チャーハン レシピ 玉ねぎ。 炒飯に玉ねぎだとおいしくはないですか?

基本のチャーハンを丁寧に美味しく作るレシピ/作り方:白ごはん.com

チャーハン レシピ 玉ねぎ

こんにちは。 元高級中華職人です。 炒飯に玉ねぎ、おかしくないですよ。 長ねぎとは違った、しっとりとした甘みがあって、好きな方は意外に多いのです。 ただし、作り方をよくご存じなく、ものにできない方が多くみられるのが残念です。 玉ねぎには長ねぎより水分が多く含まれていますし、独特の辛味やアクがあります。 裏を返せば、長ねぎにはない、深い旨みの成分があるのです。 玉ねぎを荒微塵に切っていただいたら、鍋に油を引き、下炒めしてみてください。 炒め加減は、中火で玉ねぎが飴色に変わる寸前まででお皿に取り出します。 このあと、鍋を強火で煙が立つまで熱し、油返しをしてから溶き玉子を加え、ぐるぐる半熟にしたら、ほのかに温かさが残ったご飯を入れ、玉子とご飯が混ざりあったところで下炒めしておいた玉ねぎと塩を入れ、最後に醤油をほんの少しだけ鍋肌にかけ回して仕上げてみてください。 玉子と玉ねぎだけなのに、深くて優しい甘みのある素晴らしい炒飯ができますよ。 うまくできたら、感想を聞かせていただけると嬉しいですね。 結婚もある種の「異文化交流」ですからね。 下着の着方から新聞の読み方にいたるまで なにもかも違っていて、ほんとに驚くやら 戸惑うやら・・ ~にきまってる! みたいな言い方されると 腹は立つし・・ 今となっては懐かしい思い出です。 結婚して20年も経ちました。 どちらからともなく同化しました。 で、本題のネギですが、 わたしはどちらも使い分けますよ。 玉ねぎのときはバターで炒めて エビなどの具が合います。 甘味がでて、洋風味のチャーハンになり 子供たちには受けますね。 コーンスープとサラダを添えて・・・。 長ネギだと、キリッとした和風味になります。 サラダオイルで炒めて 卵とかゴマ、枝豆などの具が合います。 仕上がりにおかかを散らすのも美味しい。 お酒を飲んだ後とかにいいです。 とろろ昆布のすっきりしたすまし汁と おひたしか漬物を添えます。 新婚なのかな。 結婚もある種の「異文化交流」ですからね。 下着の着方から新聞の読み方にいたるまで なにもかも違っていて、ほんとに驚くやら 戸惑うやら・・ ~にきまってる! みたいな言い方されると 腹は立つし・・ 今となっては懐かしい思い出です。 結婚して20年も経ちました。 どちらからともなく同化しました。 A ベストアンサー 私もプロです。 私の経営する料理教室では、生徒さんに下記のように教えています。 パラパラっと綺麗に出来ますよ。 <材 料> ご飯/茶碗3杯、 味覇(ウエイパー)/大匙2弱、 お湯/大匙1、 卵/2個、 ごま油/小匙2、 塩胡椒・醤油/適量、 具(ウインナー、肉、鮭、エビ、イカ、ネギ類) <作り方> 1)味覇(ウエイパー)をお湯で溶いて、そこに卵を入れしっかり混ぜる 2)ボールに、ご飯と卵と具を入れ、塩コショウ少々を入れ、しっかり混ぜ合わせる 3)熱したフライパンにごま油を入れ、ご飯を炒める。 (強めの中火で手早くパラッと仕上げる) 4)最後に、お好みで塩コショウ、醤油などで味を調整する。 美味しいものを作って下さい。 A ベストアンサー なんかぐちゃぐちゃなこと言う人もいますが・・・。 この場合は消費期限ではないですか? 1 消費期限=概ね5日以内に消費するべき物で、これを過ぎると安全性は保証されません。 2 賞味期限=概ね5日を過ぎて消費されるもので、期限内は本来の味を損なわないというものです。 安全性を保証する期限ではありません。 なお、 1 も 2 も同様に、メーカーの指定した条件で保存した場合のみの基準です。 生鮮品は概ね消費期限、豚肉も同じです。 したがって今回のケースは、期限を過ぎて食べて何かあっても販売者はしりませんよというものです。 ただし、こうした期限はあくまで原則に過ぎませんので、これよりももつものもあれば逆の場合もあります。 安全率を考慮してあるのも事実ですが、まあ生鮮品は期限内に消費するに越したことはありません。 豚肉の場合であれば、傷んできたら臭い・べたつき・変色のいずれかの変化がでてきます。 あくまで自己責任で、五感を働かせましょう。 なお、豚肉の寄生虫が日本で問題になったのは遙か昔の話。 現在ではほぼ考えなくていいです。 余計なことかも知れませんが、こと身の安全に関わる質問をここでするのは感心しません。 回答は玉石混合、間違って食中毒でもおこしたら大変ですよ。 なんかぐちゃぐちゃなこと言う人もいますが・・・。 この場合は消費期限ではないですか? 1 消費期限=概ね5日以内に消費するべき物で、これを過ぎると安全性は保証されません。 2 賞味期限=概ね5日を過ぎて消費されるもので、期限内は本来の味を損なわないというものです。 安全性を保証する期限ではありません。 なお、 1 も 2 も同様に、メーカーの指定した条件で保存した場合のみの基準です。 生鮮品は概ね消費期限、豚肉も同じです。 したがって今回のケースは、期限を過ぎて食べて何か...

次の

【みんなが作ってる】 卵チャーハン 玉ねぎのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

チャーハン レシピ 玉ねぎ

パラパラのチャーハンに仕上げるには、いくつかのコツがあります。 まずは、 強火で一気に炒めて余分な水分を飛ばすことです。 ご飯はなるべく水分が少ないものを使用し、ご飯を固めに炊いたり、ラップをしないでレンジで加熱したりしましょう。 また、 ご飯をあらかじめ卵と混ぜておき、卵かけご飯のような状態にしておく方法もあります。 油の代わりにマヨネーズやラードや牛脂を使用してもパラパラに仕上がるそうです。 チャーハンを炒める時は、混ぜるというよりはご飯をお玉の底でほぐすようなイメージです。 美味しいチャーハンに仕上げるには炒める順番やタイミングが大切で、何より手早く作ることが基本です。 あらかじめ食材や調味料を小分けにし手元に置き、スムーズに作れるように準備しておきましょう。 【材料】1人分• ごま油:小匙4• 卵:1個• ご飯:200g• グリンピース:10g• 鶏がらスープの素:小匙1• コショウ:少々• ツナ:30g• マヨネーズ:小匙1• 醤油:小匙1• 酒:小匙1 【作り方】• ツナとマヨネーズは、あらかじめ軽く混ぜておきます。 熱したフライパンにごま油をひき、卵を入れてすぐに白ご飯も入れます。 ご飯と卵をほぐしながら炒め、玉ねぎとグリーンピースを加えます。 ご飯がパラパラになってきたら、鶏からスープの素とコショウと1を入れます。 全体に味が馴染んだら、醤油と酒を混ぜたものを鍋肌にまわしかけます。 サッと全体を炒めたら完成です。 【材料】• ご飯:200g• 卵:2個• 豚ひき肉:100g• 万能ねぎ:少々• 紅生姜:少々 A• 油:大匙1• 創味シャンタン:小匙1• カレー粉:小匙1• 中濃ソース:小匙半分 【作り方】• ご飯に卵を入れて、軽く混ぜておきます。 フライパンに油をひき、ひき肉と玉ねぎを入れて炒めます。 ひき肉に火が通ったら1を加えて、卵が固まってきたら混ぜながら炒めます。 3に創味シャンタンとカレー粉を入れて、全体に味が馴染むように炒めます。 仕上げに中濃ソースを入れて、サッと炒めます。 皿に盛って、上から万能ねぎを散らし紅生姜を添えたら完成です。 【材料】• 玉ねぎ:20g• 人参:20g• パプリカ:20g• ズッキーニ:20g• 長ねぎ:20g• 鰆 さわら :一切れ 60g• 塩コショウ:適量• サラダ油:小匙1• ごま油:小匙1• バター:8g• 卵:1個• ご飯:300g• それぞれの野菜を約5mm角に切ります。 鰆に両面塩を振りフライパンで焼き、身をほぐします。 フライパンを一度洗い、切った野菜類をごま油で炒めます。 別のフライパンにバターを入れ、卵をさっと炒めます。 ご飯を加えて更に炒めて、2と3を加えます。 醤油を入れパラパラに炒めたら完成です。

次の

チャーハン(炒飯) レシピ 人気 クックパッド つくれぽ 2000人以上

チャーハン レシピ 玉ねぎ

「チャーハンを家のキッチンで上手に作る」って永遠の課題ですよね。 ごはんと具材を炒めるだけなのに、「ごはんがくっついてベチャっとする」「パラッとなるまで炒めようとすると時間がかかりすぎて焦げてしまう」「なんだか油っぽくなる」など、なかなか上手にできないもの。 やはりお店のように強い火力のコンロや鉄の中華鍋がないと無理なのか……と諦めるのはまだ早い! 実はそんな悩みを簡単に解決する驚きの裏ワザがあるのだそう。 教えてくれるのは、<銀座アスター>伊勢丹新宿店料理長、安蒜(あんびる)義政シェフです。 チャーハンをパラッとさせる裏ワザは、ごはんを水洗いすること! 「レストランのチャーハンは、火力の強いコンロでよく油のなじんだ中華鍋を使って作ります。 そのため、ごはん同士がくっつく余地がなくパラパラに仕上がりますが、ご家庭だとコンロの火力も弱く、そもそも中華鍋をお持ちでないことも多いですよね。 事前にさっと水洗いすれば、表面のぬめりが取れて、炒める前にごはんがパラパラの状態になります。 このとき使うのは余分な水分が飛んだ冷やごはんがおすすめ。 ただし洗ったあとは、水けをきりましょう」 実際に作り方を見ていきましょう。 今回は「家庭のコンロ&フッ素樹脂加工のフライパン」という条件で上手にチャーハンを作る方法を教えていただきます。 量が多いと具材や調味料が全体に混ざりにくくなるので、直径26㎝のフライパンなら多くても2人分まで。 パラパラに徹底的にこだわるのであれば1人分ずつ作るのがベストでしょう」 <材料>(1人分)• 冷やごはん…180g(茶碗山盛り1杯)• 卵(L玉)…1個• チャーシュー(細かく刻む)…30g• えび(ボイルしたもの・細かく刻む)…20g• 青ねぎ(小口切り)…15g• しょうが(みじん切り)…少々• サラダ油…小さじ2• 塩、こしょう…各少々• ごはんは水洗いし、よく水けをきる 冷やごはんはさっと水洗いしてザルにあげ、ペーパータオルで水けを取ります。 ペーパータオルにお米がつきやすいので注意してください。 「水のきり方があまいと、ベチャっとした仕上がりになるので、よく水分を取るようにしましょう」 2. フライパンにサラダ油、しょうがを入れて中火にかける フライパンにサラダ油を入れて全体になじませ、しょうがを加えて強火にかけます。 「しょうがは『風味づけ』ではなく、油の『におい消し』という理由で加えます」 3. 卵を加え、大きく混ぜる 油を十分に熱したら溶いた卵を一気に加え、木べらで大きくかき混ぜます。 Q:フライパンはあおらなくていいの? A:プロの料理人が鍋をあおるのは、火力が強いから。 食材が鍋肌に当たって焦げるのを防ぐためです。 家庭のコンロはそこまで火力が強くないのであおる必要はありません。 むしろ温度が下がってしまうので、なるべく避けて。 Q:手早く作業しないとダメ? A:チャーハンというとスピーディに仕上げるイメージが強いですが、家庭のコンロなら強火にしたところであまり火力は強くないので、慌てなくても大丈夫です。 それよりもここではある程度時間をかけて、卵とごはんをよくほぐし、しっかりと水分を飛ばすことがチャーハンをパラパラに仕上げるポイントです。 塩、こしょうをふる ごはんと卵がよく混ざり、水分が飛んだら、塩、こしょうをふってさっと炒めます。 Q:チャーシューがない場合は? A:ベーコンやハム、ウインナソーセージなど、旨みの強い食材で代用可能です。 チャーハンの具材はチャーシューなどの味が出るもの、ねぎ、卵があれば十分おいしく作れます。 今回は彩りでえびを使いましたが、それ以外の具材は季節に応じて好みのものを使ってみてください。 青ねぎを加えてさっと炒める 軽く炒めたら青ねぎを加えます。 「緑色が映えるので、九条ねぎや万能ねぎなどの青ねぎがおすすめですが、長ねぎでも問題ありません」 8. しょうゆを鍋肌から加え、さっと混ぜたら完成! さっと炒めたらしょうゆを鍋肌に当てるようにして加え、全体をよく混ぜます。 「しょうゆは最初に加えると、チャーハンが黒く焦げてしまう可能性があるので、仕上げに加えましょう。 鍋肌に当てることで香ばしい香りを引き出します。 ここまで『フライパンはあおる必要はない』と言っていましたが、最後は『一気に全体を混ぜる』という意味で、あおるのも有効です」 Q:仕上げにごま油は入れなくていいの? A:ごま油は「香り油」といって、中華料理では風味づけによく使われますが、今回はしょうゆの香りを生かしたいので不要です。 シンプルなのに滋味深い! パラパラ絶品チャーハンの完成 器に盛ったとたん、パラッと崩れる黄金のチャーハン。 食べると、ごはん粒と具材の旨みが一体となって口いっぱいに広がります。 チャーシューの噛み応え、ねぎのシャキシャキ感がアクセントになっていて、食べる手が止まりません。 やさしくて滋味深い、毎日でも食べられそうな飽きのこない味わいです。 「特別な調味料や食材を使わずともおいしいチャーハンは作れます。 シンプルが一番!」 プロが教えてくれた驚きの裏ワザ。 騙されたと思ってぜひ一度試してみてください。 まるでお店のような仕上がりにきっと驚くはずです。

次の