ストレートアイロン 巻き髪 簡単。 ストレートアイロン人気おすすめランキング!【使い方や選び方も】

【初心者でも簡単な巻き髪のやり方】コテやストレートアイロンでできるふわふわ巻き髪

ストレートアイロン 巻き髪 簡単

《目次》• 仕事に学校に忙しい朝は、髪を巻いている暇なんてない…。 巻き髪を作るのって結構時間がかかるから、できれば簡単にゆるふわな巻き髪を作りたいですよね。 そこで今回は、コテやストレートアイロンを使わないでできる簡単な巻き髪の作り方を紹介します。 意外な道具ややり方で、巻き髪は簡単に作れるんです。 ピンを使わなくても髪をしっかり巻きつけることができるので、カーラー初心者さんでも使いやすいのが特徴です。 カーラーを巻いているうちにメイクや準備をすれば時短になりますよね。 マジックカーラーの巻き髪イメージ マジックカーラーで作れる巻き髪のイメージはこちら。 髪をくるくる巻きつけてしばらく置いておくだけなので、強いカールというよりはナチュラルで自然体なゆるふわ巻き髪に仕上がります。 毛先を中心に巻いたり、ぺたんと潰れやすいトップや前髪をふんわりさせたい人におすすめ。 こんな人におすすめ• やわらかい髪質• ゆるいナチュラルな巻き髪にしたい• トップや前髪にボリュームを出したい• カーラーで髪を巻きながら熱を通せるので、強めのカールを作ることができます。 髪が固めの人や、しっかりとした巻き髪を作りたい人におすすめですよ。 ホットカーラーの巻き髪イメージ ショートヘアやボブのような短い髪型の女子は、コテやストレートアイロンを使って巻くのは一苦労。 そんなときにホットカーラーはやけどすることなく髪を巻けるので、念願のゆるふわ巻き髪が簡単に作れます。 巻きながら熱を通してくれるので、髪質の固い人にもおすすめですよ。 こんな人におすすめ• 髪質が固い• しっかりした巻き髪にしたい• 通常の筒状の形や、スティック状の形まで豊富な種類が発売されています。 やわらかいスポンジ素材なので、寝てる間に使えるのも嬉しいポイント。 スポンジカーラーの巻き髪イメージ スティック状のスポンジカーラーは巻いたまま寝ることができるので、寝てる間に髪を巻いて朝にはふんわりウェーブヘアが完成。 やわらかいスポンジ素材なので、寝ている時に頭が痛くなる心配もなし。 目覚めたらゆる巻きロングヘアに仕上がってるなんて楽すぎる。 こんな人におすすめ• 朝髪を巻く時間を時短したい• コテなしでも寝てる間に波ウェーブが作れるなんて驚きですよね。 三つ編みの巻き髪イメージ 仕上がりは、うねうねとした波ウェーブ風の巻き髪に。 三つ編みを太く編めば大きめカールに、細く編めば毛束が目立って外国人風の無造作な波ウェーブになります。 カールの強弱は、三つ編みをきつく編むかゆるく編むかで変えられるので、気分に合わせて変えてみよう。 こんな人におすすめ• 朝髪を巻く時間を時短したい• トレンドの波ウェーブにしたい• 編むのではなくねじるだけなので、初心者でも簡単にできて仕上がりはとってもナチュラル。 まるでくせ毛かのようなゆる巻き風のヘアスタイルに仕上がります。 ねじって寝た時の巻き髪イメージ 朝髪をほどくとしっとりとした髪のまとまりを感じます。 ウェーブもとってもナチュラルで、コテを使って巻くのでは表現しきれないゆる巻きが楽しめます。 髪をねじれる長さが必要なので、ミディアムヘアからロングヘアの長い髪型におすすめ。 こんな人におすすめ• 朝髪を巻く時間を時短したい• ゆるいナチュラルな巻き髪にしたい• コテやストレートアイロン初心者さんはもちろん、忙しくて時間のない朝の時短にぴったり。 コテやアイロンを使わないゆる巻き方法をマスターして、かわいい髪型を楽しながらGETしませんか?.

次の

【セミロングの巻き方】コテやストレートアイロンで簡単!韓国っぽゆるふわ巻き髪

ストレートアイロン 巻き髪 簡単

カールアイロン巻きは「古い印象…」。 まずは知りたい!【ストレートアイロンの選び方】 ストレートアイロンといえども太さもな長さも千差万別。 今っぽ巻き髪をつくるのに最適なものの選び方、使い方の注意点も知っておこう! 教えてくれたのは…『GARDEN Tokyo』副店長 津田 恵さん 人気ヘアサロン『GARDEN Tokyo』のトップスタイリスト。 程モードでカジュアルなスタイリングがお得意。 「ストレートアイロンでつくると、毛先がくるんとしすぎず、抜け感のある、今っぽい巻き髪が楽しめます。 髪に熱が入りすぎて質感がかたくなってしまうんです」 【選び方のポイント3】 濡れ髪にアイロンはNG! 完全に乾かしてからスタート 「濡れてキューティクルが開いた状態でアイロンを使うと髪の水分が一気に蒸発して傷みの原因に! ワックスなどスタイリング剤は最初につけるとベタッとしちゃうので仕上げに」 仕上げのスタイリング剤はシアバターでツヤ感をさりげなく 「やわらかな質感を生かしたいので、ホールド力の高いものは必要なし。 シアバターを手のひら全体にのばし、毛先を中心につけて」つける量は上の写真を参考に。 写真左/ロレッタ ムルムルバター 30g ¥2,300(ビューティーエクスペリエンス) 写真右/mia ハーブバター 25g ¥1,800(GARDEN ideal SERIES) プロがおすすめするストレートアイロン4選 1. カラーリングの色落ちも抑える 髪の潤いをキープしてつややかな仕上がり。 パナソニック ストレート アイロンナノケア EH-HS97-W ¥13,000(編集部調べ) 3. クレイツイオンストレート&カールアイロン CIST-FN ¥12,000(クレイツ) 4. お直し用ミニコテも便利 スチームも使える。 毛先はふんわり内側にワンカールさせ上品に仕上げて。 ハチ上と下で髪をブロッキングする。 髪の中間から毛先に向かって、力は入れずにアイロンを滑らせて。 毛先をはさんだまま1カール内巻きに。 後ろの髪も1・2同様に行う。 ぺたんとしちゃうので根元ははずして。 ブロッキングしたハチ上の髪は、ふんわり感を出したいので、大きいカーブを描くように中間から滑らせて。 前髪もふわっとさせるため、カーブを描くように中間からアイロンを。 プレスしすぎず、スーッと抜く感じで。 シアバターを手のひら全体に溶かし広げた後、手ぐしを通しながら毛先中心につけて自然な束感をつくる。 ストレートアイロン巻きならこのラフニュアンスが簡単に出せるんです。 ハチ上と下で髪をブロッキングする。 ハチ下の髪は、中間にCカールをつけるように丸めて数秒キープする。 そのまま毛先までアイロンを滑らせて。 今度は毛先を外巻きに1カールさせ、毛束にS字のカールをつける。 ハチ上の髪は持ち上げて大きいカーブを描くようにアイロンを滑らせてふんわり感を。 後ろの髪も同様に。 シアバターを手のひら全体に溶かし広げ、毛先をくしゅっと軽くにぎりながら塗布して、束感と動きを出す。 波打ったような、女っぽいウエーブはストレートアイロン巻きならではの、こなれた質感なんです。 サイドの髪は3段に、後ろの髪は4段にブロッキング。 毛束を細かめにとって中間の髪を内巻きに。 その後、外巻きに。 内・外・内・外とウエーブをつけながら毛先にアイロンを下ろして。 後ろの髪も同様に。 顔周りの髪は持ち上げて、大きなカーブを描くように外巻きに1カール。 仕上げに毛先を中心にシアバターを。 簡単! 印象チェンジ アレンジテク こなれウエーブヘアなら、テクいらずの秒速アレンジも断然おしゃれな印象に。 手ぐしでざっくりまとめ、襟足あたりでひとつ結びに。 毛束を根元に巻き付けゴムを隠す。 結び目付近の毛束を引き出し崩す。 斜め上の高い位置で結び、最後、毛先はゴムから抜かずお団子状に。 毛先をラフにお団子の根元部分に巻き付けて、ピンで留める。 撮影/向山裕信(vale. /人物)、金野圭介(静物) ヘア/津田 恵(GARDEN Tokyo) メーク/コンイルミ(ROI) スタイリスト/渡辺智佳 モデル/安座間美優、イーラン 構成/権田由加理(本誌) 初出:しごとなでしこ.

次の

コテなしで【ゆるふわ巻き髪】は作れる!コテ&アイロンを使わないで髪を巻く方法♡

ストレートアイロン 巻き髪 簡単

1.髪をストレートにする方法 まずは、今すぐ髪をストレートにしたい!という時におすすめの、髪をストレートにする方法を4つご紹介します。 ストレートヘア用のスタイリング剤とは、髪になじませることでによるパサつきを抑え、まとまりのあるナチュラルなストレートヘアに仕上げてくれるアイテムです。 手のひらにスタイリング剤をなじませ、髪につけていきます。 両手で髪をはさんでプレスしながら毛先までなじませることが、髪のうねりやハネを目立ちにくくするコツです! 乾いた状態の髪に使用して、ドライヤーやアイロンなどを使わずさらさらストレートヘアに仕上げることができるので、忙しい朝におすすめの方法です。 ドライヤーやアイロンの使い方がよくわからないという方は、まずこの方法から始めてみてはいかがでしょうか。 ドライヤーの熱を使うことによって、根元がふんわりとナチュラルなボリュームのあるストレートヘアにすることができます! ストレートブローに必要なものは次の3つだけです。 ・ドライヤー(冷風機能があるもの) ・ロールブラシ(毛の密度がしっかりしているもの) ・ストレートローション(ドライヤーの熱から髪を守るスタイリング剤) 最初にストレートローションで髪を全体的に湿らせましょう。 次に、利き手にロールブラシを、反対の手にドライヤーを持ちます。 ロールブラシを髪の内側に添え、ロールブラシの毛と毛の間に髪の毛を挟み込むようにして密着させます。 ロールブラシに乗っている髪の部分に向かって、ドライヤーの温風を斜め上から当てましょう。 その状態のままロールブラシを毛先まですべらせ、ドライヤーもブラシの動きに合わせて動かします。 この工程を髪全体に行ったら、最後に表面の髪だけをすくってもう一度ブローすることで、より髪の表面にツヤを出すことができます。 髪がさらさらでツヤのある手触りを感じられるようになったら、全体的に冷風を当てましょう。 最後に冷風を髪全体に当てることによって、ストレートヘアを長時間キープしやすくなります。 このとき冷風も斜め上から下に向かって当てるようにしてくださいね。 この方法でストレートブローをすることによって、さらさらとツヤツヤの両方を兼ね備えたストレートヘアに仕上がるでしょう。 上手にストレートアイロンを使いこなすことで、毛先まですとんとまっすぐなストレートヘアを作り上げることができるでしょう。 ストレートアイロンで髪をストレートにするために必要な道具は、次の3つだけです。 ・ストレートアイロン ・コーム(くし) ・ストレートローション(アイロンの熱から髪を守るスタイリング剤) 最初に髪の毛の絡まっている部分が無いように、コームでしっかりと髪を梳かしましょう。 利き手にストレートアイロンを、反対の手にコームを持ちます。 内側から髪にコームをひっかけ、コームの上の位置でストレートアイロンをはさみましょう。 その状態のまま、コームとストレートアイロンを同時に毛先に向かってすべらせていきます。 全体的にこの工程を行いましょう。 何度も同じ場所にストレートアイロンをかけると、髪に負担がかかりやすくなってしまう場合があるので、一か所ずつサッと熱を通すイメージでかけていってください。 縮毛矯正とは、専用の薬剤とストレートアイロンの熱を使うことでくせ毛を矯正し、髪をさらさらストレートな状態に持続させてくれる方法です。 ブローやストレートアイロンではなかなかストレートにならない、時間がたつとクセが出てくるなど、頑固なくせ毛や天然の方には、こちらの方法がおすすめです! しかし縮毛矯正は、メリットとデメリットの両面がある方法です。 メリット ・さらさらストレートの髪が長期間持続する。 ・毎朝のドライヤーやストレートアイロンなどの手間が無くなる。 デメリット ・髪が伸びた部分にはかけ直しが必要 ・お金がかかる ・時間がかかる(約3時間以上) メリットとデメリットの両面を見て、縮毛矯正を髪をストレートにする方法のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか? 2.髪をストレートにする方法|ヘアケア 続いて、髪を艶やかなストレートに整えやすくするためのヘアケア方法をご紹介します! 牛乳やはちみつを使った、髪をストレートにするためのヘアケア方法を耳にすることがありますが、まずは基本的なヘアケアを正しい方法で行うことが大切です。 今回は、基本的なことだけれど意識しないとつい忘れてしまいがちな、自宅でできる髪をストレートにするためのヘアケア方法を3つピックアップしたので、参考にしてみてください。 くせ毛の方は、雨の日に髪のクセが出てきやすいと感じることが多いのではないでしょうか? 実は髪のクセは、髪の毛の内部に水分が入り込むときに出やすくなると言われています。 髪の内部の水分が常に満たされているときは、それ以上髪に水分が入らないので、湿気などの影響をあまり受けません。 しかし髪が乾燥していると大量に水分を取り込もうとするため、髪がうねったりはねたりとクセが出てきてしまうのです。 シャンプーやコンディショナーは、「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」などに分けられている商品が多いと思います。 しっとりタイプを使用した時に、さっぱりタイプに比べて髪に重さを感じたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか? しっとりタイプは髪にうるおいを与え、水分や油分を保持しやすいことから、髪の水分によって重くなる傾向があります。 そのため重みで髪が下に引っ張られやすくなるので、落ち着いたナチュラルなストレートになりやすいとされています。 特に髪にボリュームが出やすいタイプのくせ毛の方におすすめの方法です。 髪の毛は、毛根から健やかにまっすぐに生えることによって、さらさらストレートの状態になります。 しかし毛根に汚れなどがたまっていると、汚れがジャマになり髪がまっすぐ生えてくることができず、うねりやくせ毛の原因になります。 新しく生まれてくる髪の毛をたいせつに育むためにも、頭皮に汚れをためず洗い流して清潔に保つことが大切です。 この毛根の詰まりによって起きるくせ毛は、の方や男性の方に起こりやすいとされています。 シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが無いように気を付けるなど、簡単なところから意識して、頭皮を清潔に保つように気を付けましょう。

次の