安倍総理 家系図。 安倍昭恵夫人の実家の家系図がすごい!学歴と若い頃のお嬢様姿とは? | Nomada

安倍晋三の家系図と祖父、妻・安倍昭恵の実家と学歴、大学、子供は?

安倍総理 家系図

学習院大学政治経済学部を卒業• 1966年:実家の会社・麻生産業に入社• 1973年:麻生セメント 現・株式会社麻生 の代表取締役社長• 1976年:モントリオールオリンピックでクレー射撃の日本代表選手• 1979年:衆議院議員選挙に当選• 1996年:橋本龍太郎首相の元で経済企画庁長官に就き入閣• 2001年:経済財政政策担当大臣就任• 2008年:第92代内閣総理大臣に就任• 総務大臣や外務大臣、副総理などを務める 皇族との繋がり 家系図を見ると、安倍家は皇族との繋がりもあることがわかります。 遠い親戚に当たる麻生太郎氏。 その妹の 信子さんが宮家に嫁いだことにより、皇族との繋がりができたのです。 大正天皇の孫で、昭和天皇の甥に当たる 三笠宮寛仁親王(愛称はヒゲの殿下)に、見初められた信子さん。 当時、26歳の寬仁親王から求婚された信子さんは、まだ16歳の高校生という若さでした。 まだ、若すぎるということで、婚約は8年後だったそうです。 麻生太郎氏と、寛仁親王妃信子様を介して、安倍家は皇族との繋がりができたと言うことですね。 1956年12月:毎日新聞社退社、外相秘書官に就任• 1957年2月:首相秘書官に就任• 1958年5月:衆議院議員に当選• 1967年11月:農林政務次官• 1974年12月:農林大臣に就任• 1976年12月:自民党国会対策委員長に就任• 1977年11月:内閣官房長官に就任• 1979年11月:自民党政調会長に就任• 1981年11月:通商産業大臣に就任• 1982年11月:外務大臣に就任• 1986年7月:自民党総務会長• 1987年10月:自民党幹事長に就任し安倍晋三が幹事長秘書となる• 1991年5月15日:死去 東京帝国大学法学部(現在の東京大学)に進学し、息子の安倍晋三首相へも東大へ行くよう強く言っていたそうです。 勉強嫌いだった安倍晋三首相を、辞書で叩いたりともしていました。 それでも安倍晋三首相は東大には行けず、心配をかけたそうです。 安倍晋太郎氏は、内閣総理大臣目前で病死しています。 安倍晋三の兄:安倍寛信 2歳年上の兄・ 安倍寛信氏は、三菱商事パッケージング社長です。 幼少期から、安倍晋三首相とは正反対の性格で大人しかったそうです。 成蹊小学校からエスカレーター式に大学まで上がる• 成蹊大学経済学部を経て、東京大学院に入学• 東京大学大学院を卒業し1975年に三菱商事に入社• 関西支社副支社長兼中国支社長などの経歴を経て、代表取締役社長に就任 兄の安倍寛信は、親の期待通りに東京大学進学するところから、真面目な性格が伺えます。 安倍晋三の弟:岸信夫 安倍晋三首相の弟の 岸信夫氏は、生後すぐに岸家の 養子に出されました。 安倍晋三首相とは、5歳の歳の差があります。 母親の安倍洋子さんの兄弟の岸信和氏に子供がいなかったことから、養子縁組されました。 しかし、本人は養子だということを知らされてなく、大人になってから知ったのです。 大学進学時に戸籍謄本を見て、真実に気がついたのでした。 当時、とてもショックを受けてしまい、1か月ほど錯乱状態となり体調を崩してしまったそうです。 幼少期は、元総理大臣で祖父に当たる岸信介氏にとても可愛がられたそうです。 しかし、そのことを安倍晋三氏は面白く思っていなかったというエピソードがありました。 慶応義塾幼稚舎からエスカレーター式で進学• 慶應義塾大学経済学部を卒業• 1981年:住友商事に入社• 2002年:住友商事を退社• 2004年:参議院議員選挙当選• 2010年:参議院議員選挙再選• 2012年:参議院議員を辞職し、 衆議院議員選挙に立候補し当選• 2016年:衆議院外務委員長、外務副大臣に就任• 2017年:3度目の衆議院議員選挙当選• 2018年:衆議院安全保障委員長に就任 優秀な兄弟と父親に囲まれている、安倍晋三首相。 「無能」などと言われてしまうのは、幼少期からの性格なのかもしれません。 生まれ持った性格は、家系や血筋ではカバーできないということなのかもしれません。 安倍晋三が家系図上、韓国人という噂 安倍晋三首相の家系図について調べて行くと、ネット上には、「先祖に韓国人がいる」という噂があります。 家系図を見る限り、 韓国人との繋がりはなさそうですが、話の出処となりそうな記事がありました。 事の発端は、安倍晋三首相の父親・安倍晋太郎氏が亡くなった時でした。 生前、 安倍晋太郎氏の家政婦をしていた女性の証言が「週間朝日」に掲載されました。 家政婦によると、安倍晋太郎氏は「私は朝鮮だよ」と発言していたというのです。 家政婦の久保ウメさんは、40年間岸家と安倍家に仕えていました。 「パパ(安倍元外相)は誰にも言えないことを私には言ってくれた」とし「(安倍元外相死去直後)入棺のとき、この人の骨格を見ながら本当に日本人の物ではないと思った」と説明した。 それとともに「頭からつま先までまっすぐに横になっていたが、完全に韓国人の体形だ。 (安倍元外相)自らも『私は朝鮮だ。 朝鮮』と言っていたが、この人は朝鮮人だと思った」 という証言でした。 しかし、この「朝鮮」というのは、朝鮮半島のことではなく、今はない渤海 ぼっかい という中国の朝鮮半島北部周辺にあった国のことだったようなのです。 安倍晋太郎氏が、安倍家の家系図を見て、平安時代の武将で「朝鮮」出身者がいたのを発見したらしいのです。 この「週間朝日」の記事を引用し、世界日報(保守系新聞)が『安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」』という見出しで掲載したのです。 そこから、安倍家や安倍政権に不満を持つ人たちなどの間で一人歩きしてしまったようです。

次の

安倍晋三首相の先祖一族の源流の家系図は?

安倍総理 家系図

Contents• 子供がいない意外な理由とは!? 安倍晋三首相の 嫁は安倍昭恵さんですが、2人は1987年にご結婚されています。 しかし 30年経った現在も 2人の間には子供がいません。 実は子供がいないのは 安倍昭恵さんの不妊症が原因でした。 子供を授かろうと不妊治療を受ける努力をし続けてきましたが、結局子供を授かることはありませんでした。 どうして安倍晋三首相の子供について話題になっているのかというと、安倍晋三首相が次の後継者にするのは誰なのかと注目されているからだと思います。 そこで後継者を巡っては養子縁組が考えられます。 安倍晋三首相は子供ができなかったので、 養子を後継者にしたかったようです。 そして安倍晋三首相は昭恵夫人に次のように言いました。 「米国では子供が欲しい人が不妊治療をしても妊娠できなかった場合、養子をもらうことが一般的で、低年齢出産問題を解決するためにも私たち夫婦がまず行動に移したらどうだろう」 出典:朝鮮日報 安倍晋三首相はこのように述べ、 昭恵夫人に養子縁組を薦めていたようです。 しかし 昭恵夫人は子育てをする自信がないという理由で安倍晋三首相の申し出を断りました。 子育ての本音については安倍昭恵さん本人にしか分かりませんが、やはり自分の子供ではないというのが本音なのかもしれませんね。 ましてや不妊治療を受けて子供を授からなかったわけですから、子供に対しては劣等感もあるのかもしれませんね。 子供ができなかったことは大変残念ですが、その代わり安倍晋三首相を支えてほしいですね。 スポンサーリンク 大学の学部や偏差値が判明!? 安倍晋三首相の 出身大学は成蹊大学だと判明しました。 読み方が難しいですが、成蹊大学( せいけいだいがく)と読みます。 実は安倍晋三首相は 小学校からずっと一貫校で、成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校とエスカレーター式に進学していました。 つまり一度も受験することなく大学まで進学していたということになります。 そんな大学の気になる 学部は法学部政治学科を専攻していました。 また、 偏差値は58ぐらいですが、どの学部学科もそれぐらいだと言われています。 レベル的にはなかなかのものですが、それでも武蔵大学、成城大学、学習院大学、成蹊大学を合わせて 東京四大学に所属しています。 したがって知名度的にはかなり有名かもしれませんね。 学生時代の私生活を暴露!? 安倍晋三首相は学生時代に サークル活動としてアーチェリー部に所属していたようです。 アーチェリー部には女子が多かったため よく合コンに誘っていたとのこと。 また、 よく 雀荘に行って遊んでいたという噂もあります。 実は安倍晋三首相の父親もかなり麻雀が好きだったそうで、よく政治家と卓を囲んでいたそうです。 麻雀好きなのは安倍家の遺伝なのかもしれませんね。 ちなみに噂によると、安倍晋三首相は 「政治学」の科目の単位を落としてしまい「不可」になってしまったことがあるんだとか。 単位を落とした理由は 一度も講義に出席しなかったからだそうです。 ということは出席が必須の科目だったのかもしれませんね。 現在こそは総理大臣ですが、かつては政治学を落としていたというのはかなり驚きですよね。

次の

安倍晋三の家系図 先祖一族・兄弟が凄い!桜を見る会は公選法違反?

安倍総理 家系図

さん akieabe がシェアした投稿 — 2016年 8月月18日午後4時39分PDT 安倍首相の妻でありファーストレディとして 精力的に活躍している昭恵夫人ですが、 被災地へ訪問した際には、 被災した方々の声を直接聞き、 安倍首相へのパイプ役として働くなど、 ファーストレディとして良い仕事をしてくれています。 しかし、今では森友学園の問題に関与した疑いで、 イメージダウンに繋がってしまいました。 そんなファーストレディとして活躍されている 昭恵夫人の家系図と兄弟について 触れてみたいと思います。 昭恵夫人の父親は 森永製菓の5代目社長である、松崎昭雄さんです。 森永製菓といえば、設立して100年以上経つ、 超大手の菓子製造会社ですね。 母親は、恵美子さんといい、 森永製菓3代目社長である森永太平さんの 次女に当たるそうです。 また、昭恵夫人には 松崎勲さんという弟が1人います。 弟の勲さんは、 立命館大学を卒業後、 父親の会社である森永製菓に入社しています。 現在は事業部部長をされていますが、 ゆくゆくは社長となるのではないでしょうか。 さん akieabe がシェアした投稿 — 2016年 7月月7日午前1時36分PDT 華麗なる家庭で育った昭恵夫人の学歴ですが、 お嬢様学校と言われる 聖心女子学院初等科・中等科・高等科を経て、 聖心女子専門学校に進学しています。 聖心女子学院で4年制の大学に進まない人は1割以下で、 昭恵夫人が学歴コンプレックスを 感じていたのではないかと言われています。 そんな劣等感もあってか、 昭恵夫人は2009年に立教大学大学院に入学をします。 なので、比較的最近に最終学歴が変わったため、 物議を醸したようです。 現在の昭恵夫人の最終学歴は、 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了、修士号取得 となっています。 まとめ-安倍昭恵の家系図と学歴について 首相夫人である安倍昭恵さん。 家系図を辿ると、 お父様は森永製菓の5代目社長だった方で、 お母様は3代目社長の娘さんとのことで、 社長令嬢のサラブレットですね。 昭恵さんの弟さんも森永製菓にお勤めとのことなので、 次期社長かもしれませんね。 安倍昭恵さんの学歴が途中で変わったのは、 詐称がバレたのかと思ったら、 改めて大学に入り直したようです。 立教大学大学院に入学したのが、 計算すると、昭恵さんが47歳の時。 凄い努力家なんでしょう。 森友問題以降、少しダークなイメージとなってしまいましたが、 今後も注目の女性の一人です。

次の