線香 匂い。 人体に害はある?線香に含まれる成分について解説します!|終活ねっと

お線香の臭いの消し方!部屋や服や髪の毛についた匂いを取る方法とは?

線香 匂い

形状 [ ] 日本語では正式には「 綫香」と書く。 「綫」という文字は「細長い糸」という意味があり、線香の形状を定義づけている。 線香は、香の中でも練り合わせて固め棒状としたものであり、「のように細い」ものが線香と呼ばれうる。 細く長くさせたのは燃焼時間を伸ばし香りの発生を一定とするためでもあり、また燃焼が安定していることから扱い易い。 燃焼時間を延長させる意図で渦巻状の線香もあるが、これは香りを楽しむものと()のような実利的な燃焼時間延長のためのものが見られる。 用途 [ ] 仏事 [ ] やにとして燻らせたりする用法が一般的である。 仏教では香煙によって使用者や周囲の環境を浄化したり、などの意識を集中させる修行に使われる。 線香の供え方は立てるのが一般的だが 浄土真宗系では火をつけて寝かせる。 ただしお墓によってはこれに限らない。 また、仏教系のお供え(特に真言密教)では、線香を立てる数は3本である。 理由としては、身と口と心(身・口・意)の(身業・口業・意業)を浄化し、大日如来の(身密・口密・意密)に同化する。 また、ではの「三信条」に報いる為、3本立てて香煙の行き渡る功徳によって、相互礼拝に報いる。 芳香の利用 [ ] 花の香りや香水調などさまざまな香りを持つ新しい線香も増えており、部屋の臭い消しや芳香剤・としての使用法も増えている。 しかし、線香はあくまで雑貨品であり、効果・効能を謳うことはできない。 目的のとは異なる。 その他 [ ] 目視で測定をする時に、線香から立ち上る煙を利用することがある。 歴史 [ ] 線香の歴史は古く、古代が発祥である。 成分法、製法はや、に記され、香りを楽しむものと、目的で使用されるものがあった。 中国では16世紀末に書かれたの『』に線香の製造法の記載がある。 日本では『』や『』、『』などの文献から、には伝来していたと考えられる。 当時はの贈答用品として用いられた。 国産線香の起源については諸説あり、が1720年に著した『長崎夜話草』などによれば、五島一官という人物が中国のから製造法を伝え、1667年頃に長崎で造り始めたとされる。 で線香の形状が発明され、一般に用いられるようになったのは後半から初期のことである。 また、江戸時代では時計の代わりとしても使用され、では線香が1本燃え尽きるまでの時間(40分)を「一炷(いっちゅう)」と呼び、を行う時間の単位としたほか、では1回の遊びの時間をやはり線香の燃え尽きる時間を基準として計ったが、中には線香を途中で折って時間を短縮させる遊女もいた。 種類 [ ] 材料による分類 [ ] 線香は基材と呼ばれるの種類から「匂い線香」と「杉線香」に大別される。 一般に高級品となるほど基材に対して香料の比率が高まる。 匂い線香 [ ] 匂い線香は、椨()の木の樹皮を粉末にしたものに、(びゃくだん)や(きゃら)といったの粉末や他の香料、炭の粉末、その他の材料を加えて練り、線状に成型・乾燥させたもの。 杉線香 [ ] 杉線香は、3ヶ月ほど乾燥させたの葉をやを用いて粉末にしたものに湯とノリを加えて練り、線状に成型・乾燥させたもので、のときなどに特に用いられる。 一般的な香木や香料を使用した線香と違い香りには劣るが安価に製造でき、ヤニにより大量の煙を出すため外での墓参や宗教的な慣例として煙を受けたい場合に向く。 太く長い棒状によったものを巻き付けて作り、渦巻き状に打ち抜く蚊取り線香とは成形方法が異なる。 日本では、の一環(など)に香を絶やさないためとして、この渦巻き線香が利用される場合もある。 元々は通夜に際して親族や関係者が交代で夜通し香を捧げる弔問の客などに応対したことに由来する。 しかし、以降の日本では夜通し弔問を受ける風習が都市部だけでなく地方においても廃れたため、灯明()と線香を絶やさないようにすることだと業者が説明することもあり、関係者就寝中にも焚き続けるために利用される。 一巻が約8時間から12時間ほど掛けてゆっくりと燃焼する。 ただし、現代住宅の場合は家屋の密閉性が高いため、をしないと線香でいぶされることもある。 平御香 [ ] で使用される線香。 「ひらうこう」と読む。 黒色で6本が1平になっており、簡単に分割できるようになっている。 沖縄では用途によって使用する本数が細かく定められているため、目的に応じて割って使用する。 竹ひご線香 [ ] 寺で売られている線香 束にしてある線香で、多くは紙に巻かれる。 用の線香で戸外で使うため野線香とも呼ばれる。 点火に際しては束を解いて扇状に広げてなどの火であぶる。 点火して後に親族間で束を分け、それぞれが焼香台に添える場合もある。 なお近代化された住宅内で使用される線香では冷暖房の効率を挙げる上で建物の気密性が高いため、香りが穏やかで煙の少ないものが主流だが、この種の戸外で使うものでは煙と香りが強い製品が主流である。 製造 [ ] 一般的な製法 [ ] 以下、棒状の「匂い線香」を例にとって製法を解説する。 などの木を粉末にしたものに、の粉末や香料を加えて均一になるまで撹拌し、更に湯を加えて練る。 出来上がった粘土状のもの(練り玉)を専用の押し出し器で押し出し、一定の太さの棒状に成型する。 木の板(盆板)にとり、乾燥用の板(干し板)に移し変える。 干し板上にきっちり並べた線香を、規定の長さに切り揃える。 一週間から十日間乾燥させた後、箱詰め包装される。 材料 [ ] 線香によく使われる材料には下記がある。 著名な線香メーカー [ ]• (この社の製品は消臭やヒーリング専用。 仏事には使わない)• HEM(インドの香) 日本の産地 [ ]• () - 年間(1573—1592年) に、堺の薬種商人が渡韓し線香を発見。 日本独自の押し出し機を使った製法を導入し、堺で製造したのが日本最古の線香とされている。 (旧、) - 嘉永3年(1850年)に堺の職人が製造方法を教え製造が始まる。 () - が全国にされる前から続くに代表される杉のであり、杉線香の生産量は日本一である• - 文化的背景に裏付けられた商品力により、生産量対生産額比では日本一の高付加価値製品産地である。 日本の生産と輸出入 [ ] 平成18年の全国生産量・額は7315トン、313億円である。 (工業統計表・品目編)生産量で平成7年に1万0859トン、生産額では9年の351億円をピークとして、その後は減少傾向である。 大手メーカーはすでに生産拠点を海外に移しているところもあり、それらを含め、、、、、、、等海外からの輸入量はすでに国内生産量の半分に達しているとみられている。 高級品に関しては今のところ海外製は品質が劣るため影響は少なく、市場では中級品、高級品は国内品、普及品は輸入品と、住み分けが進んでいる。 輸出は、量は少ないものの、、、、などへとされている。 特には「」がブームとなっており、需要が増加している。 危険性 [ ] 火災 [ ] 線香は火を用いるため火災の原因となり、消防庁が注意喚起を行っている。 安全な線香の代替として、線香に模した緑色の棒状のプラスチックの先端に赤色の電気の明かりがともるようにした電気線香も販売されている。 大気汚染 [ ] 線香の煙は健康に有害である。 やなどを含み、また線香の燃焼は不完全燃焼であるため、PM2. 5などが多量に含まれている。 台湾においては寺院で使用される線香が原因でPM2. 5が激増し、世界保健機関(WHO)の基準値の60倍に達するなど大きな問題となっている。 そのため、一部の寺社では線香を焚かずに手を合わせるだけにする、香炉の数を削減するなどして大気汚染の緩和が進められている。 脚注 [ ] []• 37-38. , pp. 43-54. , pp. 130-131. 山田憲太郎『香料』法政大学出版局、1978年、137頁• 39-43. , pp. 71-72. 堺薫物線香商組合(現在の)『堺の薫物線香』明治35年 1902• WEBニッポン消費者新聞. 2019年7月1日閲覧。 www. afpbb. com. 2019年7月1日閲覧。 www. afpbb. com. 2019年7月1日閲覧。 エキサイトニュース. 2019年7月1日閲覧。 参考文献 [ ]• 鳥毛逸平『お線香の考現学:暮らしに根付くお線香の香り』フレグランスジャーナル社〈香り選書〉、2013年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 線香に関連する および があります。

次の

お線香の匂いがする時は何かのメッセージなの? | 正しい霊的知識を学ぶブログ

線香 匂い

形状 [ ] 日本語では正式には「 綫香」と書く。 「綫」という文字は「細長い糸」という意味があり、線香の形状を定義づけている。 線香は、香の中でも練り合わせて固め棒状としたものであり、「のように細い」ものが線香と呼ばれうる。 細く長くさせたのは燃焼時間を伸ばし香りの発生を一定とするためでもあり、また燃焼が安定していることから扱い易い。 燃焼時間を延長させる意図で渦巻状の線香もあるが、これは香りを楽しむものと()のような実利的な燃焼時間延長のためのものが見られる。 用途 [ ] 仏事 [ ] やにとして燻らせたりする用法が一般的である。 仏教では香煙によって使用者や周囲の環境を浄化したり、などの意識を集中させる修行に使われる。 線香の供え方は立てるのが一般的だが 浄土真宗系では火をつけて寝かせる。 ただしお墓によってはこれに限らない。 また、仏教系のお供え(特に真言密教)では、線香を立てる数は3本である。 理由としては、身と口と心(身・口・意)の(身業・口業・意業)を浄化し、大日如来の(身密・口密・意密)に同化する。 また、ではの「三信条」に報いる為、3本立てて香煙の行き渡る功徳によって、相互礼拝に報いる。 芳香の利用 [ ] 花の香りや香水調などさまざまな香りを持つ新しい線香も増えており、部屋の臭い消しや芳香剤・としての使用法も増えている。 しかし、線香はあくまで雑貨品であり、効果・効能を謳うことはできない。 目的のとは異なる。 その他 [ ] 目視で測定をする時に、線香から立ち上る煙を利用することがある。 歴史 [ ] 線香の歴史は古く、古代が発祥である。 成分法、製法はや、に記され、香りを楽しむものと、目的で使用されるものがあった。 中国では16世紀末に書かれたの『』に線香の製造法の記載がある。 日本では『』や『』、『』などの文献から、には伝来していたと考えられる。 当時はの贈答用品として用いられた。 国産線香の起源については諸説あり、が1720年に著した『長崎夜話草』などによれば、五島一官という人物が中国のから製造法を伝え、1667年頃に長崎で造り始めたとされる。 で線香の形状が発明され、一般に用いられるようになったのは後半から初期のことである。 また、江戸時代では時計の代わりとしても使用され、では線香が1本燃え尽きるまでの時間(40分)を「一炷(いっちゅう)」と呼び、を行う時間の単位としたほか、では1回の遊びの時間をやはり線香の燃え尽きる時間を基準として計ったが、中には線香を途中で折って時間を短縮させる遊女もいた。 種類 [ ] 材料による分類 [ ] 線香は基材と呼ばれるの種類から「匂い線香」と「杉線香」に大別される。 一般に高級品となるほど基材に対して香料の比率が高まる。 匂い線香 [ ] 匂い線香は、椨()の木の樹皮を粉末にしたものに、(びゃくだん)や(きゃら)といったの粉末や他の香料、炭の粉末、その他の材料を加えて練り、線状に成型・乾燥させたもの。 杉線香 [ ] 杉線香は、3ヶ月ほど乾燥させたの葉をやを用いて粉末にしたものに湯とノリを加えて練り、線状に成型・乾燥させたもので、のときなどに特に用いられる。 一般的な香木や香料を使用した線香と違い香りには劣るが安価に製造でき、ヤニにより大量の煙を出すため外での墓参や宗教的な慣例として煙を受けたい場合に向く。 太く長い棒状によったものを巻き付けて作り、渦巻き状に打ち抜く蚊取り線香とは成形方法が異なる。 日本では、の一環(など)に香を絶やさないためとして、この渦巻き線香が利用される場合もある。 元々は通夜に際して親族や関係者が交代で夜通し香を捧げる弔問の客などに応対したことに由来する。 しかし、以降の日本では夜通し弔問を受ける風習が都市部だけでなく地方においても廃れたため、灯明()と線香を絶やさないようにすることだと業者が説明することもあり、関係者就寝中にも焚き続けるために利用される。 一巻が約8時間から12時間ほど掛けてゆっくりと燃焼する。 ただし、現代住宅の場合は家屋の密閉性が高いため、をしないと線香でいぶされることもある。 平御香 [ ] で使用される線香。 「ひらうこう」と読む。 黒色で6本が1平になっており、簡単に分割できるようになっている。 沖縄では用途によって使用する本数が細かく定められているため、目的に応じて割って使用する。 竹ひご線香 [ ] 寺で売られている線香 束にしてある線香で、多くは紙に巻かれる。 用の線香で戸外で使うため野線香とも呼ばれる。 点火に際しては束を解いて扇状に広げてなどの火であぶる。 点火して後に親族間で束を分け、それぞれが焼香台に添える場合もある。 なお近代化された住宅内で使用される線香では冷暖房の効率を挙げる上で建物の気密性が高いため、香りが穏やかで煙の少ないものが主流だが、この種の戸外で使うものでは煙と香りが強い製品が主流である。 製造 [ ] 一般的な製法 [ ] 以下、棒状の「匂い線香」を例にとって製法を解説する。 などの木を粉末にしたものに、の粉末や香料を加えて均一になるまで撹拌し、更に湯を加えて練る。 出来上がった粘土状のもの(練り玉)を専用の押し出し器で押し出し、一定の太さの棒状に成型する。 木の板(盆板)にとり、乾燥用の板(干し板)に移し変える。 干し板上にきっちり並べた線香を、規定の長さに切り揃える。 一週間から十日間乾燥させた後、箱詰め包装される。 材料 [ ] 線香によく使われる材料には下記がある。 著名な線香メーカー [ ]• (この社の製品は消臭やヒーリング専用。 仏事には使わない)• HEM(インドの香) 日本の産地 [ ]• () - 年間(1573—1592年) に、堺の薬種商人が渡韓し線香を発見。 日本独自の押し出し機を使った製法を導入し、堺で製造したのが日本最古の線香とされている。 (旧、) - 嘉永3年(1850年)に堺の職人が製造方法を教え製造が始まる。 () - が全国にされる前から続くに代表される杉のであり、杉線香の生産量は日本一である• - 文化的背景に裏付けられた商品力により、生産量対生産額比では日本一の高付加価値製品産地である。 日本の生産と輸出入 [ ] 平成18年の全国生産量・額は7315トン、313億円である。 (工業統計表・品目編)生産量で平成7年に1万0859トン、生産額では9年の351億円をピークとして、その後は減少傾向である。 大手メーカーはすでに生産拠点を海外に移しているところもあり、それらを含め、、、、、、、等海外からの輸入量はすでに国内生産量の半分に達しているとみられている。 高級品に関しては今のところ海外製は品質が劣るため影響は少なく、市場では中級品、高級品は国内品、普及品は輸入品と、住み分けが進んでいる。 輸出は、量は少ないものの、、、、などへとされている。 特には「」がブームとなっており、需要が増加している。 危険性 [ ] 火災 [ ] 線香は火を用いるため火災の原因となり、消防庁が注意喚起を行っている。 安全な線香の代替として、線香に模した緑色の棒状のプラスチックの先端に赤色の電気の明かりがともるようにした電気線香も販売されている。 大気汚染 [ ] 線香の煙は健康に有害である。 やなどを含み、また線香の燃焼は不完全燃焼であるため、PM2. 5などが多量に含まれている。 台湾においては寺院で使用される線香が原因でPM2. 5が激増し、世界保健機関(WHO)の基準値の60倍に達するなど大きな問題となっている。 そのため、一部の寺社では線香を焚かずに手を合わせるだけにする、香炉の数を削減するなどして大気汚染の緩和が進められている。 脚注 [ ] []• 37-38. , pp. 43-54. , pp. 130-131. 山田憲太郎『香料』法政大学出版局、1978年、137頁• 39-43. , pp. 71-72. 堺薫物線香商組合(現在の)『堺の薫物線香』明治35年 1902• WEBニッポン消費者新聞. 2019年7月1日閲覧。 www. afpbb. com. 2019年7月1日閲覧。 www. afpbb. com. 2019年7月1日閲覧。 エキサイトニュース. 2019年7月1日閲覧。 参考文献 [ ]• 鳥毛逸平『お線香の考現学:暮らしに根付くお線香の香り』フレグランスジャーナル社〈香り選書〉、2013年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 線香に関連する および があります。

次の

線香の匂いが突然って何?霊感のある人に聞いたいろいろある怖い話!

線香 匂い

スポンサーリンク 線香の臭いの消し方 家具の匂いがなかなか取れない場合 家具に染みついた線香の臭いって、ちょっと拭き掃除をしただけでは、 全然なかなか落ちないですよね…。 そんな時はぜひ、重曹を使って臭いを消していきましょう。 まずスプレーボトルに水200mlと重曹を小さじ2杯入れ、 よく振って重曹水を作ってください。 そして、線香の臭いがする家具に吹きかけ、 雑巾や不要になったタオルで家具全体を拭いていってください。 すると家具の表面に付着した汚れも取れるし、 染みついてしまった臭いも除去することが出来るんですよ! もしくは、適量の重曹をぬるま湯に溶かし、 そこに雑巾を浸して硬く絞り、臭いのついたタンスを拭いていきましょう。 あまり水を吹きかけるのが心配な家具には、 この方法をするのが筆者のおすすめです。 重曹を使えば、すっごく簡単な方法なのでぜひ試してみてくださいね。 また、引き出しの中など家具の内側にも線香の臭いがついているなら、 お茶パックなど不織布のパックに重曹を適量詰めたものを用意し、 引き出しの中に入れておいてください。 そのまま数時間置いておけば、重曹が臭いを吸い込むので、 線香クサさが消えていきますよ! もちろん線香だけでなく、防虫剤の臭いが染み込んでいる場合でもOK! 重曹って本当に色んなことに使えるんですね。 我が家でも重曹は掃除や臭い消しに大活躍なので、 ぜひご家庭でも重曹を活用していくといいですよ! 線香の匂いが部屋に移ってしまうのを防ぐ 線香の臭いが染みついた家具を置いておくと、 部屋にまで臭いが移ってしまいそうですよね。 そんな時は換気をするのが一番! 家具に染みついた線香の臭いを重曹で消す間、 部屋はしっかりと換気しておくようにしましょう。 心配な時は、部屋にも重曹を置いておくと良いですね。 使っていないタッパーや不要なプラスチック容器に重曹をたっぷり入れ、 蓋をしない状態で線香クサい家具の近くにでも置いておきましょう。 先ほども説明した通り、重曹は消臭剤としての役割があるので、 部屋の臭いをしっかり吸収してくれます。 うっかり部屋の換気を忘れてしまい、 線香クサくなってしまったとしても、 重曹を部屋に置いておけば臭い消しになるので安心ですよ。 スポンサーリンク 線香に匂い消しスプレーは有効? 線香の臭いを消すのには消臭スプレーも有効ですよ! カーテンやソファー、クッション、衣類など、 布製品に線香の臭いが染みついてしまっているのなら、 ファブリーズやリセッシュなどの消臭スプレーも臭い消しに使えます。 筆者も葬儀や法事に行った時、 コートに染みついた線香の臭いを消臭スプレーで消しましたよ。 ただし、家具に消臭スプレーを使うのはなるべくやめた方が良いですね。 消臭スプレーって基本的には布製品用なので、 布製ではない家具には効果を発揮しません。 それに、家具の素材によっては、消臭スプレーの成分で、 シミや変色が起きてしまうかもしれないので、 くれぐれも家具にリセッシュやファブリーズを使わないようにしましょう。 布製ではない家具はやっぱり、 重曹などで臭いを消した方が良いんですね。 でも消臭スプレーは、空間の臭い消しにも使える商品もあるので、 室内にしみついた臭いを消したい場合にも使えますよ! ということで、線香の臭い消しには重曹と消臭スプレーが有効なんですね。 正しい使い方をすれば、こびりついた臭いも取れるので、 線香の臭いでお困りでしたらぜひお試しを。 まとめ 家具に染みついた線香の臭いを消すには重曹がおすすめ! 重曹スプレーを使うか、重曹を溶かしたぬるま湯で水拭きしましょう。 また、部屋の消臭にも重曹が使えるのでおすすめですよ。 市販の消臭スプレーも空間や布製品の臭い消しに使えますが、 布製ではない家具には使えないのでご注意を。

次の