紫陽花 強剪定 時期。 カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)の特徴と育て方!剪定時期と方法は?

アジサイの剪定方法

紫陽花 強剪定 時期

Contents• あじさいについて あじさいは、普段6月から7月にかけて花を咲かせます。 このあじさいの発芽は、新しく伸びた枝には発芽しないようになっています。 1年以上たってから発芽するのがあじさいの特徴です。 このあじさいの特徴を踏まえて剪定をしなければいけません。 あじさいは、2年後に花を咲かせる特徴があります。 寒い地域など冬の気温が低かったり雪が降ったりする場所では、発芽自体が傷んでしまって翌年花が咲かない可能性があります。 剪定だけではなく屋内に入れて冬越しをさせる必要もあります。 あじさいはなぜ剪定するの!? あじさいの剪定は必要なのか、まずはこの点から見ていきます。 剪定する必要がなければ毎年無駄な作業をする必要もありません。 ただ、あじさいは落葉樹で何もしないとどんどん成長します。 あじさいの樹形を整えてり、きれいな花を咲かせるには、定期的な剪定は必要です。 あじさいの花は芽先に咲かせるので、何もしないで放置していると目線より高い位置に花を咲かせてしまいます。 折角の花を観賞できないので、できれば剪定してきれいな花を観賞したいものです。 あじさいの剪定について見ていきます。 あじさいはいつ剪定すればいいの? あじさいの剪定はいつすればいいのでしょうか?いつ剪定すればきれいなあ花を観賞できるのか、その剪定は夏の7月の中旬くらいまでには済ませておきましょう。 あじさいの花は、花後に勝手に散るようなことをしないでそのまま残っています。 次の年にきれいな花を咲かせたいのであれば、花後の枝を剪定してきれいにする必要があります。 あじさいのおすすめの剪定方法• 花後の剪定方法• 休眠期の剪定方法• 樹形を整える剪定方法 花後の剪定方法 あじさいの花後の剪定には2種類あります。 1つは、来年も花を咲かせたいと思っているときは、花後の下の節2つ分のところで切り落とします。 切り取った節から新しい芽が出て翌年にはまたきれいな花を咲かせます。 翌年に花を咲かせたくない場合は、花後の下の節4つ分のところで切り落とします。 そうすると、翌年に花を咲かせることもなく葉だけのあじさいとなります。 このように花後の剪定をする場所で翌年の状態を調整できるわけです。 休眠期の剪定方法 あじさいの剪定は7月中旬までに1回行えばOKですが、あじさいを害虫や病気などから守るためには、11月から3月にかけて剪定するといつまでも丈夫なあじさいを保ち続けることができます。 その時の剪定は、発芽のついていない枝や細い枝を剪定して、風通しを良くします。 樹形を整える剪定方法 あじさいは成長の力が非常に強いため、樹形を整える剪定も必要となります。 あじさい全体の樹形をきれいな景観にするためには、樹形を整える剪定は重要です。 強剪定を行うと翌年に花を咲かせない可能性が高くなります。 翌年も花を咲かせたいのであれば。 強剪定はしないほうが賢明です。 ただし、あじさい全体の樹形をきれいにしたいときは、翌年に発芽しなくても剪定は必要です。 あじさいの形別の剪定• あじさいの高さを生かす剪定• あじさいの高さを低くする剪定• 葉がつかないあじさいの剪定 あじさいの高さを生かす剪定 あじさいの高さを生かす剪定方法というものがあります。 あじさい全体の樹形から見た場合、高さを生かす剪定方法とは、夏と秋の2段階剪定を行います。 1回目は夏までに花の2節下の部分で切り落とします。 2回目は秋になってから夏に剪定した切り口のすぐ下に新しい芽が出ています。 そのうえで切り落とします。 そうすることで、あじさいの高さを生かした剪定ができます。 あじさいの高さを低くする剪定 あじさいの花がその年咲かなかった場合は、できるだけ低くするための剪定をお勧めします。 2段階剪定を行うときに、1回目の夏の剪定で切る場所をもっと節を多くして下のほうでバッサリと切り落とします。 これで、あじさい全体の高さを低くします。 葉がつかないあじさいの剪定 別途、花が咲かなかった枝を見てみると、下のほうで木質化している部分があります。 この木質化した部分のこと古枝や不要枝と呼びます。 古枝や不要枝は花が咲きません。 そんな古枝や不要枝をバッサリと切り落とします。 あじさいの剪定後の処理 あじさいを鉢に植えている場合は、剪定後に大きな鉢に植え替えすることをお勧めします。 年々あじさいは大きく成長するので、同じ大きさの鉢では成長を妨げてしまいます。 剪定後に鉢植え替えを行うことであじさいの成長を促進します。 まとめ いかがでしたか!?今回は、あじさいの剪定時期、剪定方法等について【まとめ】てみました。 是非、参考にしてみてください。 お庭に関する人気コラム記事• 芝生は、正しくお手入れをしないと枯れてしまう場合があります。 この場合、芝生を復活させるために、芝生の再... 53,688ビュー• ぶどうの木を剪定するときのポイントは ぶどうの木の剪定をするときのポイントは、品種ごとに剪定... 46,137ビュー• みかんの剪定は必要なの?剪定する前の準備 普段みかんをほったらかしにしている人は多いのではな... 30,743ビュー• 山茶花(サザンカ)の剪定をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、その山茶花(... 29,402ビュー• 芝生の根切りの方法が分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、その根切りに... 27,017ビュー カテゴリー•

次の

紫陽花(アジサイ)の剪定時期と剪定の仕方。秋を過ぎても大丈夫?

紫陽花 強剪定 時期

梅雨時期の代表的な花 紫陽花 紫陽花の基本的な剪定方法 紫陽花は6月から7月下旬ごろまで咲きますが翌年、沢山花を咲かせたいのなら7月中旬には剪定を始めたほうがいいでしょう。 まだ美しく花を咲かせている時期なので切り花として花瓶に飾って下さいね。 こうして切っておくことで10月ごろから来期用の新芽が伸びだします。 剪定が遅れて秋頃に切ってしまっては大切な花芽まで切ってしまう可能性があるので、必ず7月中旬ごろ、遅くても8月中旬までには剪定しておきましょう。 じつは剪定しなくても咲きますがぐんぐん伸びていき先の方だけに花をつけるようになるので折角開花しても花が見えない状態になります。 程よい高さでカットしてあげるほうがしっかり肥料も行き届き大きく綺麗な花を咲かせるようになります。 強剪定 毎年花より2節のところで剪定していくと、少しづつ背丈が伸びてしまいます。 ですので数年に一度、少し深めに切って背を落とします。 紫陽花アジサイ基本データー 学名:Hydrangea 科名:アジサイ科 ユキノシタ科 属名:アジサイ属 原産地:東アジア、南北アメリカ 和名:アジサイ 紫陽花 英名:Hydrangea 開花期:6~7月 花色:青、紫、ピンク、赤、白、緑 樹高1~2mの落葉低木 花びらに見える部分は「装飾花 中性花 」とい咢に当たります。 アジア・北アメリカに約40種類が自生、日本の固有種も十数種類ほどあります。 紫陽花の分類 大きくわけて、西洋紫陽花とガクアジサイの2つに分類されます ガクアジサイ もともと日本やアジアに生育していた紫陽花です。 紫陽花の原種でおしべとめしべのある小さな「両性花」のまわりを装飾花が彩るタイプのアジサイです。写真はたこ庭のガクアジサイ 西洋紫陽花 ガクアジサイや北アメリカ原産のあじさいなどを元に、フランス・ドイツ・オランダ・ベルギーなどのヨーロッパ各国で品種改良が進みました大正時代に日本に逆輸入されました。 写真はたこ庭の西洋紫陽花.

次の

アジサイの剪定にはコツがある!剪定に適した時期や方法を詳しく解説|生活110番ニュース

紫陽花 強剪定 時期

梅雨時期の代表的な花 紫陽花 紫陽花の基本的な剪定方法 紫陽花は6月から7月下旬ごろまで咲きますが翌年、沢山花を咲かせたいのなら7月中旬には剪定を始めたほうがいいでしょう。 まだ美しく花を咲かせている時期なので切り花として花瓶に飾って下さいね。 こうして切っておくことで10月ごろから来期用の新芽が伸びだします。 剪定が遅れて秋頃に切ってしまっては大切な花芽まで切ってしまう可能性があるので、必ず7月中旬ごろ、遅くても8月中旬までには剪定しておきましょう。 じつは剪定しなくても咲きますがぐんぐん伸びていき先の方だけに花をつけるようになるので折角開花しても花が見えない状態になります。 程よい高さでカットしてあげるほうがしっかり肥料も行き届き大きく綺麗な花を咲かせるようになります。 強剪定 毎年花より2節のところで剪定していくと、少しづつ背丈が伸びてしまいます。 ですので数年に一度、少し深めに切って背を落とします。 紫陽花アジサイ基本データー 学名:Hydrangea 科名:アジサイ科 ユキノシタ科 属名:アジサイ属 原産地:東アジア、南北アメリカ 和名:アジサイ 紫陽花 英名:Hydrangea 開花期:6~7月 花色:青、紫、ピンク、赤、白、緑 樹高1~2mの落葉低木 花びらに見える部分は「装飾花 中性花 」とい咢に当たります。 アジア・北アメリカに約40種類が自生、日本の固有種も十数種類ほどあります。 紫陽花の分類 大きくわけて、西洋紫陽花とガクアジサイの2つに分類されます ガクアジサイ もともと日本やアジアに生育していた紫陽花です。 紫陽花の原種でおしべとめしべのある小さな「両性花」のまわりを装飾花が彩るタイプのアジサイです。写真はたこ庭のガクアジサイ 西洋紫陽花 ガクアジサイや北アメリカ原産のあじさいなどを元に、フランス・ドイツ・オランダ・ベルギーなどのヨーロッパ各国で品種改良が進みました大正時代に日本に逆輸入されました。 写真はたこ庭の西洋紫陽花.

次の