子供 歯 列 矯正 費用。 子供の1期治療について|小児矯正なら大阪矯正歯科グループ

大人が行ってはいけない矯正歯科3タイプ

子供 歯 列 矯正 費用

1期治療とは混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期)から行う治療です。 あごの大きさや形、かみ合わせなどを整えます。 床矯正とも言います。 多くのメリットがある1期治療 この時期は成長する時間を利用してあごの大きさや歯列をコントロールしながら治療できるので、 骨格そのものを改善できる、 抜歯の可能性が低くなる、 2期治療がやりやすくなる(2期治療が必要なくなる場合もあります。 )など 多くのメリットがあります。 治療開始は5才〜7才。 早期発見・早期治療が大切です! 乳歯が永久歯に生え変わる時期(5才〜7才ぐらい)から治療を始めるのが望ましいです。 1期治療は早期発見・早期治療が大切です。 あごの成長が旺盛な時期に治療を開始できると取り外し式の装置を使えるため、お子さんの負担も少なくなります。 少しでもおかしいと感じたらお気軽にご相談ください。 治療期間は2年位で永久歯が生えそろう12才ごろまでは経過観察の期間となります。 来院間隔は1〜2か月に1度程度です。 取り外し式(プレート)の場合 プレート(拡大床)という装置で歯列を拡大します プレートという取り外し式の装置を使います。 プレートについているネジを回して幅を広げることで、あごの横幅も押し広げられます。 (注意:あごを大きくしてもお顔は大きくなりませんのでご安心ください) 1日12時間〜15時間装着します プレートを夜間などのお家にいる間、1日12時間〜15時間装着します。 【治療内容】上あごと下あごが小さくて歯が重なっている原因である骨格が小さいということを治すため、上下にプレートという取り外し式の矯正器具を入れて、骨格を大きくしました。 骨格を大きくしたことで歯並びも治りました。 【費用】子どもの矯正1期治療(全顎)45万円(税抜) 【リスク】骨格を広げる矯正器具を入れるので、慣れるのに1週間位かかります。 その間個人差はありますが少し痛いです。 固定式(急速拡大装置)の場合 固定式の装置で歯列を拡大します 上あごは急速拡大装置、下あごはリンガルアーチという装置を使って骨格を大きくします。 完全固定式なので、子供さん自身では外すことができず、確実に大きくなります。 (注意:骨格を大きくしてもお顔は大きくなりませんのでご安心ください) 2期治療について 1期治療で、歯の土台であるあごの形や大きさを改善した後、永久歯がすべて生えそろって、永久歯列が完成してから 歯並びや噛み合わせを治すのが「2期治療」です。 1期治療であごの大きさや前後関係が良くなっても、歯並びがでこぼこしていたり、歯が回転して生えていたり、上下の噛み合わせが良くなかったり、前歯の前突感が少しあったりした場合に2期治療を行います。 2期治療は永久歯が生えそろう12〜13才くらいから行います。 治療に使う装置はブラケットやワイヤーです。 大人の矯正と同様に歯の1本1本にブラケットでワイヤーを固定し歯を動かします。 1期治療であごを拡大して2期治療へ移行するため、一般的な成人矯正と比べて治療期間が短くなったり、抜歯の可能性が低くなります。 1期治療で歯並びや噛み合わせが改善されれば、2期治療は必要ない時もあります。 (注意)いきなり2期治療から始めることはできません。 1期治療が奏功しての2期治療です。 その他 年齢• 0〜3才• 10才• 11才• 12才• 13才• 14才• 15才以上 気になる事があればチェックしてください• 料金は最終的にいくらになる?• 治療方法について• 治療期間はどのくらいか?• 抜歯する必要はあるか?• 痛みはあるか?• 引っ越した場合どうなるか?• 分割払いは何回まで可能? 装置を装着することの影響について• 見た目が気になる• 食事がしにくくならないか心配• 虫歯にならないか心配 その他歯列矯正に関するあらゆるご質問に誠実にお答えします。 どんな小さなことでも丁寧にお答えしますので、お気軽に ご相談くださいね。 なお、入力いただいた個人情報は、ご返答以外の目的で利用いたしませんのでご安心ください。 ご質問内容 どんな小さなことでも念の為、お気軽にご相談ください。 きっといいアドバイスができます。 ここにお書きくださいね。 ご希望医院名 (診療予約ご希望の方のみ)• 梅田院• 梅田茶屋町院• なんば院• 心斎橋院• 吹田本院• 豊中本町院• 豊中駅前院• ミント神戸院• 神戸マルイ院 診療希望日 (診療予約ご希望の方のみ) 第1希望 月 日 時 分 第2希望 月 日 時 分 症例3 初診時の主な所見: 閉鎖型の乳歯列で下あごが狭くなっていて上あごもやや狭くなっています。 また、下の前歯が上の前歯より出ています(反対咬合(受け口))。 このまま治療をしないと永久歯列で反対咬合、上顎の叢生の症状が進むと予想されます。 主な方針: 乳歯列を拡大して(特に下あご)、下顎骨を遠心移動・発育抑制、チンキャップを使用し顎外固定します。 下の1番をわずかに舌側へ移動させます。 1期治療は咬合誘導や矯正の学術だけでなく、今までの多くの研究者たちの基礎的な研究の上に組みたてられています。 日本の少子化と豊かな生活から、急に注目されてきた技術です。 1期治療に関する研究は、日本矯正歯科学会や日本小児歯科学会あるいは、世界でも数多くの研究があり発表されています。 またこれに関する歯科医向けの専門書なども出版されています。

次の

前歯の歯列矯正にかかる費用はいくらくらい?

子供 歯 列 矯正 費用

年齢差や性差がありますが、第一期治療は乳歯が生え残っている3~12歳位までのお子さんが対象です。 第一期治療は「歯並びを整える治療」というよりも、顎のバランスを整える「土台作り」が中心。 永久歯が理想的な位置に並び、正しい噛み合わせができるように骨格を整えていく治療が中心です。 併せて舌の癖や指しゃぶりなど、顎の発育に悪影響を及ぼす習慣も正しながら、健やかな成長を促します。 小児矯正により顎の発育を整えることができるので、大人になって外科矯正治療により顎のバランスを整える必要性は低くなります。 永久歯が生え揃う土台がきちんと整えば結果的に正しい位置に永久歯が生えてきます。 仮に、第一期治療で永久歯がきれいに並べば治療が終了しますが、理想的な歯並びや噛み合わせにするのは第二期治療からですご家族や本人が納得すれば第二期治療が不要になることもあります。 第一期治療のテーマは「骨格の改善」でしたが、第二期治療のテーマは「歯並びの改善」です。 第一期治療で骨格のずれや歪みを整えたあと、第二期治療に移行して歯と歯の隙間やねじれをきれいに整えます。 第二期治療はブラケットとワイヤーを用いて歯並びや噛み合わせを調整するのが一般的です。 基本的な治療法は一般的な大人の矯正とほとんど変わりません。 大人の矯正と同様に、銀色のワイヤーを使ったブラケット矯正のほか、装置が目立ちにくい審美装置、マウスピースや裏側矯正などからも選択することができます。 「骨格のゆがみ」などの骨格的な問題はなく「歯並びが乱れている」というケースでは、あえて第一期治療は行わず、タイミングを見ながら第二期治療から開始するケースもあります。 歯のサイズや生えている位置が原因で歯並びが乱れている「乱ぐい歯(叢生)」のようなケースがその例です。 第一期治療では主に「床矯正」と呼ばれる取り外し式の装置を使います。 子供の成長に合わせて装置を交換しながら顎の成長を促します。 第一期治療のトータルの費用相場は200,000~400,000円程度です。 床矯正は使用する装置数で費用が増減します。 症状が軽いケースでは装置の作り替えが少なく済みますが、お口の状態によっては何台も装置の交換が必要になることもあります。 また、床矯正は歯科医師の指示通りに装着時間や使用方法を守らないと治療効果に期待できません。 装着をさぼると装置のフィット感が悪くなったり、痛みを感じることも。 そうなると装置の作り直しが必要となったり、計画通りに治療が進まず治療期間が延長してしまい、結果的に治療費がかさんでしまう場合もあります。 症状や治療の難易度、治療の進み具合によっても治療費が変動するということを覚えておきましょう。 ブラケットとワイヤーを使用して歯並びや噛み合わせを整えます。 また、第二期治療は装置の種類を選択できる場合があります。 大人の矯正と同様に、装置の見た目が目立ちにくい装置や裏側矯正、マウスピース矯正は、治療費が高めに設定されている場合が多く、選ぶ装置によっても治療費が変動します。 なお、大多数の医院では第一期治療から第二期治療へ移行する場合、料金の調整をしています。 第二期治療から治療をスタートさせる場合と治療費が異なるので、詳しくは歯医者さんへ聞いてみましょう。 初回相談料(カウンセリング料)・・・無料~10,000円程度 初回のカウンセリングは歯や口元の悩みを相談する場です。 費用や装置の種類など、不明な点は遠慮なく聞いておきましょう。 初回無料でカウンセリングを実施していることが多いので、気軽に利用するとよいかもしれません。 治療費の安さばかりに気を取られずに、通院のしやすさや医院の雰囲気、先生との相性もチェックしていただきたいポイントです。 検査代(診断料)・・・10,000~50,000円程度 治療方針の診断材料として、お口の中のレントゲン撮影や頭部のレントゲン撮影、歯型の採取や噛み合わせのチェックなど、さまざまな検査を行います。 顎の骨の中で永久歯がどのように育っているか、先天性の問題はないかなど、将来的なリスクも含め総合的に調べます。 ) 抜歯代・・・5,000円程度 第二期治療は顎の成長をコントロールすることが難しいため、歯を抜いてスペースを作る場合があります。 矯正治療の際に行う抜歯は「便宜抜歯」と呼ばれており、基本的に健康保険が適用されません。 歯並びの経過観察や装置の調整、歯みがきのチェック料などが含まれます。 ) 保定装置代(リテーナー代)・・・20,000~30,000円程度 矯正治療が終了したあとは、歯並びが後戻りしないように専用の装置を付ける必要があります。 この装置のことを「保定装置(リテーナー)」と呼びます。 保定装置は取り外しができるワイヤータイプやマウスピースタイプ、針金を歯に固定するタイプなどがあります。 成人矯正の治療費は皆さまのご想像通り、健康保険(公的医療保険)が適用されない自由診療です。 では、お子さんの矯正治療は健康保険の対象となるのでしょうか。 結論から言うと、子供の矯正も大人と同様に一部のケースを除き保険の対象にはなりません。 一部のケースとは、先天異常のうち50の疾患と顎変形症の2種類です。 出っ歯や受け口など、見た目や噛み合わせの改善を目的とした治療は残念ながら保険治療が認められていないのです。 また、国が認める疾患であっても、全ての歯医者さんで保険診療を取り扱っているわけではありません。 保険で治療が受けられるのはごく一部の医療機関だけ。 例えば自立支援医療を行うために必要な設備および体制を有していることや、関係学会に所属していること、研究従事年数が 歯科では 5年以上あることなど、国からの一定の基準をクリアした一部の医療機関に限られています。 厚生労働省の定める指定自立支援医療機関 育成・更生医療 で保険診療を受けることができます。 確かに、歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、成長がストップして顎の骨がガッチリ固まった大人の矯正は、抜歯を伴ったり顎の過成長のアンバランスを抑えるために外科手術が必要になるケースもあり、身体への負担も金銭的な負担もおのずと大きくなってしまいます。 それに比べて子供の矯正はリーズナブル。 第一期治療の費用相場は200,000~400,000円程度、第二期治療の費用の相場は250,000~650,000円程度です(基本的に、第一期治療と第二期治療はセットです)。 大人になってから治療を始めるよりも、子供の矯正の方が金銭的な負担をグッと抑えられることがお分かりいただけると思います。 さらに成長期の発育段階にある子供の矯正は、顎の骨の成長を促したり、抑制したり、ズレや歪みを整えたりなど、骨格ごと理想的な形に整えることができます。 特に出っ歯や受け口など、骨格的な問題を抱えているお子さんにとって第一期治療が可能な12歳頃までは発育をコントロールできる特別な時期。 このタイミングが治療開始の肝となるでしょう。 ただし、歯列矯正のベストタイミングは歯の生え変わりや成長の早さによって個人差があります。 期を逃さずに最大限の治療効果を発揮できるよう、日ごろから検査を受けておくことが大切です。 口元の悩みや心配ごとなど歯列矯正に少しでもご興味があれば早めに歯医者さんに相談してくださいね。 二期に移行する目安となる年齢は、男女で違い、女児は11歳、男児は13歳です。 なので、間の12歳に変更しています。 しかし、個人差が大きいので、あくまで目安であり、正確な時期は、身長や手の骨などの変化により開始時期を極めます。

次の

子供の1期治療について|小児矯正なら大阪矯正歯科グループ

子供 歯 列 矯正 費用

子どもの矯正治療のトータル費用はいくら? 治療前にかかる費用は? ここではまず、治療に入る前にかかる費用について触れていきます。 ・初診費用 無料〜5,000円 困りごと、悩みごとなどの相談にのってくれます。 見た目、咀嚼についてなど、日ごろ抱えている問題があればここで話しておきましょう。 また初診の際には、簡単なお口の診察などをする場合もあります。 専門家である歯医者さんが診ることで気づける異変などもあるからです。 レントゲン撮影や口の中の写真撮影、顔の骨格の撮影、唾液検査やCT撮影など、さまざまな資料をとっていきます。 また、顎の模型を取ったり、噛み合わせ検査なども行い、総合的にどんな問題があるのかを調べていきます。 矯正の方法やかかる期間、治療費など、集めた資料を見ながら治療方針を決めていきます。 場合によっては、治療方法はひとつではないこともあります。 治療にかかる痛みなど、身体の負担もさまざまで、治療期間や費用等も変わってきます。 そのため、患者本人や保護者の意見も踏まえながら、治療計画を立てることもあります。 これらの費用は歯医者さんによって違いますので、心配であれば歯医者さんに事前にたずねておくとよいでしょう。 ここではまず、第1期治療が受けられる年齢の目安、目的などに触れていきましょう。 第1期治療とは、乳歯が永久歯に生え変わる前に行う矯正治療です。 第1期治療の目的は、 ・これから生えてくる永久歯を健康に生えかわらせること ・顎を正しく成長させること ・第2期治療の治療期間を短縮させること ・永久歯の矯正治療で抜歯をせずにすむようにすること などがあげられます。 第1期治療をしたからといって、必ずこれらの目的が果たせるわけではありませんが、第1期治療をしないよりもした方が、より健康な状態を手に入れやすくなります。 ただし第1期治療だけでは、歯並びが揃ったり、噛み合わせが治ったりすることはありません。 第1期治療は歯並びや噛み合わせを揃える前段階だと認識しておきましょう。 第1期治療にかかる料金は20万円〜40万円くらいが目安となりますが、続いて始まる第2期治療にも別途、費用がかかることを把握しておいてください。 歯列矯正を始める年齢によっては、第2期治療のみを行う人もいますが、子どもが小学校低学年など、乳歯の段階から矯正治療を始めている場合は、第1期から第2期まで、通して治療を行うケースが多いです。 第1期治療で抜歯を防げたり、治療期間を短くしたりすることができるため、第1期治療は第2期治療の準備段階と呼んでもいいかもしれません。 第1期治療を行っていれば、顎の骨を削るなどの大がかりな治療の必要性も低くなります。 第2期治療では、主に「マルチブラケット装置」という、歯同士をワイヤーで連結させる器具をつけて、歯並びや噛み合わせを治していきます。 第1期治療から継続して第2期治療を行う場合、第2期治療の費用の目安は30万円〜50万円ほどです。 第2期治療は、乳歯が残っておらず、すべて永久歯である場合に行う治療です。 「マルチブラケット装置」をつける治療が中心で、上下の歯並びや噛み合わせなどを細かく治療していきます。 第2期治療の費用は50万円〜90万円ていどが目安で、マウスピースがある場合は20〜90万円、インビザラインという特殊なマウスピースを使用する場合は70〜90万円ほどかかります。 治療中にかかる意外な費用とは? ワイヤー交換費用 主に使用される「マルチブラケット装置」での矯正の場合、治療中はワイヤーを交換するごとに費用がかかります。 相場は3,000円〜5,000円ほどですが、交換が頻繁であれば無視できない金額になりかねないので注意しましょう。 それを掃除するために、数百円の費用ですが、毛束の細い歯ブラシの購入が必要になります。 また、噛み合わせを深めるための歯科専用ガムなどを、歯医者さんで購入することもあります。 一つひとつはささいな費用ですが、治療年数が何年にもおよべば、まとまった額になることもあります。 歯医者さんで購入しなければいけないこともあるため、これらのケアアイテム購入も治療費用の予算に含め、準備しておきましょう。 治療後にかかる費用とは? 矯正した歯が戻らないようにする器具の費用 歯列矯正の治療後にも、保定装置、リテーナーなどと呼ばれる、矯正した歯が戻らないようにする器具を装着する必要があります。 半永久的につけておける装置もありますが、ときにはメンテナンスが必要なこともあります。 マウスピース型やワイヤータイプなど器具によって違いはありますが、相場は5,000円〜10,000円程度かかります。 これらの費用もちゃんと頭に入れておきましょう。 定期的なチェックと予防歯科のメンテナンスを行う必要があります。 メンテナンスの頻度はさまざまあり、相場は3,000円〜10,000円程度です。 こちらも治療の予算に含めておく必要があるでしょう。 矯正は保険適用内で治療できる? 顎変形症などの特例を除き保険適用外 矯正治療で保険が適用されるのは、生まれつきの先天的な病気 定められた疾患に限る を持っていて、それに起因した歯並びの不正がある場合と、顎の骨のバランスが著しく崩れていて、「顎変形症」などの病名で矯正治療と外科手術を併用して治療を行う場合のみとされています。 それ以外は自由診療のため、歯医者さんによって細かな価格設定は変わるので注意しましょう。 高額費用のためローンが組めることも 歯列矯正は、高いときには100万円近い費用がかかることもあります。 そのため、ローンを組めることが多く、きちんと支払い方法などを調べれば、治療費の負担を抑えることも可能です。 クレジットローンやデンタルローンなどで支払う方法もあるため、治療費に不安のある方は、かかる予定の歯医者さんに一度たずねてみましょう。 歯医者さんも、治療費が高額であることは承知しています。 親身に相談にのってくれる歯医者さんも多いので、遠慮せずに聞いてみてくださいね。 トータルの治療費を抑えるなら第1期治療から 矯正の治療費は、個々の症状や状態によって違いがあり、費用や期間なども一定ではないことが多いです。 しかし一般的には、第1期治療から行ったほうが費用は抑えられます。 第1期治療から第2期治療に向けての土台作りをきちんとすることで、あごの骨を削ったり、抜歯したりする特殊な治療をせずにすむからです。 また、土台づくりをしっかりとしておくことで、歯列矯正がしやすく、治療期間が短くなり、受診回数も減ることによって、治療費を抑えることができるという理由もあります。 早期から治療しておけば、費用負担だけでなく、身体の負担を減らすことにも繋がります。 痛い治療や大がかりな手術などが必要でなくなれば、治療にも不安なく踏みきれますね。 まとめ 子どもの矯正費用といっても、決して安いものではありません。 費用負担を減らすには、とにかく早期に歯医者さんに相談しておくことが重要になるでしょう。 矯正治療はほとんどの場合、自費治療になるため、各医院での設定金額の幅が大きくて規定しづらいところがあります。 どの歯医者さんも設定費用に対してのキチンとした説明を行なっていると思うので、ここに書かれていることはあくまで目安として、納得のいく説明を受けるようにしてください。 今の時点では大したことがなくても、成長過程で大がかりな治療が必要なほどに悪化するケースもあります。 早めに歯医者さんに相談することで、身体にもお財布にも負担の少ない矯正治療が受けられます。 ささいな事でも、早めに歯医者さんに相談することが大切なのです。

次の