イチジク 一日何個まで。 ドライいちじくは食べ過ぎ注意!一日何個?適切な摂取量を解説!|食べ物info

女性の皆さん、一日でどれくらい食べますか?

イチジク 一日何個まで

栽培環境・日当たり・置き場 日光を好むので、庭植えの植えつけ場所、鉢植えの置き場とも日当たり良好な場所を選びましょう。 寒冷地では、鉢植えは冬は無暖房の室内などに取り込んで冬越しさせます。 水やり 鉢土の表面が白く乾いたら、鉢底の穴から少し流れ出るくらいたっぷり与えます。 庭植えの場合は、品種や土質にもよりますが、夏にひどい日照りが続くような場合は水やりが必要です。 肥料 庭植え、鉢植えとも11月から1月に元肥を、6月、8月、9月に追肥を施します。 家庭で出る草や生ゴミなどを有効に利用しましょう。 鉢植えでは、元肥には有機固形肥料を、追肥には緩効性化成肥料を施します。 病気と害虫 病気:疫病、さび病など 疫病は、主に成熟期に近い果実を侵します。 被害を受けた果実は、かびで腐敗したり、ミイラ状になったりします。 さび病は、葉の表面に淡褐色の小斑点ができ、その葉裏は黄褐色の粉状になります。 葉はやがて枯れ、落葉します。 害虫:カミキリムシ、センチュウなど カミキリムシは、幼虫が枝や幹に食い入って、枝または木全体を枯らします。 大型のクワカミキリと小型のキボシカミキリが主で、特に後者はどこでも食い荒らし厄介です。 4月以降に食い入った穴から出るふんを頼りに幼虫を捕殺するか、6月ごろから現れる成虫を捕殺します。 家庭でイチジクを栽培するときは、カミキリムシさえ防除していれば、ほかの病害虫には目をつぶっても大丈夫です。 用土(鉢植え) 水はけ、水もちのよいことが大切で、この条件さえ満たせば、土はあまり選びません。 一般的な市販の用土を混合して用いる場合は、赤玉土小粒7~8、腐葉土3~2の配合土を用います。 植えつけ、 植え替え 鉢植えの植え替え適期は11月から3月です。 根詰まりを防ぎ、通気をよくするのが目的で、鉢の大きさ、生育具合にもよりますが、通常2~3年に1回は必要です。 ふやし方 さし木:前年伸びた枝を2~3節に切って行います。 適期は3月から4月。 つぎ木:樹勢の弱い品種で行う場合があります。 適期は3月から4月。 主な作業 剪定:適期は12月から2月です。 秋果はその年の春から伸びた枝に着果するので、前年枝をどこで切り詰めても問題はありません。 しかし、夏果は前年枝に着果し、しかも比較的枝先につくため、枝を切り詰めると着果しません。 着果させたい枝は切り詰めないことが大切で、特に夏果専用品種の剪定には注意します。 家庭では、誘引や間引きを中心に行い、農家のような極端な切り詰めはしないほうがよいでしょう。 摘心、芽かき:5月中旬以降、伸び続ける新梢は、開心自然形の成木では40~50cmで(一文字仕立てなら1. 5m程度で)摘心します。 また、二度伸びする場合は、芽かきをします。 特徴 イチジクは育てやすく家庭向きの果樹ですが、耐寒性がやや弱く、関東地方北部以北では庭植えでの栽培は難しいようです。 また、カミキリムシの被害が多く、ただ植えておくだけでは枯れることが多いので、防除が必要です。 収穫が始まると、毎日少...

次の

ドライいちじくは1日何個まで?食べ過ぎると太るの?

イチジク 一日何個まで

ドライいちじく1粒のカロリーは? ドライいちじく100gのカロリーは292Kcal です。 乾燥したものは、大きさも色々ですが、外国産の白いドライいちじくは15g位です。 カロリーは、 1粒15gだと約44kcalです。 ドライいちじくは、デーツより甘さは控えめですので、カロリーも低いかなと思いますが、デーツよりカロリーは高いです。 生のいちじくは100gで約49Kcalです。 1粒は約50gなので、生のいちじくのカロリーは約25Kcalです。 ドライの方がカロリーが高いのが分かります。 カロリーはドライいちじくの方が高いですが、ドライいちじくには生のいちじくよりも栄養が豊富に含まれているものが、たくさんあります。 どんな栄養が豊富なのか見ていきましょう。 ドライいちじくに豊富に含まれる栄養 いちじくは 「天然の 美容食」と呼ばれるほど栄養が豊富です。 どんな栄養が含まれているのか?生のいちじくとの違いを比べてみましょう。 ドライいちじくにはどんな栄養が含まれている? ドライいちじくに多く含まれている栄養素にはこのようなモノがあります。 ナトリウム• カリウム• カルシウム• マグネシウム• 銅 成分表示には出ていませんが、 エストロゲン、ポリフェノール、フィシンなども含まれています。 生のいちじくとドライいちじくの栄養価の違い ドバイいちじくは、栄養素を凝縮しており、生で食べるよりも栄養価が高いです。 生のいちじくより、2倍以上の栄養があるものがほとんどです。 成分名 いちじく(乾) いちじく(生) 単位 100gで何個分?(何粒分?) 6. 67 2 個 エネルギー(100g当たりのカロリー) 291 54 Kcal たんぱく質 3. 0 0. 6 g 脂質 1. 1 0. 1 g 炭水化物 75. 3 14. 3 g ナトリウム 93 2 mg カリウム 840 170 mg カルシウム 190 26 mg マグネシウム 67 14 mg リン 75 16 mg 鉄 1. 7 0. 3 mg 亜鉛 0. 6 0. 2 mg 銅 0. 31 0. 06 mg マンガン 0. 48 0. 1 0. 03 mg ビタミンB2 0. 06 0. 06 mg ビタミンC 0 2 mg ナイアシン 1. 2 0. 4 0. 7 g 食物繊維(不溶性) 7. 3 1. 2 g 食物繊維総量 10. 7 1. 9 g ビタミンCと葉酸以外は、生のいちじくよりもドライいちじくの方が栄養価が高いのです。 ドライいちじくの効能 便秘改善を強力サポート 水溶性と不溶性の両方の食物繊維を持っています。 腸内の有害な物質などを吸着し一緒に排出させる効果があります。 食物繊維がとっても豊富!どんな便秘にもきくと言うことです。 二日酔い予防や消化の促進 ドライいちじくに含まれているフィシンは、生のいちじくを切ると出てくる白い汁のようなモノです。 このフィシンという成分は、食べたものの消化を促進させてくれる効果があります。 二日酔いの予防にもなるので、飲み過ぎそうな飲み会の前などに食べるのもいいです! 女性に嬉しい!ホルモンのバランスを整える いちじくのつぶつぶには女性ホルモンと同じ働きをする「エストロゲン」がふくまれています。 エストロゲンは女性ホルモンのバランスを整えたり、PMS(月経前症候群)や生理痛を軽くしたり、更年期障害の症状を和らげる効果もあります。 欧米では不妊に効くとも言われています。 美肌を作る 「エストロゲン」は、コラーゲンの再生能力を高める効果もあるので、美肌つくりにもいいのです! ポリフェノールの一種である「ザクロエラグ酸」も含まれていて、シミやシワを予防して、美しい白い肌をキープできます。 貧血や冷え性の改善にもいい! 「鉄分」を多く含んでおり、貧血の改善にも役立ちます。 冷え性にも効果がある嬉しい食べ物です。 むくみも解消! 「カリウム」を多く含むドライいちじくです。 「カリウム」には体内の塩分を排出する働きをしますので、むくみや高血圧の予防になります。 骨や歯を丈夫にする! いちじくには「カルシウム」も多く含まれています。 「カルシウム」は骨や歯を生成し、丈夫にする働きがあります。 フルーツの中でも「カルシウム」を多く含んでいる「いちじく」ですが、乾燥したものは更に「カルシウム」をたっぷり含んでいます。 ドライいちじくを食べる時間と量 いつ食べるのがいい? 消化を助けてくれますので、食後に食べるのがオススメです!小腹減った時には、甘みもあるので、嬉しいおやつ代わりにもなります。 一日何個食べるか? 一日に食べるのは2個から3個位がいいです。 あまり食べ過ぎると、カロリーオーバーも心配ですし、食物繊維が多くなりすぎて、お腹が痛くなる事もありますので、注意しましょう。 女性にオススメのドライいちじくの食べ方 欧米の友人が教えてくれた女性にオススメのドライいちじくの食べ方は、ドライいちじくをオリーブオイルに漬けておくというもの。 カロリーアップはしますが、ドライいちじくの栄養と効果を最大限に活かせるのだと、オススメされました。 作り方は、簡単です。 上質なドライいちじく 40粒• オリーブオイル ドライいちじくを瓶などに入れ、オリーブオイルを瓶の上部まで注ぎます。 そのまま、ドライいちじくを40日ほど漬けます。 40日たったら、食事の前に1粒ずつ食べましょう!! 私はエキストラバージンオリーブオイルで作っていますが、更年期も軽々乗り切っています。 まだ、日本では知られていませんが、オススメの方法です! まとめ いちじくは、日本でも海外でも栄養価が高い事で知られている果物です。 生のいちじくは季節に関係しますが、ドライいちじくならいつでも食べる事ができて、たくさんの栄養と効果があります。 「天然の美容食」のいちじくは、積極的に生活に取り入れたいドライフルーツですね。 とくに女性には嬉しい効果がいっぱいあります。 甘いドライフルーツもいいですが、栄養を考えると、ドライいちじくを積極的に取り入れていきたいですね。 更年期の女性には、ご紹介したオリーブオイル漬けのドライいちじくはとってもオススメです。 最初に作る時には40日待つことになりますが、ぜひ作ってみてください!.

次の

イチジクは女性に嬉しい栄養素が豊富!1日何個食べればよい?

イチジク 一日何個まで

スポンサーリンク ドライいちじくの効果効能とは? ドライいちじくは英語で dried figs:ドライ フィグといいますが、 栄養がすごいんです! カルシウム・カリウム・ 鉄分などのミネラルが豊富で、 カルシウムは100gあたり、300mgと、 1日の必須量の半分近くを補うことができます。 また、日本人が不足しがちな 食物繊維が豊富で、 (プルーンやバナナより多いんです!) ペクチンやセルロースなど、 水溶性食物繊維・不溶性食物繊維の 両方がバランスよく含まれています。 ただ、 食べ過ぎると下痢気味になる こともあるそうなので、 1日の摂取量は2~3個くらいまで にしておいた方が良さそうですね! その他、ドライいちじくには エストロゲンも含まれています。 カロリーは100gあたり約290kcal 大きめのもので1個 約 20g程度(約60kcal) 小さめのものなら1個 約 7g程度(約20kcal) 食べごたえがあり、少量で満足感を得られるので、 ダイエット時のおやつにも最適です! ドライイチジクは食べやすく、 続けやすいというところも利点ですよね! スポンサーリンク ドライいちじくのおいしい食べ方 そのまま食べても十分美味しいんですが、 長く続けると飽きるのが心配!という人は、 簡単アレンジで少し味や食感を 変えてみるもの良いかもしれませんね! ・ドライいちじくとヨーグルト 無糖ヨーグルトにお好みの大きさに切った ドライいちじくを入れて一晩おく。 翌朝の朝食にも! ・ドライいちじくの洋酒漬け 赤ワインやブランデー、ラム酒、 その他リキュールなどに1週間ほど漬け込む。 そのままでもおいしいですし、 紅茶との相性ばっちりです。 アイスクリームのトッピングにも合いますよ! アーモンドやくるみなど、 ナッツとの相性が良いので パン生地にまぜて焼いたり、 ホットケーキミックスに入れて、 簡単マフィンにするのもいいですね! また、 グリーンスムージーに ドライいちじくを入れても 美味しいですよ! 調理というほどではないですが、 洋酒に浸けて柔らかく戻した ドライいちじくを クリームチーズと一緒に 生ハムで巻いたら、 ワインのおつまみにおすすめです。 虫がいる、ということは、 無農薬=安全の証明のようですが、 あまり気持ち良くないのは確かですよね^^; そこで、最近では一つ一つ検品して、 対策しているお店もあるようですね。 虫以外にも、 猛毒のカビ毒・アフラトキシンが 検出される場合もありますので、 あまり安いものや、 訳あり商品などは避けたほうが 無難だと思います。 品物によります。 もし気になるようなら、 スーパー等で売っている生のいちじくを買ってきて、 ドライいちじくを手作りするのもおすすめです。 作り方は下記の記事をご参照ください。 早めに食べきれない時は冷凍保存しておくと より長く持ちますよ! 関連記事.

次の