あいちトリエンナーレ 炎上。 炎上した「あいちトリエンナーレ」が開けた“パンドラの箱“。私たちに託された宿題は何だったのか。

あいトリ炎上は津田大介氏の「個人的な野心」か 芸術監督だけに責任を求める不可解 (2ページ目)

あいちトリエンナーレ 炎上

画像は「表現の不自由展・その後」ホームページスクリーンショット 愛知県で1日から始まった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の中の企画「表現の不自由展・その後」に賛否の声が多数寄せられ、炎上状態となっている。 「表現の不自由展・その後」は、「慰安婦」問題、天皇と戦争、植民地支配、憲法9条、政権批判など、展示不許可になった作品を集めた企画展。 展示内容をめぐりネットでは、表現の自由についての議論が噴出。 タレントのは、昭和天皇をテーマにしたとみられる作品について、「芸術における表現の自由で許されるとは思わない。 例えばコーランを焼いたり、国旗を焼いたり、それを芸術として評価するのだろうか、そんなのは下品なプロパガンダだ」と批判。 和田政宗議員は、「慰安婦像の展示が行われ、昭和天皇の御真影を焼く映像展示があるとの情報が寄せられた。 御真影を焼く映像展示は明日確認を取る。 事実だとしたらとんでもないこと。 あいちトリエンナーレは文化庁助成事業。 しっかりと情報確認を行い、適切な対応を取る」と表明した。 また、高須クリニックの高須院長は、名古屋市の河村市長が視察に行くという記事を引用し、「この穢らわしい展示物を片付けなかったら名古屋市民やめます」と宣言。 映画評論家の氏は、「これで『慰安婦』少女像の展示が中止になれば、『表現の不自由』展はアートとして見事に完成するね」と述べている。 一方で、「いかに下劣で反吐がでるような表現であっても、表現の自由は守られるべきです。 政治家の風刺表現の範囲で、名誉毀損等とも言い得ないでしょう」「アートの中には特定の人々を傷つけるものもあり、そういうものが非難されるのは当然だと思います」と展示に理解を示す声も寄せられている。 「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏は、Twitterで「あいちトリエンナーレ実行委員会も、表現の不自由展実行委員会も、僕も『表現の不自由展・その後』に展示されている作品に対して何らかの賛否を述べるものではありません」とコメント。 展覧会の趣旨について、「来場者に実物を見ていただき、表現の自由を巡る状況に思いを馳せ、議論のきっかけにしたいということが展覧会の趣旨です」と説明している。 私は昭和天皇の御真影を焼く映像を芸術における表現の自由で許されるとは思わない。 例えばコーランを焼いたり、国旗を焼いたり、それを芸術として評価するのだろうか、そんなのは下品なプロパガンダだ。 私費であっても非難されるであろう展示に税金が投入されているとは。 慰安婦像の展示が行われ、昭和天皇の御真影を焼く映像展示があるとの情報が寄せられた。 御真影を焼く映像展示は明日確認を取る。 事実だとしたらとんでもないこと。 あいちトリエンナーレは文化庁助成事業。 しっかりと情報確認を行い、適切な対応を取る— 和田 政宗 wadamasamune 僕の声が届いたのかな? この穢らわしい展示物を片付けなかったら名古屋市民やめます。 — katsuyatakasu これで「慰安婦」少女像の展示が中止になれば、「表現の不自由」展はアートとして見事に完成するね。 — 町山智浩 TomoMachi なお、あいちトリエンナーレ実行委員会も、表現の不自由展実行委員会も、僕も「表現の不自由展・その後」に展示されている作品に対して何らかの賛否を述べるものではありません。 来場者に実物を見ていただき、表現の自由を巡る状況に思いを馳せ、議論のきっかけにしたいということが展覧会の趣旨です。 — 津田大介 tsuda 「表現の不自由展」をもっと詳しく.

次の

炎上した「あいちトリエンナーレ」が開けた“パンドラの箱“。私たちに託された宿題は何だったのか。

あいちトリエンナーレ 炎上

8月1日、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」が開幕した。 youtube. 作家の百田尚樹さんは「売国運動」等、かなり厳しい表現で苦言を呈していた。 国家への侮辱です。 ばんしにあたいします。 許してはいけないと思います。 」等ツイート。 税金党の河村市長が実態を知っているとは思えません。 僕は「納税地の税金のつかいかたが納得できないので、納税地を名古屋市に移しました」と天皇陛下お茶会で河村市長と談笑し、同席した方々に宣伝しました。 「名古屋市はええで」。 こんなことに僕の税金を使われるのは嫌です。 — 高須克弥 katsuyatakasu 💢😠💢 許さん — 高須克弥 katsuyatakasu 日本人の統合の象徴に対する侮辱です。 国家への侮辱です。 ばんしにあたいします。 許してはいけないと思います。 yahoo. — 高須克弥 katsuyatakasu 僕の声が届いたのかな? この穢らわしい展示物を片付けなかったら名古屋市民やめます。 とツイートを行っていた。 いずれのツイートも反響を呼び、22時すぎの「名古屋市民やめます」ツイートは翌2日11時の時点でリツイートが約1万1千、約3万の「いいね!」を集め、賛同の返信も多数寄せられていたようである。

次の

「あいちトリエンナーレ2019」~メディアが報道しない“問題の本質”

あいちトリエンナーレ 炎上

あいちトリエンナーレ2019の会期中の愛知県美術館(愛知県美術館-Wikipediaより) 中止になっていた「表現の不自由展・その後」再開に向け合意 慰安婦問題を象徴する少女像や昭和天皇の写真を焼いて踏みつけるという表現に対して脅迫電話などがあり、安全が確保できないとして中止していた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」だが、芸術祭と不自由展の実行委員会が展示再開で合意し、再開の見通しとなった。 有本)この問題が持ち上がったのは7月末で、8月の頭に私も名古屋に行きました。 ただ私が行ったときには、もうこの展示は中止されていました。 名古屋の河村市長にも実際に取材しましたが、この問題を大手メディアの報道やテレビだけで見ている方は、ことの本質がわからないと思います。 この一連を見ると、「表現の自由、表現の不自由」ということよりも、「報道の不自由」を問題にしたほうがいいと思います。 中心会場の愛知芸術文化センター(あいちトリエンナーレ-Wikipediaより) 「昭和天皇のお顔を焼いて踏みつけにする」ことが許されるのか 有本)もちろん慰安婦像と称されるものもあるけれど、この展示の内容に関して言うならば、いちばんの問題は昭和天皇のお顔を焼いて踏みつけにするということです。 このことを知らない人が多いのですよ、そんなものもあるのかと。 これについて大手メディアが頑として触れない。 それはなぜかと言うと、これはみんな大問題だと実はわかっているからではないですか。 だって、「日本国憲法の1条に何と書いてありますか」ということですよ。 公的な自治体が主催するところでやるのに、ふさわしい内容ですかと。 しかも、これが相当な物議をかもして反発を生むだろうということは、今年(2019年)の初めからわかっていたわけです。 文化庁はその相談も受けないまま、この事業に対して補助金を出す、採択すると言っていた。 しかし、そんなことが最初からわかっていたのであれば話が違うということで、取り下げることになった。

次の