ヴィン ランド サガ アニメ 感想。 【ヴィンランドサガのネタバレ】とあらすじは?感想や無料試し読みもあり!

アニメ『ヴィンランド・サガ』の感想まとめ

ヴィン ランド サガ アニメ 感想

2020年6月25日発売のアフタヌーン 2020年8月号に連載されている ヴィンランド・サガ 173話のネタバレ&感想になります。 今回の商品は共に連れて行く馬と羊であり グリーンランドからの参加者が割と多かったせいか それほど大口の商談ではなかったものの 互いが納得の上で終えることに。 トルフィンは支払いが銀であることを謝るが ハーフダンによるとアイスランドには金銀は出ないらしく 腐らないし場所もとらないと問題なく受け取ってもらえていた。 まったくこの島はとことん儲からねぇように出来てやがると 零すハーフダンにヴィンランドなら出るかもしれませんよと 商売人らしく売り込むトルフィン。 そんな彼にハーフダンは世の中を知って お前もだいぶ知恵がついたようだなと言い 配下の者に運ばせてきたのはたくさんの武器防具だった。 オレもヴィンランドに投資する オレの財産の保護のためにも武装は必要だと言って 持ち込まれた武器防具を前に トルフィンは思うところがあるようで・・・。 ハーフダンはお前が剣を捨てるだけで平和になるなら苦労はなく 暴力は否定するものじゃなく制御するものだと語る。 そして自身の剣を抜きトルフィンに今からお前を斬ると突きつけ オレにお前が切れると思うか?と問いかける。 トルフィンはあなたは私を斬れないと返し ハーフダンもなぜかわかるだろうと言い 答えようとしたトルフィンだが ハーフダンは民会と法律があるからだと話す。 考えていたことと違ったのか首をかしげるトルフィンをよそに ハーフダンはこの島に生きる者は皆 私闘や復讐などの実力行使の権限を民会に預け、 そして民会は法律に従い裁判によって決定される 刑罰という形でその暴力を行使すると語る。 だが島民皆がオレのように民会と法律に従う奴らばかりではなく 法をナメてる奴らもおり それは民会には法を執行する具体的な力がないからであると。 つまりは軍団であり 独占した暴力を法に基づいて実行する力 民会にそれが備われば制度は完成すると。 軍団を仕切って違法な暴力を取り締まるには王が必要になるが 故人が強権を預かれば暴走する可能性があると 自身の考えを語り続けるハーフダンだが 話を聞いていたトルフィンの頭には何かが閃きかけていた。 聴いているのかと言われたトルフィンは 慌てて聴いてます、法律が大切と答えながら 未だまとめきれていない自分の考えを語る。 さっき「なぜ斬れないか」の理由を訊かれた時 私は法律と民会以外の理由を思い浮かべていたとして それは「我々の間には取引がある」 「切ればお互いに損だ」というものだった。 羊の鍋料理を例に挙げ 羊は羊飼いが育て鍋は鍛冶屋が作る お互いが仲良くしなければ羊の鍋料理にはありつけないと。 話を聞いていたハーフダンが依存しあうってことかと言ったその時 トルフィンの中で考えていたことが結実したらしく そう、それです!お互いが相手に依存する、 相手がいなければ暮らせないほどにどっぷりと!と嬉しそうに語る。 レイフの話だとヴィンランドの先住民達は 麦や羊や鉄を知らないようできっと魅力的に感じてくれるはずであり それらの生産物を彼らにちゃんと安定的に提供する。 彼らも私達が魅力的に感じる者をきっと生産しており それを対価にもらう。 トルフィンの勢いに押され黙って話を訊いていたハーフダンから 互いに魅力を感じる商品がなかったらどうすると言われ トルフィンは商品じゃなくてもいい 技術や知識でも同じだと語る。 要は相手と深く関わって依存することで 部族の間で結婚なんかするようになったら最高だとして 改めてハーフダンに相談してよかったと嬉しそうな表情を浮かべていた。 その後改めてハーフダンに相談に乗ってもらったことと いい取引が出来たことを感謝していたところ そこへコーデリアがやってきて 私もヴィンランドに行けるという朗報が。 ハーフダン様が許して下さったんですと嬉しそうに話す コーデリアにトルフィンも嬉しそうに応えていた。 そんな彼らの様子を見ていたハーフダンは 何か思うことがあったのかトルフィンに突然 「お前オレの養子にならんか、オレの縄張りを継げ」と告げる。 思ってもいなかったハーフダンの言葉に 呆気にとられるトルフィンをよそに エイナルとコーデリアは冗談だと思い笑ったが 表情を見るにどうやら冗談ではないようで・・・!? 当ブログでは簡易的なあらすじとしてありますので より詳しく知りたい方は本誌かコミックスでどうぞ! 感想 最後のハーフダンの言葉で全部吹っ飛んだ感じですが とりあえずトルフィンの思い描く平和が ようやく定まったみたいですね。 私的にはハーフダンの考え方の方が 現実的というか理解できるものでしたが トルフィンの考えも問題は出てきそうですが 前と比べたらずっと実現可能のものになったと思います。 おそらくヒルドもこの考え方なら 理解できる部分もあると思いますので ハーフダンに相談したのは大正解だったのはないかと思います。 話は戻りますがそんなハーフダンが言った最後の言葉ですが 正直本気なのかどうかなんとも言えないところ。 ハーフダンが冗談であんなことを言うとは思えないので 本気だとは思いますがおそらくトルフィンは断るだろうなと。 トルフィンの目がアイスランドではなく ヴィンランドに向いているのもそうですが やっぱりなんだかんだ言ってハーフダンの後を継ぐのは シグやんであって欲しいですしね。 自分なりの考えがあってアイスランドを離れたシグやんですが なんだかんだで最終的には戻ってきそうな気がしますし。 ともあれハーフダンが真面目にそして本気で言っているなら トルフィンも本気で応えなきゃいけないと思いますので 彼なりの誠意をもって応えてくれるのではないかなと。 まあ、それだけハーフダンから見て 魅力的に映ったというわけですから それだけでも十分素晴らしい事だと思いますけどね。 どんな答えをトルフィンが返すのかはわかりませんが 本気には本気で返して欲しいと思いますので 次回どんな答えを返すのか楽しみです。 第174話へ.

次の

【74.7点】ヴィンランド・サガ(TVアニメ動画)【あにこれβ】

ヴィン ランド サガ アニメ 感想

STORY. 1 始まりはトールズとヘルガと綺麗な風景から一転、西暦987年ビョルンガバーグの激しい海戦へと移行していきます。 トールズは敵の足を止めるため船から船へと飛び移り素早い動きと身のこなしで次々に敵を倒していくも1本の矢の攻撃を受ける。 その隙をついて流れ込んでくる敵に対し応戦するも敵と一緒に海へ落ち、水中での戦闘を制すが船には上がらず泳いで近くの島に戦場を後にする。 原作でも描かれていましたが、やはりトールズめっちゃ強い! しかし原作とはちょっと違う? このシーンはトールズが兵団から抜けるシーンなのかどうか分かりませんが、原作ではトールズとトルフィンの母であるヘルガがキャンプ地か砦から2人で逃げるという内容のはず。 アニメ版ではヘルガは兵団の首領の娘ではないのかな? あとあの強さのトールズが簡単に矢をくらう描写からしてわざと矢に刺され海に落ちたのかもしれませんね! STORY. 2 時は流れ西暦1002年のアイスランド。 幼少期のトルフィンや姉のユルヴァやトールズとヘルガの生活の様子やレイフが子供達に語る海の冒険、新大陸ヴィンランド、真の戦士の話へ 寒さに厳しいアイスランド、奴隷を持たない主義のトールズはユルヴァと屋根の雪下ろし中に雪に埋もれた脱走者の奴隷を発見する。 トールズは発見した奴隷を蘇生させるために心臓マッサージを繰り返す。 息を吹き返すも意識朦朧とし重度の凍傷。 あの場所には帰りたくないと言う脱走奴隷は山の向こう側の権力者ハーフダンの所有物だった。 幼少期のトルフィンは本当わんぱく小僧といった感じ! 現実世界でも極寒の地で凍死していたはずの女性が蘇生したという話があったような気がします! なんでも熊などと同様な冬眠状態にあったのだとか・・・ まあこれだけ昔の話なので奴隷は蘇生しても死んでしまう運命なのでしょう! STORY. 3 奴隷を連れ戻しに来たハーフダン一行と村の若者たちとの小競り合い。 出しゃばった自分の手下に鎖の制裁を加えるハーフダン。 ハーフダンは奴隷を解放しているトールズの家にきて奴隷を返せと迫るとトールズはこの奴隷をいくらで買ったかとハーフダンに問う。 羊2頭で買ったと答えるハーフダンに対し3頭で買うとトールズは言うが、交渉の末、羊8頭で手を打つハーフダン。 「ちっ!いい取引だぜ」と捨て台詞を吐き去っていくハーフダン一行。 取引は成立したが死んでしまう奴隷・・・ トルフィンは父トールズに問う「僕らも逃げてきたの?」 トールズは「ああ、そう伝えられている」と答えトルフィンは「じゃあ、ここからも逃げてたい人はどこへいくの?」と問うがトールズはトルフィンの頭に手を置きなにも語らない。 とここまでがアニメ版第1話です! ハーフダンの鎖攻撃エグいっ!描写が原作よりエグいっ! 羊2頭で買った奴隷を8頭で交渉するハーフダンに対しユルヴァ呆然w 原作にはあったセリフユルヴァの「奴隷を買ってとは言ったけどォ・・・もちょっとイキのいいのが・・・」のセリフが抜けていたのは残念! ストーリー面の感想は、原作とアニメでは物語の始まりが変わっており、あれ?といった印象でしたがこれもアニメ版と原作とで構成を変えた演出なのでしょう! アニメ版1話はまだ明るい感じのストーリーですが、話が進んでいく中で結構ヘビーなストーリーとなってくるので楽しみといったところです。 まだ始まったばかりの第1話ということもあって考察もなにもないのでただの感想となっていますが、これだけは言っておきたい! トルフィンの姉ユルヴァはこの作品の中でも色々な意味で注目キャラクター! 確実に父親の血を濃く受け継いでいる! 第2話が楽しみです! ヴィンランド・サガ原作とアニメ版の違い ヴィンランド・サガ第1話の原作とアニメ版の違いを検証してみました。 まず1話目の違いとして原作とアニメ版では始まりが違います。 アニメ版ではトルフィンの父であるトールズの昔の話から始まるのに対して原作1巻のスタートは少し大きくなったトルフィンの話から始まります。 原作の始まり(序盤) 11世紀フランク王国領 主人公トルフィンはノルマンニ(北の民)の傭兵団と行動を共にしており砦落としを行おうとしている場面から始まります。 トルフィンがノルマンニの傭兵団と行動を共にしている理由は父親のトールズの仇である傭兵団の首領アシェラッドに復讐をするため。 もちろん首領アシェラッドはそれを理解した上でトルフィンを使っています。 屈強なノルマンニの傭兵団の首領の判断と大胆な作戦により、砦落としを成功させる。 アシェラッドはトルフィンに対し敵の指揮官の首を取ってくれば決闘を受けると約束していた為、約束を果たしたトルフィンと決闘することに。 トルフィンは素早い身のこなしと落ち着いた対応でアシェラッドと互角以上の戦闘を行うが父親であるトールズを非難され冷静さを欠くトルフィン。 暑くなってしまったトルフィンは負けてしまいます。 ここまでが原作の漫画第1巻の序盤になります。 この後、アニメ版と同様に幼少期のトルフィンの話になっていきます。 要するに アニメ版のヴィンランド・サガでは原作1巻の序盤が飛ばされているということですね! また アニメ版の冒頭のトールズの昔の戦闘シーンは原作1巻の冒頭にはありません。 アニメ版では今後も結構構成を変えてくるのではないかと思います。 アニメ版1話では原作1巻の中盤を持ってきたという演出、原作ファンにとってもどういう構成になってくるか非常に楽しみになっている展開ではないかと思いますね〜 ヴィンランド・サガのアニメを無料で見る方法 現在アニメ版のヴィンランド・サガの動画はAmazonプライムビデオ会員なら追加料金なしで見ることができます。

次の

【ネタバレ配慮】アニメレビュー『ヴィンランド・サガ』(感想・評価)

ヴィン ランド サガ アニメ 感想

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• そもそも原作どおりやってくれるだけで良作は保証されているのですが、基本的な作画の クオリティが高いだけでなく、それ以上に原作ではやらなかったところを補完してあることで 予想以上に楽しめました 原作ではスッポリと抜け落ちている父を亡くしたトルフィンがヴァイキングとなり復讐者へと 落ちていく時期。 そして原作では不足しているとかんじたレイフのおっちゃんのエピソードも 追加されており満足度が高かったです 一期としては序章完結までのところでおわったのも予想通りでしたけど、実は私は二期のほう が好きなんです。 ここまではアシェラッドが主人公であったといっても過言ではありませんが これほどクオリティの高い序章を得て、ようやくトルフィンの物語が始まっていきます 復讐者であったトルフィンが再起していく物語。 殺戮の螺旋にいたトルフィンがかつての 罪と向き合う物語。 そして新しい国を作り上げていく物語。 これまでとは180度違う展開で ここまではエピローグにすぎなかったという壮大さに震えます 気は早いですけど二期にも期待大。 評価は【とても良い】とします 【良い点】 ・アシェラッド:主人公はトルフィンだがぶっちゃけ作品としての魅力の大半はこの男が担っている、善人では決してないが単純に悪人と断じきれない複雑な内面や独自の価値観は魅力の塊 ・描写:NHKではあるが時々やってくる容赦ない戦闘描写、血は飛ぶし身体も斬り飛ばされるが、無駄にオブラートに包まないのは良かった ・トルフィン:父の死から仇敵アシェラッドとの関わりによりドンドン擦れていくのは割と描けていたかと、レイフが驚くのも当然と言えば当然 【悪い点】 ・キャラクター:多すぎ、群雄モノと言うかアニメ版大河ドラマ的な要素もある為キャラクターが多いのは当たり前なのだが、描けていたかと言うと怪しい所、比較的リアル寄りな造形でアニメアニメした造形のキャラクターが少ないと言うのもあったと思うが ・クヌート:ラグナル死亡や父との確執は大きな出来事だったのは解るとしても急激に変化し過ぎて成長と言うよりはもう別人、原作からこうなのかアニメが理由なのかは不明だがここはもっと丁寧に描いて欲しかった所 【総合評価】 原作未読 とにかくアシェラッドの存在感が強烈であった、と言うかこの男が居なかったなら、或いは全く違うタイプのキャラクターだったならはたしてここまで楽しめたか謎である 最終話のサブタイトル「END OF THE PROLOGUE」の名の通りこれだけ濃厚でありながら作品としてはまだまだプロローグの様で先が気になるところ、原作買おうか思案中、出来ればアニメで続きもやって欲しい所 重厚なと言っていい大河ドラマ の序章。 10世紀頃の北海沿岸域を舞台にした、ヴァイキングの青年の壮大なドラマ の序章。 まず素晴らしいのは、原作によるところも大きいのだろうけど、当時の風俗や気候・地理といったものをしっかりと描いている点。 詳しい人だと色々と楽しめるのだろうなと思う細やかな描写は、それだけでドラマに説得力を与える。 ヴァイキングの生き方やその価値観、当然その当時の風土や社会に根差したものであり、それをきちんと描く事によってキャラクターの一人一人、名も無き登場人物に至るまでのドラマが成立する。 そしてそれを、アニメの映像として表現した製作陣は評価されるべきだろう。 色合いの少ない服装、夜の闇、明かりの弱さ、室内の暗さ。 見栄えのする要素の少ない画面で、視聴者を魅せるアニメを作ったのは凄いと思う。 物語は、復讐に憑りつかれた主人公を軸に「全ての人間は何物かの奴隷でしかない」という事への哀しさが描かれる。 復讐に、金に、権力に、戦争に、神に、過去に、何かに憑りつかれて生きる人間が織りなす悲惨な世界。 主人公の父が示した「真の戦士」とは、そこから解放された真に自由な人間だという事なのだろう。 真に自由な人間は、自らを捉えようとする様々な物と戦い続ける人でなくてはならないという事か この主題を、主人公とその仇である人物の疑似的な父子関係を通じて描くという厳しさ。 特に今作の真の主人公とも言えるアシェラッドの造形は素晴らしい。 復讐を果たしながら、唾棄すべき仇と同じような生き方しか出来なくなっていたという矛盾。 自らの行為をも蛮族と蔑みながら、救国の英雄の名を胸に抱き続けた矛盾。 部下を見捨てながら、手向けをせずにはいられない矛盾。 利に聡く立ち回ってきながら、故郷のために命を投げ出してしまう矛盾。 愚かな主人公に苛立ちその行動をバカにしながら、自分が失った物を未だ失わずにいる主人公への眩しさを感じている矛盾。 そして、主人公とこの人物の間には、憎しみの向こう側にある愛という矛盾が存在する。 しかし、ともに何かに捉われているが故に、彼らは憎しみという関係しか認識できず、不本意な別れが主人公を復讐から解放してしまう。 「真の戦士は武器を必要としない」という父の言葉を暗示するように、形見の短剣を取り落とす主人公に去来したものは何か。 それが描かれるのは、次期となるのだろう。 実際の歴史を舞台とした クヌート殿下って北海帝国を打ち建てる人だよね? 歴史ドラマとしても、青年の苦難と成長を巡るビルディングロマンスとしても、非常に良く出来た作品。 贅沢を言えば、色気のあるメロドラマの一つも欲しかったところか。 次がいつになるのか分からないけど、気長に待つので良い作品を届けて欲しい。 【良い点】 作画が最後まで凄かった。 声優のレベルも高く、劇場版アニメを見ているようだった。 主要キャラのアシェラッド以外歴史上の実在の人物なので、北海帝国前史に興味を持つにはよい入口となる作品だと思う。 ちなみにあまり記録が無い時代なので、大河ドラマ同様に創作で登場人物の行動を埋めている。 【悪い点】 OP曲の選考がいまいち。 作品イメージにあってない。 【総合評価】 アニメ版大河。 ブルートゥースの語源であるデンマーク王ハーラルの子のスヴェンの時代で、日本では藤原道長の絶頂期に当たる。 イングランドはアングロ人・サクソン人が建てた七王国時代も終盤を迎えた9世紀後半からデーン人たちがイングランドの北東部に定住し始め、他方イングランドもバイキングたちと戦ったアルフレッド王によって統一される。 防戦一方だったイングランドがようやく定住したバイキングを支配下に置いたのはアルフレッド王の子の時代で、そこから百年もすぎた時代が舞台となる。 エゼルレッド無思慮王がたびたび侵入するデーンマーク対策の一環として定住していたデーン人を虐殺したことでスヴェン王が報復を開始した。 これがトルフィンの父であるトールズが招集された出来事となる。 そこから10年たってイングランド征服の総仕上げが立派な少年? となったトルフィンとクヌートが出会う時代となる。 史実ではトルフィンとクヌートが出会ったかどうかは不明だが、そこに創作キャラであるアシェラッドを噛ませることで舞台回しとしてよく出来ていると感じた。 トルフィンは、父の仇であり、実質養父でもあるアシェラッドに最後突き放されることで、自分が何をしてきたのか、何をすべきなのかを悟る。 本作は父の仇であったアシェラッドがトルフィンに本物の戦士とは何かを伝えるという叙事詩というべき体をなしている。 実質はアシェラッド物語という感想もよく目にした。 また、このアニメを見て、ゲルマン人のブリテン島上陸からバイキング時代のイングランドまで多くの歴史動画を見まくった。 トルケルの意図不明な行動をしてるのも史実で、本作では強い奴と戦いたいからとうまくドラマに合うように昇華していたりする。 NHKなんで最後までやってほしい。 【良い点】 主人公トルフィンと父の仇であるはずのアシェラッドの疑似親子関係を意識したアニメ脚色。 序盤、父を殺され孤児同然のトルフィンがアシェラッド軍団の中に身を置く経緯は原作では直に描かれなかった要素で アシェラッドが自分一人に憎しみを向けさせる事でトルフィンを上手く使っていく様や まだ弱い段階のトルフィンが部下達との間に軋轢を生じさせないようにする様が描かれました。 終盤には原作でレイフと再会する前に行われたアシェラッドとの最後の決闘から彼が若き日の境遇を語る件を 死亡するイベント直前に持ってくる事でトルフィンと似た生い立ちである事を強く印象付ける一方、 憎しみ一辺倒ではなく冷静に作戦を練る相違点も際立たせていました。 【悪い点】 最終回サブタイトルが示すようにトルフィンの物語はむしろ、これからであり主役としては物足りない。 主人公らしく見えたのは最初の半クールのみで、しかも戦士としての技量こそ向上したがメンタル面はほぼ成長ゼロ。 この点においてはクヌート殿下の方が遥かにマシ 原作導入の引きとなったアシェラッド軍団大暴れの件を時系列通りの第7話で描いたのは 軍団崩壊でもって幕引きとなるため完全にアシェラッドの物語にならないようにするギリギリの措置だろう。 【総合評価】 原作は十年以上前に始まり、過去の因縁にほぼ決着をつけた第3部まで概ね終了 そろそろ終わってもいいのでは? と ストック充分になった所で満を持してのアニメ化となった「ヴィンランド・サガ」。 殺伐とした世界観を表現するために深夜放送となり作画クオリティも高く、アニメならではのプラスアルファも加わり 原作ファンなら申し分のない内容となっています。 ただ、この第1部ヴァイキング編はやはりアシェラッドの物語といった意味合いが強い。 トルフィンは「俺は海賊王になる! 」等と全く言わないし 笑 今後もその方向に進む事は無い。 まして、奴隷にまで落とされた母から受け継いだ英雄アルトリウスの血統を重んじる一方、 ヴァイキングであった父の血筋を嫌悪しながら父と同じ生き方しか出来ない自身すら根底では否定しているアシェラッドの 複雑なキャラクターを 少なくとも、この時点では 理解する事等、全く無いのだから。 ラストシーンでは以後、父トールズとアシェラッドの狭間で揺れ動くトルフィンに関わる人達が登場し 特に義兄弟として共にヴィンランドを目指すエイルナの顔見せは「第2部奴隷編に期待せよ! 」というメッセージだろう。 期待を膨らませつつ評価は「最高」で。 【良い点】 中世のヴァイキングの歴史というあまり扱われていないものを描いたところ ある程度の歴史考察がされてるところ 【悪い点】 ストーリーがあまりに地味で浅くて、新しいアイデアがない。 絵柄が一昔前の劇画調で魅力がない。 【総合評価】 作者のヴァイキング愛というものは伝わってくるが、ストーリーには、何も新しいアイデアやひねりもない。 親を殺された子供の復讐心が中心のストーリーだが、そんなものは過去に何万回もやられてるし、ヴァイキングの戦いも、強い戦士Aと強い戦士Bが、ナイフや剣でドバドバ切りあって、どちらかが勝ちました、という、これも何万回もやられたもの。 驚いたり、感動したりするような要素ゼロ。 リアリティーのレベルもひどい。 強い戦士が人間に物理的に不可能な巨大な岩を投げるシーンとか、重症の傷をおったものが、膨大な距離を逃亡して、あっさり治ったりするのを見ると、それだけでリアリティーを失って、面白くなくなる。 抗生物質以前の戦いは、傷は致命傷 作品DB内ブログ記事 1. by 十傑集... 「アフタヌーン」最新号を見かけましたら藤島康介氏の新連載が始まっていました。 moae. まあ、 よくある話といってしまえば、それまで…。 そもそも「天地明察」も終わって「 ヴィンランド・ サガ」しか読んでませんよワタクシ。 by 陣兵... …計4つの中から自分が出来ることを選んで実行すること を話して「夏休み前オリエンテーション」は終了した。 【幸村誠先生】 「プラネテス」、「さようならが近いので」、「 ヴィンランド・ サガ」。 by オルタフォース... メモル ・To Loveるシリーズ ・ココロノココロン 宇宙人と地球人の交流に重きを置いている人にはこちら。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の