南 町田 アウトレット モール。 「南町田グランベリーパーク」の全店舗リスト。2019年11月13日オープン!

都内最大のアウトレット複合施設と公園が一体となった「南町田グランベリーパーク」誕生、エリア内部が公開

南 町田 アウトレット モール

リニューアルした駅、アウトレットを含む商業施設、公園、パークライフ・サイトがオープンする。 「南町田グランベリーパーク」とは? 俯瞰イメージ 「南町田グランベリーパーク」は、田園都市線南町田駅直結のエリアに新たに登場する街。 エリア内には、約230店舗を抱える新商業施設「グランベリーパーク」のほか、スヌーピーミュージアム、公園、子どもクラブなどが設けられる。 また、同時に「南町田」駅は「南町田グランベリーパーク駅」へと進化を遂げる。 「南町田グランベリーパーク」の場所は? 「南町田グランベリーパーク」が位置するのは、現在の田園都市線南町田駅の南側。 近隣住民の憩いの場として愛されてきた鶴間公園、また2017年2月に一時閉館となった商業施設「グランベリーモール」の跡地に立地する。 ショッピングだけでなく、体験や発見の場を設けることで、モールからパークへと進化させる。 約22ヘクタールもの広大なエリアを利用して、新しい街づくりを目指していく。 新商業施設「グランベリーパーク」 「南町田グランベリーパーク」の中心的存在となる新商業施設「グランベリーパーク」。 店舗面積は5万3000平方メートルを誇り、234のテナントがオープンする。 「グランベリーパーク」全店舗中、4割がアウトレット業態、3割が飲食・食物販となる。 中でも、個性豊かな店舗が多いのがアウトドア・スポーツショップだ。 アウトドア・スポーツショップ 日本最大級のモンベル 登山用品、アウトドア用品などを展開する mont-bell が、日本最大級約2,250㎡の売り場面積で登場。 ショップ内では、登山・キャンプなどに対応するモンベルのアウトドアグッズを取扱うだけでなく、体験型のコンテンツも充実。 モンベルショップ内で、クライミング体験できるウォールやカヤックが試乗できる人工池が常設される。 レストラン併設のスノーピーク ハイスペックなキャンプ・登山製品、アウトドア向けアパレルを中心に展開する Snow Peak は、としてオープン。 自然指向のライフスタイルを提案し、野遊びの楽しさを発信する。 キャンピングカー&ミニベロ専門店「トイファクトリー」.

次の

グランベリーモール南町田、2017年2月12日閉館-都内有数のアウトレット、再開発で

南 町田 アウトレット モール

2019年11月13日、田園都市線の南町田駅直結の商業施設「南町田グランベリーパーク」が、遂にオープン! 「生活遊園地~くらしの『楽しい』 があふれるエンターテイメントパーク~」をコンセプトとした商業施設です。 隣接する鶴間公園と、一体的にデザインされた緑豊かな街並みに、お買い物と体験の場が溢れております! そして、多様な楽しみ方ができる7つの屋外広場と、異なるコンセプトを持つ6つのパビリオンで構成される、今非常に注目を浴びている商業施設です。 また、都内最大のアウトレット複合施設と言われている程、多くのアウトレットショップが入っている「南町田アウトレット」の魅力について、詳しく紹介していきます! Contents• 南町田アウトレットの紹介 グランベリーモール内に構えている「南町田アウトレット」は、オープン以降、一日平均8万人が来館しており、平日も多くの人達で賑わいをみせております! 234店舗のテナントを構えたこの施設は、都内初出店のショップや新業態店舗など、様々な試みを展開し、私たちを楽しませてくれております。 旧グランベリーモールでは、店舗数は98だったのに対し、新施設は2倍以上の店舗数に増えている点も、見逃せないポイントです! 海外の有名ラグジュアリーブランドから、日本の大人気セレクトショップやアウトドアショップ、飲食店においても豪華なお店が揃っており、まさに充実に富んだアウトレットモールといえます。 小さいお子様がいらっしゃる家族連れでも楽しめる施設も多くあるので、これからの新たなお出掛けの定番スポットになる事、間違いなし! 南町田アウトレットのセールはいつ? 気になる南町田アウトレットのセールですが、 現時点では通年のセール情報については、情報が入ってきておりません。 しかし、一部店舗では、オープン記念セールが行われており、盛り上がりに火をつけております! これから、年末〜新年にかけては、他のアウトレットモール同様に、セールが行われる可能性が非常に高いので、益々目を離せません! 厳選!南町田アウトレットの注目ショップ モンベル フランス語で「美しい山」という意味を持つ、総合アウトドアブランド、「モンベル」。 本格的なアウトドアグッズから、デイリーでも使えるアパレル用品を数多く取り扱っているブランドとしても、高い認知力を誇っております。 2017年に閉店した「モンベル グランベリーモール店」は、名前を変えて「モンベル グランベリーパーク店」としてリニューアル! 全国のモンベルストアの中でも、最大規模となる約700坪の店内には、登山用品やキャンプ用品、カヤックや自転車用品などの豊富なアウトドア用品を取り揃えております。 自転車コーナーでは、「シャイデックシリーズ」を初めとした、様々なブランドの自転車本体を取り扱っており、メカニックが常駐するので、メンテナンスについても、ご相談可能な店舗です! また、カヤックを体験できる人工池や、クライミング体験ができるクライミングピナクルを併設しているので、お買い物だけでなくアウトドア体験も楽しむ事ができる魅力を兼ね備えております。 お店の前に設置された、高さ約12メートルのクライミングウォールは、モール内でも一際存在感を放っております。 ショッピングは勿論、都心でのアウトドア体験もできるこちらのショップは、家族連れにも単身にも、非常にオススメです! Zoff 眼鏡の量販店として、たちまち高い人気を勝ち取ったブランド、「Zoff」。 Zoffという名は、アルファベットの最後の文字「Z」と、割引を意味する「off」を組み合わせて、「限界まで安くする」というコンセプトが込められております! フレームとレンズのセットで5250円、7350円、9450円という3つの定額で販売を行い、見事にコンセプト通り、その低価格から幅広い年代層の人達の人気を勝ち取りました。 このZoffが生み出した販売スタイルは、現在では、別の量販店でも行うようになり総称して「3プライスショップ」と呼ばれております。 フレームは1年間保証、レンズは世界トップシェアグループを始めとする主力メーカー製で、6ヶ月以内なら無料で度数交換ができるなど、サービス面でも非常に充実したラインナップ! フレームにおいても、すべて自社でデザインされており、全て機能性とファッション性が高く、コストパフォーマンスにも優れております! また、2019年12月15日(日)までは、「Zoff史上初!オプションレンズ1,000円offキャンペーン」開催しており、全てのオプションレンズが1,000円引きでお求め頂けます。 ノーリーズ 素材の良さとスタイリッシュなデザインで、トラディショナルをベースにしながらも、トレンド感のあるアイテムを多く取り扱うセレクトショップ、「ノーリーズ」。 シンプルで着回しのきくウェアから、遊び心のある小物まで豊富な品揃えが魅力のお店となっております! 他のセレクトショップと比べると、日本製のアイテムを数多く取り扱っている点が、特徴的です。 レディースウェアメインの印象があるノーリーズですが、メンズウェアも豊富に扱っております! 今までのファッションに新しい感性を取り込みたい人や、着心地や質感を重視した男性には、特にオススメのお店です。 また、数量限定でクリスマス限定のショッパーに入れてお渡ししているので、クリスマスギフトを探されている方は、一度訪れてみる事をオススメします! 南町田アウトレットセール|まとめ 皆さんいかがでしたでしょうか?今回は、オープンして間もない「南町田アウトレット」の魅力についてまとめてみました! 小さいお子様がいらっしゃるご家庭でも一緒に楽しめる施設や、アウトレットモールでは真新しいお店など、厳選した3選をご紹介させて頂きました! また、現時点では詳しいセール情報は入ってきておりませんが、通常価格よりお求めやすい アウトレット価格なので、行ってみる価値は大いにあります。 都内からも電車で簡単に行く事が出来るアクセスの良さや、家族連れでも楽しめる施設内は、今後益々、大きな注目を浴び続ける施設になっていくでしょう!.

次の

商業施設「グランベリーパーク」南町田に開業、日本最大級モンベルほかアウトレット含む234店舗

南 町田 アウトレット モール

「暫定利用」として開業した駅直結アウトレットモール 東急田園都市線南町田駅は1976年10月に開業。 周辺の住宅団地の開発に合わせたものであったが、商業施設としては長らく「東急ストア」など小規模のものしか立地しておらず、あくまでベッドタウンとしての役割しか持っていなかった。 しかし1990年代に入ると、1993年に駅北口にアメリカの街並みを再現したアミューズメント施設「キャノンボールシティ」が、1998年には南口にニトリが開業するなど、集客施設の開発が進んだ。 そうしたなか、「開発が進むまでの10年間程度の暫定利用」として、2000年4月にグランベリーモールが開業する。 南町田駅に直結し、約87,000㎡の広大な敷地のなかに複数の建物が建つ造りで、売場面積はA館フレッシュベリーマーケット(東急ストアなど)が3,869㎡、B館ホームライフガーデン(モンベル、GAPなど)が4,176㎡、C館ホームライフガーデン(コムサなど)が8,639㎡、D館アウトレットが2,822㎡、E館アウトレットが2,822㎡、F館アウトレットが2,858㎡。 このほかに、映画館が入居するオアシススクエアなどがある。 アウトレットモールにはラグジュアリーブランド「COACH」やセレクトショップ「BEAMS」、「URBAN RESEARCH」、靴専門店「ABC-MART」、丸井のアウトレット業態などが出店。 そのほか、アウトドア用品専門店「mont-bell」やインテリア雑貨「Francfranc」の大型店舗、食品スーパー「東急ストア」、カジュアル衣料品店「GAP」、書店「リブロ」なども出店していた。 また、グランベリーモールの開業が呼び水となり、2001年には外資系スーパー「 カルフール」(現・ケーズデンキ)が進出したほか、大手不動産ディベロッパーによる分譲マンション建設も進められ、南町田駅周辺は急速な発展を遂げた。 米国登山用品大手R. I(レクリエーショナル・イクイップメント)も出店していたグランベリーモール(現在はモンベル) 当初は10年間程度の暫定利用として開設されたグランベリーモールであったが、2006年には三井不動産や三菱地所グループなど競合他社による首都圏近郊への相次ぐアウトレットモール開業に対抗するかたちでシネマコンプレックス「109シネマズ」などが入居する新館「オアシススクエア」を増設するなどし、客層を拡大していった。 「暫定利用」開始から16年、再開発で閉館へ グランベリーモールは渋谷から東急田園都市線で約30分という立地を活かし、都内有数のアウトレットモールとして休日には混雑を見せるようになった。 一方で、普段から近隣住民がペットを連れて散歩する姿も見られるなど地域に根付いた施設にもなっていた。 しかし、「暫定利用」として開業した建物は老朽化が進んでいたこともあり、2016年に東急電鉄と町田市が共同で立ち上げた駅周辺大規模再開発プロジェクト「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」の一環として、再開発の対象となることが決まった。 閉店を記念してペットボトルのキャップで作られたアート作品。 賑わう営業最終日、入場制限も 営業最終日となった2月12日は、南町田駅からは長蛇の列ができ、閉館を惜しみイベント会場で記念撮影する客などで溢れかえった。 アウトバックステーキハウス。 閉館45分前となる午後5時15分からは、閉館記念セレモニーとして「 イルミネーション消灯式」が開催され、積水ハウスのCMソングで知られる「 アルケミスト」によるライブ、即興のコーナー、町田市立鶴間小学校生徒との合唱が披露された。 アルケミストはtvkテレビ神奈川の人気長寿番組「あっぱれKANAGAWA大行進! 」のレギュラーを務め、グランベリーモールのイベントにも約14年間出演し続けるなど、当モールにゆかりのあるアーティストとして知られている。 アルケミストは閉館するグランベリーモールを意識した替え歌を作り、消灯式参加者誰もが一体になるような世界観づくりを目指した。 この閉店記念ライブはインターネット上で同時生中継され、岐阜県からも「即興コーナー」に参加するファンがいるほどの注目ぶりであった。 東急モールズデベロップメント社員一同による挨拶。 閉館10分前には東急モールズデベロップメント安田龍司事業部長による買物客や従業員、店舗スタッフへのお礼、ねぎらいの言葉が語られ、「(再開発の完了後に)ワクワク、ドキドキする施設をご覧いただけるように、精一杯努力することを約束する」という言葉で締めくくられた。 閉館6分30秒前(消灯1分30秒前)には、安田龍司事業部長と小学校生徒2名による消灯準備が行われ、消灯10秒前に急ぎ足でのカウントダウンが実施され、イルミネーションが消灯された。 その後、東急モールズデベロップメント社員が「お兄ちゃん、お姉ちゃんになった3年後のみなさん、忘れずにまた来てくださいね」「3年後また皆様とここでこうしてお目にかかれることを楽しみにしております」と語りかけ、グランベリーモールは16年の歴史に幕を下ろした。 セレモニーでは南町田駅から長蛇の列が生じた。 東急ストア、郵便局など仮移転-再開業は2019年度末か グランベリーモールの閉鎖後、跡地は約3年間をかけ「 生活遊園地~くらしの『楽しい』があふれるエンターテイメントパーク~」をテーマとした全面再開発がおこなわれる。 東急グループでは、南町田を「第二の二子玉川」と位置付けているといい、新施設の誕生が期待される。 なお、グランベリーモール閉鎖後も、食品スーパー「東急ストア」は2月28日まで現店舗での暫定縮小営業を行い、3月10日以降は駅西側に近隣住民向け仮設店舗を開設する。 郵便局やATM、南町田駅前連絡所(リエゾン)も近隣への一時移転が予定されている。 外部リンク: 外部リンク: 関連記事: 記事関連記事: 関連記事: 都商研ニュース検索 検索: 最新のニュース• 2020年8月13日• 2020年8月12日• 2020年8月11日• 2020年8月11日• 2020年8月10日• 2020年8月8日• 2020年8月7日• 2020年8月6日• 2020年8月6日• 2020年8月5日• 2020年8月4日• 2020年8月4日• 2020年8月3日• 2020年8月2日• 2020年8月1日• 2020年8月1日• 2020年7月31日• 2020年7月31日• 2020年7月31日• 2020年7月31日• 2020年7月31日• 2020年7月30日• 2020年7月29日• 2020年7月28日• 2020年7月28日• 2020年7月28日• 2020年7月28日• 2020年7月28日• 2020年7月27日• 2020年7月25日• 2020年7月24日• 2020年7月22日• 2020年7月22日• 2020年7月21日• 2020年7月21日• 2020年7月21日• 2020年7月20日• 2020年7月20日• 2020年7月19日• 2020年7月19日• 2020年7月18日• 2020年7月18日• 2020年7月17日• 2020年7月17日• 2020年7月15日• 2020年7月15日• 2020年7月14日• 2020年7月13日• 2020年7月12日• 2020年7月12日• 2020年7月10日• 2020年7月9日• 2020年7月9日• 2020年7月8日• 2020年7月8日• 2020年7月8日• 2020年7月8日• 2020年7月7日• 2020年7月7日• 2020年7月7日• 2020年7月6日• 2020年7月6日• 2020年7月6日• 2020年7月5日• 2020年7月5日• 2020年7月5日• 2020年7月5日• 2020年7月5日• 2020年7月4日• 2020年7月4日• 2020年7月4日• 2020年7月3日• 2020年7月3日• 2020年7月3日• 2020年7月3日• 2020年7月2日• 2020年7月2日• 2020年7月1日• 2020年7月1日• 2020年7月1日.

次の