コロナ ライブ ハウス アーティスト。 コロナ禍のアーティストやライブハウスを支援 神戸市が独自の補助金(関西テレビ)

新型コロナウイルスとライブハウスについて

コロナ ライブ ハウス アーティスト

新型コロナウイルスによるライブ中止はいつまで続く? 政府のイベント自粛要請はいつまで?延期もあるの? 国内で開催されるライブの中止や延期が相次ぐきっかけとなったのは、 2020年2月26日に政府が大規模イベントの中止や延期、規模縮小などを求めたことでした。 逆にこの発表を前に自主的に公演中止を決断していたアーティストはごく僅かで、 26日を皮切りに続々とライブやコンサートの中止が発表されたのが現実です。 日本国内のライブの公演中止・延期の情報はこちらの記事にまとめています。 自粛要請の期間は、発表当時はおよそ2週間とされていましたが、2月26日から2週間後となる3月10日が近づいても新型コロナウイルスの感染者は増え続けています。 現状からみても、ライブやコンサートを含む大規模イベントの開催自粛要請は延期されるのではないでしょうか。 残念ながら、ライブハウスを介して集団感染が起きたと考えられる事例も発生しており、明らかに事態は悪化していますよね…。 大阪市内の2つのライブハウスで「クラスター」が発生した可能性が高まっています。 14人は20~60代の男女で、府の感染確認は計55人に。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 【2020. 10 追記】 2020年3月9日の政府専門家会議にて、19日まではイベント自粛要請を継続する必要があるとの見解が示されました。 【自粛「19日までは継続を」】 新型コロナウイルスを巡り、政府の専門家会議は国内状況について「警戒を緩めることはできない」とする見解を発表。 イベント自粛など防止措置については、対策の効果が見えてくる19日頃までは自粛が必要とした。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 【2020年4月7日追記】 緊急事態宣言が発出されました。 「緊急事態宣言を発出いたします。 …期間は、令和2年4月7日から5月6日までの1か月間とし…区域は、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、及び福岡県の7都府県とします。 …措置を実施する必要がなくなったと認められるときは、速やかに緊急事態を解除することといたします。 しかし最近になって、WHO(世界保健機関)はそのようなことを期待できる根拠はないとの見解を示しています。 WHOが「新型コロナ、夏になれば終息」否定 過度の期待戒め 「夏になれば消滅すると考えるのは誤った期待だ。 米津玄師さんは、2月26日の政府の自粛要請を受けてすぐに2月下旬から3月初旬までに予定されていたライブの公演中止を発表。 その後3月5日には、 4月初旬までに予定されていたライブの中止や延期を追加発表しています。 【2020年4月5日追記】 その後、公演見送りが発表されました。 4月にライブを予定している他の多くのアーティストもチケットを販売しています。 判断が難しいところなので、どうしてもそれぞれ判断が異なってしまいますよね。 5月のライブは中止・延期になる? 5月に開催が予定されているライブ公演 5月といえば、東京オリンピックのメイン会場ともなる 新国立競技場で嵐のコンサートが予定されています。 日程については昨年(2019年)から決定していますが、新型コロナウイルスの影響か、なかなかチケット販売の詳細が発表されないままとなっています。 オリンピック関連ということもあり、かなり慎重に判断する必要があるのでしょう。 というのも、5月末をめどに日本国内で新型コロナウイルスの感染拡大が終息していなければ、東京オリンピック自体の開催が危ぶまれているからです…。 3月6日以降に詳細が発表される予定でしたが、こちらも新型コロナウイルスの影響だと思われますが、遅れています。 亀と山Pのドームツアーについては、以下の記事にまとめています。 (申し込み方法等、 詳細を追記しました) 5月のライブ公演の中止を決めたアーティスト 矢沢永吉さんは、4月21日から5月10日にかけて開催を予定していたツアーの全公演中止を3月26日時点で発表しました。 GLAY、東京ドーム含むドーム3公演中止 — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon ライブ中止はいつまで?6月・7月・8月にライブはできる? 6月のライブは中止・延期になる? 6月のライブ中止が発表された公演 【ジャニ6月末まで公演中止延長】 ジャニーズ事務所は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、6月30日まで、所属タレントの公演を中止すると発表した。 中止対象は、Kis-My-Ft2、NEWS、Sexy Zoneの公演など。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics ジ ャニーズ 事務所は、5月15日に所属グループの6月公演を中止すると発表しました。 5月15日の発表で、7月後半のツアーファイナルまですべての公演を延期することを発表しました。 — ORICON NEWS(オリコンニュース) oricon 北海道で8月14・15日に開催を予定していたオールナイト野外ロックフェス 『RISING SUN ROCKFESTIVAL 2020 in EZO』の中止が、5月18日に発表されました。 新型コロナウイルスの感染拡大当初はライブの開催についてもギリギリまで様子をみていた感じでしたが、 どんどん中止発表が早くなっている印象ですね。 仕方のないことですが、このままでは いつからライブが開催できるのか見当がつきません。 ライブはいつからできる?秋以降に予定されているライブは? 9月に予定されているライブ 2020年9月には、ビリー・アイリッシュの来日公演が予定されています。 また、セカイノオワリの10周年ドームツアーが開催されます。 10月に予定されているライブ 2020年10月3日から、あいみょんの全国アリーナツアーが予定されています。 11月に予定されているライブ AAAは2020年内でグループの活動休止を発表しており、11月から12月にかけて6大ドームツアーを予定しています。 新型コロナウイルスが終息するためにできること 楽しみにしていたライブが新型コロナウイルスの影響で中止・延期になってしまっても、 自分の身近に感染者でもいない限りは、なかなか現実的な問題として実感できないという方もいるかもしれません。 つい、いつも通りの生活をしていませんか? もし1日でも早く新型コロナウイルスが終息し、またライブに参加できる日が来ることを望むなら、今だけは一人ひとりが意識を高くもつことが大切です。 睡眠と栄養をたくさんとって免疫力をあげる• 手を洗うときは30秒以上• 咳エチケットを守る• 顔を触らない(目をこすらない)• 感染リスクの高い場所にいかない• 不要不急の外出を控える 毎日聞き飽きるくらい耳にする基本的なことですが、全てを守るというのは容易ではないのではないでしょうか。 残念ながらライブ会場で感染が拡大してしまったと思われる事例もあるので、まだしばらくは開催を断念せざるを得ない状況が続くことが予想されます。 終息の時期について具体的な予測は難しいですが、4月・5月・6月の公演についても判断が難しいことが伺えます。 1日でも早くまた思い切りライブが楽しめる日が来るように、私たち一人ひとりが感染拡大予防に気を付けましょう…!• SmaSurf クイック検索•

次の

渋谷ライブハウスのコロナ感染アーティストは誰?出演一覧も!世間は「危機感なさすぎ」の声

コロナ ライブ ハウス アーティスト

開始後1週間で1,000万円を集め、目標金額300万円の6倍弱の1,742万円を集めました。 リターンとして、過去のライブやMV撮影で使用した衣装を用意したことが大きな話題になりました。 取り壊し宣告を受け、移転先が見つかったものの、防音工事費用がかさむためクラウドファンディングで費用の調達を目指しました。 地元の方々の支援が瞬く間に集まり、結果として目標金額の2倍を超える713万円を調達しました。 目標金額:3,000,000円 支援総額:7,136,001円 支援者(コレクター)の数:528人• ファンの温かい支援を受け、目標金額を超える494万円を調達しました。 目標金額:3,900,000円 支援総額:4,940,766円 支援者(コレクター)の数:441人 このように、クラウドファンディングは音楽業界の皆様に幅広く活用されています。 そして、今般のコロナウイルスの影響下でその役割はさらに大きなものになりつつあります。 Photo by on コロナウイルス下でのライブハウス 未だ終息の気配が見えない新型コロナウィルス(COVID-19)。 音楽業界は、他の業界よりも早く、コロナウイルスによる自粛(ライブの中止・延期)を求められました。 特にライブハウスは感染源として真っ先に槍玉に挙げられ壊滅的な被害を受けており、存続すら危ぶまれる場所も生じてきています。 4月7日の緊急事態宣言によりその動きは加速、特に大都市において殆どのライブハウスが休業に入りました。 50-70%とも言われる3月の減収、4月の休業……。 このままでは、多くのライブハウスが閉店を決断しなければなりません。 また、ライブの中止に伴って、もちろんアーティスト・バンドにも大きな損害が出ております。 政府からの補償が確約されない中で、クリエイティブの未来を支えるべくMOTIONGALLERYでは支援プログラムを立ち上げました。 イベントを中止せざるを得ない事態に対して向き合い、オンラインイベントや無観客ライブ配信などに切り替え、インターネットの力でファンとやユーザーとの繋がりを保ち続ける今般の動きも、MOTIONGALLERYでは後押しして行ければと思っております。 (1)対象プロジェクト ・新型コロナウイルスの影響で開催予定であったイベントが中止もしくは延期となり、会場費や運営費などの損失が発生したイベントの主催者及び関係者 ・新型コロナウイルスの影響で自主的に休館・休業を選択されたライブハウス・イベントスペースの運営者の方々 など (2)プログラム内容 ・目標金額への到達の有無に関わらず集まった資金を受け取ることができるプロダクションファンディング(ALL-IN形式)を適用いたします。 3月以降相次ぐキャンセルによって経営が苦しくなっていました。 その折、常連のお客さんから「自宅からライブを見られたら」との声が上がったことを受け、インターネットでの無観客ライブの配信を計画。 専用機材を購入する資金がなかったことから、クラウドファンディングを活用しました。 ライブハウスCRAZYJAMから音楽で笑顔をつなぐプロジェクト。 ノンジャンルセッション・アーティストセッションの老舗であり、数多くのコミュニティを育ててきた立川のライブハウス、CRAZY JAMが閉店の危機に直面し、クラウドファンディングをスタートしました。 開始早々に目標金額を上回り、現在も支援額を伸ばしております。 個人レッスン券といったユニークなリターンも話題になっています。 よろしければ是非ご覧いただき、ライブハウスやアーティストの皆様を支えていただけますと幸いです。 下記の画像をクリックいただき、是非お聴きくださいませ。

次の

新型コロナウイルスとライブハウスについて

コロナ ライブ ハウス アーティスト

神戸市は、新型コロナウイルス拡大防止のため活動自粛を余儀なくされている音楽家などのアーティストを対象に、補助金を支給すると発表しました。 神戸市が発表した補助金は、音楽、演劇、落語などの文化に関わるアーティストが対象です。 新型コロナウイルスの影響で活動の自粛を余儀なくされるアーティストが多い中、ソーシャルディスタンスに配慮したイベントやオンラインでの配信事業の計画を提出すれば、1人あたり10万円を上限に補助金を支給するということです。 また、イベントの中止や延期が相次いでいるライブハウスや劇場に対しても、1つの施設あたり75万円を上限に、アクリル板の設置や配信用機材の購入に充てられる補助金の申請を受け付けます。 いずれも申請は7月8日から神戸市のホームページで受け付けます。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の