カイ ブログ 2。 ムカイワークス~ブログ編~:ムカイワークス(天津向)

カイです ♪32 : アサヒペットクリニックのブログ

カイ ブログ 2

カンファレンスの実施利用者さんの状態の変化や衰弱の兆候が見られたり、職員などから不安や意見などが上がった場合カンファレンスを開いています。 他職種の意見を交換しながら現在の対応を検討し状況に応じ変更します。 この時に、看取り介護に不慣れな職員に足してのフォロも行っています。 利用者さんの状態を記入するチェックシート 利用者さんの状態を職員全員で把握できるよう、食事・排泄・バイタル・声掛け時の反応など細かい変化をチェックシートととして記入しています。 また、状況の変化はその都度ご家族に報告するようにしています。 (基本は相談員が報告) 面会時などご家族が希望された場合はチェックシートをもとに介護職もご家族に状況報告をしています。 ユニットではこんな看取り介護を行っています 終末期に入ると、全身の怠さや発熱、痛み、下痢、吐き気などさまざまな身体的苦痛と死への恐怖などの精神的苦痛が出てきます。 その為、看取り介護では利用者さんの身体的・精神的苦痛の緩和が主になってきます。 その為、看取り介護を始めるに当たって職員一致の意見で「ご家族の意向を踏まえ、ご本人に負担のかからない介護」主体に行って行こうとなりました。 今回、対象の利用者さんは寝たきりで声掛けに反応できず経口摂取が難しい終末期の方になります。 ご家族の意向 ご家族から、「親に少しでも何かしてあげたい」という気持ちが強くまた、「気休めなのはわかっているが点滴だけは行ってほしい」と希望がありました。 本来ならば点滴など延命につながる処置は行わないのが普通ですが、ドクターとも協議しグリーフケアの観点からご家族に後悔してほしくないという点で異例ではありますが点滴を行う事にしています。 また、若いころから好きだった飲み物などを差し入れをして頂いています。 居室環境を整える 基本的に居室のベット上で過ごすことが多くなるため、孤独を感じないよう好みの音楽を掛けたりこまめに訪室して利用者さんに声かけやスキンシップをしています。 また、利用者さんはアロマなどが好きだったため居室にアロマスティックを置き香りが出るようにしています。 快適に過ごして頂けるように居室内の温度や湿度にも気を配っています。 食事 ここ数週間は経口摂取が難しくなったため、ご本人の状態を見ながら好みのジュースなどをスポンジブラシで湿らせ口に軽く含んで頂いています。 口腔ケア 経口摂取もほとんどできず、口腔内が乾燥しやすいため清潔を保つため口腔用ジェルを用いてこまめにケアを行っています。 入浴 入浴が好きだった方なので若干バイタルの異常がみられても短時間の入浴を週2回行っています。 また、手足が冷たくなることが多いため入浴日以外でも職員の手が空いた時には手浴足浴を行っています。 また、この時に手足の爪切りや保湿クリームを使ってスキンケアも行っています。 余暇 対象の利用者さんは犬や猫が好きなので、ドックセラピーを行う日は短時間ではあるが参加して頂いたり居室に犬を連れてきて触れてもらっています。 また、午前中など過ごしやす気候の場合はベランダで外気浴をしています。 まとめ 今回は私が勤めている施設での看取り介護におけるカンファレンスから実際の介護内容をまとめてみました。 看取り介護では職員の精神的ケアも重要だと思います。 死の瞬間まで出来る限りのケアを行っていても「あの時こうしていればよかったかも・・・」など自問自答が尽きないものです。 その上、大切にお世話をしてきた利用者さんとの別れも正直慣れるものではないですよね。 ご家族に対しグリーフケアが大事とはよく言われますが、現場の職員に対しても利用者さんを失う事への喪失感や悲しみを施設としてもフォローする環境が大切だと思います。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

ムカイワークス~ブログ編~:ムカイワークス(天津向)

カイ ブログ 2

2019年6月、妊娠32週目(妊娠9か月の前半)のお話です。 子宮頸管の長さが妊娠週数からの想定に比べて短いと言われ、「切迫早産」で入院することになった妻。 妊娠早期からのおなかの張りは切迫流産の診断となり、安定期を満喫する機会もなくここまで週数が進んできましたが、今回、妊娠の終盤で入院することになってしまい、予定よりも早く産休に突入しました。 妻の記憶では、今回の入院は妻にとって人生初の入院らしく、いろいろと不安が多いようですが、24時間病院にいることへの安心感も同時にあるようです。 それでは、妊娠32週目のできごとを紹介していきたいと思います。 妊娠32週0日:切迫早産で入院4日目 2019年6月17日 この日の子宮頸管長は2. 8cm(前日3cm、入院時1. 9cm)でした。 午前中、医局長らしき医師の回診があり、妻の疑問について丁寧に説明してくれたようです。 おなかの張りは「妊娠30週くらいまでは1日2~3回」、「妊娠30週以降は2時間に2~3回」がそれぞれ目安らしい。 (もちろん妊娠30週を境に急に増えるわけではないし、個人差はかなりあるようです。 ) 子宮筋腫は、人によってはかなりの痛みがあるらしく、痛みがほとんどない妻はらくなほうらしい。 子宮筋腫と張りについての関係は、あるともないとも言えず、筋腫がなくても十分起こりえるらしい。 また、妻の仕事や自宅安静中に関する話の際に、興味深い回答が返ってきました。 仕事が事務で座っているから負担が少ないと思うかもしれないが、実は違う。 寝る以外に安静な状態はないと思っていい。 ・・・ なるほど、デスクワークの仕事中も、自宅安静中のベッドの上以外のときも、それなりに体に負担がかかっているのか。 ・・・ この日、後日参加予定の(自治体が主催の)パパママ教室をキャンセルしました。 入院中は当然参加できないのでしかたなく、ですが今になると、僕1人でも受けられなかったものかと思ってしまいます。 さらにこの日は、役所で高額療養費制度の事前申請をしてきました。 その月の医療費が高額になったときに規定を超えた分の医療費が支給される制度ですが、僕たちが住む自治体では、その事前申請ができ、証明書をもらうことができます。 そして妻が入院した病院では、その証明書があれば、あらかじめ上限を超えた分を差し引いて請求してくれるようなので助かります。 最初から限度額内の支払いで済むのか、あとから超過分が支給されるのかは、自治体や病院によって異なるかもしれません。 事前申請をしたちょうどこの日、看護師さんからこの制度と事前申請の予定の有無も訊かれたので病院によっては説明があると思います。 なお、高額医療費制度は月ごとなので、月をまたぐ長期入院でも請求が退院時の1回だけ、なんて病院がもしあればそちらのほうが得のはずです。 おそらくほとんどの病院が月ごとに請求、だとは思いますけど。 入院して4日目、妻に下着の購入を頼まれました。 GUのブラトップ2つと、ユニクロのショーツ2つです。 どちらもネットで注文です。 GUとユニクロに関してネット注文のいいところは大きいサイズの在庫が豊富なことです。 実店舗ではLまでしかなくてもネットではXLやXXLが買えることがあります。 妊娠中で普段より大き目のサイズがほしい方にはおすすめです。 ちなみに妻は、ブラトップのサイズはいいけど、ゴムの締め付けが不快で、数カ所にハサミで切れ目を入れて着ていました。 ・・・ ここ数日、夜になるとおなかの赤ちゃんが暴れだすそうです。 おなかの中の赤ちゃんが昼と夜を認識しているかはわかりませんが、僕たちの赤ちゃんは夜になると活発に動くようです。 夜泣きするパターンかな、と妻が心配していました。 この日の夜、妻は歯が痛くて0時過ぎまで寝付けなかったようです。 あと1回で治療が終わる予定だった歯、仮詰めの状態の歯が悪さをしているようです。 妊娠32週1日:切迫早産で入院5日目 2019年6月18日 子宮頸管長3. 0cm(前日2. 8cm、入院時1. 9cm) 妻が助産師さんに退院の可能性について訊いてみる。 うん、珍しくないですよ。 ・・・ 退院できるかどうか、何週目に退院できるかどうかは、症状だけでなく病院の方針によっても異なるようです。 午後、歯科口腔外科で歯の治療です。 あと1回だけの治療を残して入院になってしまった歯、昨夜寝付けないほど痛かった歯、の治療です。 今朝、助産師に歯のことを相談したところ、同じ病院内にある歯科口腔外科で診てもらえることになったようです。 仮詰めした部分が少し高かったのが原因だったようで、調整してもらいました。 その後、歯の痛みはないようです。 歯の悩みが解決したことを喜んでいた妻ですが、それよりも病室から出て外来まで移動できたことがだいぶ新鮮だったようです。 トイレとシャワー以外は移動禁止でベッドの上、なので当然の感想ですね。 す、すまん。 ・・・ 入院生活が大変なのはわかるけど、母体とおなかの赤ちゃんのために、いいのか悪いのか、悩みます。。。 妊娠32週4日:切迫早産で入院8日目 2019年6月21日 この日は点滴の差し替えです。 前回刺してから1週間くらいそのままです。 本来であれば点滴痕は1か所のはずですが妻の場合、失敗が多かったので4か所の痕があります。 今回は逆の手に変更、そして1発で完了です。 刺した部分も痛くないようです。 1週間もつだろうか。 もってほしいと願う妻、ですがでもそもそも漏れることが珍しくないらしく1週間もつことのほうが少ない、との説明でした。 今まで点滴してた腕です。 痛々しい。 ・・・その後 おなかの左下周辺がちょっと痛い?かもと訴える妻。 筋腫がちょうどその位置にあるので筋腫かもしれません。 幸いにも痛みは弱く、違和感程度で、少し押すとちょっとだけ痛い程度です。 それでも心配なので医師に相談してみると、我慢できないほどの痛みじゃなければ様子見、とのことでした。 入院中は些細な不安や小さな痛みにも医師や助産師さんがすぐ説明や対応をしてくれるので、やはり気持ちがらくです。 妊娠32週5日:切迫早産で入院9日目 2019年6月22日 妻が助産師さんに食事のことについて訊いてみたようだ。 その結果を嬉しそうに僕に話してきた。

次の

【看取り介護】 介護職が看取り介護の不安を解消するために こんな看取り介護をしています。

カイ ブログ 2

FCツアーで「サヨナラは雪のあとで」初披露緊張した?8号車の反応どうだった? A. 正直初披露に緊張して8号車の反応をちゃんと見られなかったのでわかりませんが、あの曲の儚さを上手くパフォーマンスに乗せて届けられたと思います。 Q10. ストーリーコーナーの見所は? A. 毎公演の影アナは、どうやってメンバーを選んでる? A. 基本としては被らないようにしていて、それ以外はその時のノリに任せています。 目が合った人とか。 タカシの圧倒的美人 Q3. 本当はここ歌いたかった!というところある? A. ラップ全部 Q4. サラリーマン役で自分なりに工夫したことは? A. 直感 Q5. みんな共通で相棒です。 舞台上でやっちゃった! A. 手紙を送っていくシーンでユーキに渡す際、2回くらい落としてしまった Q7. FCツアー舞台裏でやっちゃった! A. クリーニングからあがってきた衣装のボタンがほとんど取れていた Q8. FCツアー好きなセトリの流れ A. FashionからのBooster Q1. 好きな自分のシーンは? A. 一番最初の汽笛響き渡らせて〜のシーン! こんなにも1ショット贅沢に使わせてもらえて嬉しかったです! Q2. 他のメンバーの好きなシーンは? A. 一番最後のシーンなのですが、外での撮影だったので、太陽が眩しくて皆の眩しそうな顔が好きです笑 Q3. ここのラップ歌いたかった!というところは? A. 「各駅停車で運転中そんな毎日にエスケイプ」ってところがノリが好きで歌ってみたいです。 タカミさんを紹介して! A. タカミは、2014年のZeppツアーから度々登場している自称フランス出身のトップアイドルらしいです!彼女は謎だらけです、、、! Q5. スーパーで買った豆苗にもう一度お水をあげて育てています! なんか愛着湧いちゃってずっと眺めちゃったりしてます笑 Q6. FCツアー舞台上でやっちゃった! A. 手紙をリレーで手渡しをするシーンがあるのですが、そこでタクヤとユーキがパスをミスして手紙が舞台から落ちちゃったこと! Q7. FCツアー舞台裏でやっちゃった! A. 思い出してみたのですが、申し訳ないくらいにやっちゃった事がなかったです笑 Q8. FCツアー好きなセトリの流れ A. 「refrain」からの「Synchronism」は心にくるものがありましたね。 FCツアーで「サヨナラは雪のあとで」初披露緊張した?8号車の反応どうだった? A. 緊張しました!しすぎました笑 8号車のペンライトの手が止まっているところとかを見ると、個人的によし!っておもいました笑 Q10. ストーリーコーナーの見所は? A. ぼくの一番最初のメガネ姿の登場からのダンス踊り出しのギャップです。 Q11. イヤモニ中の、メンバー間での会話で面白かったこと A. 超特急となら何も怖くない!そんな決意がこもっています! Q5. 「ワナワナ抜け出せない trapに引っかかってるみたい」のように、ハマっている・抜け出せないことは? A. ドラマ「ペーパーハウス」、ゲーム「COD MW」です! Q6. FCツアー舞台上でやっちゃった! A. ストーリーパートの手紙を踊りながら受け渡すところで、手紙を受け損ねてしまい客席へ飛んでいってしまった。 FCツアー舞台裏でやっちゃった! A. 強いて言うなら、最終日だけ出る扉を間違えてしまいましたが、しれっとステージ上で修正しました。 笑 Q8. FCツアーの好きなセトリの流れ A. ストーリーゾーンの「EBiDAY EBINAI」からの「サヨ雪」です! Q9. FCツアーで「サヨナラは雪のあとで」初披露緊張した?8号車の反応どうだった? A. 緊張します! でも8号車のみんなのペンライトの動きが止まって見入ってくれているのを感じて、とても嬉しかったです。 Q10. ストーリーコーナーの見所は? A. リョウガの恋の行方!! Q11. セトリを組むときに一番難しかったところは? A. 愛をテーマにしたんですが、どうやって8号車のみんなにこの愛を届けるか悩みました。 愛にはいろんな形があると思うので、それが一つ一つライブを通して、パフォーマンスとして伝わったらなと思いました。

次の