インスタ 写真 顔隠し。 おしゃれにモザイク・ぼかし加工ができるアプリ4選♡顔隠しや背景などに便利♪

【簡単】顔隠しアプリおすすめ!ぼかし・モザイク・スタンプでプライバシー保護

インスタ 写真 顔隠し

大きさに統一感の写真を作りたいなら、画像をインスタグラムに投稿する前に、正方形さんを使って、白の余白を付けましょう。 余白をつけるとなんだかおしゃれに見えてくるのと、大きさに統一感が生まれしています。 使い方をここで紹介します。 早速見ていきましょう。 アプリを立ち上げると以下のような画面になります。 左上のボタンからインスタグラムに投稿したい写真を追加します。 写真を追加した後、下のバーの右から三番目のリサイズボタンを押して写真を中央にレイアウトしましょう。 続いて右上のボタンからインスタグラムへ投稿していきましょう。 表示されたアプリの中で、インスタグラムを選択し、アプリを開いて投稿します。 プレビュー画面を見ると、しっかり余白が設定されていることが確認できます。 ここで、スマホで撮影した長方形の動画をインスタ用に正方形に変更します。 統一感が出します。 最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れれば一枚3分程度で加工することが可能です。 このアプリの強みは、自撮りに特化しているという点です。 どういうことかというと、自撮り写真を美肌効果やその他エフェクトでより美しく仕上げてくれ、なおかつスタンプ等で顔を面白おかしく変えられるということです。 美肌加工やニキビ消しも人気ですが、特に人気なのがファニーステッカーと呼ばれる顔加工機能です。 お気に入りのステッカーを一つ選択すれば、ステッカーが画面に表示されたら、中央の四角の枠に合うように自分の顔を写して撮影をします。 自然とステッカーはその人の顔に合うように配置されますので、特にこちらからステッカーに合わせるようにステッカーを調整する必要はありません。 ステッカーの種類もブタやウサギ、漫画のような目など、選ぶのに迷ってしまうほど豊富にあります。 友人や家族と一緒に撮影するのも楽しいですよ。 この「Foodie」は、その名のとおり、料理や食事を魅力的に加工してくれるアプリであり、インスタに食べ物の写真をよくアップする人にもってこいのアプリです。 このカメラを使用すれば、ピンク色のフィルター加工ことができます。 美味しい食べ物を撮る専用カメラですから、「Foodie」は肉料理やお寿司、ケーキなど撮影する食べ物に合わせた24種類もの「食べ物フィルター」、まるで一眼レフで撮影したかのように撮れちゃう「アウトフォーカス」機能、さらに暗い場所でも撮影できる「明るさ調整」や「トーチ」機能まで搭載しています。 また、シャッター音が消えるため、レストランなどでも迷惑をかけることなく写真を撮れるのも嬉しいポイントです。 まとめ そんなおしゃれでおすすめの画像加工アプリをまとめてご紹介しました。 自分のインスタグラムでもっとおしゃれな写真を投稿したいなら、ぜひ、あなたも今日からおすすめインスタ加工アプリを使って、魅力的な写真を作ってください。

次の

【完全版】Instagramでできる写真編集のすべて!アプリ一つで加工しよう

インスタ 写真 顔隠し

2016年時点で SNSの利用率は7割を超え、20代に至っては97パーセント以上がなんらかのSNSをやっているそうです。 そんな時代になって、SNSはもはや日常に欠かせないものになっていますが、子供を持つ親として考えなければならないこととして 「 SNSに子供の写真を載せるのは危険なのか?」 ということがあります。 最近特にインスタグラムをやっている人が多いと思います。 うちの家族も楽しんでやってます。 正直顔を出すのはちょっと危険かもしれないとは思っているけれど、まあみんなやってるし楽しいしいいだろう、と考えている人が多いのではないでしょうか。 ただ 子供を狙う犯罪というのは 確実に存在します。 では、 どう気をつけたらいいのか、何歳まで顔出ししていいのかなどを考えます。 どんな危険性があるのか? SNSに載せるとどんな危険があるのかを上げていくと、 ・乳児や幼児を愛好する悪い人(要は変態)に子供が狙われる可能性がある ・その変態達に写真を合成とかされて、悪用される可能性がある 普段から写真をアップしていると、写っている場所とかから住んでいる場所が特定される可能性がありますよね。 あと最近インスタだとハッシュタグとかあって、変態からしたらめっちゃ検索しやすいよなあと思います。 自分の感覚では、合成されて写真が流れるのはまあ最悪仕方ないかなと思いますが、 誘拐されたりしたらシャレにならないですからね。 そのこがかわいければかわいいほど狙われやすくなるでしょうし、リスクは高くなると言えると思います。 少し前のデータですが調べたところ、 平成17年の未成年を対象とした認知している強姦事件は876人、強制わいせつ事件の被害者数は女の子が4805人で男の子が167人でした。 あくまで認知している数であって、これ以上多いと考えられます。 我が子が被害にあったら、、と思うと ぞっとしますね。 もし被害にあった場合、肉体的にダメージを負うのはもちろんですが、精神的に障害を負うケースも多いそうです。 じゃあ写真を載せなければいいのか? じゃあ SNSに写真を載せなければいいでしょう、子供のためだから我慢してくださいね、みたいな結論が多いんですけど、 それは違うと思います。 確かに、子供が被害にあわない為には写真を載せないのが一番です。 でも、載せたいんですよ、ママ達パパ達は。 こんなにかわいい我が子をみんなに見てもらいたいんですよ。 親という生き物は。 それは親のエゴだって?ああそうだよ、エゴだよ。 でも毎日子育てするのはすごく大変で、その大変な中でたまに撮れたかわいい子供の写真を載せたいんだよ。 ストレス発散に飲みにいけるならいいよ? でも、ママ達は授乳中は飲みにいけないんだよ。 夜に出かけられないんだよ。 そもそも夜泣きしてたら寝不足なんだよ。 というか、危険だからやめましょうって、 車を運転したら事故ったら危険だからやめましょうっていうのと同じだよね。 現実的じゃないんと思うんです。 では、どういう対策をしたらいいのか まずやるべきは、 ・写真の位置情報をオフにする。 スマホの設定で位置情報がオンになっている場合があるので、オフにしましょう。 ・なるべく場所が特定できないようにする。 ・公開範囲を友達のみにする。 ・家の近所の場所のハッシュタグは書かない 今見てやベー書いてたなと思ったら、 消せばいいだけです。 消しましょう。 あとは狙われた時のことを考えて、 ・知らない人にはついていかないと教えておく ・防犯ブザーをもたせておく ・持ち物に名前を目立つとこに書かない ・ご近所付き合いをしておく などが必要です。 その他に自分が必要だなと思ったのは、 シュミレーションをする、です。 親が子供に気をつけなさいよ、といっても、子供はど う気をつけたらいいかわからないものです。 犯罪者だって、アメあげるからおいで〜なんて実際には言わないわけで、 「お母さんが事故にあったからおじさんと病院に行こう?」 とか 「うちのワンちゃんがいなくなったから一緒に探してくれないかな?」 などがあるそうです。 優しい子ほどついて行ってしまいそうですね。 シュミレーションしてないと防げなさそうだな、と思いました。 小さい子供を持つ親は一度シュミレーションをしてみることをオススメします。 何歳まで子供の写真を顔出しで載せていいのか? では、 何歳までなら子供の写真を顔出しで載せていいのでしょうか? 強制わいせつの27. もちろん明確な答えはないといますが、小学生が性犯罪に狙われる事が多いのを考えると、 小学校入園までとういうのが一つの括りなのかなと思います。 赤ちゃんの頃は親とずっと一緒にいますし、保育園や幼稚園では基本的に誰かが見てくれてますし、送り迎えもしますもんね。 それが小学生になると一人になる時間ができるわけですから、狙われやすくなるんだと思います。 なので小学生をターゲットにする事を想定すると、小学校に上がるタイミングで顔をスタンプで隠すなり、顔は写さないで撮るなりするべきかと思います。 あと自分が気をつけてても 他の誰かが勝手にSNSに投稿してしまう場合とかありますよね。 とはいえ遊びに行ったあととかお互い共有したい場面もあると思うので、そういう写真を公開するのであれば、当事者達だけだったり信用できるグループの中でだけ共有するとか、互いにそういう心掛けが必要だと思います。 自分も意識しなければならないなと思いました。 まとめ 小さい子供が顔写真を晒す事が危険につながる可能性があるのは事実です。 ただ、 本当に顔を隠すのが絶対正解なのでしょうか? 例えばインスタで人気が出て、子供が芸能界に入れたりすることもあるでしょう。 最近ではフォロワー数が多い人を採用する企業も出てきているそうです。 今の時代、 危険があるからといって隠すのが絶対正解とは言えないんだと思います。 位置情報を隠すのとかは親の絶対やらなければならない責任だとして、顔を隠すのは 子供の未来を奪う可能性にもなりえると言うことです。 結局のところ、子供を守れるのは親しかいません。 だけど、危険だからといって子供の可能性を狭めるのは、してはいけないことだと思うのです。 もちろん子供自身が望んでいないなら親はするべきではないですし、芸能界に反対する家族がいるのであれば、ちゃんと話し合って辞めることも必要だと思います。 親が出来るのは、もし顔を出し続けるのであれば 出来る安全対策は全てすることです。 最悪なのは、 顔を出し続けてるのになんの安全対策もしないことです。 インスタグラムが流行りだしたのは最近の話ですし、毎日が楽しくなった人が増えた反面、これによる犯罪も間違いなく増えていくでしょう。 でも 犯罪に怯えて家族の幸せを諦めるのはおかしいですよね。 ですので、 SNSを続けるのであれば安全対策はしっかりして楽しく続けましょう、というお話でした。

次の

【2019年最新】インスタグラマーが使うオシャレ加工アプリ・サービスまとめ

インスタ 写真 顔隠し

私(佐藤)のようなオッサン(44歳)でも、Instagramで「いいね!」がつくと嬉しいもんだ。 他愛もない昼飯や、街で見かけたおかしな看板を撮影して画像を投稿しているだけなのに、女子から「いいね!」がつくと、ちょっとテンションが上がる。 どんな子が「いいね!」をしてくれたのかな? そう思って、投稿を追跡してみると……顔がよく見えない。 もしかしたら可愛い子なのかもしれないけど、巧妙に顔が隠されている。 こざかしい! 実にこざかしい写真の撮り方をしているじゃないか!! ……そう思わずにはいられない「インスタ女子の手口」を紹介していこう。 ・なぜ顔を隠すのに、自撮りを投稿するのか? もとから非公開なら仕方がない。 また、自撮りを1枚も公開していないケースも珍しいものではない。 その一方で、自分をアピールしたい人は、堂々と自撮りや顔写真を投稿している。 厄介なのは、この「顔隠し系の自撮り」だ。 自分の顔が公(おおやけ)になるのを避けたいなら、一切顔を出さなければいい。 多少なりとも「カワイイね」って声を聞きたいのであれば、顔写真を投稿したらいい。 「顔を出す」と「顔を出さない」の間にいるのが、この顔隠し系だ。 ・実に悩ましい その気持ち、まったくわからないでもない。 良い評価を得たいが、顔をさらすことによって心無いコメントがつく可能性もゼロではないからだ。 だが、こちらとしては 「見せたいのか? 見せたくないのか? どっちなんだコラッ!」と言いたい。 インターネットとはいえ顔が見える安心感ってあるやん? とも言いたいところだが、事情は人それぞれだろう。 とにかく、そんなどっちつかずの悩ましいインスタ女子のありがち投稿を分析してみた。 1.全身写っているけどめちゃくちゃ遠い まず最初に挙げておきたいのが、このパターン。 カメラとの距離がめちゃくちゃ遠い。 特に海などの観光スポットで、このパターンの撮影が多いようだ。 せっかく水着姿の全身写真を撮影しているのに、カメラとの距離が遠い。 いくら拡大しようとしても、 人物の判別ができん! もっと近くで撮れ! 2.焦点が顔に合ってない 「顔隠し系自撮り」の巧みさを象徴する撮り方がコレ。 わざと焦点をずらして、顔が判別できないようにしているパターン。 スマホカメラの性能はどんどん向上して、よりキレイに鮮明に撮影できるようになっているのに、なぜその恩恵を享受できん。 時代に逆行するな。 3.フィルターで顔変 まったくテクノロジーの進化は、良いことばかりをもたらす訳ではない。 アプリ進化しすぎ! 特に顔を加工するフィルターは、誰でも可愛く見せるから困る。 真実の顔を隠しやがる。 目がデカくなって頬がちょっと赤くなってたら、もう可愛く見える。 実態が知れん。 アプリ開発会社は社内でもっと話し合え! 過剰なフィルター効果は、真実を曇らせるッ。 4.シンプルに手で顔を隠す ここまで見てきた手口のなかでは、コレが一番好感が持てる。 しかしコレには思わぬ弊害があることを、おそらく女子は知らないと思う。 それは…… ひと昔前の大人のビデオみたいに見えて仕方がない! そんなイメージ望んでないって人は、今すぐにコレをやめるべきじゃ! 5.スイーツを顔に目いっぱい近づける スイーツ好きの女子がやりがちなパターン。 これに関して言えることはひとつ…… 早よ、食え! 食べ物は顔を隠す道具じゃねえッ!! 6.直線的なモノで顔の真ん中だけ隠す 9つのうち、残りの半分はやや主張強め。 どちらかといえば隠す気持ちよりも、見せる気持ちの方が強いかもしれない。 たとえば、コレ。 直線的なモノを使って顔の真ん中だけ隠す。 こうすることによって、顔がやや細く見える効果を狙っていると思うのだが……。 道具に頼るくらいなら、 アプリで顔を細くしろ! どうせごまかすのなら、ちゃんとごまかせッ。 7.文字を顔にのせる 「顔隠し系自撮り」のなかには、思想的な側面を持つものもある。 文字をのせるのは、そのいい例だ。 英語を表記しておけば、ちょっとカッコイイと思ってたら大間違い。 そこまで訴える気持ちがあるなら、文字に頼るな! 8.顔半分 一番モヤっとするパターンがコレ。 全部見せるか、全部隠すかどっちかにしろ! 9.顔を隠してはいないんだけど もしも何か自分の美学が働いて「人にこう見られたい」と思う気持ちがあるなら、もはや何も隠す必要はない。 なぜなら、このパターンは見かけ以上に主張が強いからだ。 カメラに対して伏し目がち……。 顔よりも伝わってくるものがある。 自己陶酔しすぎじゃ! ・まとめ ここまでの内容は、 私が実際に検証して、自分の写真を見た感想だ。 人によっては、顔を隠しても美しさやカッコ良さが伝わってくる場合も十分にある。 また、似合う似合わないにかかわらず、自分なりに楽しむのが自撮りの良いところだろう。 自由で自分らしい、その姿が一番輝いているに違いない。 自撮りを楽しもう! Report: Photo:Rocketnews24.

次の