ひき肉 作り方 包丁。 包丁要らずの簡単レシピ!10分でできるもやしとひき肉の炒め物 | ガジェット通信 GetNews

厚揚げとひき肉のポケット焼き 作り方・レシピ

ひき肉 作り方 包丁

スポンサーリンク ひき肉の作り方?ミンチ肉を包丁やミキサーでの作る方法! 包丁でミンチ肉 バラやロース肉などの薄くカットされている肉が便利です。 細切れ肉も安いので使いやすいですね。 脂身が気になる人は、端を切り落としましょう。 安定したまな板の上に薄切り肉を広げて、あとは包丁で叩くのみ。 (画像引用元:) 左右に広がっていきますので、時々中央に持ってきたり、上下を変えてまんべんなく叩きましょう。 多少バラツキがあっても、それは手作りの良さ!ということにして、細かいことは気にしないほうが良いです。 ただ子どもさんがやってきてうっかり手を出そうものなら、ケガをしてしまいます。 周囲の安全にはしっかりと気をつけましょう。 フードプロセッサーでミンチ肉 ミンチ肉を作る為のミンサーと言う機械も市販されていますが、わざわざ買うのはもったいない。 そこでフードプロセッサーの出番です。 (画像引用元:) 上からお肉を落とせるタイプのフードプロセッサーなら、刃を回した状態で上から薄切り肉や細切れ肉を落としましょう。 入れすぎると刃の回転が悪くなります。 程よいミンチになったら取り出しましょう。 上から落とせないタイプのフードプロセッサーなら、薄切り肉を上に乗せて刃を回転させましょう。 生の肉は切りにくいので、軽く冷凍するとミンチしやすくなります。 肉が長すぎると刃や中心のバーに絡まりやすいので、様子を見てミンチにしていきましょう。 スポンサーリンク 自家製ミンチ肉は格別の理由 自分でミンチ肉を作る最大の利点は、 鮮度と品質です。 (画像引用元:) 肉は空気に触れる面積が広いほど酸化が進みます。 薄切り肉よりミンチ肉の方が痛みやすいのはそのためです。 今すぐに使いたい、と言う場合はミンチ肉が便利ですが、少し時間があるのなら自宅でミンチ肉を作りましょう。 また市販のミンチ肉には肉のどの部位が使われているか不明です。 バラやロースなどと区別して売れない肉が使われているのでしょう。 市販のミンチ肉を炒めていると、脂が多いように感じませんか? 脂身も多く含まれているのかもしれませんね。 薄切り肉でも細切れ肉でも、自分で確認して作れるミンチ肉なら安心です。 名のある黒豚でも細切れ肉なら安くなっています。 そんなお肉をひき肉にしたら、普段より美味しいかも。 ひき肉を包丁やミキサーの作り方で美味しいミンチ肉を! ミンチ肉を作る機械は、肉を押しつぶしてミンチ状にしています。 包丁やフードプロセッサーは刃で肉を切るので、肉の組織がつぶれません。 ここにもおいしさの違いがあるのかも。 我が家の子ども達も私がフードプロセッサーでひき肉を作ろうとしたら、すぐに手伝おうとします。 生肉を触るので、手洗いはしっかりとさせていますが、買ってきたミンチ肉より美味しい、といつも好評です。 面倒だな、と感じている人はまず食べ比べてみてください。 味の違いにびっくりしますよ。

次の

「基本の手作りハンバーグ」と「簡単すぎる手作りハンバーグ」の作り方

ひき肉 作り方 包丁

【材料】• もやし…1袋• ひき肉…200g• A味噌…大さじ1• A醤油…大さじ1• A砂糖…大さじ1• A酒…大さじ1• Aみりん…大さじ1• Aオイスターソース…小さじ1• Aコチュジャン…小さじ1• 油…適量• 卵黄…1個• 白米…適量• ねぎ…適量 【作り方】• ねぎを小口切りにします。 器に 材料Aを入れて、混ぜ合わせてソースを作ります。 フライパンに油を熱して、ひき肉を炒めます。 ひき肉に火が通ってきたら、もやしを入れてしんなりするまで炒めます。 もやしがしんなりしてきたら、ソースを入れて馴染むようにサッと炒め合わせます。 器に盛ったご飯の上に5を盛り付けます。 ねぎと卵黄をのせたら、もやしとひき肉のピリ辛味噌丼の完成です。 【材料】• 豚ひき肉…100g• もやし…100g• ナンプラー…小さじ1• 茹で卵…1個• ラー油…適量• ねぎ…適量• インスタント袋麺 味噌味 …1袋• 水…500ml• サラダ油…適量• 塩胡椒…適量 【作り方】• 茹で卵は半分に切って、ねぎは小口切りにします。 フライパンにサラダ油を熱して、豚ひき肉を入れて炒めます。 火が通ってきたら、胡椒ともやしを加えて炒め合わせます。 ナンプラーを加えて、もやしがしんなりするまで更に炒め合わせます。 インスタント袋麺を記載通りに作ります。 4を5の上に盛り付けます。 茹で卵とネギをのせます。 ラー油を回しかけたら、豚ひき肉ともやしの味噌ラーメンの完成です。 【材料】• もやし…1袋 250g• 豚ひき肉…100g• 油…大さじ1• A水…大さじ2• Aオイスターソース…大さじ1• A酒…大さじ1• A鷹の爪…1本• ごま油…小さじ1• 万能ねぎ…適量 【作り方】• 鷹の爪はハサミで細かく切ります。 器に 材料Aを入れて混ぜ合わせて、タレを作ります。 フライパンに油を熱して、ひき肉を炒めます。 ひき肉に火が通ったら、もやしを入れて更に炒め合わせます。 もやしに火が通ってきたら、2のタレをよくかき混ぜてから加えて手早く炒め合わせます。 全体的にタレが馴染んできたら、ごま油を回し入れてサッと炒め合わせます。 器に盛り付けて小口切りにした万能ねぎをのせたら、ひき肉ともやしの簡単炒めの完成です。 【材料】• 豚ひき肉…100g• もやし…1袋• しめじ…1袋• ピーマン…4個• サラダ油…大さじ1• A塩胡椒…少々• A醤油…大さじ1• Aごま油…大さじ1• A豆板醤…小さじ1. 糸唐辛子…適量 【作り方】• ピーマンは細切りにして、しめじはほぐしておきます。 フライパンにサラダ油を熱して、豚ひき肉をほぐさずに焼いていきます。 豚ひき肉の両面に焼き色がついてきたら、一口サイズに切り分けます。 しめじ、ピーマンを加えて炒めます。 しめじがしんなりとしてきたら、もやしを加えて更に炒め合わせます。 全体的に火が通ってきたら、一度火を消します。 材料Aを入れて再び火を付けて混ぜ炒めます。 器に盛り付けて糸唐辛子をのせたら、ゴロッと豚ひき肉のもやし炒めの完成です。 【材料】• 豚ひき肉…100g• もやし…200g 1袋• 卵…2個• 塩胡椒…少々• ピザ用チーズ…ひとつかみ• マヨネーズ…適量• ソース…適量 【作り方】• ボールに卵を溶きほぐして、水溶き片栗粉を加えて混ぜ合わせます。 フライパンにサラダ油を熱して、豚ひき肉の色が変わるまで炒めます。 豚ひき肉の色が変わってきたら、もやしを加えて更に炒め合わせます。 もやしがしんなりとしてきたら、塩胡椒を加えて味を調えてから一度取り出します。 4のフライパンにそのまま1を入れて、炒めたもやしとひき肉、チーズをのせます。 卵が半熟になってきたら半分に折りたたみます。 そのままひっくり返すようにして器に盛り付けます。 お好みでソースやマヨネーズをかけたら、豚ひき肉ともやしのとんぺい焼き風の完成です。 【材料】 ひき肉だね• ひき肉…300g• はんぺん…1枚• A生姜…1片• A卵…1個• A片栗粉…大さじ2• A胡椒…適量• B水…200cc• B和風だしの素…ひとつまみ• B酒…大さじ1• Bみりん…大さじ1• B醤油…大さじ1• ねぎと生姜はみじん切りにして、にんじんは千切りにします。 はんぺんは手で潰してボールに入れます。 2のボールに豚ひき肉と 材料Aを入れて、良く練って混ぜ合わせます。 耐熱皿に3を入れて、2cm位の厚さになるように薄く広げます。 ふんわりとラップをして、600Wのレンジで5分加熱します。 鍋に 材料Bを混ぜ合わせて中火で煮込みます。 火が通ったら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 5のひき肉を器に盛り付けます。 7のあんかけをかけたら、豚ひき肉のもやしあんかけの完成です。 【材料】• 豚ひき肉…70g• 塩胡椒…少々• サラダ油…小さじ1• ごま油…大さじ1• 大根もち生地• A大根…300g• A乾燥桜えび…大さじ• A片栗粉…40g• A薄力粉…40g• つけだれ• ポン酢…大さじ1• ラー油…適量 【作り方】• 長いもやしは半分に折って、大根はすりおろして軽く水気を絞ります。 フライパンにサラダ油を熱して、中火でひき肉を炒めます。 ひき肉の色が変わるまで炒めたら、塩胡椒で味を調えて粗熱を取ります。 ボールに 材料Aを混ぜて、粗熱を取ったひき肉を加えて混ぜ合わせます。 耐熱容器に4を入れて、600Wのレンジで5分ほど加熱します。 フライパンにごま油を熱して、5の両面にこんがりと焼き目がつくまで焼きます。 お好みの大きさにカットします。 器に盛り付けたら、豚ひき肉ともやしの大根もちの完成です。

次の

このひと手間で「ハンバーグ」は劇的においしくなる! ポイントは「ひき肉の合わせワザ」

ひき肉 作り方 包丁

ひき肉が手に入らないところってあるんですねぇ。 フードプロッセッサーがあるなら、簡単じゃないですか? ある程度の大きさに切って、プロセッサーに突っ込めば…。 皮とかはたぶん、取り除いたほうが、うまくいくと思いますが。 作るものによったら、他の材料も一緒に突っ込めば、簡単にできるのでは…? 私は鍋などするとき、ミンチを買い忘れたら、冷蔵庫にあるささ身などを取り出し、包丁でたたいてミンチを作ります。 なんせ、包丁なので、荒いミンチですが、鍋には結構、合います。 とりあえず、一度、やってみてください。 フードプロセッサーなら、いい手作りミンチができると思います。 料理は、何回も失敗してうまくいくもんだと思います。 A ベストアンサー まず大きな理由として、鶏肉は「はじっこ」がほとんど出ません。 合びきや豚ミンチになっているのは、ロース用、焼肉用などに形よく部位を切り取ったあとの、あまりのきれっぱしが多いです。 そのままの形では売れにくく、せいぜいいい所をあつめて「こまぎれ」等として安く売る部位ですので、どんな形になっている肉でも問題ないミンチは安いのです。 鶏はもともとのサイズが小さいですし、きれいに形を整える必要が低いので、そのようなきれっぱしがでにくいです。 次に、「需要」の問題があります。 合びきを使う料理は多く、結果買う人も多い。 鳥ミンチを買う人は少ないです。 多く売れるものは、市場の原理が働きますので、安くなります。 つまり合びきは「儲けを少なくしても、たくさん売ることで結果としてたくさん儲けられる」のです。 少ししか売れないものは、値引きすると人件費分赤字になってしまいます。 そういう理由ではないかなーと思いますが。

次の