スマイリー ティック トック。 「ティックトック」が若者を夢中にさせるワケ

ティックトックは集客(ビジネス)で使えるか? |アシガルデザイン

スマイリー ティック トック

今回は、 TikTok(ティックトック)で顔出しすることや、住所特定による危険性を紹介します。 TikTok(ティックトック)は10代から20代前半に人気の高い動画SNSで、15秒という短い時間のおもしろ動画を投稿することによって、TikTok(ティックトック)内のユーザーと繋がりをもつことができます。 しかし、動画SNSの性質上、どうしても投稿にあたって動画を撮影する必要がありますが、その動画撮影によって、ユーザーに危険が及ぶ可能性があります。 TikTok(ティックトック)には若いユーザーの割合が多いため、相対的にネットリテラシーやモラルの知識が薄いです。 自分自身も油断に付け込まれ、あらぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性も否定できません。 TikTok(ティックトック)の危険性を充分理解した上で、TikTok(ティックトック)の世界を堪能しましょう。 そうなんだ!すごい!なら、私の美しい歌声を撮影して、自分が歌って踊るような動画を撮影してアップロードしてもいいの? もちろん、アプニャンが今言ったような「自分が15秒間なんらかのダンスを踊る」ような動画や、「15秒間歌を歌う」ような動画も投稿可能ですが、 どうしても「自分自身の顔」を出さざるを得なくなります。 この 「顔出し」に大きな罠が存在します。 TikTok(ティックトック)を現実の友達、いわゆる「リア友」とつながるために利用する分はいいのですが、TikTok(ティックトック)は不特定多数のユーザーから自分が撮影した動画が見られてしまいます。 そのため、 自分が顔を出した動画を投稿した場合、「自分の顔がユーザー全体にばれてしまう恐れ」があるわけです。 自分の容姿に自信がある人なら、「自分のかわいい(かっこいい)顔が映るだけだから気にしない」という考えの人もいるかもしれませんが、安全性の観点から言うと不安要素満載です。 その理由ですが、例えば、同じ学校の先輩に「この子うちの学校のかわいい後輩だ!」というように、思いもよらぬ人物から自分がTikTok(ティックトック)をやっていることがばれてしまうからです。 TikTok内でできたフォロワーさんと現実でも仲良くなれるってことでしょ?それって素晴らしいことだと思うな! 確かに、「友達ができる」という観点からなら、間違いなくTikTok(ティックトック)は素晴らしいです。 実際に、TikTok(ティックトック)に限らず、Twitterやインスタ、FacebookなどのSNSを通じて、最終的に結婚したり、かけがえのない友人ができた人だってたくさんいます。 しかし、人間が誰しも「いい人間」であるとは限らず、自分と性格が合わないフォロワーさんだっているかもしれません。 自分と末永く仲良くしてくれるならいいですが、そのような保障はどこにもなく、ちょっとしたことで裏切られる可能性があります。 TikTok(ティックトック)で自分の顔が広まったことによって有名人になれるかもしれませんが、 そのせいで、極端な例ではありますが「ストーカー被害」に遭ってしまうかもしれません。 仲良くなった友人といっても、 所詮TikTok(ティックトック)を通じたネット友達ですので、そこまで信頼することは難しく、もしかしたら自分の敵になってしまう可能性も視野に入れる必要があります。 また、自分の動画が万が一有名になった場合、自分の動画が不特定多数のユーザーに見られてしまい、同時に自分の顔も広まってしまいます。 自分の動画が広まって世界中に広まった場合、 「もしかしたらどこかで悪用されているのではないか」といった恐怖が待っているわけです。 これはTikTok(ティックトック)に限らず、YouTubeやニコニコ動画で自分の顔を出す場合も同様ですが、顔を出したせいで自分の顔が広まってしまい、もしかしたら悪用される可能性があることも視野にいれておきたいです。 えーー!?別にTikTokを使って恋人を探そうとしているわけではないのに、なんか怖いな その通り、 TikTok(ティックトック)を利用しているユーザーは、恋人を作ろうとするより、動画投稿や視聴を純粋に楽しもうとしているユーザーのほうが多いです。 したがって、このような出会い厨の存在は、まさに 「TikTok(ティックトック)を純粋に楽しみたい人の敵」になります。 TwitterやFacebookにも一定数出会い厨はいますが、TikTok(ティックトック)の場合は自分が顔を出したせいで「この娘かわいい!お近づきになろう!」と思われやすく、出会い厨に選択の幅を与えてしまっています。 TikTok(ティックトック)には、 「DM機能」が存在しますので、動画のコメント以外にも、ユーザーに直接会話するシステムがあることになります。 このDMを送り付けて、LINEなどの個別SNSに誘導し、そこで言い寄られる可能性があります。 もちろん彼らにも「下心」がありますので、もしかしたら卑猥な画像を送ってもらうように頼まれたりします。 もちろん、そのような卑猥画像は言われても送らない人がほとんどだと思いますが、もし自分が相手のことを好きになってしまった場合、ついつい送ってしまう女の子も多いです。 その自分の画像が顔も知らない相手に渡ってしまうことで、もしかしたら他の人間にも見せられたり、インターネットの掲示板などに張り付けられているかもしれません。 明らかに危険な行為で、出会い厨が危ないとされる理由のひとつです。 少し見づらいかもしれませんが「愛媛」と書かれています。 つまり、このユーザーは「愛媛に住んでいる」ことになります。 TikTok(ティックトック)は自分でプロフィールが設定できますが、 地域については記入することができず、この地域に関しては「位置情報が勝手に表示している」ことになります。 この位置情報に関しては、ログインする際に「位置情報へのアクセスを許可しますか?」という旨の確認がされるのですが、アクセスを許可した瞬間、自分の地域がアカウント情報に追加されることになります。 そのため、位置情報を許可しないのならこの問題は解決できますが、 スタート時に何も考えず「位置情報のアクセスを許可」してしまう人も多いため、つい知らぬ間に自分の地域をばらしてしまう可能性があります。 表示されるのが位置情報だけなので詳しい住所までは特定されませんが、上記の「出会い厨」にとっては重要な情報になります。 なぜなら、 「自分と同じ地域の異性を見つけ出すことができるチャンス」になるからです。 そのため、この地域表示に関してはメリットがほとんどなく、TikTok(ティックトック)が危険だとされる原因のひとつになっています。 TikTok(ティックトック)の危険回避方法紹介! TikTok(ティックトック)には危険もいっぱいついています。 そのため、TikTok(ティックトック)を使っていくのでしたら、その危険と向き合わなくてはいけません。 TikTok(ティックトック)を使っていく上で 危険を回避する方法をいくつか紹介します! 設定で自分のアカウントを非表示にしたり、動画を保存させないようにしよう 一番安全にTikTok(ティックトック)を使用する方法は 「自分のアカウントを非公開にして、友達だけでTikTok(ティックトック)を楽しむ」方法です。 この方法だと、他のユーザーとの関わりはほぼ遮断されてしまいますが、安全性は保障できます。 まずは、TikTok(ティックトック)のホーム画面の下部ツールバーの 一番右の人間アイコンを選択してください。 「 自分のプロフィール設定画面」になりますので、右上の三点アイコンをタップして、設定を変更します。 プロフィール設定画面が開きますので、この中の「 プライバシー設定」を選択するようにしましょう。 プライバシー設定の中の「 非公開アカウント」の項目をタップしてみてください。 ここをタップすることで、 自分のアイコンを非公開にするかどうか選ぶことができます。 また、非公開とまではいかなくても、最悪「 自分の動画をダウンロードできる人」「 自分にメッセージを送ることのできる人」は設定しておきましょう。 自分のフォロワーだけダウンロードするようにしたり、メッセージを受け取ることができるように設定できるため、自分の安全性とTikTok(ティックトック)本来の楽しみ方とのバランスを保ちましょう。 利用規約を確認し、「危険な可能性がある」ことをあらかじめ肝に銘じておこう TikTok(ティックトック)には利用規約が存在しますが、大抵の人は利用規約を読まずにアカウント登録しているのではないでしょうか。 この 利用規約にも目を向けるようにしましょう。 例えば、「12歳以上を対象にしている」と設定されているのに、利用規約には「20歳未満の人を対象にしたアプリではない」と明言されています。 この時点ですでに矛盾していますが、公式が20歳以上を推奨していますので、「子供が使うのは危険があるアプリなのか?」と疑いを持つことが大切です。 実際、TikTok(ティックトック)にはトラブルが起きた際の責任についても利用規約に書かれていて、「自己責任」とのことでした。 そのため、 「もしかしたら何か危ない要素があるのかも」と、頭に入れておくことで、危機管理の視点を持つことができます。 TikTok(ティックトック)の危険性まとめ 今回は、TikTok(ティックトック)の危険性や、危険性を回避する方法を紹介しました。 動画SNSとして若い人に人気の高いアプリではありますが、その楽しさのせいで危険が迫っていることも忘れてはいけません。 「TikTok(ティックトック)を利用してはいけない!」わけではありませんが、自分であらかじめ「危険と言われるポイント」は抑えて、なんらかの対処を取ることが大切です。 今流行りの稼げるオススメアプリは何!? 今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします! 特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」 驚異的なアプリが頭角を表してきました。 それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。 特別に紹介させていただきます。 あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します! ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。 それ以外はそこまで違いがありませんからね。 そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。 コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。 まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください! 第1位「Hakuna Live」 Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。 これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています。 通常配信、オーディオ配信、 相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。 ふわっちLIVEのおすすめポイント• 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!• 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載• まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい• イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。 ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。 リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。 他のライブ配信アプリよりも プレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか! また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。 名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。 BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。 日本に進出してから日が浅いため、 まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。 しかし 逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。 第4位「17Live(イチナナ)」 イチナナのおすすめポイント• ライブ配信アプリの中でも 圧倒的人気!• 全世界で 4000万人の会員!• 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい• アジア各国でリリースされているためグローバル• 収益化の仕組みがわかりますい• 公式ライバーになると特典が多い• 年齢層が若干高めなので 若くなくても人気になれる可能性がある• ライブ配信の方法が簡単• ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい• 美男美女が多い 日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。 人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い! 自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!.

次の

ティックトックの収入源はどこ?どうマネタイズしてるか調査

スマイリー ティック トック

なにそれ いみふ~ となりやすいので解説します。 数値『k』の意味 Kは1,000(thousand)を意味する『キロ』のことです。 例は以下の通りです。 末尾に『k』があったら後ろに0を3つ付けてあげてください。 数値『m』の意味 mは1,000,000(million)を意味します。 例は以下の通りです。 末尾に『m』があったら後ろに0を6つ付けてあげてください。 数値『b』の意味 bは1,000,000,000(billion)を意味します。 例は以下の通りです。 末尾に『b』があったら後ろに0を9つ付けてあげてください。 アルファベットを使い、値の記載を省略することでスマホの画面が数値で埋め尽くされるのを防いでいるんですね。 では早速、各数値の見方へ移りましょう! 投稿動画の再生回数の見方 スポンサーリンク まずは、再生回数の見方について記載します。 自分が投稿した動画の再生回数を確認する まずは自分が投稿した動画の再生回数の見方です。 アプリを開いて、マイページへ移動してください。 マイページに投稿した動画が一覧化されています。 各動画のサムネの左下を確認してください。 例)再生回数:368. この値が投稿動画の再生回数です。 人気のないハッシュタグから推測出来る場合もあるかもしれませんが、それ以外で他人の動画について再生回数を把握することは出来ません。 『いいね数』・『コメント数』は確認できますので、そこから動画の人気を推測しましょう。 現在は再生回数が確認できるよう仕様が変更されています。 左下にある数値がその動画の再生回数となっています。 いいね数を確認する 次はいいね数の見方について解説します。 投稿動画(自分・他人)のいいね数を確認する 自分・他人どちらでもいいので動画をタップしてみてください。 右側にハートマークがあると思います。 これが その動画のいいね数です。 コメント数を確認する 次はコメント数の見方について解説します。 投稿動画(自分・他人)のコメント数を確認する 自分・他人どちらでもいいので動画をタップしてみてください。 右側に チャットのようなマークがあると思います。 これが その動画のコメント数です。 シェア数を確認する 次は動画がシェアされた数の見方について解説します。 自分が投稿した動画のシェア数を確認する 自分が投稿した動画についてはシェア数を確認することは出来ません。 他人が投稿した動画のシェア数を確認する 他人が投稿した動画のシェア数については以下の部分を確認しましょう。 もっと色んな数値を知りたい方へ 通常アカウントにて確認できる数値は以上となります。 え?これしか分からないの?これだけじゃあちゃんと分析できないよ! と思う方もいらっしゃるかと思いますが、実は TikTok(ティックトック)にはプロアカウントというアカウントが存在します。 プロアカウントに設定することで、自身が投稿した動画についてより詳細な数値( 視聴回数の推移、フォロワー数推移、プロフィールの表示回数など)を確認することができます。 インスタのインサイトやYouTubeのアナリティクスをイメージすると分かりやすいかもしれませんね。 設定方法については別記事にてまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

TikTok(ティックトック)とは?始め方を初心者にも分かりやすく解説

スマイリー ティック トック

僕もダウンロードして動画を見てみたのですが、たまにクスっと笑えたりして案外おもしろいなと感じました。 ただ… ティックトックを見ている時に頭に一つの疑問が!! ティックトックって YouTubeの動画みたいに最初に広告が貼られていないし、ティックトックを配信している人に対してギフト(お金)を渡す機能が備わっていないんですよ。。。 怪しい!?ティックトックの収入源は?どうマネタイズしてるか調査 それでは早速 ティックトックが一体どのようにして マネタイズをしているのか調査していきましょう!! まず結論から言ってしまうと…2018年現在で、ティックトック自体には収入が入っていないと思われます。 そして一般個人が収入を得られる方法も確率はされていません。 しかし、 僕はティックトックが将来的にマネタイズをしていく 事を確信していますし、一般個人が 将来的にお金を稼いでいく事は可能だと考えます。 その方法としては以下の2種類の方法になっています。 動画の配信前や動画内に広告を挟み込む• 動画配信している人に対するギフトの一部を収入源にしている という事で早速1番から見ていきましょう。 笑 また、この他にも動画を楽しんでいる最中に、動画の下の部分に広告が出てきたりしています。 YouTubeは、YouTuberに広告を動画内に貼り付けてもらって広告を見て貰い、広告を出している会社さんからお金を頂いています。 更に ティックトックは認知度を上げるために、CMを出したりとお金だけ浪費しているように見えます。。。 そうなれば…ティックトックって 怪しいアプリなのでは?と疑いたくなる気持ちになってしまうのもわかります。 笑 (実際に僕もなりました。 その方法とは… 企業がティックトックでアカウントを作成し動画を作り、さりげなくアプリを使っている人達に動画(広告)を見てもらえるようにする いやいや…そんな企業が作った動画とかアカウントを今まで見たことないwwと思われるかもしれませんね。 ただ2017年8月に中国で実験的に企業(例えばAir bnbなど)がアカウントを作成して広告動画を作った事がニュースになっています。 そして ティックトックは今後こうした企業からの広告収益を得て収入を得ていくようになっていくと思われます。 2018年8月現在では日本で導入はされていませんが、今後日本企業もティックトックに広告を出すようになるのではないかと思われます。 ティックトックを起動した時に企業の動画が出てくるようにする• ティックトックのおすすめ動画を下にスワイプしていくと、途中で企業の動画が出てくる などなど… 視聴者に広告動画を見てもらうための方法って色々あると思うんですよね。 そして おすすめ動画に出してもらうために企業がお金を払ったりする事だってあるでしょう。 その データを使って企業に対して、どんな動画を作成したら流行るのかを指導する事でマネタイズをしたり…色々収入を得る方法ってありそうですよね。 ティックトックって15秒という非常に短い動画なので、なんとなーーく見てしまう視聴層って多いような気がします。 そういった気軽さもあるので案外広告だって気が付かずに、見てしまったりとか… といった感じで、今後日本でもティックトックにお金を払って流行りそうな動画を作成してもらったり、動画を見てもらえるようにおすすめに優先的に出してもらう他にも色々なマネタイズ方法があると思います。 どうやら 現在はティックトックを多くの人に使ってもらうためにCMをしてお金を使っているだけですが、そろそろマネタイズに向けて行動をされているのではないかと僕は感じました。 ティックトッカーが収入を稼ぐ事って出来るの? さて『 結局ティックトックを使って一般人がお金を稼ぐ事って出来るの?』と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか? 結論から言ってしまうと、 ティックトックを使って一般人がお金を稼ぐ事は将来的には可能なのかなと感じました。 例えばですが…インスタグラマーのような稼ぎ方が出来るのではないのかなと。 簡単にインスタグラマーの稼ぎ方を紹介すると、あるブランドの服を着て写真を投稿すると収入が得られるといった感じですね。 この他にも、どんな動画であればバズるのかをある程度知っているでしょうから指導者としてお金を稼ぐ事だって可能でしょう。 しかし、 実際にティックトックを使って収入を得れるようになるかわかりませんし、まだまだ先の事になるかもしれません。 また、あなたがティックトックで稼いでいくとしても有名になっている必要があるので、 現実的にティックトックで一般人が稼いでいくのは難しい事だと思います。 やり方次第で一般人でも稼げる時代に! 今回は『 ティックトックがどうやって収入を得ているのか』また『 ティックトックを使って一般人が稼ぐ事は可能なのか』についてご紹介しました。 僕がご紹介した通り、 一般人がティックトックを使ってうまく収入に結びつけるのは難しいです。 実は 選択肢を知らないだけで、もっと視野を広く持てば、わざわざ真夏にスーツを着ながら就活なんてしなくていいし、窮屈にサラリーマンの生活を続けていくことから解放されていくものです。

次の