ソフトバンク プラン 変更 違約 金。 「新プランに移行しても解約金9500円は法令違反では」 KDDIがドコモを批判【訂正あり】 (1/2)

「新プランに移行しても解約金9500円は法令違反では」 KDDIがドコモを批判【訂正あり】 (1/2)

ソフトバンク プラン 変更 違約 金

違約金というのは俗称で正式には「契約解除料」である よく世間で呼ばれているソフトバンクの「違約金」とは、正式には「契約解除料」のことを指しています。 つまり何かの契約を締結している状態であり、それを解除することから契約解除料と呼ばれている訳です。 高額な違約金+高額な違約金で、意図していない超高額な請求が発生する可能性もあります。 どちらの違約金も期間は2年契約なのですが、その他の細かい条件(制限だけでなくOKなことも)もありますので、一つひとつ解説していきたいと思います。 ソフトバンクを契約しているほとんどの方が、2年契約=いわゆる2年縛りで契約をしているかと思います。 この2年縛りというが、2年のあいだ特定の料金プランを契約し続ける必要があるという縛りになっています。 2年間、特定の料金プランを支払い続ける代わりに、その毎月の料金プランを値引きしてくれる契約です。 有名な「スマ放題 2700円」も実は「値下げ後」の料金 一番有名なプラントしてはスマホ利用者向けの「スマ放題」でしょうか。 こちらは毎月基本料金として2700円で利用できる、通話料金が月額固定のプランです。 実はこの2700円というのが、2年間はこの「スマ放題」を利用し続ける条件で、値下げされたあとの金額となっているわけです。 つまり、この2年間の縛りがない「スマ放題」のプランもありまして、通常料金としては2700円ではなくて4200円という設定がされています。 この背景がわかれば、なぜ解約やプラン変更に違約金が発生するのか理解できるかと思います。 2年に一度やってくる違約金のかからない解約月・更新月 2年縛りの割引契約であるということで、2年に一度、その契約の見直し期間が与えられています。 それはいわゆる契約月・更新月と呼ばれるもので、ソフトバンクの場合は正式には「契約更新月」となっています。 この契約更新月は24ヶ月経過直後の新たな2ヶ月間、つまり25ヶ月目と26ヶ月目の2ヶ月間が対象となっています。 このタイミングで2年契約の縛りを解除したり、違約金が発生することなく解約したり、他社へMNPでのりかえすることができます。 違約金のかからないタイミングは人によって異なるのですが、その調べ方はページの後半で詳しく解説していますので参考になさってください。 契約は自動更新なので2年経過後も違約金が発生 毎月の料金プランを値引きしてくれる代わりの2年間の縛りということですが、2年経過後にはこの契約は自動更新となってしまいます。 2年契約の場合、25ヶ月目、26ヶ月目の2ヶ月間の間に何も手続をしなければ、また新たな2年契約の自動更新がなされます。 ずっとソフトバンクを使い続けている方には、何もせずとも割引を受け続けられる仕組みなので自動更新の方がいいかもしれませんが、プラン変更や格安SIMへののりかえ、解約などを考えている人にとってはひと手間かかるしくみです。 契約更新月の間に2年縛りのない料金プランに変更することで2年契約の自動更新を止めることができますが、2年縛りではなくなる=毎月の料金プランの値下げもなくなる、ということになりますので、その後の毎月の料金はこれまでの2倍近くの通常料金となり、毎月の出費は増えてしまうでしょう。 補足 2年契約(フリープラン)というのも登場しまして、これは2年経過後に違約金が発生しないプランですが、こちらは通常の2年契約と比べて毎月の料金プランの割引額が減額されています。 逆にまだまだ7ヶ月以上は使うよ、という方は割引を考慮すると違約金以上のお得さがでてきますので、違約金を払う前提で2年契約の自動更新をしてしまう方がいい選択となるでしょう。 実はソフトバンク内での機種変更なら違約金はかからない ソフトバンクの特徴でもあるのですが、この2年縛りは料金プランの利用期間の縛りがあるという形式です。 料金プランを変更しなければ違約金が発生しないということは、ソフトバンクの機種からソフトバンク機種への機種変更であれば違約金はかからないということです。 機種変更時は料金プランの契約期間と分割払い終了のタイミングがズレる 料金プランの2年縛りの期間と、機種変更によって入手した新しい機種の分割払いの終わるタイミングがズレてしまうことが多いので注意が必要です。 私も経験したよくある例ですが、新しいiPhoneが登場した時にちょっと悩んだり在庫がなかったりで、少し遅れて機種変更をしてしまったケースです。 2年縛りの1年経過時点で、新しいiPhoneに機種変更をした場合、1年後に2年縛りが解ける解約月・更新月がやってきますが、iPhoneの分割払いの残高がまだ残っているので解約ができなくなります。 (残債がある状態で解約をしてしまうと、新しいスマホの分割払いに対して受けていた割引「月月割」が無くなるので、割引なしの残債返済を迫られてしまいます) かといって、さらに1年経過すると、iPhoneの割賦の残債はなくなりますが、2年縛りが自動更新されているので、あと1年持たないと違約金が発生してしまいます。 契約内容によって違約金が発生する条件、タイミング、その金額も異なってきます。 まずは契約している料金プランを調べてみてから、該当する違約金を確認してみてください。 A.スマ放題/スマ放題ライトの違約金 他社からMNPでのりかえ&最新機種を0円で購入できる「一括購入割引」 ソフトバンクの2つ目の違約金についてですが、これは主にドコモやauなど他の携帯電話会社からMNPでソフトバンクにのりかえしてきた方が対象となるものです。 その中でも「一括購入割引」というスマホや携帯電話の購入金額を大きく割引するサービスを適用していた場合にその対象となります。 最近にスマホはパソコン並みの高機能のものが多いのですが、実はスマホの端末自体の料金もパソコンと同じくらいの金額になっています。 iPhoneXのように10万円を超えるものも出てきていますが、これを一括で支払うことは気軽にはできませんよね。 そこでソフトバンクは他社からMNPでソフトバンクに移りつつ、iPhoneXなどのスマホ端末を購入する際に、一括払いでも0円にしてくれるというサービスをはじめました。 それがこの「一括購入割引」です。 端末を0円にする代わりに2年間利用する契約 10万円近くのものが0円になってしまうのですから、これはとても嬉しい値引きサービスですよね。 ソフトバンク側も完全に赤字となってしまう施策なので、1つだけ条件をつけ、それを契約にしたということです。 その条件というのが、最低2年間は契約を解除しないでくださいね、という別の2年縛りです。 パケット定額サービス/データ定額パックも2年間解除NG 最低利用期間が2年間というのは、ソフトバンクの契約を2年間維持してね、というだけではありません。 パケット定額サービスやデータ定額サービスの変更についてもNGとなっています。 パケット/データの定額料金サービス自体がそれなりの金額なので、それを2年間維持して払い続けてね、という契約になっています。 いわゆる、ホワイトプランのような通話だけの定額プランであったり、ガラケー、みまもりケータイ、ジュニアスマホ、フォトパネルのような、最低維持費だけで寝かせられるような低料金プランへの変更はダメですよ、ということです。 しっかりと使って、毎月ある程度の支払いをしてくれる方向けの、値引きサービスということですね。 ひとりでも多く自社に取り込みたい思いがあるので、このような一括0円キャンペーンなどをやっています。 さらに街の携帯・スマホショップへの奨励金のようなものにも相当な投資をしているようです。 ソフトバンクが赤字覚悟の高額な値引きサービスやキャンペーンをしている代わりに、最低2年間は利用してくださいね、という契約になっているわけですね。 つまり、2年間経過してしまえば違約金が発生することはなくなるということで、先述の毎月の料金が安いプランにも変更可能になります。 違約金の金額の方も2年縛りの約2倍の2万円を切る程度でしたが、それでも当時はかなり割高に感じていました。 その後、最低利用期間が6ヶ月から12ヶ月と約2倍に延長され、違約金の額も更に2倍程度に増額されました。 そして2015年4月頃から、最低利用期間はさらに2倍の24ヶ月、違約金も6万円超となる最新機種も出てきました。 それだけ、短期解約者が多く、ソフトバンクが損を被っていたということだと思われます。 最初は高額でも毎月その違約金の金額が減額されていきます。 そして最低利用期間の2年間を経過したところで、ちょうど違約金が0円になるように設定されています。 この違約金の額は機種によっても、購入時期によっても変動しているので別表で解説します。 一括購入割引を適用した場合は2年間は利用しないと、高額な違約金が発生しますので、たとえスマホが壊れてしまったとしても何とか契約は続けたほうがいいです。 スマホの故障の場合は、あんしん保証パックのサービスを利用していれば、状況にもよりますが数千円で新品または同等のものに交換して貰えたりします。 またこういったサービスに入っていない場合も、同じ契約のままであれば別で安く調達した端末に機種変更をする方法もありますので、一度ショップに相談してみてください。 (料金プランが変わってしまうスマホやガラケーには機種変更ができないか、違約金が発生してしまう可能性があります) A.iPhoneの場合の違約金 Xperia XZ1の場合の違約金 違約金はiPhoneだけではありませんで、Xperia XZ1であっても、同じく初月解約で7万円を超える違約金が発生します。 こちらも毎月3,150円ずつ減額され、24ヶ月以降には0円になるという計算になっています。 ソフトバンクの解約月・更新月について注意点 ここまでは違約金の種類などを解説して参りましたが、ご自身の契約状況などは確認できましたでしょうか。 結論「ソフトバンクの違約金のかからないタイミング」 結論から先に言います。 ソフトバンクでの解約をしても違約金のかからないタイミングは・・・ 手順06:「更新期間」を確認する 表現としてはわかりやすいのですが、実は月と日のXXの部分は人(契約)によって異なります。 とくに、ソフトバンクは他社と違って月末締めではなく月の途中が締め日となっている場合が多い関係で、更新月もキリの悪い月中が境目になっています。 以前は1ヶ月間しかなかったのですが、ドコモに続いて、ソフトバンクも2016年3月から違約金のかからない期間を1ヶ月間から2ヶ月間に延長しました。 「更新月」の注意点は契約によって月日が異なる docomoやauでは毎月の締め日(契約が切り替わる月、請求が締まる月)は月末で統一されています。 しかしソフトバンクでは10日、20日、末日と契約によって締め日が異なります。 2017年11月が更新月の場合ここにタイトル 10日締めなら・・・「2017年11月11日から2ヶ月間」 20日締めなら・・・「2017年11月21日から2ヶ月間」 末日締めなら・・・「2017年11月末日から2ヶ月間」 という表記になります。 一般的には(最近契約された方は)20日締めが標準となっているようです。 昔から契約している方や、その方を主回線とした一括請求をしている場合、10日締めや末日締めとなる場合があります。 ちなみに私も最初は20日締めでの契約となったのですが、10日締めの家族の家族割に入ったので、締め日が10日に変更となった経緯があります。 「2ヶ月間」というのはいつまで?思う方も居ると思いますので、上記の例で言えば、 締め日別に整理すると 10日締めなら・・・「2017年11月11日から2018年1月10日」 20日締めなら・・・「2017年11月21日から2018年1月20日」 末日締めなら・・・「2017年11月末日から2018年1月末日」 となり、この期間(1日もずれてはダメ)に解約すれば違約金(解約金)が発生しないこととなります。 ソフトバンクの解約月・更新月の確認方法(My Softbank編) ソフトバンクの「更新月」というのは、インターネットで確認することができますが、もちろんSoftbankのお客様サポート(157)でも確認できます。 インターネットで確認する場合は、料金明細やプラン変更などができるサービス「My Softbank」を使って調べます。 ちなみにスマートフォンだけでなく、パソコンやタブレットからも利用できます。 この更新期間が「更新月」になっています。 先述の通り、ドコモやauとは違って締め日が月末に限らない為、更新月という表現はしなくなったようです。 たしかに更新期間の方がしっくりきますし、わかりやすいですよね。 ちなみに、私の場合は20日締ではなく10日締めのため、上記のように「11月11日~」と表示されています。 人によって異なりますので良く確認してください。 メニューは短縮番号になっており、音声ガイダンスの途中でも受け付けてくれます。 短縮番号はホームページで公開されているので、事前にチェックしておくとスムーズです。 その後、オペレーターとの通話となり契約状況を確認することになるので、下記の準備をしてから電話をかけてください。 また、契約者本人であるかの確認が入りますので、特別な事情が無い限り、契約者本人が電話をするといいでしょう。 携帯電話番号• 暗証番号• 個人情報(氏名、生年月日、住所、電話番号) ソフトバンクお客様センターの混雑状況 ソフトバンクお客様センターは連休明けや月末は混雑しがちです。 早いときは数分でつながるのですが、混雑時は数十分ほど待たされることも。 会社のお昼休みなど、時間が限られている時間帯に電話をすると焦りとストレスのもととなりますので、余裕のある時期/時間帯に電話をしてみてください。 なお、ソフトバンクのお客様センターの対応は本当に丁寧で素晴らしいです。 ソフトバンクショップに行って確認 ソフトバンクの店員さんと対面で確実に確認しておきたい方は、ソフトバンクショップに行って手続きする方法もあります。 デメリットとしては、ご存知の通りソフトバンクショップは人気もあって混雑していることが多いという点で、私も一時間以上待たされたことが何度もあります。 ショップで手続きをする際に必要なのが身分証明書で、これを持っていかないと受付できないか照会に時間がかかります。 契約者であるかの本人確認も入るので、電話と同様に契約者本人自らがショップに行くか、同行してもらいましょう。 どうしても契約者本人がショップに行けないという場合は、ショップで委任状をもらうことができますので、契約者本人に記入してもらって代理人としてショップで手続きをすませましょう。 その際に、代理人も身分証を求められると思いますので、持参していくとスムーズです。 ソフトバンクの解約月・更新月と一緒に確認しておくこと 補足01:下にスクロールして「割賦契約情報」を選択 補足03:合わせて月月割の割引残が無いか確認 一緒にさきほど述べた毎月の割引「月月割」についても確認しておきましょう。 まだ割引期間が残っているとしたら、少しもったいないですよね。 ちなみに解約をする最終付きは、この月月割が適用されません。 満額しっかりと請求されますのでご注意ください。 何としても違約金を回避したい方は・・・ 何かショップ側に落ち度と証拠があれば違約金を免除してもらえる どこのキャリアかは伏せますが、過去に1度だけ私も体験していまして、ショップ側の手違いがあった場合には違約金を免除してくれるケースがあります。 ただ、明確なショップ側の落ち度がある前提で、その証拠の提示や言った言わないなど、相当な労力がかかります。 証拠を集めながら、何度も通い、長時間話し合い、最後は交渉を重ねた末の違約金の免除でした。 ちなみにソフトバンクでも説明不足による不利な契約がありトラブったことがありますが、ソフトバンクの対応は最強でした。 いつもは見本となるほど丁寧なサポートセンターのスタッフさんでしたが、明らかに口調の異なる(きつい)トラブル専門部隊が出てきまして、すでに契約にサインしているの一点張りで一歩も譲りません。 契約書にサインをしている時点で法的には正しいのですが、納得性や口頭レベルの不手際では、交渉すら難しいのが現状です。 他の携帯会社のキャンペーンを利用してMNPでのりかえる ソフトバンクが他社の携帯電話ユーザーを狙っているように、ドコモやauをはじめとする各キャリアも同様にキャンペーンを打ってユーザーの獲得を狙っています。 そのキャンペーンによっては、ソフトバンクの違約金と同額を負担してくれるものや、違約金だけでなくその何倍もキャッシュバックで還元してくれるものなどがあります。 MNPであれば携帯電話番号も変わりませんので、携帯専用のメールアドレス(~ softbank. jp や ~ i. softbank. jp)が使えなくなってもいい、という方は検討してみてもいいかもしれません。 【最後に…】情報の「チェックもれ」ありませんか?.

次の

「新プランに移行しても解約金9500円は法令違反では」 KDDIがドコモを批判【訂正あり】 (1/2)

ソフトバンク プラン 変更 違約 金

ソフトバンクの契約を実際に解約したときにもらった書類。 契約解除料の部分が「0円」になっている ソフトバンクはだいたい10月から違約金無しで解約可能に まず新プランでは、契約期間や違約金がそもそも設定されないソフトバンクから。 ソフトバンクは、人によって「締め日」が異なるため開始日が少し違ってくる。 違約金なしのプランは9月13日から申し込み可能で、その後に締め日をまたいでから実際に適用される。 最近ソフトバンクユーザーになった人の多くは月末が締め日なので、9月中に申し込んでいれば10月1日からは違約金なしでの解約が可能だ。 方法は簡単で、ウェブサイトの「My SoftBank」からプラン変更手続きをするだけ。 たとえばミニモンスターの人は同じ「ミニモンスター」へのプラン変更をすれば、ミニモンスターのまま違約金がなくなるということになる。 確認のところで、年間契約が解除と表示され、わかりやすい MNP転出はウェブから、 解約はソフトバンクショップに行くことが必要 違約金なしで解約可能となった場合、大部分の人はNMPで他のキャリアに乗り換えをすると思われる。 ソフトバンクの場合、料金プラン変更などができるウェブサイトからMNP番号の発行という手続きが可能だ。 ただし、時間帯が限られており、朝の9時から夜の8時までとなっているため、夜に思いついて格安SIMにオンライン申し込みをしたと思っても、朝まで待たないと手続きできない。 その上、契約の内容によってはウェブ上では発行ができず、コールセンターに電話する必要がある。 MNPで他キャリアと契約するのではなく、完全に解約する場合は、ソフトバンクショップに出向く必要がある。 違約金がなくなったとしても、これなかなか時間がかかり、ハードルも高い。 キャリアショップは一般的に混雑していて長時間待たされるか、事前予約をしなければならないことが多く、リアル店舗のメリットがまったく活かされていない。 あくまで筆者の経験だが、auショップやドコモショップは予約なしで出向いても小一時間程度の待ち時間で対応してもらえるが、ソフトバンクショップの場合、店によっては予約を促されて門前払いを食らうほど、なかなかスムースな対応をしてもらえない印象がある。 それでも、ソフトバンクの場合、都市部の大規模店のほうが逆に待たされない印象だ。 急いで手続きしたいなら、混雑したら別の店に行くなどする覚悟も必要だ。 筆者の場合も、9月末に格安SIMをいくつか先に申し込んでしまったので、ソフトバンク回線は乗り換えなしの純粋な解約。 あえて、郊外店に出向いてみたが、解約時には違約金がないことを説明されただけで、SIMカードを返して続き終了。 この間、5分程度で済んだ。 予約なしでもすぐ対応すれば、貴重な時間の節約という代えがたいサービスになるはずなのだが、ショップ側にその気はないようだ。

次の

ソフトバンク光の最適なプランを選ぶには?特徴や料金を丁寧に解説!

ソフトバンク プラン 変更 違約 金

目 次• 『専用2年契約にご加入時の料金です。 専用2年契約は2年単位での契約となります(自動更新)。 更新月(契約期間満了の翌請求月と翌々請求月)以外の解約などには 契約解除料(9,500円)がかかります。 また、更新月に解約などされた場合は、前月利用分まで割引適用となり、当月利用分は割引適用されません。 』 このように、基本は2年契約になり、 「更新月」とよばれる期間以外に解約しようとした場合、契約解除料9,500円かかってしまう事になってしまいます。 また、2年が経過して機種変更時にプラン変更したり、乗り換えする際にも更新月に注意しておかないと、 契約解除料がかかってしまうのです。 そこで、更新月を確認しておくことが重要になります。 次の項で詳しく更新月の確認方法など説明いたします。 2更新月を確認しておこう! ソフトバンクにおいて、契約解除料がかからない、いわゆる「更新月」は 契約期間満了の翌請求月と翌々請求月とこの2ヶ月間が更新月となります。 そこで、 ややこしいのが「締め日」の存在です。 単純に契約日から1ヶ月という訳ではないのです。 【例えば、更新月が1月の場合】• 調べる方法は次の通りです。 ただし、混雑時は数分から数10分ほど待つこともあります。 「契約内容の確認・変更」へと進むと、自分の加入しているプランと契約期間、更新月の情報が出てきます。 3まとめ 基本的には、全てのプランは2年契約ということはご理解していただき、 プランの変更時には「更新月」に注意して行いましょう。 特に、機種変更や乗り換えなどの際には、パッと行ってすぐにできると思われている方も多くいるかと思います。 まずはそれぞれのショップに出向くか電話で確認しておくことが大切です。 現在、ドコモやauをお使いの方でソフトバンクへ乗り換えをご検討中の方がおられましたら、お気軽にください。 を行っております!!!.

次の