抜きエース ポケモン 剣盾。 【ポケモン剣盾】ウォーグルの育成論と対策

【ポケモン剣盾】なみのりじゃくほエースバーンスタン@微改良型【ランクマ2桁安定構築】 │ 黒白ニュース

抜きエース ポケモン 剣盾

【知名度低めなのに鬼強いダイマックスエースが降臨!!】 ロトムは電気タイプでありながら特性:浮遊(じめんタイプの技を受けない)を持ち、耐性が優秀かつフォルムチェンジ技(オーバーヒート、ハイドロポンプ、リーフストーム)が強力なため常に環境にいる 厨ポケです。 そんなロトムですが 特性が腐っている上にフォルムチェンジ技も対して強くないとして登場から10年以上冷遇されてきたフォルムがあります、それが スピンロトムです。 そんな クソフォルムロトムに転機が訪れ、今作では余裕で3タテしてくれるほど強くなりました。 今回はそんなスピンロトムについての育成論を書いていきます。 今作からついに悪巧みを習得• ダイジェットが強すぎワロタ• 環境が追い風• サンダーもボルトロスもいない 1つずつ見ていきましょう。 1、悪巧みを習得 今までロトムは悪巧みを覚えなかったのですが、今作からは技レコードで悪巧みを覚えるようになりました。 イタズラ好きという公式設定まであってむしろ何故今まで覚えなかったんや… これにより ロトムの突破力が向上し、サイクル構築以外の有効な使い方ができるようになりました。 従来のロトムはせいぜい影分身()くらいしか積み技がなかったのでこれは大きな変化と言えるでしょう。 2、ダイジェットが強すぎワロタ こちらは説明するまでもないでしょう。 今作で追加されたダイマックス。 その飛行技のダイジェットが 自分の素早さを1段階上げるというとんでも技で 高火力で殴りながらSも上がるとかいうわけのわからん状態を引き起こせます。 トゲキッス君やギャラドス君を筆頭に Sを上げることで抜き性能を高めてぶん殴るポケモンが大流行しています。 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 …. 飛行技が使えるロトムのフォルムがあるらしいですね? 3、環境が追い風 前作に比べ鋼タイプが激減したため、 電気も飛行もとても通りが良くなりました。 更に目覚めるパワーの廃止によりランドロスやガブリアスを狙うめざ氷に巻き込まれることも無くなり、環境的にも追い風と言えます。 また、スピンロトムを使うにあたって天敵となるスカーフヒヒダルマがギルガルドやカビゴンの増加の影響で頭数を減らしているのも追い風です。 以上4つによりスピンロトムが日の目を見るかつてない機会が訪れています。 そんなスピンロトムの育成論がこちらになります。 スポンサーリンク スピンロトムの育成論 今私が使っているスピンロトムがこちらです。 例に漏れずこの子もメチャ強い。 10万ボルト• シャドーボール• 悪巧み• エアスラッシュ スピンロトムの持ち物と特性 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 持ち物は オボンの実にしています。 イアの実といった混乱実の採用も考えましたが発動条件がやや厳しいのと、オボンの回復量で困ったことがなかったのでオボンにしています。 割と好みの問題かもしれませんがバンバン発動するオボン推奨ですね。 スピンロトムの性格と努力値振りの調整 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 少しでも火力を高めるため、性格は ひかえめです。 これにより 不一致抜群程度なら受けきりつつ全抜きを狙うことができるようになりました。 相手にしたいポケモンに応じてBを削りつつカスタムしてください。 スポンサーリンク スピンロトムの技構成 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9• 技構成はほぼこれで確定ですが、どうしても何か別の技を入れたいのであれば シャドーボールを切りましょう。 とは言っても候補になりうるのは 悪の波動くらいですかね。 ( 悪の波動だとミミッキュが落とせないのでかなり微妙) スピンロトムのダメージ計算 10万ボルト ・H4ギャラドス 156. 9~136. 5~73. 6%(ダイホロウで超高乱数1発) ・H252チョッキヒートロトム 51. 8~135. 基本的に 悪巧みしないと火力がやや厳しいので注意。 スピンロトムの運用方法 運用方法は抜きエースとして 相手のパーティがある程度疲弊したところで投げるのが基本ですが、 電磁波壁貼りオーロンゲのようなカモにできるポケモンが先発に出てきそうであれば 先発で荒らしにいくのもアリです。 ただし、先発で出してダイマックスしたら後に引くことができないのでロトムでの突破が厳しそうな バンギや カビゴンには気をつけましょう。 最後の1体となったところから3タテ、ということもザラに起こるポケモンです。 耐性が意外と優秀で弱点が岩氷、半減が鋼虫草飛闘、無効が地と受けられる範囲もそこそこあるので できるだけ 悪巧みを積みましょう。 相性の良いポケモン ・ — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 ロトムが場を荒らしたあとの削りに使うと非常に優秀。 先発で出して蜻蛉で対面操作してもよし、終盤のお掃除に使ってもよしのポケモンです。 問題点としてはスピンロトムと組むと最近数が増えているカビゴンの突破が辛くなりがちなので、上手く馬鹿力を当てるかあと1体でカバーする必要があります。 あとも辛い。 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 物理受け鉄壁ボディプレス型のと組み合わせるとタイプは一貫するものの、 受けと攻めのバランスがとても使いやすいです。 スピンロトムの育成論のまとめ — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 今回の記事をまとめると• 今作のスピンロトムは強い• 耐久型抜きエースにすることで安定して 悪巧み ダイジェットできる• 火力やや不安なので積めるだけ 悪巧みを積もう• 悪巧み ダイジェットが 始まったら止まらない と、こんな感じです。 最後にスピンロトムの大きな強みをお伝えします。 それは マイナーなところです! 全然バレない、 悪巧みぽんぽん使えるし 挑発なんか一回も受けたことがない。 ワンパンできるやろとドヤ顔で不一致抜群を撃ってくるカモたちの目の前で余裕で 悪巧みからダイマックスするの楽しいですぅぅw 本気でポテンシャル高いポケモンなのでミトムやらヒトムの孵化余りでも使ってぜひ使ってみては? 今回はここまでです、ありがとうございました! Twitterの方でもポケモン剣盾に関する有益な情報を上げていますのでぜひフォローしてください。

次の

マスターボール級ランク1位による強いポケモンキャラランク【ポケモン剣盾】【ソードシールド】

抜きエース ポケモン 剣盾

エースバーンの欠点は 火炎ボール 飛び膝蹴り 跳び跳ねる 全部命中不安な技しかないこと 不意打ちは決まれば強いが、相手が攻撃しなければ失敗してそのターンを無駄にするから隙が出来る。 まあダイマックスさせれば良いんだけど、エースバーン以外にもダイマックス使いたいポケモンがいる場合はって考えるとかなり使うのが難しいポケモン何だよね。 後はエースバーンで怖いのは、エレキボール持ちが一番怖いね。 自信過剰ダイジェットギャラドスかなり使うが、エレキボール持ちのエースバーンだった時はもう事故だと思って諦めている。 物理1本ならまだ救い用はあるのかな?ってのが俺の感想。 もし今の時代にめざめるパワーがあれば、めざ氷が使われていたかもしれないね。 変幻自在のゲッコウガは俺はよくめざ炎を使っていたが、エースバーンならエレキボール使えるし、エースバーンの技構成って地面やドラゴンには弱いからめざ氷はまず候補に上がるだろうね。 ってかもしめざパがあれば、俺ならめざ氷にする。 まあ対戦バランスの関係上めざめるパワーが消されたが、エースバーンやゲッコウガの夢特性見たら消されたのも仕方がないって感じだ。 ドラパルトは使って思った感想は やはり600族にS142を与えてしまったことは失敗 ゼラオラと似た種族値だが、孵化600族に与えて良い種族値ではないし、禁止伝説じゃないと許されない種族値な為 例えばもしSの種族値今より50下げて 98 130 85 110 85 92とかにすればまだ良かった。 まあ合計種族値が600族だから、この配分にしても強いのには変わりはないが、明らかに今より採用率は減る。 後はタイプをギラティナと同じにしてしまったせいで、弱点も多いが耐性も多くて、攻撃面では特に優秀な組み合わせにしたこと しかもギラティナと違って、炎技が使えるのはやり過ぎだしそれも強すぎる原因 メタグロスと同じクリアボディも通常特性で与えちゃうし、そこもやり過ぎたよね。 ドラゴンアローもチート技だから、どうしても鋼ポケモンよりもフェアリーポケモンが必ず1体は欲しくなる。 鋼の翼持ちのドラパルトは事故だと思って諦めて、俺はこれからかちきプクリン使って終わらせようか悩んでいる。 ドラパルトのメイン技をどちらも無効に出来るから優秀なタイプだしね。 本当はポリゴン2も良いけど、俺はボッチプレイしてるからゲット出来ないので諦めた。 何時かピックアップレイドでポリゴン2来たら沢山ゲットして、ドラパルト対策に使いたいね。 ドラパルトが理不尽なのはS142だからじゃねぇの? 合計種族値500未満なら許せるけど、600族に与えてはいけない種族値何だよね。 仮にドラパルトの種族値が、アギルダーやマルマインみたいな低種族値なら、S142も理不尽だとは思わないね。 ってかインテレオンはAの種族値以外は全てムゲンダイナの劣化 インテレオン 70 85 65 125 65 120 530 ムゲンダイナ 140 85 95 145 95 130 690 そしてアーゴヨンの種族値はムゲンダイナの完全下位互換 アーゴヨン 73 73 73 127 73 121 540 ムゲンダイナが悪巧みとか10万ボルトや大地の力や特性がプレッシャーじゃなくて、ザシアンみたいな特性でいきなり場に出たらCが1段階上昇みたいな感じじゃなくて本当に良かった。 まあムゲンダイナはCS252D6も勿論強いが、H204S252B4D20残りC30のコスモパワー 自己再生 マジカルフレイム 毒々 黒いヘドロ持ちも強い。 シングルで使うならね。 ってか準速だと最速115族にすら抜かれるしそれがイヤなので こんなムゲンダイナもドラパルトのせいで弱く感じるのが辛いね。 ドラパルトのS142と竜の舞やバトンタッチや襷あるいは弱点保険やられたら、本当にムゲンダイナ側が負けるので コスモパワーも速く2回積めれば良いんだけど、中々難しいのとドラパルトはクリアボディ持ちだから能力下げる技 追加効果やら威嚇 が効かない。 そこが本当に厄介で難しい。 CSムゲンダイナは最近メガネやら珠も良いが、パワフルハーブと合わせてメテオビーム使うのも面白くてロマンがある。 ただし命中率90が痛いんだけど.

次の

【ポケモン剣盾】新世代でもギャラドスは強い!抜きエースギャラドスの育成論と対策【種族値と育成論】

抜きエース ポケモン 剣盾

こんにちは、ワジです。 今回紹介するのは、使用していて使い勝手の良かった「 オボンのみ持ちのHAベースいかくギャラドス 」になります。 紹介する型のコンセプト 現在ギャラドスは、ダイジェットをタイプ一致で使えるポケモンとして主に抜きエースでの運用が主流だと言えます。 特性「 じしんかじょう」を活かして相手を倒して攻撃力を上げるというコンセプトは、ダイジェットとの相性も良く、ダイマックスを用いたエースポケモンとして非常に人気が高いです。 使い勝手がいいという点も評価が高いですね。 しかし、ギャラドスは 持ち前の技威力の低さ(メインウェポンの「たきのぼり」など)から、抜きエースとして運用するためにはダイマックスを切ることが前提条件となることが多く、ダイマックスをギャラドスに扱えない場合に選出時の汎用性が大きく欠けてしまうという弱点があります。 そこで今回は、 特性「 いかく」を活かした サイクル戦も戦えるタイプのギャラドスを紹介したいと思います。 ・特性「いかく」 誰もが認める強特性で、 場に出すだけで相手の攻撃ランク(A)を1段階下げることが出来ます。 ギャラドスといえばまずはこれです。 ギャラドスは一見高耐久高火力のポケモンと思われがちですが、特防は高いものの、防御方面の耐久値は一概にも高いとは言えません。 (種族値H95B79は無振りFCロトムよりも少し高い程度) そこで、特性「いかく」を用いることにより、相手の攻撃を下げ、 防御方面の耐久を疑似的に上げることが出来ます。 これによって相手の物理・特殊技に対してもある程度の効力を持つことができ、サイクル戦に参加することが出来るようになります。 ・オボンのみ( ) ギャラドスは上記の通り、サイクル戦に参加できる性能を持っているのですが、自身で高速回復できる技(はねやすめ、じこさいせいなど)を持ち合わせていないため、サイクル戦を続けるとギャラドス側がジリ貧になってしまいます。 そこで、オボンのみを持つことによって HPを疑似的に上昇させてサイクル戦に参加できる回数を増やしています。 たべのこしではなくオボンのみである理由は、相手との撃ち合いに強くなれるからです。 このギャラドスは相手のダイマックスエースである「ギャラドス」や「トゲキッス」と後投げから撃ち合うことも想定しているため、瞬間的なHP回復の方が役に立つ場面が多いと考えているからです(オボンで相手の攻撃の確定数をずらせる)。 ・「りゅうのまい」と「ダイジェット」 ここまでサイクル戦においてのギャラドスについて説明してきましたが、もちろんダイジェットを駆使した抜きエース運用もできます。 それでは型の詳しい紹介に入ります。 なんと S1段階上昇後は最速ガブリアスと同速の調整です。 技構成 ・ たきのぼり ギャラドスのタイプ一致メインウェポン。 技威力が80と控え目ですが命中安定で怯みの追加効果も狙えるので扱いはしやすいと思います。 ・ とびはねる 基本的にはダイジェットを扱うために入っている技なので、素で打つことは少ないです。 ラスイチ対面では使ったりすることもありますが、命中85と不安定なので積極的に打つことはないでしょう。 もちろん必須。 ・ パワーウィップ ここは選択技ですが、サイクル戦になった時に対峙しやすいウォッシュロトム(ミトム)や、ラプラス、アシレーヌ、ヌオーなどをはじめ、この技を入れていると入れていないとでは見れる相手の範囲が大きく変わってきます。 優先度高め。 ・ りゅうのまい 特性「いかく」によって物理方面の相手も「りゅうのまい」の起点にすることが出来ます。 コンセプトとの相性も良く、「りゅうのまい」を使用する機会も多いので必須です。 選択技 ・ ちょうはつ 相手のカビゴンの「あくび」や「のろい」、カバルドンの「あくび」「ふきとばし」、ナットレイの「やどりきのタネ」「てっぺき」などを防いで起点にすることが出来ます。 ギャラドス対策を変化技で行っているポケモンも多いので、挑発から全抜きを狙える展開も多いです。 パワーウィップと選択。 その他にも、パッチラゴンやウオノラゴンに刺さる「げきりん」や、パッチラゴンなどのデンキに刺さる「じしん」などの技も候補には上がりますが、基本的には挙げたこれらの技から選択してあげるといいと思います。 「パワーウィップ」と「ちょうはつ」の枠はどちらも強力な4枠目となり得るので、構築と相談して決めるといいかと思います。 ダメージ計算 ・ たきのぼり B4振りドリュウズ:117. 8%~ (確定1発) H4振りトゲキッス:47. 2~56. 8~104. 4% (低乱数1発) ・ ダイストリーム(たきのぼりベース) H252ミミッキュ:87. 6%~ (化けの皮ダメージ込みで確定) HB特化カビゴン:41. 5~49. 4% (次の雨ダイストリームで確定) ・ ダイジェット(とびはねるベース) B4ドラパルト:90. 7~107. 3% (中乱数1発) H4トゲキッス:77. 0~91. 3% (ダイマ状態に対して確定3発) ・ ダイソウゲン(パワーウィップベース) B4ラプラス:99. 5~117. 0% (最低乱数以外1発) ・被ダメ(物理技はすべていかくによるA1段階下降込み) A252いのちのたま持ちギャラドスのダイジェット:59. 6~71. 7% A252いのちのたま持ちミミッキュのダイフェアリー:47. 6~57. 0% A252ドラパルトのダイホロウ:44. 5~53. 4% C252トゲキッスのダイジェット:54. 9~64. 9% (こちらもダイマックスで確定4発) C特化ラプラスのダイサンダー(かみなりベース):140. 3~165. 4%(こちらもダイマックスで確定耐え) C特化FCロトムの10まんボルト:152. 8~182. 1% (ダイマックスで確定耐え) C特化ドラパルトの10まんボルト:92. 1~108. 9% さすがにダイマックス技に後出しからは厳しいですが、対面でのダイマックスであれば抜群を突かれない限りかなり強気に撃ち合うことが出来ます。 この型のデメリット ここまでサイクル戦への適応力と、抜きエース運用も可能な器用さを取り上げてきました。 一見この型が非常に優秀なように見えますが、もちろん話はそう簡単ではありません。 器用なゆえに、 器用貧乏な点が少し見受けられてしまいます。 サイクル適正ではHBに寄せた方が優秀ですし、抜きエース運用であればASの自信過剰型に「いのちのたま」や「ラムのみ」などを持たせた方が優秀です。 これはしょうがないですね…。 そのため、このポケモンをフルに活かすためには、周りを相性のいいポケモンで固めてあげることがオススメです。 それに関してはこの後の項目にて記述していきたいと思います。 運用方法 基本的にはサイクル内で有利な相手に繰り出していきます。 刺さっていれば初手に投げても強いポケモンです。 サイクルを回しつつ相手のポケモンの型を見極めていき、ギャラドスが刺さっていると分かればダイマックスから全抜きを狙っていきましょう。 逆に、選出したがギャラドスでは全抜きを狙えないと判断した場合は少し雑に扱っても大丈夫です。 ただ、特性「いかく」はHPが1でも残っていれば発動できる強特性なので、クッションとして残しておくといったプレイングも時には重要になります。 相性のいいポケモン ナットレイ いわゆるギャラナットと言われる並びです。 ギャラドスが抜群を取られてしまう電気、岩技をナットレイで受け、ナットレイが苦手な炎格闘をギャラドスで受けます。 ナットレイの技「やどりきのタネ」によってギャラドスの繰り出し性能も上昇するため回復技を持ち合わせていないギャラドスとの縦関係は抜群です。 ヒートロトム(ヒトム) ギャラドスが苦手な電気技を受けることが出来る電気枠です。 このポケモンはトゲキッスのメイン技を軒並み半減にできるため、トゲキッスに強いという点が非常に評価が高いです。 相手のウォッシュロトムに一貫を取られてしまうので気を付けましょう。 それこそ上記のナットレイとの組み合わせも非常に強力です。 いわゆるヒトムナットと言われるサイクル構築ですね。 おわりに 今回はHAベースのオボンギャラドスを紹介させていただきました。 抜きエース運用だけでなくサイクル戦にも適応したこの型は使い方は若干難しいものの、非常に汎用性が高く強いと思っています。 Sをもう少し早くしたり、あるいはAを削ってもう少し耐久に回したりと色々と器用に調整もできると思いますので、構築によって数値をいじって採用を検討してみてください。

次の