メンヘラ ホイホイ。 【メンヘラテクノロジー】社長のらんらんがアウトデラックスで彼氏を公開!

なぜメンヘラホイホイしてしまうのか

メンヘラ ホイホイ

今では、メンヘラホイホイと言われる男性が増えており、そんな男性を狙って、付き合いを成立させる努力をしている女性も増えてきましたが、気をつけないと、都合の良い相手止まりで関係が終わってしまうこともあります。 今回は、メンヘラ女がターゲットにする、好かれる男の特徴をご紹介します。 スポンサーリンク メンヘラホイホイの特徴が多い メンヘラに好かれる男性の特徴は、メンヘラホイホイであるかどうかが重要です。 メンヘラの女性からモテたいという場合、以下の条件を満たせる人であればあるほど、メンヘラの女性からモテやすくなるでしょう。 条件その1は、女性並みに細かい対応を嫌がらない男性です。 メンヘラの女性は、なるべく自分にとって都合の良い相手を探し、その相手に対してアプローチをかけることが多いです。 そのため、相手から拒絶されない、そして、スムーズに人間関係を築き上げられる相手であれば、好条件の相手としてマークされます。 そこで重要となってくるものが、twitter、LINEなどのアプリです。 これらのアプリを良く使用している、使用頻度が高いだけでなく、返信を嫌がらない相手であれば、メンヘラの女性からモテやすくなります。 条件その2は、容姿が良いかどうかが重要になってきます。 容姿が良いといっても、セクシーかどうかのみチェックされるわけではありません。 男性としてガッシリとした体格か、また、男性らしくサバサバしたものの考え方ができるのかといった、精神面も優れているかをチェックされます。 実際に、メンヘラの女性から良く好かれている男性ほど、自分の意見をハッキリと言える、男性として頼りにされることを喜びに変えられるなど、頼りがいのある男性ばかりなのです。 条件その3は、恋愛に対して独特な考えを持ち合わせていないかどうかです。 恋愛に対してシビアな考え方を持っておらず、また、好きな人と付き合えればそれで良いという男性ほど、メンヘラの女性からモテやすくなります。 好みがうるさい男性の場合、すぐに恋人関係になれないため、、メンヘラの女性からモテにくくなるのです。 スポンサーリンク とりあえず優しい メンヘラの女性は、自分のことを理解して欲しい、癒やして欲しいと考えて生きています。 そのため、メンヘラに好かれる男性ほど、頼りがいのある男性というだけでなく、優しさを恋人に見せられる相手なのです。 また、メンヘラの女性は、常に男性に寄り添っていたいわけではありません。 そのため、距離を置いて欲しい時は距離を置いてくれる相手であり、何気なく、このような意思疎通が図れている相手のほうが、恋人として相応しいと考えるようになります。 そして、優しさを有しているだけでなく、失敗を許してくれる相手も欲しているのです。 メンヘラは、このように自己中な自分を変えることが難しいため、付き合う場合は、わがままな相手と付き合うことも理解し、本当に恋人として付き合うのかを考えないといけません。 恋人候補などがいない 一般的な女性のほとんどは、恋人候補がハッキリしている男性に対して距離感を感じています。 これは、メンヘラの女性であっても同じです。 やはり、恋人候補がすでに存在する場合、後から好きになった自分が相手を横取りするのは、倫理的に良いものなのかと考えるわけです。 ただし、メンヘラとしての生活が長い女性の場合、どうにかして関係を作れないかと考えることが多いです。 また、このような女性ほど嘘を嫌うという特徴があるので、嘘とついて人間関係を作らないように注意しましょう。 嘘をついていることがバレてしまった場合、暴言、暴行を振るわれてしまう可能性もありますし、状況が悪化することが多いだけで、良いことはなにも起きないことが多く、そのため注意が必要とされています。 スポンサーリンク - , , , , ,• 人気ランキングトップ10• 最近のコメント• カテゴリー• 146• アーカイブ• メタ情報• 最近の投稿• NEW POST.

次の

メンヘラと呼ばれる男性達の話|ツナえもん|note

メンヘラ ホイホイ

何故か付き合う女性が毎回メンヘラだという人はいませんか? 付き合う前はそうでもなかったのに、付き合ってみるとメンヘラだった……など。 もしかしたらあなた自身がメンヘラを作り上げるメンヘラ製造機なのかもしれません。 今回はメンヘラ製造機について。 以下の特徴に当てハマっていたらあなたは立派なメンヘラ製造機です。 ・プレイボーイである メンヘラ製造機はプレイボーイであることが多いです。 特定の彼女ができても、女の影が絶えないために、彼女はメンヘラ化してしまいます。 とにかく彼が心配で、一緒にいる時以外は常にSNSを監視したり、少しでもLINEが途絶えるとヒステリックに……。 それもこれも、浮気性の男性のせい。 男性が彼女をメンヘラ化させてしまっているのです。 ・女性相手の商売 女性相手を商売とする職業の男性。 例えばホストやバンドマン、地下アイドルなど。 男性の周りには女性が絶えません。 本人は仕事だと割り切っていても彼女にとってはそうはいきません。 仕事だと言っても心配でたまらなくなりメンヘラ化するのはよくあること。 ・追いかけられたいタイプ メンヘラ製造機の男性は、来るもの拒まず去る者追わずの恋愛では常に追いかけられたいタイプが多いです。 なので、「好き」だと言われれば構ってしまうので、少々難ありの女性と本人も知らぬ間に付き合いがち。 相手が浮気しようと、自分の元に戻ってくれば受け入れてしまい浮気を繰り返されることもあります。 その点が甘いので相手女性を制御不能なメンヘラに成長させることもしばしば。 ・口が上手い メンヘラ製造機には口が上手い男性が多いです。 女性をすぐにその気にさせてしまいます。 その気にさせた後の対応が上手ければ女子が面倒なメンヘラになることは少ないですが、ほとんどの男性が中途半端。 その気にさせといて、後は放ったらかしにされれば女性も黙ってはいないでしょう。 構ってもらいたいがためや、男性に対する当てつけで相手に迷惑をかけるメンヘラになることも多いです。 ・LINEは気まぐれ メンヘラ製造機のLINEの特徴として、返信はきまぐれ。 マメに返ってくる時もあればまったく返ってこない日も。 このように返信頻度にバラつきがあるとメンヘラ女子は「返信がないときは女といるんじゃないか」と不安になりメンヘラ化します。 ・自分に自信がある メンヘラは自信のない女性に多く、そのような女性が惹かれるのが自分とは正反対の自信がある男性。 なので自分に自信のある男性はメンヘラに好かれやすくあります。 最初は謙遜していた部分も、女性との付き合いが長くなると自信過剰な部分を見せる男性がいますが、そのような男性は女性の中にあるメンヘラ本能を無意識に目覚めさせることがあり、これもメンヘラ製造機の特徴です。 どうでしたか? 付き合う彼女が毎回メンヘラ! なんて人はあなた自身がメンヘラ製造機かもしれません。 関連記事.

次の

メンヘラとメンヘラホイホイは結婚しない法則 |メンヘラ・ハッピー・ホーム|スイスイ|cakes(ケイクス)

メンヘラ ホイホイ

筆圧の谷にも春が訪れ、ようやくブログ解禁となりました。 っぷー、ぱぷりこです。 いやーまさか、2016年1回目の記事が3月になるとは。 そしてすみません、2016年もこのタイトル路線です。 さて、インターネットの民ならだれもが愛する「メンヘラ」の話題ですが、今回はたまに出くわす「自称メンへラほいほい男」について見てみましょう。 「メンへラに好かれる俺」を見よ 大変話題になった現代ビジネスの「美女社長とAV監督のスナック人生相談」シリーズ。 その中でも、さんとさんがおののいた「編集者M君」はメンへラ女性にばかり引っかかってしまう、という話でした。 そんなメンへラほいほいのMくんを肴に、が開催されました。 「俺ってメンヘラホイホイなんだよね…」という男性に出会った瞬間に異常検知アラートがガンガンに鳴るタイプの女たちによる座談会記事がこちらです。 川崎 出会った男性から、「じつは俺、メンヘラホイホイなんだよね」って言われたらどういう反応します? トイアンナ キターーーー!! アオヤギ ひゃっほーーーー!! ぱぷりこ なになに、どういうこと?? どんなことがあったのか話してみて??? 二村 いやいや、あなたがたの反応はおかしいよ(笑)。 普通はもっと引くのでは……。 「俺ってメンへラに好かれるんだよね~」と言う男性は一定数、生息しています。 ついこの間も、婚活している女友達から「この前会った男性、俺メンヘラほいほいだからさ〜って言ってたんだけどどう思う?」という相談を受けたばかり。 今回はそんな「メンヘラほいほい男」の特徴を見ていきましょう。 「メンへラほいほい男」は3種類いる 私の観測範囲と参加した女性陣の話を突き合わせると、メンへラほいほい男は3種類に大別されます。 男 「メンヘラにモテちゃってる俺」を自慢する男性。 多くの場合、「人の相談に乗ることが好き」「面倒見がいいから」という言葉とワンセットで語られます。 「メンヘラほいほいなんだよね~」という時にアンニュイ嘆息しながらもうれしそうなので、簡単に見分けられます。 メンへラ製造機男 「メンへラ」を捕獲しているのではなく、製造する男性陣。 自分の立ち位置を圧倒的上位に置き、恋人はパートナーという対等な関係ではなく、下位の下僕か何かだと思っています。 「絶対君主彼」に認められようと精神を鰹節なみにゴリゴリ削った女子がメンタル闇落ちするパターン。 君が本物だ!真実のメンへラほいほい男 本人が望んでいないのに、メンヘラ女性にターゲットロックオンされる男性。 上記2種類とは違い、嬉々として「メンヘラほいほい」を名乗ることはありません。 本人よりも周りに通り名をつけられる人。 「三度のメシよりロジックが好き、ビジネスバカハイスペ」でないなら2の「メンヘラ製造機男」、そうでないなら1の「」だと思っていいでしょう。 彼らがいう「メンへラ女子」って本当にメンヘラなの? 自称メンヘラほいほいの男性に話を聞くと、彼らが言う「メンヘラ」とはこんな感じ。 「会いたい」と頻繁に言ってくる• 毎日LINEやメールで連絡を取ろうとする• その連絡のレスがない or 遅延すると怒られる• LINEやメールで深夜にポエミーな長文を送ってくる• あれして、これして、という要求がエスカレートする• 夜中に急に電話がかかってくる ウキウキして話を聞いてみると「ん?それだけ?」とこちらが拍子抜けするものが多く、 しょーじき「重い女」「めんどくさい女」「わがままな女」の域を出ない。 その彼女たちを「メンヘラ」と称して自慢の種とするのは、本当のメンヘラたるものをわかっておらず、単にキャッチーだから「メンヘラ」と言いたいからだと思われます。 なお「それは大変ですね…」とため息をつくメンへラリティ事例の参考はこちら。 常習犯• 画像を送ってくる• (OD 常習犯• 「死ぬ」「殺して」などの連絡• 上記にレスがないと・OD• (相手が浮気しているなどの)誇大妄想を元にしたヒステリック• 感情がヒートアップすると刃物を持ち出して刺しにくる• ガチ自殺未遂• 自殺 だいたい流血騒ぎです。 が、慣れっこな男性にきくと「それくらい普通じゃない?」などと申すので、肩をひっつかんで「目を覚ませ!」と筆圧ビンタしたくなーる。 「メンヘラほいほい」がステータス化した背景 では、なぜ本来「避けるべき地雷」であるメンへラ女子に好かれることが、として成立するようなステータスに進化したのでしょうか? 彼らにヒアリングを重ねると、ひとつの理由として「メンヘラの女の子はかわいい子が多いから」という理由が浮かび上がってきます。 「メンヘラはなんだかんだかわいい」という言説は主にインターネット大陸で広く見られるもので、3月3日現在、に『メンヘラ かわいい』で聞いてみると約 707,000 件 (0. 53 秒)がヒットします。 この「メンヘラはかわいい」という前提があるからこそ、「メンへラほいほい」という属性は、「かわいい女の子に執着される自分」というとして成立します。 だから「自称メンヘラほいほい男」は、「えっそれってメンヘラなの?違くない?」と思うようなレベルの女子でも全部「メンヘラ」扱いするのです。 「依存されて頼られる俺」自慢して、自分をすごく見せる じゃーなんで「メンヘラほいほい」なんて業を自ら背負い、をかますのか?つまりは 「俺は精神的に弱くてかわいい女の子に頼られるような男ですよ」ってことを言いたいだけ。 外的効果• 自分は頼られる存在であるとアッピルができる• 「困ってるんだよね~」と言いながら自分語りができる• 属性としてキャッチーなので、話し相手の気を引き主役になれる• 「メンヘラ女子」が持つコンテキストによる自慢ができる• 自分より「下」を作ることで、脆弱なプライドと自信のなさを補強ができる• 「まともな人に相手にされない」という現実のつらさから逃避できる• 誰からも相手にされない男ではないという現実逃避ができる• 見下す対象をつくり「俺は頼られている」という自己認知の補強ができる そう、「メンヘラほいほい」を自称することは自己愛を満たすのに有効です。 不安な女子、自信がない女子がターゲット 自称メンヘラほいほい男は、精神が不安定な女子、自信がない女子、ストレスにさらされている弱い女子(だけどガチメンヘラというほどじゃない)をターゲットにします。 「周りに頼れる人がいない」「誰かに頼りたい」という気持ちを、自分のために利用するのが彼ら「メンヘラほいほい男」です。 彼らは「相談に乗るよ?」という言葉と深夜2時の電話に応えるという時間コストをかけることで信頼を得て、その見返りとして「メンヘラに頼られる自分」という報酬を得ます。 メンヘラほいほい男から、メンヘラ女子とのLINEを見せてもらったことがありますが、基本は夜中1〜2時台でも5分以内に即レス。 これだけのコストをかけるのは相当の手間でしょう。 それだけの労働コストに見合うだけの報酬があるのだと思われます。 そしてこういう 「弱っている女子」をターゲットにする男性は、実はとても多い。 ヤリチンしかり、不倫おじさんしかり、宗教勧誘しかり、悪徳スピリチュアルしかり、女体に興味あるしかり、実に多くの人たちがこうしたカモ女性に寄ってきます。 精神ハードルが低いうえ、ほとんどノーと言わず、主導権を取りやすく、自分たちが望むさまざまな報酬(セックス、金銭、自己愛)を得やすいですからねー。 メンヘラほいほい男の場合は「自己愛」「セックス」がだいたいターゲット。 わかりやすい。 「依存されて頼られる俺」自慢するのは、自信がないから 「つい放っておけなくて助けちゃうんだよね〜」と彼らは口では言いますが、相手のことを「メンヘラ」と言って飲み会でうれしそうに話題にしているあたり、とてもではないですが相手のことを心配して助けになろうとしている感じはうかがえません。 「どうすればいい?同じ女性としてどう思う?」と言われたら真面目に答えもしたのですが、「メンヘラほいほい」と言ってLINEを見せてきた男性はそりゃあうれしそうに自慢するので、「あかんやつやこれ」と笑顔で精神シャットダウンを決めました。 このように、彼らは自分に相談してくる女性を見下しています。 なぜこうやって自分より下位の存在を作り出そうとするのかといえば、 彼らはの序列関係にどっぷりはまっていて、「男としての自信がない」から。 能力がない、ステータスがない、金がない、モテない、ヤレないと言ったさまざまな理由により「自信がない男性」は、「モテて権力がある人間が上」という の序列で少しでも上に食い込むために、「メンヘラにモテる」という裏ワザを駆使します。 「女が寄ってくる」という勲章 つまり、マッチョ思想に飲まれ、まっとうなモテを引けない人間が逃げ込む先が「メンヘラほいほい」という便利な属性なわけです。 「年下にしかモテないんだよね〜」も同様。 自分より明らかに下で安心できる女と関係を持つことで、「女関係がある」というで評価される事実を作ろうとしています。 周りからすれば何得?と思うような「メンヘラモテ」でも一定のパワーを持つんですよね。 の中では、「女が自ら寄ってきてる」という事実が価値を持つ。 メンヘラと呼ばれた女性たちは誰かに助けてもらいたくてすがっているのでしょうが、それは彼らにとっては勲章となっています。 結論:「メンへラに好かれる」が出たら目をそらさず後ろに下がれ このように、自信のない男性が「人に頼られる自分はすごい」というに走り、彼女たちを利用して自信を補強しようとしている図がお分かりいただけたかと思います。 俺様でなくても精神構造がでも「女を見下す」ことで「男の尊厳」を守ろうとする人はいます。 しかもかなりの数ね。 誰もが誰かに必要とされたがっているし、頼られる自分でいたい気持ちはわかります。 でもね、それを婚活パーティーやら合コンやらで ろくに知りもしない相手に「俺、メンヘラほいほいなんですよ~」と笑顔で言ってしまう自意識はもうかなり重症なんですよ。 少なくとも私は、自称「メンヘラほいほい」という男性のうち友達になりたいと思った人はただの1人もいませんでした。 強烈な自意識の被ばくは1日2時間が限界です。 ムリムリ。 たまに10%の希少種である「マジでメンヘラほいほいしてしまう人」に出会ったら優しくしてあげましょう!お疲れ様です!ぱぷりこでした。 ツンドの生息地 もう慣れっこすぎて「メンヘラホイホイなんだよね…」って言い出した瞬間に異常検知のアラートががんがんになるタイプの女たちによるメンへラほいほい男についてのあれこれ。 自称「メンへラほいほい男」の9割はorメンへラ製造機だよ。 — ぱぷりこ papupapuriko 王道ではない、「邪道」モテするタイプを犬山紙子さんとさんが対談形式で語っている。 この中にみごとに「メンへラ」も語られています!!!お二人の対談とイラストによってわかりやすく分類された「邪道モテ女子」解説を読むと「いるいるいるーーーー」と首がもげて接着剤がすぐなくなるから困る。 ゆるふわばっかりがモテると思われがちだけど、ニッチだけども自分の「モテ道」があると強いという事例集。 関連記事 メンヘラ製造機男によって病んでいく女子の話。 「不倫」というメンタルを病むしかない、改めてすごいと思う。 「俺がメンヘラだ」と叫びながらメンヘラを量産するタイプの製造機男が登場するご相談。 火力を高めに焚き上げました。 他者を見下して自分は優れている、と思いたがるのはエセ自信だよと初めて書いた記事。 papuriko.

次の