くつ ざわ 炎上。 落合陽一氏や女子大生インフルエンサーが浴びたネット嫌がらせの凄まじさ!

くつざわのツイッター炎上理由と謝罪文全文!男性ファンからは「気にするな!」の声

くつ ざわ 炎上

「レペゼン地球のDJ社長が主導したパワハラ騒動を巡っては、彼らを擁護するような意見を発した人たちにも批判が集中。 メディアアーティストの落合陽一氏も《「DJ社長!」というだけでアンチに叩かれる世界線すげえと思う》とのツイートにより、ネット民からの猛攻撃にさらされました。 それでもネット外の世界に本職を持つ落合氏はそれらの批判を受け流していますが、くつざわはネットをメインに活動していたために、ネット攻撃のダメージをもろに受けることに。 いまやツイッターの更新などもほぼすべてストップし、インフルエンサーとしては機能不全に陥っています」(IT系ライター) くつざわ自身は炎上直後にお詫びのメッセージをツイートし、その後はほぼすべての活動を自粛。 その炎上劇のなかで、彼女に寄せられた嫌がらせの内容がいかにもおぞましかったという。 「彼女は作品配信サイトのnoteにて7月27日、あらためて事の経緯と謝罪を表明。 そのなかで自身に寄せられた数々の中傷や攻撃について明かしました。 それによると《早く死ね、消えろ》といった直接的な言葉はもちろん、家族や友人への誹謗中傷が殺到。 さらには死体などのショッキングな写真が大量に送りつけられていたそうです。 そのうえで、炎上劇のなかでも自分を応援してくれる人がいることへの感謝も綴っています」(前出・IT系ライター) 彼女には誹謗中傷ばかりではなく、真摯な忠告も数多く寄せられていた。 それらの思いはくつざわに届いているのだろうか。

次の

くつざわ亮治の学歴と経歴は?プロフィールとネットの反応は?

くつ ざわ 炎上

・ツイデモをした人を特定した!? くつざわ亮治氏によると、「安倍やめろ」という内容でツイデモ Twitterでデモのごとく特定のキーワードを大量に投稿する行為 を発信した人のIPアドレスをサーバー管理者から聞いたとのこと。 サーバー管理者によると、ツイデモをしたのは3つのIPアドレスだったという。 ・IPアドレスをどうやって知った? しかしながら、ツイートのIPアドレスはTwitter社でしか知り得ない情報であり、無関係なくつざわ亮治氏やサーバー管理者は知ることができない。 もしくつざわ亮治氏の書き込みが事実ならば「サーバー管理者がTwitter社の人」「情報開示を申請して開示してもらった」のどちらかになるのだが……。 以下は、くつざわ亮治氏のTwitter書き込みである。 ・くつざわ亮治氏のTwitterコメント 「とあるサーバー管理者さんからご連絡 安倍やめろ ツイデモ発信は東京一極だったが細かく追跡した結果、そのほとんどが次の3つのIPアドレスからだった・西早稲田 在日韓国人問題研究所 ・代々木 韓国旅券法の改正を求める会 ・高円寺 日韓トンネル推進全国協議会 2ちゃんやヤフコメの工作コメもこれら」 とあるサーバー管理者さんからご連絡 安倍やめろ ツイデモ発信は東京一極だったが細かく追跡した結果、そのほとんどが次の3つのIPアドレスからだった ・西早稲田 在日韓国人問題研究所 ・代々木 韓国旅券法の改正を求める会 ・高円寺 日韓トンネル推進全国協議会 2ちゃんやヤフコメの工作コメもこれら — くつざわ亮治テレビ改革党豊島区議会議員 mk00350 「この3つに何十人何百人の書き込み要員が常駐していると思えないので、全国の工作員がここをVTN(踏み台)にしている可能性がある」 「中国共産党の五毛組の踏み台に使われてる可能性もある」とのことでした。 ここから先の追跡は全国のその道のプロさんたちにお願いしたいと思います。 — くつざわ亮治テレビ改革党豊島区議会議員 mk00350 Twitter社の管理者でもない限り、ユーザーの接続IPアドレスはわからないし、IPアドレスだけで、所属組織がわかる可能性も少ないです。 JAPANにコメントしたIPアドレスが一致していることを確信していなければ書けない情報といえる。 3社からIPアドレスの開示を受けているなら別だが、そうでなければくつざわ亮治氏の書き込みは嘘やデマの可能性が出てくる。 ・「とあるサーバー管理者さん」は誰なのか くつざわ亮治氏の書き込みに出てきた「とあるサーバー管理者さん」が誰なのか不明だが、少なくともその人物がTwitter社の人でない限り、嘘かデマと言われても仕方ない。 「とあるサーバー管理者さん」がTwitter社の人の場合でも、正式な情報開示申請を通していなければ、それはそれで非常に問題なのだが。 ・IPアドレス入手ルートを説明するべき はたして真相はどうなのか。 くつざわ亮治氏はこの件に関してインターネット上で指摘をされているものの、完全にスルーしており、IPアドレスどうやって調べたのか、いっさい返答していない。 このままだと嘘やデマを流す人としてレッテルを貼られてしまうので、誤解を解くためにも、自身の名誉のためにも、どのようにしてIPアドレスを知ることができたのか説明すべきなのだが、はたしてどうなるのか。

次の

落合陽一「DJ社長!」に批判殺到

くつ ざわ 炎上

初心者ブロガー必見!ブログのテーマとしてやってはいけない事! 炎上(えんじょう、英: Flaming)とは、インターネット上において、不祥事の発覚や失言・詭弁などと判断されたことをきっかけに、非難・批判が殺到して、収拾が付かなくなっている事態や状況を指す。 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教授の山口真一は著書の中で確立した定義は存在しないとしつつ、人物ないし企業が発した言動や行為に対して、インターネット上で批判的な発言が多数寄せられることと定義づけている。 損害は心理的、経済的なものが発生しうる。 炎上商法をしたくなる心理として誰かから注目を浴びたい、世間をあっと驚かせたいという心理が働きます。 これは非常にリスキーでお勧めできない事です。 ネット炎上の主な原因は? まず一般的にネット炎上とは、ネット上で特定の対象に非難や批判、誹謗中傷が殺到する状態をいいます。 日本での初の事例として、某電気メーカーで発生したクレーマー事件( 99 年)が挙げられます。 同事件はマスメディアを介さずに、一般人がインターネットを使って世論を喚起できることを示した一方、企業側にとっては たったひとつの顧客の発言によって存続危機に追い込まれる事態になりかねないという顧客対応の大きな教訓となりました。 上のブログにも記載されている通り一個人が企業・団体を相手にしてありもしなかった事をでっち上げたりして人々の興味関心を抱かせるケース。 または、一個人を陥れて著しく活動の制限を狭めたり・羞恥に晒したりして陥れる事で周囲の関心や興味を抱かせるケース。 又は、事実にない事をでっちあげて誇張するような表現を用いた放送や内容。 大昔で言えば大手メディアがヤラセという類のケースで視聴者の興味・関心を抱いていたのと同じになります。 この様なケースであれば一時期は興味を抱かせることはできますが、反感や嫌悪感を抱かせるケースも少なくありません。 そうなった場合、その矛先となった相手からやり返しをされるケースも少なくないはずです。 炎上商法ではなくバズる記事やコンテンツ作りを心がける 日本語でいう「ブーン、ブンブン」の音から来た英語の擬声語で、騒音のほかガヤガヤした話し声なども示す(en:wikt: buzz)。 buzzer(ブザー)に派生。 口コミを意味するマーケティング用語。 口コミを活用したマーケティングを バズマーケティングと呼ぶ。 一般的にバズるというのは、面白い・感動する・泣ける・傑作と言った人のいい感情に訴えかけるコンテンツ作りの事を主に指して、SNSや口コミを主として一気にSNSやネット上で拡散されるコンテンツ作りの事を言います。 最後まで読んでね!! バズるコンテンツ作りの代名詞 今ネット上でも話題になっているくつざわさん。 最近ものまねのテレビに出ていて評判にもなりましたね。 く、くつざわ🌻さん!? 急に出てくるし 安定の面白さあるし 流石に笑うしかないやん? …ものまねガチランキングなので くつざわ🌻さん本人が登場してモノマネを披露しているのか、 モノマネをするくつざわ🌻さんのモノマネをするソックリさんなのか。 一体どっちなんだろうか。 わけがわかりません — くつざわ。 炎上しそうでしないギリギリのラインでの近コンテンツ作り これがバズる記事やコンテンツ作りのヒントになっているかもしれません。 まとめ 今回は炎上を狙ったコンテンツ作りをするのではなく、バズる様なネタやコンテンツ作りを日々心掛けて人気ブログやコンテンツ作りをこころがけましょうと言った事です。 ともかく炎上商法はやめましょう!!.

次の