愛知 トリエンナーレ 問題。 「あいちトリエンナーレ」における問題から考える

津田大介氏、あいちトリエンナーレ問題を語る。「組織化されたテロ行為」「展示再開はハードル高い」

愛知 トリエンナーレ 問題

15年の「表現の不自由展」の続編 物議を醸したのは、名古屋市内の愛知芸術文化センターで開かれている企画展の1つ「表現の不自由展・その後」だ。 東京都内のギャラリーで2015年にあった「表現の不自由展」の続編という形を取っている。 この展示会は、日本で表現の自由が脅かされているとの危機感から、検閲や忖度で展示できなかったり撤去されたりした作品を集めたという。 続編では、その後に同様なことになった作品も加えて展示した。 トリエンナーレは、2019年8月1日から10月14日まで開催される予定。 続編で展示されているのは、二十数点の作品。 「平和の少女像」は、韓国の彫刻家夫妻が制作した。 これは、在韓日本大使館前などに置かれているのとほぼ同じだ。 関連作品として、東京都美術館で12年に展示された後に撤去された少女像のミニチュアも並べられている。 また、「昭和天皇と推定できる」との解説が付いた嶋田美子さんのエッチング作品「焼かれるべき絵」も展示されている。 版画を一部焼いてあり、顔の部分が剥落したものだ。 この展示では同時に、昭和天皇の肖像を燃やしたような映像も流されている。 このほか、「九条守れ」などと書にした作者非公開の俳句作品や、米軍ヘリが墜落する様子を連想させる岡本光博さんのシャッター画「落米のおそれあり」などが展示されている。 あいちトリエンナーレは、愛知県や名古屋市などでつくる実行委員会が主催し、県や市が負担金を拠出しているほか、文化庁からも補助金が出ることになっている。 開催初日だけで電話・メールは200件 ネット上では、公的なイベントに慰安婦問題など政治的なものを持ち込んだ展示はふさわしくないのではないかとの疑問も相次いでいる。 実行委事務局の広報担当者にJ-CASTニュースが取材したところでは、8月1日の開催初日だけで、少女像などについて疑問や批判の電話やメールが約200件も寄せられた。 名古屋市の河村たかし市長は、この日の一部取材に「表現の不自由展・その後」の展示を問題視する発言をし、2日に現地を視察して報道陣の囲み取材に答えた。 「公的資金を使った場で展示すべきではない」などと述べ、実行委会長の大村秀章愛知県知事に対し少女像などの撤去を求める考えを示した。 市の文化振興室は2日、大村知事に対し書面で抗議文を出したことを取材に明らかにした。 そこでは、「日本国民の心を踏みにじる行為であり、許されない。 行政の立場を越えた展示が行われていることに厳重に抗議するともに、即時天皇陛下や歴史問題に関する展示の中止を含めた適切な対応を求める」としている。 菅義偉官房長官も、2日の会見で、「補助金交付の決定にあたっては、事実関係を確認、精査して適切に対応したい」などと述べた。 文化庁の地域文化創生本部は、「事実関係を確認しており、今後対応を検討していきたい」と取材に答えた。 あいちトリエンナーレでは、ジャーナリストの津田大介氏が芸術監督を務めている。 津田氏は1日、ツイッター上で次のように説明している。 「あいちトリエンナーレ実行委員会も、表現の不自由展実行委員会も、僕も『表現の不自由展・その後』に展示されている作品に対して何らかの賛否を述べるものではありません。 来場者に実物を見ていただき、表現の自由を巡る状況に思いを馳せ、議論のきっかけにしたいということが展覧会の趣旨です」 一方で、事務局への電話が殺到していることなどを受けて、津田氏は2日夕に会見を開き、「今後、展示の変更も含め、何らかの対処を行うことも考えています」と説明した。 事務局の広報担当者は、取材に対し、名古屋市からの抗議への対応について、「どうするか検討中です」と答えた。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

「あいちトリエンナーレ」問題 河村たかし名古屋市長が激白「私と大村知事を国会に呼んで!」 「日本の世論がハイジャックされたような展覧会」 (1/2ページ)

愛知 トリエンナーレ 問題

このページの目次• 大村秀章知事に感じるある種の異様さ 愛知県民は何を感じているのか 「あいちトリエンナーレ2019」が再開された報道を受けて、国内のメディアは一斉に再開歓迎側のスタンスの報道を始めています。 しかし、私の周辺の人たちに聞くと、変なのはむしろあいちトリエンナーレ2019側だという意見が多く聞かれます。 この感覚の齟齬はある意味 、いつものことながらで、日本国内の反日団体、組織が作り上げた筋書きを、日本の反日メディアが拡散している構図のように感じているからこそ起こるものなのかも知れません。 最近はアメリカのトランプ大統領に対するネガティブ報道にもみられますが、日本ではお馴染みの風景でもあります。 しかし、今回の場合、なにより気味が悪いのは、愛知の大村秀章知事です。 反対の有権者の意見には耳を貸すことなく、自分のエゴをゴリ押しし市政を私物化しているとも言えるその姿は、少なくとも選挙で選ばれた人間にはあるまじき態度です。 これは彼の容貌にも関わるのかも知れませんが、記者会見などの同氏の表情をみると、どんなことがあっても、この案件だけは実現しなければ、自分の命に係わるというような表情をしています。 まるで、昨今の韓国の文在寅大統領と二重写しとなると感じるのは私だけではないでしょう。 こんなことが罷り通れば、現在香港で起こっているトラブルを他人事とはいえません。 もう止まらない大村知事の異常とも言える行動の果てに何があるのか 大村知事のゴリ押しは、もう止まりません。 一体何なのでしょうか。 「芸術の名のもとに、日本の昭和天皇の写真を燃やすようなものは反対です」と言うのは決してヘイトなどではない市民の普通の声だと思うのですが、まるで、とんでもないものを見るような眼をしています。 私は名古屋を始め、愛知の文化が好きで頻繁に訪れますが、このような姿勢を看過するような知人は皆無です。 「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、愛知県の大村秀章知事は7日午前の定例記者会見で、「全面的に再開するのがミッション」とし、文化庁の補助金不交付にも言及した。 ほとんどの日本の野党や弁護士会、医師会、もちろんメディアなどは、なぜ日本人であるにも関わらず、日本の国益を損なうようなことを、平気で言うのだろう」という疑問ではないでしょうか。 日本の政治家に反日思想が瀰漫しているのはなぜ? 足立議員が代表質問した「国会議員の帰化情報公開」とは? 2019年3月の衆議院総務委員会で、日本維新の会の足立康史議員は、国会議員に立候補する候補者の国籍に関して、帰化の経緯などは国民に公開すべき旨の質問をしました。 しかし、日本の周辺には中国や韓国、北朝鮮、ロシアと日本の権益を掠め取ろうとする勢力に囲まれているのですから、エージェントがまだ若いうちに日本社会に送り込んで、来るべき時がきたら…などというのは誰もが考えつくことなので、それに対する対応がないのは政治的怠慢か、既に日本社会が政治侵略されてしまったかのどちらかでしょう。

次の

論争呼ぶあいちトリエンナーレ 焦点の「表現の不自由展・その後」には何が展示されているのか: J

愛知 トリエンナーレ 問題

愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展で、昭和天皇の写真をバーナーで焼いて灰を踏み付けるような映像作品や、「慰安婦像」として知られる少女像などが展示され、開幕3日で展示中止になった問題をめぐり、愛知県の大村秀章知事は9日、検証委員会を設置を発表した。 だが、責任を追及されている知事自身が設置した委員会が核心に迫れるとは思えない。 評論家の西村幸祐氏が、名古屋市の河村たかし市長を直撃した。 「この国際芸術祭には、国や愛知県、名古屋市などの公的資金が投入されている。 ぜひ、私と大村氏を国会に呼んでほしい。 国民に疑念を持たれている点について、公開の場で徹底的に説明・議論したい」 河村氏はこう語った。 問題の企画展「表現の不自由展・その後」には、昭和天皇の写真や慰安婦像以外にも、英霊を貶めるような作品も並んでおり、開幕直後から批判が殺到した。 河村氏は通報を受け、すぐ見に行ったという。 「私はトリエンナーレに賛同する立場で視察して、『これはひどい』と思った。 昭和天皇の写真もそうだが、普通の神経をした人なら『これは美術なのか?』と思うでしょう。 いわば、『日本の世論がハイジャックされたような展覧会だ』と思った。 だから責任を果たすために、実行委員会会長である大村氏に中止を申し入れた」 PR.

次の