死役所 1話 ネタバレ。 死役所16巻のネタバレと感想! 最新刊はシラ神の過去編と彼女が犯してしまった罪とは…?

『死役所』1話のネタバレ感想!期待以上の実写再現度で面白い!リアルな仏さまに感激?

死役所 1話 ネタバレ

当記事の目次一覧• 【死役所:75話】最新話ネタバレ 静佳は徹也を探しに森の中へと入ってきていました。 徹也は無事だったのですが、足をくじいたのか、それとも骨折したのか竹を支えに歩いてきていました。 徹也の支えとなりつつ下山していく静佳は考えていました。 なぜなら、自分の父親が刑務所にいるのではないかという疑念は、空振りに終わっていたからです。 ならば、なぜ自分は実祖母からいろいろと言われるのか。 さらに疲れていることもあり、徹也以外のみんなが消え去ってしまえばいいのに・・・。 精神的に追い詰められていく静佳 実祖母から自分が人の命を奪った人間であると言われ続ける日々を過ごしていくうちに、静佳の精神はどんどん追い詰められていってしまいました。 徹也からも顔色が優れないことを心配されており、寄り添ってくれました。 そして、ある日。 実祖母の前で静佳は何かに恐れるように頭を抱え、突如錯乱した姿を晒してしまいました。 その時、実祖母は何か思い当たる節があったようです。 静佳の過去 静佳は過去に父親を真冬の池に突き落とし、間接的に死へと追いやってしまっていたんです。 だから、実祖母からずっと、ずっと、ずーっと人を手に掛けた悪魔の子と言われ続けていた。 静佳は実祖母から別れさせるという言葉を聞かされ、精神的に追い詰められていたこともあり、錯乱してしまいます。 そして、近くにあった包丁を手に取りました。 次は家の中に入ってきた実母に振りかざします。 静佳に下った判決 精神的におかしい状況に追い込まれていたとはいえ、静佳は2人の命を奪っている。 情状酌量の余地は一切ない。 あるのは下った刑を執行することだけであり、こうして静佳は死役所で働くシラ神という人物ができあがるのでした。 シラ神はイシ間からの話しを思い出す シラ神はイシ間から人生史を覗いた話をされたことを思い出します。 シラ神には、イシ間のような勇気を振り絞ることはできません。 でも、知りたいか、知りたくないかで言えば、自分の罪を知りたいとは考えていました。 また、同時にハヤシが人生史について、シラ神に見てほしいと頼んできた時を思い出します。 ですが、やっぱりハヤシは覗く前に止めたんです。 なぜ止めたのか。 それを頭の中で考えつつ、シラ神はみんなにも事情があると納得し、今日も業務を淡々とこなしていくのでした。 最新刊の続きや最新話の画バレを無料で読む方法 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊コミックバンチ最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 シラ神の過去が語られました。 なるほど、なるほどなぁ・・・。 実祖母がシラ神を豹変させる引き金を引いてしまった。 でも内面に「殺意」を秘めていたという点だとシラ神が悪いのかなぁ。 すっごく難しい。 ただ、徹也を不幸に叩き落としたという点から見たら、シラ神のほうが悪いですよね。 大切にしていた家族を奪ったのはシラ神ですから。 結果的には自分の大切な人と、他人の大切な人を手に掛けてるから、内面的には相当危ない人なんでしょう。

次の

【死役所:69話】最新話のネタバレ|警察に追い詰められるシ村|漫画サイコー!

死役所 1話 ネタバレ

あずみきし先生の「死役所6巻(25~29話)」をご紹介します。 市役所勤務の広本という新人社員は、先輩とホームレス指導に向かいます。 ホームレスを救うためにやる気満々の広本。 しかし、「指導しています」いう方向にさえなればいいと考える先輩と社会復帰する気や役所の人間を嫌うホームレスたちの態度にいささか不満ぎみです。 そんな彼女の前に現れたのが、他のホームレスと違い低姿勢な彫刻さんと呼ばれるおじさんホームレス。 「ひょほほ」と独特な笑い声をあげる彫刻さんは、お地蔵さんを趣味として作っていました。 それをなんとか仕事に結びつけてあげたいと思う広本でしたが、彫刻さんは嵐の日に濁流に呑み込まれてしまい… 死役所6巻(25~29話)の結末(注:ネタバレあり) 27話手羽先 美人で会社で上司からのセクハラに悩むサヨ。 彼女の親友は、サヨとは正反対の地味なチカイでした。 しかし、サヨは見た目よりも、ズバズバ好きなことをはっきりと発言するチカイに尊敬の念を抱いていたのです。 そんなチカイといつもお昼を食べていたサヨ、チカイはなぜかいつも手羽先を食べていました。 しかし、そのことよりも最近チカイが自分を見る目がトモダチに向ける目とは違う気がして… 28話愛する人 西川さんに殺された男の奥さまが死役所にやってきました。 奥さんの手には多数の痛々しいリストカットの跡…、彼女は自殺してやってきたのかとおもわれましたが…。 死役所6巻(25~29話)の感想(注:ネタバレあり) 6巻では25話の彫刻さんの話が心温まる話でしたね。 情熱に燃える広本さんはホームレスからしたらうっとうしくも思えるかもしれませんが、いい子だなーって思いました。 もっと経験をつんで、彫刻さんみたいにできることがあると思います。 彫刻さん作の圧巻の地蔵たち、まるで歴史上で認められなかった芸術家のようでした。 逆に27話はなかなか気分が悪くなる話でしたね、こわいです。 でも似たような事件って現実にあったような気もします。 タイトルの手羽先がまた怖いってゆうか。 サヨの勘違いも甚だしいというか痛々しいというか…。 そして28話では西川さんの話、彼女の場合は、反省の色もなく、まだまだこの課にいる予定でしょうね。 市村さんの嫌味がいいかんじでしたw.

次の

【死役所7話ネタバレ感想】号泣のイシ間回。感動のラストでイシ間の全てが救われる

死役所 1話 ネタバレ

いつも優しい表情で、心優しいおじちゃん!っという印象です^^ 死役所では咲かないはずのお花に水をあげたり、赤ちゃんなど小さな子が亡くなった時は涙を流すなど、人情に厚く涙もろい人。 またずっと死役所に居続けるミチルに対しても優しく接していますよね! こんな良い人が誰かの命を奪うなんて信じられません! 犯罪とは無縁がイメージですよねー。 死役所3話では坂浦眞澄が12年前に父親の命を奪った相手に自分の命も奪われてしまったという悲惨な物語。 この事件に対してイシ間は坂浦眞澄が犯人の命を奪うのなら「恨み」という理由があり納得できる。 ですが犯人側が息子の命を奪う理由が分からないと話をした時、シ村からこのような言葉をかけられていました。 イシ間さんは道理の通った犯罪を行っているから、このような犯罪者の気持ちは理解出来ないと。 道理の通った犯罪とは? イシ間はいったいどんな理由で人の命を奪ったのでしょうか? 死役所原作からイシ間の過去を見ていきましょう! 楽天で購入 イシ間は生前妻に先立たれ男一人で生きていました。 ですが姪の両親が亡くなったことがきっかけで、ミチと一緒に住むことになるのです。 ミチの事を自分の娘のように可愛がるイシ間。 イシ間の生活はミチという一人の少女のおかげで華やかになり、生き生きと毎日を過ごしています。 そんなある日2人の畑に少年2人が泥棒に入るのです。 イシ間が生きていた時代、どの家庭も貧困に苦しんでいます。 イシ間とミチは少年2人を咎めることはせず、食べ物を渡したのです。 そしてある日イシ間がいつも通り自宅へ帰るとミチの姿がありません。 イシ間は嫌な予感がして家の周囲を探し回ります。 すると茂みからミチの声が・・・。 ミチは少年2人に襲われていたのです。 イシ間はミチを助け出し自宅へ帰るように言います。 そしてミチがいなくなった後、少年2人を追いかけて2人の命を奪い山へ埋めます。 ミチには内緒にしていましたが、日々怖がるミチにもう2人はこの世にいないということを伝えます。 ミチが前を向いて歩くようになり後に結婚します。 【死役所7話ネタバレ予想】SNSでのイシ間への反応をチェック イシ間に対して世間はどのように感じているのかを見ていきましょう! イシ間さん😭😭😭 個人的にイシ間さん好き。 ミチル!!! 急性アルコール中毒!? 無理やり飲まされたわけでもないからそりゃ他殺にはならないわ。 いや、正義に対する人身御供と言った方が良いかも知れない。 あの行動があったから姪っ子は救われたのだから。 動機はある、そしてミチは救われたのかもしれない。 イシ間は死役所に来て、自分が命を奪った少年2人の過去を読んでいます。 そして少年2人の壮絶な生い立ちも知り、なんとも言えない気持ちになります。 けれど自分はミチを守りたかった。 イシ間の過去も今後ドラマで描かれていくでしょう。 死役所を見逃した人はParavi(パラビ)で1話から配信されています。 Paravi(パラビ)では死役所以外にも様々なドラマが配信されています・.

次の