平成ウルトラセブン。 平成ウルトラセブン (へいせいうるとらせぶん)とは【ピクシブ百科事典】

DVD ウルトラセブン 〜平成版〜 Charactor

平成ウルトラセブン

1981年の『ウルトラマン80(エイティ)』放送終了と共に、ウルトラマンは再びテレビから姿を消した。 といっても、それは30分の連続テレビドラマとしての話で、その後も継続的な雑誌展開、映画やオリジナルビデオ、テレビのミニ番組、テレビスペシャル、さらに海外との共同制作作品など、子供だけでなく年齢を重ねた大人のファンにもアピールしながら、シリーズは確かに続いていた。 しかし、その間にも時代は進み、東映の「スーパー戦隊」や「メタルヒーロー」が順調に作品数を重ね、銀幕に復活した『ゴジラ』や『ガメラ』が再び人気者になる中で、連続テレビドラマとしてのウルトラマンの帰還を望む声は決して少なくはなかった。 そして、シリーズ30周年となる1996年、ついに歴史は動いた。 それが『ウルトラマンティガ』の放送開始である。 これまで放送していたTBSを離れ、系列局である大坂の毎日放送へと放送局を移してスタートした最初のウルトラマンである『ティガ』は、それまでのシリーズから切り離された新たな世界で展開される物語で、シリーズの約束事を踏襲しつつも、それぞれに新時代に相応しい解釈が加えられ、深みと厚みのある内容に魅了された大勢の新しいファンを取り込むことに成功した。 『ティガ』の成功は、続編の『ダイナ』を経て、後発のシリーズを生み出す起爆剤となった。 そして、同ジャンル、他ジャンルの作品からウルトラシリーズが影響を受けたように、平成ウルトラシリーズもまた、様々なジャンルの作品の魅力的な部分を取り込み、平成ウルトラ独自の要素を打ち出して、新しい時代の作品へと影響は連鎖していく。 平成ウルトラシリーズの幕開けを飾った作品で、俗にいう「平成ウルトラ3部作」の第1作。 その最大の特徴は、これまでほとんどの作品で採用されていた「M78星雲」とのかかわりを断ち、歴代作品との関連性をもたない完全に独立した世界を舞台にしていることである。 ティガは超古代の人々を闇の勢力から守った「光の巨人」の一員で、物語は超古代人の遺伝子を受け継ぐダイゴが、ふたたび闇の勢力が人類を脅かすようになった現代で、ティガと一体化して戦うというもの。 シリーズ30周年らしく、第1作『ウルトラマン』を思わせるハードな物語あり、コメディありと実にバラエティ豊かな内容になっており、1話ごとに変わった味わいが楽しめる多面的な内容になっている。 第2期平成ウルトラシリーズ第2作。 本作より『メビウス』まで、ウルトラシリーズは放送局を『ティガ』から『コスモス』までの毎日放送から、東海地方のCBC(中部日本放送)に移して放送されていく。 本作は『ULTRA N PLOJECT』という当時の円谷プロが展開していた同企画の一環として作られた作品で、雑誌企画、映画で展開されてきた企画の集大成として位置づけられる。 本作の最大の特徴は「ウルトラマンに変身する人間が一人ではない」という点。 ウルトラマンのパワーは複数の人間に受け継がれながら、その度にパワーアップを繰り返して進化していく。 ウルトラマンと怪獣との戦いがオープンではなく、人の目を離れた場所で行われており、ある理由からその戦いに触れた一般市民の記憶を消すなどの描写も、シリーズの他作品にはない独特な点である。 第2期平成ウルトラシリーズ第3作。 ハード路線を完走した『ネクサス』を経て、シリーズ初期の『マン』、『セブン』のバラエティ豊かな物語を描く路線に回帰し、ソフトからハードまで、実に幅の広い物語が展開された。 物語は基本設定を共有しつつも、1話ごとに違う世界を舞台にしているともとれる内容で、中には後続の『メビウス』に先駆けて、昭和ウルトラマンの続編的エピソードも登場した。 往年の名怪獣、宇宙人が続々と登場する一方、受けた攻撃を模倣して無限に進化するイフ、口八丁で周囲を翻弄するシャマー星人、人々を漫画のようにヒートアップさせて暴走させるモエタランガにウルトラマンの記憶さえ奪うタマ・ミケ・クロなど、『マックス』独自のオリジナル怪獣、宇宙人が登場したことも忘れ難い。 衛星放送や映画などで展開されていたウルトラシリーズが、放送局を移して久しぶりにテレビに帰ってきた。 その始まりは2011年の『ウルトラマン列伝』に遡り、過去の名作を放送する傑作選だった『列伝』をリニューアルして、新作と旧作を交互に放送する『新ウルトラマン列伝』の幕開けを飾ったのが『ギンガ』である。 さまざまな制約が垣間見える内容だった『ギンガ』だが、その続編である『ギンガS』を経て、作品数を重ねるごとに物語、映像ともに大幅なパワーアップを重ねており、常にファンに新たな驚きを提供している。 『列伝』と『新列伝』で作られた新作と旧作を交互に放送するスタイルは、2016年の番組終了後も受け継がれており、2018年には一度も休止期間を設けることのないまま、6作品を数えるまでになっている。 着実に歴史を重ねていく新世代ウルトラマンたちのシリーズの人気と熱気は、2019年5月に新元号「令和」となってからスタートした『ウルトラマンタイガ』へと受け継がれ、さらなる進化を見せていく。 ニュージェネレーションヒーローズ第3作。 スパークドールズなどの設定は受け継がれているが、前作までとは違う新たな世界を舞台にしている。 ウルトラマンX(エックス)は、ある戦いで肉体を失い、一体化する主人公の防衛隊員の通信機に宿るサイバーウルトラマンという、往年の円谷ヒーロー『電光超人グリッドマン』を彷彿とさせる設定である。 そんなXの最大の特徴である怪獣の能力を宿した「モンスアーマー」の装着は、前作『ギンガS』でビクトリーが見せた「ウルトランス」を発展させた設定で、作品世界と相まってXの独自性をより際立たせている。 物語は『コスモス』でも描かれた「人間と怪獣の共存の可能性」というテーマを追求しており、立ちはだかる怪獣たちは、それぞれに主人公とエックスが追いかける夢への覚悟を問いかける背景を背負っている。

次の

ウルトラセブン Vintage 編者のページ内 論評2

平成ウルトラセブン

データ• 身長:41m• 体重:9万9千t• 出身地:郊外の 概要 『』に登場。 平成ウルトラセブンとしては初のオリジナル怪獣である。 冗談抜きで本当に 恐竜という名前のである。 地球征服を企む 初代やJr. とは別個体 が、北川市郊外の地層から多数発見されたジュラ紀後期に生息していた獣脚類に属する恐竜のDNA情報を解析し、である。 当初は試験的に復活させただけだったが、彼らがエコポリスと名付けていた地球攻撃用基地防衛のためにを施したため、と互角の戦闘を繰り広げることが出来るようになった。 恐竜なので火や光線は吐かず、怪力で相手を責め立てる。 最初に出現した時はの冷凍弾によって氷漬けにされたがメトロン星人にすぐに回収され、メトロン星人の命令で基地防衛のために巨大化した星人と共にセブンと交戦するが、セブンにおびえてしまい星人に蹴飛ばされ、最後はエコポリスの爆発に巻き込まれ爆死した。 余談 「地球星人の大地」放送の1年前にが公開されているので、それから着想を得たかもしれない。 これ以降もメトロン星人は何度かウルトラヒーローと戦っているが、大概がらみのやと組んでいることが多く、恐竜の再登場は今のところない。 はのイベント用の流用。 関連タグ :似てるけど違う。 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 22:19:34• 2020-07-16 22:19:08• 2020-07-16 22:17:52• 2020-07-16 22:16:46• 2020-07-16 22:16:41 新しく作成された記事• 2020-07-16 21:58:07• 2020-07-16 21:56:32• 2020-07-16 21:51:53• 2020-07-16 21:19:39• 2020-07-16 21:21:58•

次の

恐竜(ウルトラセブン) (かいじゅうだけどきょうりゅう)とは【ピクシブ百科事典】

平成ウルトラセブン

内容は『』の続編であるが、本放送当時の設定である、『』や『』以降のシリーズとはであり、セブン以外のウルトラ戦士は地球を訪れておらず、セブンが地球を去った後の地球防衛はがずっと担っていたという設定(ただし、初期はこうした設定がまだ定まっていなかったらしく、「太陽エネルギー作戦」では『ウルトラマン』のや『』のの存在が語られている)となっている。 また、ウルトラセブンが 状況に応じて2つのを使い分けるという珍しい展開もある という展開は後のウルトラシリーズにも見られるが。 ただ、後半からTV版とは打って変わってハードな展開となり、オリジナルの世界観に踏み込みすぎた部分もあるため、評価は賛否両論に分かれている。 BGMと主題歌は当初TV版のものが流用されていたが、『1999最終章』からはBGMが新規録音されたものになり、主題歌も氏がカバーしている。 あらすじ ウルトラセブンが去ってから約30年後の地球。 の攻撃によって瀕死の重傷を負ったセブンが、墜落という形で地球に再来するところから物語が始まる。 これを機にセブンは新生ウルトラ警備隊と共に再び地球の守りに着くが、やがて人類は自ら間違った道を歩み始め、セブンは苦悩しつつも人類を信じて戦いに身を投じていく。 戦いの中で、を知ってしまったセブンは、それでも地球を守ろうとしたため、の同胞から断罪され、馬の首暗黒星雲に幽閉されてしまう。 しかし人類は自ら反省の意思を宇宙へ示した事で救われ、宇宙との間で不可侵条約が結ばれる。 地球は平和を取り戻したかに見えたが、その中で新たな侵略者の影が、少しずつを蝕みつつあった。 資源エネルギー庁とタイアップして製作したため、環境問題がテーマになっている。 元々は3部構成にする事を考えていたようで、3作目の計画は次の誕生30周年記念3部作へ繋がっていく。 放映リスト No. サブタイトル 登場怪獣・宇宙人 1 「太陽エネルギー作戦」 変身怪人、 2 「地球星人の大地」 幻覚宇宙人、 ウルトラセブン誕生30周年記念3部作 1998年6月から8月にかけてバップのオリジナルビデオとして発売。 全3巻。 内容は、ダンが旅をしながら遭遇した怪事件を調査していくロードムービー形式。 ウルトラ警備隊メンバーはTVスペシャルから一新され、4人だった人数も初代と同じ6人となっている。 放映リスト No. サブタイトル 登場怪獣・宇宙人 1 「失われた記憶」 洗脳宇宙人 2 「地球より永遠に」 分身宇宙人、硫黄怪獣 3 「太陽の背信」 太陽獣 ウルトラセブン1999最終章6部作 1999年7月から12月にかけてバップのオリジナルビデオとして発売。 全6巻。 本作からストーリーがハードになり、いかにも「大人向けのウルトラセブン」といった内容になり始める。 タイトル通り、本来ならこの作品が平成ウルトラセブンの最終章となるはずだった。 ちなみにEDテーマには本作オリジナル曲『ウルトラセブンのバラード』が使われている。 これまで地球のために戦い続けてきたセブンの想いを綴ったような歌詞内容となっており、 隠れた名曲というに相応しい曲となっている。 第5話は『』にて 30分枠に合わせて再編集された上でだが 地上波初放送を果たしている。 放映リスト No. 全5巻。 前作の後日談的な内容で、タイトル通り「進化」がストーリーのキーワードとなる。 放映リスト No. サブタイトル 登場怪獣・宇宙人 1 「EPISODE:4 イノセント」 双頭合成獣 2 「EPISODE:1 ダーク・サイド」 放浪宇宙人 3 「EPISODE:2 パーフェクト・ワールド」 反重力宇宙人 4 「EPISODE:3 ネバーランド」 メタル宇宙人、ネオパンドン 5 「EPISODE:5 アカシックレコード」 妖邪剛獣、ガルト星人 登場人物 ウルトラ警備隊 詳細はの記事を参照の事。 TVスペシャル版 フルハシ・シゲル隊長 カジ隊員 トーゴー隊員 リサ隊員 ビデオ版 シラガネ・サンシロウ隊長 隊員 シマ・ケイスケ隊員 ミズノ・タクマ隊員 ハヤカワ・サトミ隊員 ホンジョウ・ルミ隊員 キサラギ・ユキ隊員 EVOLUTION5部作のみ フルハシ・シゲル参謀 カジ参謀 1999最終章のみ その他 モロボシ・ダン EVOLUTION5部作のみ EVOLUTION5部作のみ 小説版 1999最終章の第1巻と第6巻を中心にダイジェスト化した『ウルトラセブン Episode:0』と、EVOLUTION5部作をダイジェスト化した『ウルトラセブン EVOLUTION』の2作が存在。 現在は絶版となっている。 前者ではダンの姿がTVシリーズ当時のままの青年だったり、ザバンギを操るノンマルトがダンの記憶をコピーしたの若い頃の姿だったり、演者の死去により登場が叶わなかったウルトラ警備隊のが登場したりなど、小説ならではの演出が随所に見られる。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の