レベッカ 宮本。 レベッカ宮本(斎藤千和)/ぱにぽにだっしゅ!DJCD『ぱにらじだっしゅ!』第2巻【WEBラジオ「ぱにらじだっしゅ!」より】

レベッカ宮本

レベッカ 宮本

主な人物 [ ]• - カリフォルニア州出身の女優。 - アメリカ合衆国の作家、教育者、政治家。 - アメリカ合衆国の小説家。 - の妹。 - アメリカ合衆国のポルノ女優。 - アメリカ合衆国の作家。 - 日本で活動するマルチタレント。 - に所属する議員。 架空の人物 [ ]• の歴史小説『』に登場するユダヤ人の娘。 の小説『』に登場する女性。 の小説『 ()』の主人公。 - の『』の登場人物。 レベッカ宮本 - の漫画『』に登場する人物。 を参照。 - 『』の登場人物。 レベッカ・アンダーソン - テレビアニメ『』の登場人物。 レベッカ・ストライサンド - の『』の登場人物。 - 『』の登場人物。 レベッカ - 『』に登場する少女。 レベッカ・ホプキンス - テレビアニメ『』の登場人物。 レベッカ・バーンズ - の小説『裏庭』の登場人物。 レベッカ - の傑作『』のタイトルロール。 その他 [ ]• - の小説、またその登場人物。 以下の作品の原作。 - ()の。 監督作品。 - とによる。 - 日本のバンド。 - 小惑星帯の小惑星。 レベッカ - に登場するホラー。 レベッカ REbecca - 日本の。 関連項目 [ ]• このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

ぱにぽにの登場人物

レベッカ 宮本

1年生 ・・・• キャラクター以外• (連載終了)• (連載終了)• 毎月21日発売• 連載終了• 毎月27日頃発売• , , , , , , , , , ,,,,,,,• ぱにぽに関連• ぱにぽにアンソロジー• (, , ,• (,)• 全てに収録• ,,,,,,• , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,• ボーカルアルバム• サウンドトラック• ボーカルベストアルバム• , , , , , , ,, Blu-ray BOX• ぱにぽに(原作版)• ぱにぽにだっしゅ!(アニメ版)• まろまゆ• CANDY POP NIGHTMARE• , , 3• その他• ケータイサイト• ぱにぽに大富豪• リンク• オフィシャルサイト• ファンサイト• 2chBBS• 2chBBS• 2chスレ情報• その他サイト• more... :XVII The Star. -星- 解説 付属カレンダーカード の担任。 ちびっこ天才先生 通称 Becky または。 の主人公。 の筈なのだが…。 後述 日本人の父とアメリカ人の母を持つ、金髪碧眼のハーフ。 10歳にしてで学位を取った天才で、11歳になった現在色々あって日本の高校教師になる。 担当教科は数学。 背が低いので授業では脚立を使う。 毎朝8:05のバスで通勤。 幼くして飛び級で教職に就くという特異な経緯から、慣例をよしとする一部の教育関係者から大きな反発を受けており、一時期彼らの圧力により教師をクビになり、の生徒として活動していた時期がある。 その模様は、収録のを参照 年齢や容姿の問題から、教師であるにもかかわらず生徒たちからよく子ども扱いされ、オモチャにされたりからかわれたりもする。 生徒たちよりも年齢が上のや、さらにうんと年の離れた大先輩であるといった同僚のほうが、よほどベッキーのことを一人の教師として見てくれるほど。 もちろん学歴相応、あるいはそれを超えるような天才ぶりを発揮することもあるのだが、その頻度は非常に稀であり、周囲の生徒の個性に押されて影が薄くなることがしばしば。 その度に生徒たちによるテコ入れが施される話の回が挟まれる。 頭脳は天才的でも精神面ではお子様な部分も多く、責任感はあんまりないし、いたいのとかこわいのとかはだいきらいー ホラー映画は割と平気だが、の怪談は非常に怖がる。 何かあると教室のカーテンに隠れてはうはうと泣き出すことも。 しかし、たまにやけにやさぐれた発言をすることも。 言葉遣いはやや粗暴。 初期はそれがもっと顕著で、ある意味大人の教師には怖くて言えないような暴言が極めて多かった。 やたら癇癪を起こしたりギャーギャー泣き出したりと落差が激しかったため、に「情緒不安定」と言われたこともある。 しかし生徒たちや他の教師たちとの交流によるものか、その後急速に毒気が抜けて人間らしく成長していった。 基本的にめんどくさがりでダラけた性格。 ゲームや通販番組に夢中になり、結果遅刻や自習になるような自堕落な所がある。 運動も全般にわたって不得手だし、そもそも嫌い。 しかし、で隠れてこっそり一人で練習するように、苦手な物には真っ向からぶつかって行くタイプでもあり、学歴も相応の勉強をしたからこその成果。 天才の一言だけでは片付けられない。 家事も総じて苦手。 というよりは、面倒見のいい? がいるため、機会に恵まれなかったのかも。 しかし料理に関しては自力で克服できた。 結構マンガ好き。 最近は感化されてきたのか、並みの夢想を口走ることも。 アストロ球団を知っている。 の義手を密かに羨やんでいたのか、しばらくをつけ続けていたことがある。 時代劇 特に長七郎江戸日記 のファン 参照。 の裏表紙がぱにぽに侍なのもこの事実からと推察される。 携帯はNTT DoCoMoのP900iを使用。 海外に行っている時はauのA5505SAになっているが、海外で使うためにGlobal Passport対応の機種をレンタルしていたものと思われる。 その後スマホに変更したようだ。 授業中に通話に応じたりする困ったちゃん。 原作者のによると、ベッキーは主役ではないとのこと。 は『学校』という舞台を中心にストーリーを展開していく「シチュエーションコメディ」である為、基本的に誰が主役と明確に定めていないらしい。 とはいうものの、彼女がこの漫画の最も中心にいるキャラクターであることに変わりはない、…ハズ。 と、いうことで当初より「不安定な主役」の座にいた彼女だが、にてその企画内容どおり、主役の座を 一時的に に譲ることになる。 続くでは正式にエントリー、に3倍近い得票差をつけて堂々の1位となり、見事面目躍如となる。 意気揚々と臨む、しかしながらとの後塵を拝することとなってしまう。 尤もベッキーがいなくなったらことからもわかるように、人気がどうであれ彼女の存在はの中でも非常に重要であることは間違いない。 実際、初版のオビには彼女が主人公であったかのようなアオリ文が書かれている。 MIT時代、そしてそれ以前 学生時代のベッキーは、今の姿からは想像できないほど感情を表に出さず、日々勉強のみに没頭する機械のような子だったらしい。 おそらくもとからこのような子供だったのではなく、MIT以前にいたと思われる「施設」での一連の事件に起因していると思われる の頁を参照。 それだけに、今のように素の自分をさらけ出せるようなったのも、ひとえにの尽力や見守ってくれる教え子達の賜物である。 赴任時の学歴詐称 本当はで3つ学位を取得しただけなのに、「コロンビア大学卒業」と学歴詐称。 は赴任前から事実を知っており、すぐにバレる。 ではを卒業したという事になっている模様 時には生徒として とりあえず教師であるのにもかかわらず、体育の授業 ・ や調理実習 、 に参加して させられて いる。 はうまいことさぼったようだが。 どうやら学力以外の実習系の授業は受けなければいけないようだ。 考えてみれば学力以外は歳相応の能力しかないのだから、当然で、教員免許が取れたのもこの辺りが条件としてあったのかも。 と、いうわけで体操服やスクール水着 はからの借り物ではなく自分の物と思われる。 ただし本人が名札に『ベッキー』と書くわけが無い。 裁縫など出来よう筈もない彼女は縫い付けを他の誰か、可能性としてはの誰か 裁縫がそこそこできるがやったのかもしれない 、辺りに依頼したと思われる。 だが、いずれにしても素直に『宮本』と書かれた名札を縫い付けるわけがない。 結局… ただし、とでは『宮本』になっている。 初期なので、『ベッキー』という愛称を知らないの仕事? 謎に包まれた姉 が一人いるらしいが、未だその正体は謎。 ベッキーの服装が毎回変わるのは、姉の趣味ということらしい。 ベッキーにとっては絶対的な存在であり、どの服もベッキーの意志に関係なく強制的に着せられるのだという。 やたまにかけるも同様。 毎回登場のたびに違う服装を考えなくてはならないのが、の悩みの種らしい。 では では教師らしい発言はするが、基本的にとても子供っぽくなっている。 キャラを分かりやすくするために「先生だぞ! 」や「ギャピー」、「はうはう」などの台詞が原作よりも強調されている。 しゃべっていることは子供の知識を明らかに超越しているものも多いのだが、独特の舌っ足らずな発音 通称せっちゅ語 ゆえ、普通の11歳と比べても非常に幼い印象を受ける。 一方で原作初期のような乱暴な発言はあまりしなくなっている。 キャラ設定の変更以前に、ちょっと公共の電波では流せないぐらい口が悪かったのでしょうがない 笑。 、、に変装することができる。 の声はちょっと苦手な様子。 ではリボンを黒にしている。 胸が本物以上にボリュームアップしているのは、乙女の憧れといったところか。 見た目はほとんど変化はないが、原作ではあまり着ていない白衣をよく着ており、原作を知らない層を中心に「ベッキーといえば白衣」のイメージが定着した。 、そしてでは において姫子の夢オチによりベッキーが消えてしまい、物語は「」に進むことになる。 この世界はベッキーがいない世界であり、それによってやの助手など人間関係の大きなズレも生じてしまっている。 だが何の痕跡もないわけではなく、片桐姫子作の「ちょっと話題の天才チビッコ先生が活躍する4コママンガ」、「ラッキー A GO! 」の存在や、桃月学園に出没する「外国人の子どもの幽霊」などわずかだが彼女の陰をかいま見ることができる。 ではがに彼女の調査を依頼していたのだが、幼少の頃「『施設』の事故」により消息不明となっており、「DECEASED 死亡 」という結果が出てしまっている。 つまりこの世界では彼女が元から存在しない…つまり両親である宮本夫妻が彼女を産んでいなかったり、そもそも宮本夫妻や宮本家が存在しなかったというわけではなく、や、に出会う前に消息不明となってしまっていた世界だったのである こちらも前述「MIT」の項目、またはの頁を参照。 実はにおいてと接触、特異点にされていたことにより、社会的には消えていたものの実際には存在していており、の「開かずの間」に潜伏、「ゴミのような生活」を送っていたようである。 そしてで遂に等との接触に成功、話において自らを装着、空のひび割れの目玉を破壊することにより、パラレルワールドのねじれを戻す事に成功した。 その他• 外国のことわざも駆使する。 :Wer warten kann, hat viel getan. 独・待てば海路の日和あり• :Where there's a will, there's a way. 英・意思あるところに道は通ず• :A quelque chose malheur est bon. 仏・不幸も何らかの役に立つ• どうやらかなりじゃんけんが弱い というかお子ちゃまなので騙されやすい。 では姑息な手に簡単に引っかかっている。 でも負けたと言っており、おそらく同様の負け方をしたと思われる。 役の声優にさんが抜擢されたのは、先生たっての推薦によるもの。 元は役の予定だったが、アニメ「R. -THE TV-」を見た先生がアニタ役として出演していた彼女のCVを聞き、ベッキーに合うということで推薦したらしい。 内のモブにプレネールさん ぽい人がよく出てくるのは、役のさんが「魔界戦記ディスガイア」にジェニファー役として出演していたことのネタであると思われる。 また「ディスガイア」には、役のさんも雪丸役で出演している。 ノート ぱにぽに 初登場。 いきなりの担任に就任。 コロンビア大学卒業と学歴詐称。 学歴詐称の事実をに速攻でばらされる。 畳み掛けるようにいじめられ、ザリガニ、芋羊羹、怪談、カマボコが嫌いと判明。 に乱入。 暴れまくるをひっ捕らえてウラン焦らし。 地味に悩むをどうにかするため、隣の席にを派遣。 体育の授業 マラソン に参加。 強制的に走らされ、満身創痍でに暴言を吐いて逃走。 その後、調子が悪くなり保健室へ。 豪快に寝坊し学校に遅刻。 と同時に登校。 に子ども扱いされないために、コークを頑張って飲む。 翌日にを控え張り切る。 が雨天中止となり、気が抜けて授業も自習。 恐怖のB. サンドをに作ってもらう。 と立ち話。 のおバカっぷりに呆れ果てる。 寝不足でテスト監督中に昼寝。 原因は深夜の通販番組。 風邪を引く。 転任するようなそぶりを見せて、皆に訝まれる。 実はと生徒たちの反応で賭けをしていた。 賭けがばれてにつねられる。 給料は色々なトコに寄付していることが判明。 巻末 オマケマンガ「綿貫響の学園なぜなにな〜に? 」 自身のプロフィールについて、から突撃取材を受ける。 による調査結果の間違いを片っ端から指摘して、に消される。 通勤中のバスが突如ジャックされる。 銃を持っているに毅然と立ち向かう。 急遽抜き打ちテストを慣行。 やる気の無さをに指摘され、居直る。 暑さの怒りをエアコンにぶつけて蹴り壊す。 涼む手段を模索する内に教室中が学級崩壊化し、にお仕置きされる。 へのプリントを持っていった先で、に手品を仕込まれたのオンステージを観戦。 に参加するも班に入れそびれたので、との班に入れてもらう。 ちょこ卵一ダース 1箱 持参。 に嫌われる。 学食でお昼。 とはいえ、さすがに毎日カレーのお世話になることに辟易気味。 文部省のお偉いさんが授業を見に来るのに何故か不在。 が身代わりとなる。 本人は保健室でお昼寝中だった。 ベッキーの中での立場が猫以上犬以下だと判明。 ラブリーにイメチェンを図るが失敗。 居眠りするの頭をはたく。 期せずして拡散のスイッチを押す。 殺人現場を目撃し、証拠品まで持ってきたを警察へ連行。 隠れて元を学校から追放したことをほのめかす。 コーヒーの味がわかることを証明しようとするが、熱すぎた。 食あたりで学校を休む。 情けない病状を隠そうとが奮闘するが、失敗。 を見回りながら思いっきり楽しむ。 科学部の解剖鍋に参加しようとするが、中止になり食べ損ねる。 合同体育の男子サッカーを見学。 最後は参加するハメに。 夜の学校を泣きながら見回り。 の呼び出しで海外へ行くことに。 つまり産休。 の研究先の遺跡、イラクのバビロン都市跡に到着。 時代のベッキーが暴露される。 何事も無かったかのように帰国。 体形に対するコンプレックスを巡って、とモメる。 補習の監督をするが、全部に押し付ける。 「耳」について突っ込まれ逃走。 TVがへ取材に来るが、まるで興味ナシ。 関係ない寒さについて語る。 ナベ談義に花を咲かせる。 に転入。 共に以前出会ったとそのことについて話す。 をもらい、とを引き連れ大掃除。 自分に夢も希望もないことに気付き落ち込む。 の諺「君子に三楽あり」に感銘を受ける。 相変わらず居眠りに興じるに思わず涙ぐむ。 で私服姿で応援。 走る気0。 の影響で、未曾有の不幸 傘が壊れ、空からペンキが落ちてきて、カバンを犬に食いちぎられる に見舞われる。 に授業をさせようとする。 その頃、でとの悩みを聴く。 日曜出勤のさなか、にが旅に出た地図を見つけ、同じく学園に来ていたと共に宝探し。 件のメンバー と と同じ班で。 ボロボロ。 バーベキュー大会に食料 ご到着。 美味しく頂く。 遠足のバスが崖から落ちかける。 床に仰向けになった変な状態で助けを待つ。 すっかり悩み相談室化したで、、&、の悩みを聴く。 ついでにの悩みも聴く。 にだまされてプール掃除。 虫歯が痛くて超不機嫌。 心配したの面々が総力を挙げて笑わせようと試みる。 クイズブーム。 「天才だからって物知りだと思うなよ」と言いつつも生徒の出す問題に全て即答、そして正解。 天才ぶりを 久々に 発揮。 で選手として参加することが決定し、超落ち込む。 しかし隠れて一人バスケの猛練習。 も途中から参加。 とから出演を依頼される。 前でモメまくる両者を鎮めるべく、大岡裁きや天岩戸伝説を駆使する。 自分が赴任する前のの状態をみんなから聞く。 始まる。 に強制参加させられる。 宇宙刑事ピョン子を演じる。 ヒマ過ぎが災いして、生徒会の学校周りの清掃に駆り出される。 途中に缶蹴りでやっぱり脱線し、最後に穴に落ちる。 の裏での試合操作もあり、時間ギリギリで3Pシュートを決め見事逆転優勝。 敢闘賞を受賞。 始まる。 ベッキー5年2組に転校。 素性を隠しながらもクラスに溶け込む。 、と出会う。 遅刻で廊下に立たされる。 小学校転任後もやっぱり体育でマラソン。 バスケの影響か、以前よりちょっとは体力が付いたらしい。 動物園でパンダをスケッチ。 隠れて見守っていたと出会い、今の状況を愚痴る。 登校中にカバンが破れ、偶然? そこにいた変な人 にランドセルをもらい、ついでに写真を撮られる。 の演劇の役を勝手に決められる。 夜の小学校を探検。 友達に嘘をついていることに罪悪感を感じ、涙ぐむ。 に帰還。 一方、小学校ではベッキーの仕掛けた罠が発動し、逮捕。 の演劇で「」の主役メロスを演じる。 帰り際にと涙のお別れ。 の映画に主演の役を演じる。 この時点ではまだベッキーがであることが明らかになっていない、高度なネタ。 の製作秘話。 に以前交わした出演の約束を持ち出され、主役に抜擢される。 嫌々ながら台詞合わせ。 裏表紙 の作品、順調に撮影進行中。 死にたくなる。 テコ入れの結果、ニセベッキー大量発生。 なんだかんだで生徒会に乗せられ、裏庭の掃除をみんなで手伝う。 の授業中、いまだに登校してこないを心配してクラスがざわつく。 一方、はシュールの洗礼を受け…。 持ち込み漫画に溢れるの机周りにたまりかね、急遽持ち物検査とロッカーのチェックをする。 のの事件目撃のいざこざから、が学園に乱入。 パワーアップに躍起になる生徒たちに辟易する。 帰りの見回り中、クラスでの誕生日パーティーを企画するの面々を目撃し、なりゆきで一緒に祝う。 寝不足のため、今日も自習。 髪を切りすぎたにこれ幸いと日頃の恨みを晴らす。 の前で授業することになるが、緊張して授業にならない。 のアフレコ素材に使われる。 実際はケーキ談義。 のジオラマを舞台にvs対決。 違う世界で盛り上がる生徒面々に全く付いていけず。 みんなで日本語について考えるが、ゲームによる寝不足でダウン。 へちょい。 「ウサぽに」でリアルウサギとして登場。 ニンジンに簡単に釣られる。 に立ち会う。 に厳しく注意される。 またまた影が薄れつつあるベッキーのキャラについてみんなで考える。 メイド服を着たまま職員室へ。 先生方にパシられる。 校内避難訓練実施。 所詮は訓練なので全然緊張感ナシ。 に呼びだされ渡米。 チェスをしながら、自身を狙う者たちから逃れるためにこっちに帰ってこいと促すの提案をやんわりと断る。 追試免除カンケリ大会で免除を阻止する鬼役で参加。 結局、の謀反により敗退。 無事追試を免れたに誘われ、スパリゾートでびばののん。 のをネタにした映画に主役で出る。 この話からしばらくサイコガン装備。 緊急の避難訓練リベンジにみながざわつく中 事前に知らされていた訓練だったが、本人は知らなかった 、見事な采配を振るう。 みんな風邪をひく中登校。 が置いていった漫画を読んで暇つぶし。 との友情物語を暖かく見守る。 その後何故かトイレで団子状にハグを強いられる。 の日頃の躾の結果、たくましく育っていることを再確認。 ルールをよく知らないにもかかわらず野球に参加。 試合中にとりあえず全部覚えたらしい。 脳天にボールが直撃し大惨事に。 とにつれられに初来店。 ちょっと冷めている。 「天才ポストさん」 生徒たちの質問・要望をばっさっばっさと斬り伏せ、の関心を誘う。 ・とのダメ料理トリオ再集結。 いい加減壊滅的な料理事情を打開するべく、図書室に料理の本を借りに来る。 あまりの平和さにメダカの学校を開校。 カラーでは金魚の予定 未定。 言葉のニュアンスについて議論。 結果、ロボットに改造されかける。 お勤めの終わったをねぎらう。 逞しくなった彼女に感服。 様子のおかしいを心配し、相談に乗る。 しかし乙女回路が暴走する彼女は…。 最近おかしな行動を取っていると噂をかぎつけたに秘密調査を受ける。 最終的に棒で殴られそうになったところで、ただのネトゲーのやりすぎとあっさり白状。 の番長を倒しに来たに拉致られる。 危うく入隊させられそうに。 にての遺物を発見。 ダイエットコンビに開封を委託。 中からは災厄が…。 下校時間を過ぎているのにと大富豪。 学園に侵入した凶悪犯はにおまかせ。 「続・天才ポストさん」 生徒の悩みを相変わらず片手間に回答。 ドン引き。 同士で花壇を荒らす。 結果に狩られ、の名にも使われる。 再び野球。 相変わらずグダグダな面子に早々にピンチ。 命と引き換えに試合を引っくり返したに多大なる謝辞を送る。 退屈な日常を打破すべく、天使降臨。 見事に一同ドン引き。 今日のおやつをどうするか、「相談室」に相談。 初期の頃のようなまったり平和なの日常の一時。 影絵はテストに出ません。 挙動不審なに怯える。 ダメっぽいので、お掃除教室inに強制参加。。 に言葉もない。 外ヅラがいいことが発覚。 久々にオネムで自習。 ノーガードで勝利。 次回に続く。 サバイバル編突入。 わりと落ち着いている。 そうなんですか? 皆と一緒に妄想コスプレショー。 現実は甘くない。 まだまだひっぱります? やっとやって来た救援部隊を悪党気分で出迎え。 でも結局グダグダになりました。 巻末 「チア部」 を応援してしまい、仕返しに応援される。 ひっさびさのご登場で、やっぱりテコ入れ。 あのころは若かった? ゴリラに捕らわれの相手に、有効策が浮かばずスルー。 今度はホントにコスプレショー。 この後巨大化? に拉致、散々弄ばれネコミミモード。 仲良し3人組でお出かけ。 結局教え子たちに翻弄されることに… に参加。 とともに画才を発揮。 暑さを憂いエコを提唱、脱クーラーを試みる。 を横目に、弁当を披露。 成長したもんだ。 セレブ用語? をカミまくり、せっちゅ語を披露。 何も賞らしいものをもらってない自分に、絶望しかける。 初めての夜店にドキドキワクワク。 小さい人なので流される。 珍しく早起き。 校門で生徒を出迎える…も、逆に挨拶責めに。 子供電話相談室オープン、ハイソでセレブでツンデレ? な相談員ぶりを発揮。 桃から生まれて鬼退治、なぜかスク水。 優雅な午後をDVD鑑賞で楽しむも、に大層おかんむり。 の野望のトリにされる。 ポニテ自体は既出だけど。 のキャラゲーをわりと楽しむ。 を仕立ててまで観たDVDに、やっぱりおかんむり。 どっきりの仕掛け人として、流離ったあげく大気圏外へ。 いつもの学校でテストのためにをたきつけていたら…あれ? 存在自体が夢オチ? 折り返し4 「ピクショナリー」 のお題違い。 カオスな絵を描いてに激しく突っ込まれる。 この世界では「DECEASED 死亡 」扱いになっていたことが発覚。 そして「最後の希望」とは…? 満を持してついに登場。 ゴミのような生活をしていましたがなにか? にガキ扱いされてしまう。 ふざけた世界に終止符を打つべく、…じゃなかった、アリスベッキー出陣。 コンビでから逃げきるも、旧倉庫? で脱出コント披露。 悔しいかな、に翻弄される。 平和を享受するも、空ブドウに涙。 自ら風紀を乱す、困ったちゃんなちびっこ教師。 ペット談義で黒ネコにされるが、なんかもう、飽きられた感じ。 ウサギのレースにどこ吹く風。 自分の企画力の恐ろしさをわかっているらしい。 七不思議についての相談を受ける。 の片づけ漏れかと思い、珍しく重い腰を上げるが… 夢の世界を彷徨う。 帰ってこーい。 動画サイトに見る自分の分身に驚愕。 今日はと食堂ランチ。 に唆されてスク水シンデレラ。 の誤情報で赤ずきんちゃんにへんしーん。 勢いで回らない寿司屋に入ってしまい、四苦八苦。 手弁当を披露し、料理下手を完全克服宣言。 成長したなー。 どうでもいい話に乗りきれないが、には激しく同意。 カオスなロミジュリ演劇に圧倒される。 アメリカに夢を抱く教え子達に現実を突きつける。 でゲームに興ずる。 手近な子供としてに呼ばれ… 屋上で真面目な過去話をするも、最後は子供っぽく撃沈。 自らのゾンビ持論を天才視点から力説。 何故かいい先生っぷり…と思ったらやっぱり浅い企みでした。 ドSコンビの嫌がらせに屈し、自ら注射に赴く。 表紙 ぱにぽに名場面シリーズ15「ベッキーVSゾンビ軍団」 ゾンビの大群に包囲され、自動車の屋根によじ登ってはうはう。 折り返し4 「エピローグ」 居眠り中。 なんか変な夢を見てるらしい。 晴れ舞台に挑むべくへ乗り込む。 だんだん面倒になってくる。 に裏切られ、一つ悟りを得る。 D組包囲網から逃れるもなぜか警官に逮捕。 記念すべき200話を取調室で迎える。 の陰謀を食い止めるため催涙弾で派出所を脱出。 完全にテロリスト。 と接触した後会場へ向かうも… ついにあきらめた…と思いきや。 大団円…と思いきやが姿を現したことを知る。 相手に「テンペスト」の授業。 旧友が遣わした「」に仰天。 今度こそ大団円…と思いきや、血まみれになるわ、恥ずかしいブツを公開されそうになるわの最後の大ピンチ。 小田先生の袋話に天才2人そろって灰化。 のぼせて倒れたを介抱。 大江戸村にて姫様の格好で超ハッスル。 この格好、姫様じゃないだろ。 を学校に忘れてきたことに気づくが、気にせず・と座禅を組む。 煩悩多すぎな11歳。 ジャパニーズのクレイジーさを思い知る。 のいきあたりばったりな思いつきで、偽卒業式をやらされる。 珍しくがやる気満々なので、全部丸投げしようとする。 よいこの みなさんは マネしないでネ! に「迷子の外国人の少女」を押し付けられるが…? 科学の授業としてみんなでペットボトルロケットを作る。 私は科学の先生じゃないから寝てるぞ。 もう最終回も終わったから自習。 私はめんどくさくなったから寝てるぞ。 「月夜に釜を抜かれる」 昔の自分を大公開。 いっそ殺して。 テレビが来たし、最後の最後なのでまじめに授業しようとするが… 表紙 後日談 テレビでベッキーを見た近所の高校生たちから写メをねだられるが、塩対応。 裏表紙 超オマケ 「意馬心猿」 オムライスを出されるが、がロボット研究会に作らせたラジコンケチャップタンク? が色々とヒドくて絶句。 で何か出し物を考えなければならないことになり、思いつかないのでの面々に丸投げ。 カバー下表紙 「綿貫響のそれ行け! 諜報部スペシャル」 から繰り出される質問の数々を一蹴。 とうとう泣き出してしまったに慌てて「好きな魚はマグロ」と答える。 表紙 「諜報部でもリミックス」 ビデオの編集をしているに、の恥ずかしい映像をリミックスされる。 のいつもの連中にについて考察される。 がの登場をほのめかすも、嘘だと分かり腰を抜かす。 の愛の突撃を受けて、記憶を失う。 その後、の活躍により無事記憶は取り戻す。 ベッキーの髪にルービックキューブが絡まる唐突展開。 またまた高山式の活躍により解決。 描き下ろしオマケ漫画 と散歩中、胡散臭い「天才チビッコ金髪」に遭遇。 自信をなくす。 二人目の天才として登場。 榊さんにめちゃくちゃ可愛がられ、最後にはお持ち帰りされてしまう。 休憩がてら入ったがカオス過ぎて「ギャー」。 の話にのぼる。 先生の先生は先生なのだ。 を連れてやってきたにオカルトな相談をされて逆ギレ。 体格に反比例する貫禄の大きさでをビビらせる。 山越え谷越えへ。 叱られたりめちゃくちゃ可愛がられたり。 生徒たちの名前が覚えられず、には再び叱られ、はガチ凹み。 のを抜いてしまい、しかもそれを紛失。 の人工合成を試みる。 テスト前のお泊り勉強会に監督の名目で参加。 論文を書く。 キャンプ回。 とケモノ達とのあぶれ組で悪戦苦闘。 自分の研究室をもらうが、が天井の魔境への扉を開いてしまう。 プール掃除をする生徒たちを見下ろしながらふんぞり返り、お仕置きピンボールの刑に処せられる。 最後に溺れて緊急搬送。 に本物の魔法を与えようとするに無理やり森に連れて行かれガクガクブルブル。 から緊急招集がかかり沖之毒島へ。 昔の自分の姿を晒されてしまう。 爆弾騒ぎ発生。 うっかり爆弾を持ち上げてしまい・大慌て。 の「恋」を詮索するの面々を注意。 最後にによって恐怖体験をさせられる。 の買った怪しげな通販グッズの暴走により、の夢のなかに吸い込まれる。 お銀・・大番長フジヤマ襲来。 に乗って撃退する。 の作ったスプラッタ弁当に絶望。 やに泣きつく。 崖から落ちかけたバスの中で終始バランスをとり続ける。 怪しげな行動を取るをたちやとともに追う。 学園祭を満喫。 今度はメソウサに爆弾が埋め込まれるが、よりあからさまにいい加減な態度。 みんながで倒れ、治療法を探しに奔走する。 寄生で性格が豹変したにショックを受けイジける。 PTA視察を前にトンズラ。 替え玉をやらされたの逆鱗に触れる。 学校にテレビ取材クルーがやってくるも、断固拒否の構え。 急に寒くなって調子が悪い。 いろいろ散々な目に遭う。 悪徳奉行べきえもんに扮して圧政を敷く。 大暴走で地球の危機。 再び TurboR を駆る。 突如に出現した巨大プールで遊び呆ける。 追試免除を賭けた缶ケリ大会で、追手側の大将を務める。 敵は身内にあり。 設定考察 身長 身長の高さには諸説ある。 128cm説 アルターのベッキーの全高は約16cmなので、8倍するとだいたい128cmとなる。 足を閉じて約17cmだとしても、約136cm。 日本人の血を引いてるにしても、11歳にしてこの身長は現代ではかなり低い。 ちなみに日本人女子の11歳の平均身長は約147cm またの付録「」の巻末にある読者プレゼントである等身大POPの説明によると、等身大POP自体の高さは138cmあるらしい。 そこからキャラクター以外の余白部分や告知欄等を除くと約130cmとなり、これも上記の説に矛盾しない。 145cm前後 普通の小5女子レベル 説 を見るとわかるが、ベッキーとやの身長はほとんど同一である。 これではベッキーが特別にちびっこというわけではないように見える。 ちなみににも「小学生として考えればごく普通」と書かれている。 両親 のアバンタイトルで、さん おそらく艦長として のナレーションで「アメリカ人の父と日本人の母…」とある。 初っ端で堂々と言い放ったのでだっしゅ! では設定が違うのか? と思われたのだが、実はの冒頭でもが同じ事を言っている。 つまり、これはウソ情報ということになる。 の巻末オマケマンガで、の「父:アメリカ人 母:日本人」という情報が間違いとあり、=の情報はあてにならない ようするにたちの諜報能力はと同程度、ということに…!? なお、だっしゅ! の公式ガイドであるではちゃんと「日本人の父、アメリカ人の母」と記述がある。 しかし、巻末の用語辞典では『アメリカ人の父』とある。 詳しくはの頁で。 よくよく考えてみれば「宮本」が姓である以上、父親が日本人であるのが自然というもの。 そうでないとしたら両親が離婚して母方に引き取られたか、父親が亡くなっているかが考えられるが、さすがに飛躍しすぎだろう。 ただし、両親、共に殆ど、というか全く素性がわからない。 完全に否定もできないのがこの作品のおもしろいトコロ。 とはいえ、「宮本」が通称などでなく彼女の日本の戸籍にある正式な氏と仮定した場合、国際結婚した両親のうち 父であれ母であれ 日本国籍を有する側の氏を取得したはずなので、母親が日本人であったとしても不自然とはいえない、その場合は当然レベッカは母親の「宮本」氏を取得することになる。 呼ばれ方 他の人達からは以下のように呼ばれている。 「宮本先生」:下記以外の桃月学園の生徒・・• 「ベッキー」:・・・・• 「ベキ子」:• 「ベキ子ちゃん」:• 「ちびっこ先生」:• 「レベッカ」:・• 「宮ちゃん」 - ・• 「宮本さん」 - 意外とベッキー呼ばわりしている人は少なく、接点の多いやもベッキーとは呼ばない。 考えてみれば当然。 曲がりなりにも「先生だぞー」。 は呼び方が一定しないが、気心がしれているためか「あいつ」「あのバカ」などとぞんざい。 重箱の隅• よくアメリカ出身と言われたり外人呼ばわりされているが、本当にアメリカ出身かはわからない。 なおでは「アメリカから来ました〜」と発言した一方で、で出てきた履歴書? には東京出身と書かれている。 自分の生い立ちを偽装してばかりのベッキーのことである、本当はどこの生まれかは全く不明。 一つのヒントになりそうなベッキーの行動として、で見せた蕎麦の食べ方が挙げられる。 一般に食べ物をすすって食べるのは西洋文化ではマナー違反であり、たとえ父親が日本人であっても、欧米の暮らしが染み付いていると少々はばかられる行為である。 が、ベッキーは半ば当たり前のように蕎麦をすすっていた。 その一方で鍋物料理を一度も見たことがなく想像もできない。 日本人とアメリカ人の間にできた子供は自動的に日本とアメリカの二重国籍になるので、ベッキーは日米の二重国籍者と考えられる。 ただし日本では二重国籍を原則として認めておらず、この場合の二重国籍は猶予措置であって、22歳までに他国の国籍を放棄しないと日本国籍を失う可能性があるとしている 実態としては積極的な取り締まりが行われていないので事実上野放しになっているが。 一方のアメリカは形式的には二重国籍を認めない立場だが、二重国籍に対するペナルティはない。 もちろん既にどちらかの国籍を放棄した可能性もある。 ベッキーの名前の由来はタレントのベッキーである より。 彼女はテレビ東京系のバラエティ番組「おはスタ」の2000年度おはガールの一人だった。 彼女自身もベキ子というニックネームを持っており、自らの公式サイトのタイトルも「ベキ子製鉄所」。 なお彼女と同期のおはガールであった瀬下可奈の名前は、の口癖「〜カナ」につながっている。 ステータス 身長 1 スタイル 1 体力 1 学力 5 やる気 1 天才パワー 5 主役パワー 3 体力 1 我慢づよさ 2 天才パワー 5 ちびっこパワー 4 体力 1 我慢強さ 2.

次の

レベッカ宮本(斎藤千和) 雪月花 歌詞

レベッカ 宮本

血液型:B型、星座:牡牛座。 桃月学園1年C組担任で数学担当。 家族構成は日本人の父とアメリカ人の母、そして、姉が一人いる。 10歳でコロンビア大学の博士号を取得したという触れ込みで桃月学園に赴任してきた超天才でハーフのちびっこ先生。 しかし、コロンビア大学の博士号を取得したというのは嘘で、本当はMIT マサチューセッツ工科大学 で学位を3つ取得しただけ。 ただし、アニメではMITを卒業したということになっている。 大学入学時は感情を表に出さない少女だったが、日本の歴史ドラマをみるようになって性格が丸くなった。 高い知能指数を誇る頭脳とは裏腹に言動は子供っぽい。 原作では回を重ねるごとに言動の子供っぽさが抜けており、本人によれば「玲さんのおかげ」(後述の目玉シールにも驚かなかった)。 運動と怪談と料理が大の苦手。 スーザン(教授が勝手にそう呼んでいるだけで、本名は不明)という姉がおり、非人道的な手口でいじられているらしい。 毎話違う彼女の服装は、全て姉の趣味。 原作4巻で古い物置を研究室として与えられ、それ以降は授業以外の仕事をここで行うようになったが、同時に生徒 主に玲と姫子 が遊びに来たり、悩みを相談されるようになる。 原作6巻では教師の地位を奪われ、年齢通り小学校に通って犬神の妹・雅、一条の妹・望らと友情を交わした。 教師の地位を取り戻す為に桃月学園の生徒と共に陰謀を仕組むなど、裏で色々と手を回した結果、教師の地位を取り戻した。 また、原作8巻では一時期右手にサイコガンを着けていた。 原作16巻で、「ティーチャーオブジイヤー」という賞を受賞。 渾名は姫子、玲、くるみ、都、芹沢 (読者、作者) からは「ベッキー」、五十嵐先生、乙女からは「ベキ子」、望からは「宮ちゃん」。 その他、桃月学園の生徒や教師からは「宮本先生」、小学校の生徒や教師からは「宮本さん」、教授からは「レベッカ」。 アニメでは一つ目で見られるのが苦手とされており、玲が掌に目玉のシールを貼り付けて脅かすこともあった(シールなのに瞬きをする)。 その際は近くのカーテンなどに体を隠して、「はうはう〜」と泣いてしまう。 アニメ版では、さらにおだてられると「いやいや〜」とおじさん臭く照れるという設定と、ジジイ(D組のおじいちゃん先生)の暴走運転に付き合わされて車恐怖症になってしまったというエピソードも付けられている。 『まろまゆ』ではCD版に登場。 ただし、あくまでもくるみの担任の「先生」という扱いであり、レベッカ宮本という名乗りはない。 『新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん』でも名前だけ登場している。

次の