餃子の皮レシピ。 プリプリ!皮から作る水餃子のレシピ [男の料理] All About

レシピ:餃子の皮はホームベーカリーで手作り!魅惑のモチモチ食感!

餃子の皮レシピ

裏面に薄いきつね色の焼き色がついたら熱湯(100ml)をまわし入れてフタをし、弱火で10分蒸す。 フードクリエイティブファクトリーでは、食のクリエイティブディレクターとして年間500を超える食の企画をWEB媒体や食品企業に提供し、企画~レシピ開発、栄養監修までをトータルに行う。 企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。 著書に『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』や『発酵いらずのちぎりパン』、『塩レモンでつくる基本のおかず』など。 Twitter: 運営レシピサイト グルテンフリーLIFE: Blog: 【調理・撮影】 フードクリエイティブファクトリー 「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。 食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、 イベントなどを手がけています。 HP: Twitter: Instagram: フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の

「簡単、餃子の皮の作り方」モチモチもパリパリも作れる手作りレシピ

餃子の皮レシピ

餃子は手作が断然おいしい! 私の好きな餃子は、 少し皮が厚めでモチモチとしていて、 多めの油でカリッと焼き上げられた肉汁たっぷりの餃子です。 市販の餃子は植タン(植物性たんぱく質)でカサ増しされていたりするし、 レストランでは皮が薄かったり、油でギトついていたり… 自分好みのおいしい餃子を見つけるのは意外と難しいんじゃないでしょうか? だけど 餃子を自分で手作りすれば、中に入れる具や皮の厚さ、焼き加減 その すべてが思い通りです。 ちょっと練習はいるけど、コツさえつかめばめちゃくちゃおいしい餃子の量産が可能になり いつでも好きなときに食べられるようになります。 手作りした餃子の皮は圧倒的にモチモチ まず必要なのは、餃子の皮。 餃子の皮も手作りがおすすめ! 手作りの皮はモチモチ感が違います。 難点は、ちょっと手間がかかること。 はじめて餃子を作る人や、あまり皮にこだわりがない人は 無理せずに市販の餃子の皮を買ってくるのがベター。 慣れてない人は大判サイズがつつみやすいのと、米粉が入ったモチモチタイプも売ってます。 ちょっと手間がかかってもいいから、餃子の皮を手作りしてみたい!という方。 こねる作業がめんどうな時は、ホームベーカリーが便利です。 パン生地モードを使ってもいいし、たいていの場合「うどん・麺」モードがついていると思います。 このモードで15分ほどこねればOK。 こねあがってから冷蔵庫で1日寝かせると生地に十分に水分がいきわたり、モチモチ感もアップします。 カリッ!モチッ!な手作りジャンボ餃子 皮をどうするか決めたら他の材料も揃えちゃいましょう。 今回はカリッと焼けて皮はモチモチ、肉汁がたっぷりのジャンボ餃子を作ります。 材料はこちら。 餃子の皮は水と熱湯を使い分けて食感をあやつる この分量だと約25枚(かなり厚め)50枚(普通)くらいです。 ・薄力粉…200g ・強力粉…200g ・熱湯…200g ・塩…ひとつまみ ポイントは水分。 熱湯と水をどう使い分けるかで、仕上がりの食感が変わってきます。 まず、水ごねした場合。 小麦粉のたんぱく質は水と結びつくとグルテン(強い粘性、コシ)が生まれます。 なので 水ごねは水餃子などに向いています。 次に水ではなく熱湯にした場合。 熱湯にすると、グルテンが固まってしまいます。 しかしでんぷんは糊化(アルファ化)します。 (お米を炊く時、料理に片栗粉でとろみをつけるのとおなじ原理) でんぷんが糊化すると粘り気は出ますが、グルテンのようなもっちりとしたコシ というほどでもないので、 熱湯は焼餃子向きです。 ゼラチンをいれて肉汁たっぷりに仕上がる具! 約50個分 餃子の具はこんな感じです。 匂いが気になる人はなしでもOK。 餃子のたねの最大のポイントは粉ゼラチン。 粉ゼラチンをいれるとジューシーで肉汁たっぷりの餃子になり、 お肉の結着も良くなります(ソーセージなどにも使われています) 作り方 まずは餃子の皮から。 餃子の皮は、材料を全て混ぜ合わせます。 熱湯で湯ごねする場合は、最初はお箸で混ぜて、途中からビニール袋などに入れてひとまとまりになるまでこねましょう。 ホームベーカリーがあると、自分でこねなくていいので楽ちんです。 こねあがった常温で1時間〜1日寝かせます。 生地を寝かせている間に具もつくります。 ひき肉にどんどん材料を足していきます。 肉汁あふれるジューシーな餃子にしたいなら、おすすめはやっぱりゼラチン。 野菜もたっぷり加えて。 タネができたら、冷蔵庫で寝かせておいた生地を取り出します。 これは一晩置いた生地です。 時間を置くと生地の水分が均一になり、もちもち度がアップします。 さわってみるとしっとり〜。 これを直径3cm、長さ30cmくらいの円柱状に伸ばします。 冷蔵庫から出したてだと固いです。 30分くらい室温におくと扱いやすくなります。 ちょっと硬いけどがんばって! ベタつく場合は打ち粉を振りましょう。 そしたらスケッパーを使って2cm幅で切っていきます。 (薄皮が良い人は半分で) この時、上下に90度ずつ転がすようにして向きを変えながら切ると均等に切れます。 ここから丸く伸ばせば完成です。 しかしサイズが合わないと残念なことになります。 直径8cm〜11cmの厚さ1〜2mmが一般的なサイズなので、まずはひとつ作ってみてテストすると良いです。 かるく元の丸い円柱状に形を整えて、 手のひらで押しつぶして平らにします。 綿棒に軽く打ち粉をはたいて、片手で生地を回しながら、もう片方の手で綿棒をまわして丸く伸ばしていきます。 ちなみに綿棒は短い方がとりあつかいやすいです。 皮ができたらくっつかないように打ち粉をふりつつ、少しずらして重ねておきます。 (乾かないようにラップをかけておきましょう) 餃子の皮が全部仕上がったら、タネを包んでいきます。 水をちょんとつけた指先で皮の周囲を半周湿らせて、具をおきます。 円柱3cm、2cmカットだとこんな感じ。 その半分だとこんな感じです。 ひだを寄せながら包んで、口をしっかり閉じます。 市販の皮より伸びが良くて包みやすいです。 包んだものは打ち粉をしいたバットにならべておきます。 もし具が余ったらチャーハンの具などにしちゃいましょう。 鉄フライパンで焼餃子がプロ並みのパリパリに! さて、いよいよ餃子を焼いていきます。 焼き餃子でありがちな失敗例を防ぐのには 鉄のフライパンがあると便利です! 水の入れすぎで皮がベチャベチャになったり、餃子がフライパンに張り付いてグチャグチャになるのを防ぐことができます。 もちろんテフロンでも焼けるけど、高温で焼ける分パリパリ度が段違いで プロ並みの仕上がりにできるので、今回は鉄のフライパンを使用します。 まず、フライパンから煙が出るくらいカンカンに熱します。 ごま油大さじ2を入れたら中弱火に落とし、すばやく餃子を置いていきます。 この段階で皮に8割ほど焼き目をつけていきます。 先に焼くと、不思議とフライパンに貼り付かなくなるんですよ。 持ち上げながら焼き色を確認。 薄いきつね色になったら、お水を入れてすぐ蓋をします。 水の量が多すぎるとベチャベチャに、少な過ぎると具に火が入らないので注意が必要です。 今回は100ml入れてます。 蓋をしたまま、4〜6分蒸し焼きにします。 皮に透明感が出てきて、蓋の水滴が大きくなっていきます。 チリチリと音がしてきたら蓋を外して残っている水分を飛ばします。 ごま油を少々鍋肌から入れて好みの焼き色がついたら取り出します。 揺すると、スルッと剥がれるはずです。 ちなみに厚めの皮なら丈夫なのでサイドを焼いたりしてもOK笑 出来上がりはこんな感じ。 お酢+白胡椒でさっばりいただくのが好きです。 どうですか? 焼き餃子も水餃子も、コツさえつかめば簡単そうでしょ? 水、小麦粉、フライパンのポイントを抑えるだけで、パリパリの薄皮餃子も、もちもちのジャンボ餃子も自由自在に作れます。 時間をかけたぶんおいしさもひとしおなので、ぜひ作ってみてください。 それではまた。 Au revoir!.

次の

今までの餃子はなんだったと思うくらいおいしい! モチモチ食感の皮から作る「餃子」のこだわりレシピ

餃子の皮レシピ

裏面に薄いきつね色の焼き色がついたら熱湯(100ml)をまわし入れてフタをし、弱火で10分蒸す。 フードクリエイティブファクトリーでは、食のクリエイティブディレクターとして年間500を超える食の企画をWEB媒体や食品企業に提供し、企画~レシピ開発、栄養監修までをトータルに行う。 企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。 著書に『食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖』や『発酵いらずのちぎりパン』、『塩レモンでつくる基本のおかず』など。 Twitter: 運営レシピサイト グルテンフリーLIFE: Blog: 【調理・撮影】 フードクリエイティブファクトリー 「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。 食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、 イベントなどを手がけています。 HP: Twitter: Instagram: フリーアナウンサー/和酒コーディネーター テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。 フィールドワークを信条とし、全国の田んぼや酒蔵に300回以上足を運ぶ。 Club Gastronomic Sake主宰。 女性向け日本酒本「日本酒日和」(舵社)監修。 日本酒造青年協議会「酒サムライ」叙任。 芸人でありながら趣味の料理が高じ、フードコーディネーター・野菜ソムリエ・食育インストラクター・BBQ インストラクター等の料理関係の資格を取得。 テレビ朝日【「ぷっ」すま】の『第2回芸能界お抱えシェフ-1グランプリ』では「大根のフルコース」、またTBS【爆問パニックフェイス!】の『凄腕料理芸人チャーハン対決』では「香り豊かなアナゴのチャーハン」を披露し、それぞれ優勝を果たす。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰 1979年生まれ。 江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)。 東京農業大学で発酵食品学を学んだのち、小豆島の醤油会社やオランダの帆船でのキッチンクルーとして勤務。 現在は東京・赤坂の「柳原料理教室」にて、近茶流宗家である父・一成と共に、日本料理・懐石料理を指導。 江戸時代の食文化の研究、継承をライフワークとする。 2015年文化庁文化交流使に任命され、約3カ月諸外国を回って英語で日本料理を教えるなど、日本料理をグローバルに広げる活動も積極的に行う。 NHKの大河ドラマ『龍馬伝』や時代ドラマ『みをつくし料理帖』の料理監修、料理考証も担当。 平成30年度、農林水産省・日本食普及親善大使に任命される。 趣味は茶道とクレー射撃。 フードアクティビスト/馬場企画 代表取締役編集者&ライター 食専門誌から一般誌、新聞、書籍、Webなど多方面の媒体を主戦場に、「調理の仕組みと科学」「食文化」「食から見た地方論」など幅広く執筆、編集を行う。 テレビ、ラジオなどでは飲食店や生産地についての知見を踏まえた、食トレンド/ニュース解説も。 近著に『家で肉食を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル』(マガジンハウス)ほか、自身も参加する調理ユニット「給食系男子」名義で企画・構成を手がけた『家メシ道場』『家呑み道場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はシリーズ10万部を突破。 最新刊に『新しい卵ドリル』(マガジンハウス)も。 編集者/著述家 大阪・岸和田生まれ。 神戸大卒。 『Meets Regional(ミーツ・リージョナル)』元編集長/日本文藝家協会会員/神戸松蔭女子学院大教授 京阪神エルマガジン社にて1989年「ミーツ・リージョナル」誌を立ち上げる。 93年~05年編集長。 「西の旅」編集長、取締役編集本部長を歴任した。 06年には編集・出版集団140Bを大阪・中之島に設立。 現在は雑誌、新聞、テレビ、ラジオなどで活躍している。 著者は『有次と庖丁』(新潮社)、『飲み食い世界一の大阪』(ミシマ社)、『濃い味、うす味、街のあじ。 』(140B)ほか。 2017年3月7日に新刊『いっとかなあかん店 大阪』、8月7日に『いっとかなあかん 神戸』(ともに140B)が出たばかり。 DJ/プロデューサー 1966年7月6日生まれ。 京都市出身。 97年秋『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、オリジナルアルバム他、アーティストのプロデュース、リミックスなど多数のアーティストの作品も手掛ける。 グルメ通としても知られており、全国各地を網羅する情報量を持つ。 コロムビア、avex、インディーズ時代のレア音源、新曲を含むレーベルの枠を越えた20周年の集大成とも言えるベストアルバム『Moments』がavexより発売中。 fpmnet.

次の