをしてもらい、慣れてきたら自分で試してみるのが良いでしょう。 3:適度な運動 運動が健康的な毎日を送る上で欠かせないことは、多くの人が気付いていますよね? しかし忙しい毎日を過ごしていれば、ふと忘れてしまうのも仕方がありません。 生理痛がヒドくて、症状を和らげたいと思っているなら、 適度な運動は何よりも大切です。 生理痛がヒドくなる原因として、 「プロスタグランジン」という物質が過剰に分泌されているという点が挙げられます。 プロスタグランジンは、子宮を収縮して経血の流れを活発にし、子宮内膜を体外へ排出する役割を持っており、生理に欠かせない物質です。 ところが、必要以上にプロスタグランジンが分泌されてしまうと、子宮収縮が激しくなり、腹痛や腰痛、下腹部の違和感などが強くなってしまいます。 プロスタグランジンが過剰に分泌されるのを防ぐには、 基礎代謝を上げて血行促進が一番! それには 「運動」が何よりも大切になってくるのです。 激しい運動ではなく、日常生活でも気軽に取り入れられる簡単なもので十分。 階段を多く利用する• お風呂上りにストレッチする• 暇があればジョギングする これぐらいでも、運動になりますので日ごろから意識して動いていきましょう。 4:心身共にリラックスする 生理痛がヒドいと、気持ちも落ち込んでしまいますし、何よりもイライラしやすくなっちゃいます。 そのため、生理痛を感じているときは必要以上にストレスが溜まることを自分で理解し、それに応じた行動をしていかなければなりません。 生理痛がヒドいときは、無理に動かず 体を安静にさせてください。 心をリラックスさせるには、体を休ませることが絶対に必要! 寝る時間を増やしたり、没頭できる趣味を見つけるなどした対応を取るようにしてください。 「趣味がない!」という人でも、簡単に心をリラックスできる方法もあります。 それは 「日光浴」です。 太陽光を浴びると、体内で「セロトニン」が多く分泌されるようになります。 セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、疲れている心を癒してくれるでしょう。 冬場であれば20分、夏場なら5分の日光浴で十分。 リラックスする方法として、ぜひ覚えておきましょう。 生理痛そのものを楽にする3つの改善方法 「和らげるのはわかったけど、改善策はあるの?」 生理痛、和らげてばかりじゃ意味がない!と思う方も多いでしょう。 体質を改善させることができれば、生理痛を楽にさせられます。 生理痛の改善方法としては、以下のものが有力です。 食生活の見直し• 生活習慣の見直し• 漢方薬を飲む それぞれ、改善方法として効果が期待できるものばかりですので、ぜひ覚えておきましょう。 スポンサーリンク 1:食生活の見直し 体質の改善方法として、 「食生活の見直し」は絶対に欠かせません。 人間は口から入った食べ物で体を構成しているため、 健康を維持するには食生活の見直しが必要。 特に女性ホルモンが関係してくる生理は、必要とされる栄養素が多いので バランスの取れた食事をしていかなければなりません。 生理痛を改善させるには、以下のような点に注意しながら食生活を変えていきましょう。 「体質改善は無理」とあきらめてしまう人も多いですが、時間をかければ少しずつ人間の体は変化していきます。 諦めずに、地道に行動をしていきましょう。 炎症を抑える作用のある成分や亜鉛、マグネシウム、鉄を含んだ食べ物を摂取• ビタミンB6、ビタミンEを含んだ食品を摂る• 暖かい食べ物、飲み物を摂る• 脂ものや砂糖など、極端に自分で「栄養が偏ってるな」と思っているものは控える 2:生活習慣の見直し 体質の改善方法として、 生活習慣の見直しも大切です。 生理痛がヒドい人は、生活習慣が乱れている可能性が十分に考えられており、ここを改善させることによって生理痛そのものを楽にできます。 3食しっかり食べる• 睡眠時間を十分に確保する• 適度な運動• ストレスを発散させる• オンとオフの切り替えを大切にする こういった点に注目して、改善できる項目から取り組んでいくのが良いでしょう。 生活習慣はいきなりすべてを変えるのは、 精神的な負担になってしまい逆効果。 できるところから少しずつ、自分のペースで変えていくようにしてくださいね。 3:漢方薬を飲む 生理痛が酷くなる体質を改善させるために、古くから用いられていたのが 「漢方薬」です。 中国から伝わった漢方薬は、日本で独自に発展をした関係で、今では中国人が日本に買い付けにくるほど、効果が期待できる医薬品として有名になってきました。 西洋医学に基づいて処方される薬は、「病気になったら飲む」ことを前提にしているのに対し、漢方薬は「病気にならないように飲む」と、まるで違います。 つまり漢方薬は、 「体質を改善させて、病気になりにくくする」という薬なんですね。 生理痛の痛みは体質が関係していますから、改善方法として 漢方薬を用いるのは効果的なのです。 生理痛が酷い体質を改善してくれる漢方薬は以下の通りです。 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)• 加味逍遥散(かみしょうようさん)• 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 漢方薬は1週間飲み続けただけで効果があるものではありません。 体質を変えるには最低100日は必要だと言われているので、 3か月以上は飲み続けるようにしてくださいね。 いかがでしたか? 生理痛は和らげるだけじゃなく、改善することも可能なんですね。 体質は変えられます。 諦めるのではなく、 地道に行動をしていきましょう! PMSサプリおすすめランキング!優秀なサプリメント3選 女性のミカタは、2種類のサプリがあります。 飲み続けていくことで効果を実感できると、 リピーター率も抜群に高いです。 4ヶ月試して効果がなかった人のために、全額返金保証もついていますので安心して試すことができますよ! 価格 容量 評価 通常価格4,400円 トクトクコース初回500円 2ヶ月目以降3,960円 30粒(1ヶ月分) めぐルナは生理前の不快な症状の中で、不眠や便秘気味の方にもっともオススメしたいサプリメントです。 チェストベリーやクワンソウ、高麗人参、生姜などこだわり抜いた原料は、体質改善にも効果があります。

次の

生理痛を和らげる飲み物7つ・生理痛を悪化させる飲み物4つ

生理 痛 和らげる に は

[1]憂鬱な生理痛はどうして起きるの? 生理痛はさまざまな要因が重なって起こるため明確な原因はわかっていませんが、主に2つのことに起因していると考えられています。 一つ目は ホルモンバランスの変化によるものです。 排卵後に受精卵の着床を促し、胎児を育むため子宮内膜の環境を整える黄体ホルモン(プロゲステロン)が大量に分泌されます。 しかし受精、着床が成立せず生理が始まるとこの黄体ホルモンは急減。 このため自律神経のバランスが崩れ頭痛や胃痛、イライラなどの不調を生むのです。 また、女性ホルモンのバランスを司るのは、卵巣にホルモン分泌を指令するホルモンを分泌する脳下垂体であり、精神的に強いストレスを感じることで、バランスが乱れてしまうことも関係していると思われます。 二つ目は 子宮内膜や月経の経血内に含まれるプロスタグランジンの働きによるものです。 これはホルモンに似た物質で、生理が始まると増加し、子宮の収縮を促し経血を外へと排出しようとします。 陣痛時にも作用するこの物質は血管収縮を強め、腰痛や重いだるさ、冷えに関与し、胃腸の働きにも作用して、吐き気や下痢などの症状も引き起こしてしまいます。 また、身体が冷えて血行が悪くなると月経血の排出がスムーズに進みにくくなるため、経血を体外に出そうとしてプロスタグランジンの分泌量が増えます。 冷えが生理痛を更に重くしてしまうとも言われているのはこのためです。 生理痛と言われる不調はこれらの原因により起こるようですが、その程度は個人差があり、ほとんど感じない方から日常生活を送ることが困難になる重症の方までいるようです。 [2]アロマにはどんな効能があるの? 医薬品とは違いアロマが生理痛の原因そのものを無くす、緩和するために身体に直接作用するというよりは、 間接的に痛みを和らげる効果をもたらすと言ってもいいかもしれません。 ホルモンバランスの崩れから乱れた自律神経を整える、鎮痛や鎮静、身体を温めるなどアロマならではの緩やかな作用により痛みや各種不調を軽減させるということです。 また、香りによるリラックス効果によって精神的な落ち着きと癒しを感じることで生理痛のつらさを感じにくくすると言われています。 [3]生理痛を緩和するおすすめアロマ つらい生理痛を感じた時に効果的だと言われるアロマを厳選しました。 選ぶポイントは何よりも自分の好きな香りであること。 たくさん試してお気に入りを見つけましょう。 ラベンダー リラクゼーション効果が期待できるアロマとしてもっとも広く知られているのがラベンダーの香りではないでしょうか。 ヨーロッパを原産国とし、古代ローマ人も入浴の際にラベンダーを使用していたと言われるほど古くから愛用されてきた植物です。 その効能は幅広く認められていますが、なかでも炎症や痛みを抑える作用、抗感染症作用、火傷を始め皮膚疾患の治癒、また緊張緩和や心を落ち着かせる効果が高く期待できると言われています。 生理痛への作用としては頭痛やイライラを落ち着かせ、安眠効果も優れているようです。 刺激も少なく、子どもから年配の方まで使えますが、妊娠初期は使用を避けましょう。 アロマ入門者でも気軽に試してみやすいはずです。 イランイラン 濃厚な甘い香りが特徴のイランイランは熱帯地方を原産地とする樹木で、高級ブランドの香水などにも使われています。 女性らしく官能的、華やかでゴージャスなどのイメージが強い香りですが、副交感神経を優位にするリラックス効果や誘眠作用に優れていると言われています。 また、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を高める効果や、皮脂バランスを整え、肌を美しくする効果も期待できるため、女性の強い味方でもあるようです。 これらの効能により、生理痛の緩和が期待できそうです。 エキゾチックな香りに包まれ至福のリラックスタイムを過ごしましょう。 ゼラニウム ゼラニウムはピンクや白、赤の花を咲かせる南アフリカを原産地とする多年草。 ヨーロッパでは古くから薬草として家庭栽培されてきたようです。 ストレスによる緊張を緩め、頭痛などにも緩和効果が期待できると言われています。 また、利尿作用、殺菌作用、さらにリンパの滞りを解消し、血流を改善して美肌効果も望めるようです。 ホルモン分泌を調整する作用があるため、排卵後から月経までの間のむくみやイライラ、PMS(月経前症候群)にも効果的です。 また、更年期の情緒不安定やストレス性の不調にもおすすめです。 芳しい花の豊かな香りが広がり優雅な気分に浸れそう。 カモミール・ローマン カモミールにはローマン・カモミールとジャーマン・カモミールがあり、香りも違い、用途もそれぞれに違いますが、どちらも生理痛には効果的です。 カモミール・ローマンは甘さと酸味が感じられ、「りんごのような」と表現されることが多いです。 とても穏やかに効く鎮静作用が特徴の植物なので、子どもの癇癪を鎮めるためにも使われてきたと言われています。 また、頭痛、歯痛など痛みを和らげる効果、消化不良、下痢、嘔吐などの胃腸の不調を改善する効果も期待できます。 この優れた鎮静作用によって生理痛緩和も望めそうです。 こちらもPMS(月経前症候群)にも、更年期障害にも効果的です。 手作りのスプレーや化粧水を作る方も多いそう。 クラリセージ 南ヨーロッパを原産とする多年草の植物で、昔から家庭で栽培されるなど親しまれてきました。 不安や迷いなどを取り去り、精神を安定させ、強壮する作用があると言われています。 気分をすっきりさせ、集中力を高めたいときなどにも向いています。 また、成分に含まれるスクラレオールが女性ホルモンと似たような作用があり、月経周期の乱れや閉経前後の不快な症状を緩和する役割があります。 また、鎮痛、抗痙攣作用もあるので、月経初日から2,3日目のひどく痛む場合、経血量を増やしてしまうかもしれませんが、ラベンダーやイランイランなどとブレンドして下腹部に塗布するのもおススメです。 通経作用があるので、妊娠中は使用不可ですが、出産準備や分娩時に使用されることもあります。 他の香りとも合わせやすいのでブレンドオイルにもおすすめです。 ネロリ ビターオレンジ(日本ではダイダイ)の木に咲く花から抽出されるネロリは、イタリアのネロラ公国のアンナ・マリア妃が愛用していたことからネロリと名付けられたそうです。 心を落ち着ける深い鎮静作用が期待でき、安心感を抱き幸福な気分をもたらすと言われています。 ホルモンバランスの乱れや、自律神経の乱れによるイライラや落ち込み、PMSの緩和や、生理中の不快感を鎮める働きが期待できます。 また、新陳代謝を促すとも言われているので、肌や髪のケアにも使用されています。 ローズやジャスミンとい同じく抽出量が少なく希少性が高いため、とても高価になりやすいようですが、その香りの魅力と効能により愛用者が多くいます。 貴重で高価ではありますが、少しずつ大切に使うことで十分価値があるはずです。 サイプレス ヒノキ科の針葉樹であるサイプレスは西洋ヒノキと呼ばれるほど日本のヒノキに近い香りをしています。 森林浴をしているような深い癒しを感じることができるのが魅力。 心を落ち着かせ、自律神経のバランスを整えて、副交感神経の働きを高め、血液循環を促すので、身体の隅々まで血液がめぐり、気持ちも向上してくきます。 ホルモンバランスを整える効果も期待できるので生理痛緩和、むくみや食欲増進、情緒不安定などのPMS、更年期に症状にもおすすめです。 また、咳などの喉の症状を和らげる作用もあるので、風邪などのときにはアロマバスにして入浴するとよいかもしれません。 日本人にとってはなじみ深く好まれる香りなので家族で使うのもおすすめですが、妊娠初期は避け、妊娠中期、後期も体調に気を付けながら使用した方がよいでしょう。 ローズ オットー 数ある精油のなかでも最も貴重なものの一つとされているローズ。 抽出方法の違いにより「ローズ アブソリュート」と「ローズ オットー」の2種に分かれます。 どちらもたいへん稀少で、高価ではありますが、女性特有の不調や精神的な落ち込みを和らげ、贅沢で優雅な気分にしてくれると言われています。 ホルモンバランスを整え、生理不順や生理痛、更年期障害の緩和にも効果的。 子宮の機能を高めるとも言われているようです。 香りの印象が違うので、好みで選ぶと良いでしょう。 女性としての自信を高めたいときにもすすめの香りです。 ブレンドオイル 数種類の精油を組み合わせてオリジナルの香りに作り上げたブレンドオイル。 アロマの知識がある方は自分で好みの精油を配合してお気に入りを作るのもおすすめです。 香りのタイプ別、または、気になる症状別にブレンドされた商品もたくさん販売されています。 生理痛、生理前のイライラ、精神的な落ち込みなど自分が抱えるトラブルを解消してくれるブレンドオイルをチェックしてみましょう。 症状別に「柔」「安」「艶」の3種類が発売されています。 お得な3本セットもあるのでまずは試してみるのもよさそうです。 ラベンダー、ゼラニウム、サイプレスなど女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できる精油が配合されていて、どれも心地よい香りばかりのラインアップです。 [4]効果を高めるために知っておきたいアロマの禁忌(きんき)事項 エッセンシャルオイルは天然の植物から抽出されるエキスをベースに作られているため、身体に穏やかに作用するものです。 劇的な効果が期待できない反面、副作用の心配も少ないのが特徴ですが、いくつかの注意すべき点、症状によっては使用を控えるべき精油があるので、必ず確認してから使うようにしましょう。 例えば、クラリセージは生理痛の緩和に効果的ではありますが、女性ホルモンの分泌を増やすことがあるので、子宮筋腫や子宮内膜症などの症状を悪化させたり、経血の量が増えるなどの影響が出ることも考えられます。 それなので、初めは少量からの使用であったり、生理痛の重い時は控えてみたり、 様子をみながら使用していくようにしましょう。 また、妊娠中はすべてのエッセンシャルオイルにおいて自己判断で使用するのは避けましょう。 特に 妊娠初期は流産を招くこともあるので慎重にならなくてはいけません。 正しい知識を持ち使用することで、安心してエッセンシャルオイルの高い効果を引き出しましょう。 [5]生理痛に効く! アロマ活用3つの方法 アロマポットやディフューザーで香りを漂わせる 精油を電気の熱で気化し香りを漂わせるアロマポットや、水を加えミストにして拡散するアロマディフューザーがもっとも人気のある使い方です。 リビングや寝室をお気に入りの香りで満たしましょう。 陶器製のアロマライト Amazonの情報を掲載しています アンティーク風のデザインがお洒落。 タイマー機能や3種のライト機能が付いているも嬉しいアロマディフューザー。 アロマバスでリラックス お気に入りの精油を数滴バスタブに入れて香りを楽しむアロマバスはリラックス効果が抜群と言われています。 天然塩に混ぜてバスソルトを作ってみるものおすすめです。 皮膚の弱い方は精油の濃度を薄めてから慎重に試しましょう。 足浴など部分的に試してみるのも良いと思います。 アロママッサージで腹痛、腰痛をケア 肌に使用する場合はキャリアオイルなどで十分希釈してから使うようにしましょう。 つらい部分を直接マッサージすることで痛みを緩和できます。 [6]香りがもたらすリラックス効果は生理痛を和らげ幸せ気分に! つらく不快な生理痛を薬だけに頼って乗り切ろうとする前に、心地よいアロマの香りでリラックスしてみてはいかがでしょうか?ホルモンバランスによる不調には気分を落ち着かせるアロマの力が思った以上に効いてくれることがあります。 まずは好きな香りを見つけることから始めてみましょう。

次の

【医師監修】生理痛を和らげる食べ物・食事

生理 痛 和らげる に は

「お血」を解消して生理痛を和らげよう 東洋医学では、全身の血行が悪い状態を「お血(おけつ)」と言います。 お血の状態になると顔色や唇、舌が黒ずんだり、目の下にクマができやすくなったりします。 これは身体の冷えやのぼせだけでなく、生理痛や生理不順の原因にもなります。 身体が冷えると血流は滞るので、身体を冷やす食べ物もできるだけ避けるようにしましょう。 特に、精製された白砂糖は要注意です。 生理の時期だけでも、白砂糖を多く含む物は我慢することをオススメします。 トマトやきゅうりなどの夏野菜も身体を冷やす作用があるため、食べすぎはよくありません。 身体を温める食べ物・食事 毎日の食事で気をつけてほしいことは、栄養のバランスです。 栄養が偏らないよう、普段から色々な食材をとるようにしてください。 なかでも玄米や黒糖などの精製されていないものや、土の中で育つジャガイモ、レンコン、ニンジンなどの根菜類は身体を温める作用があるため、積極的に摂取しましょう。 生姜は漢方でも身体を温めるとされている優れた食材です。 毎日の料理に活用したり、コーヒーの代わりに生姜湯を飲むなど積極的にとるといいでしょう。 タマネギやニンニクも、血液循環を促し身体を温めてくれます。 また生理前は便秘になりやすいので、イモ類、海藻、きのこ、野菜や果物など、食物繊維の豊富な食材もオススメです。 貧血気味の人は肉類、レバー、ほうれん草など、鉄分の豊富な食材をとるよう心掛けましょう。

次の