ミニストップ 写真 プリント。 スマホの写真プリント方法を徹底解説!アプリ・店舗でのやり方

スマホの写真プリント方法を徹底解説!アプリ・店舗でのやり方

ミニストップ 写真 プリント

コンビニでスマホやデジカメの写真が印刷できる 全国にあるコンビニエンスストアでiPhoneなどのスマートフォンで撮影した写真やUSBやSDカードに入った 写真がプリントアウトできることご存じでしょうか。 「この写真1枚だけ印刷してお友達に渡したいんだよなー」 なんて1枚だけの写真印刷でいいときに、写真専用のお店に行きづらいですよね。 そんなとき近くにあるコンビニでスマホの写真が印刷出来たらどんなに便利か。 この記事ではコンビニで写真を印刷する際に 必要なものや料金・値段、写真のサイズ、印刷までの所要時間などを 徹底解説 さらには各社の 料金比較や 実際の写真の画質を比較していきます。 写真プリントのできるコンビニはどこ? まずはじめにコンビニと言っても店舗数、チェーンの数が多いので写真プリントに対応しているコンビニをご紹介いたします。 ・セブンイレブン ・ファミリーマート ・ローソン ・ミニストップ ・セイコーマート ・ポプラ スリーエフはローソンとサークルKサンクスはファミリーマートと合併をしたので ほぼすべてのコンビニで写真プリントができます。 まずはお近くのコンビニがどこかをご確認ください。 写真プリントは店内マルチコピー機で 続いて写真プリントをどんな端末で行うかというところなんですが、3メガを含むコンビニ各社での写真プリントを調査したところ、セイコーマート以外がマルチコピー機からの印刷になるようです。 セイコーマートは「クラブステーション」という情報端末からの印刷のようです。 マルチコピー機、コピー機からの写真印刷って「あの書類とかのぺらぺらの紙で出てくるの?」と思うかもしれませんが ご安心ください!ちゃんとした写真用の光沢紙で印刷されます。 コンビニのマルチコピー機の機能は様々で、 住民票や 印鑑証明書が発行できたり、写真もスマホだけでなく様々なメディアから印刷できて「マルチ」ってつくだけあってほんとうにマルチなコピー機なんです。 スマホからの写真プリントには専用アプリが必要 各社スマホからの写真印刷の際は 専用アプリのインストールが必要です。 USBやSDカードからの場合アプリインストールは不要です。 それでは各社の写真プリントの際に必要な専用アプリを見ていきましょう。 ちなみにすべて iPhone・Android対応です。 また、マルチコピー機でスキャンした画像データをスマートフォンへ保存できるアプリです。 こんなにあるとどれをスマホにインストールすればいいかわからない・・・総合的にわたくしもとてんちょーがおすすめなのは 「セブンイレブン マルチコピー」 GooglePlay AppStore このアプリさえ入れておけばセブンイレブンでの写真プリントはもちろんPDFプリントも可能。 アプリの仕組みとして店内コピー機にはWi-fiが内蔵されており、アプリをインストールしたお手持ちのスマホからアプリで直接コピー機に印刷したい写真を送信するという形です。 ほかのネットワークプリント系のアプリは名称のとおり「ネットワーク」を使って写真の印刷をおこないます。 アプリをインストールしたスマホから、ネットワークセンターへ写真を送信し、ネットワークセンターからの番号をコピー機に入力して写真を印刷するかたちです。 ざっくりですがなんとなくおわかりいただけると思います。 様々なフレームやコメント書き込みが可能。 履歴書に使える証明写真機能も便利です。 ファミリーマートさんからも写真プリントに関するアプリが3つリリースされています。 これは上の2つは写真プリントに関しては全く一緒で Famiポートアプリの中にファミマフォトが入ってるだけなんです。 この3つのアプリすべてインストールするのも手間なので、筆者がファミリーマートでの写真プリントおすすめアプリは 「ファミマフォト」です。 Google Play AppStore このアプリはネットワークセンターとのやりとりから写真プリントをするタイプのアプリなのですがとにかく使いやすくて便利な機能がいっぱい。 ローソンからリリースされている写真プリントに関するアプリはこの PrintSmashのみです。 実はこのアプリ、 ファミリーマートと同じアプリなんです。 と、言っても正確に言うとローソンとファミリーマートは同じSHARP製のコピー機でそれでアプリも一緒ということになります。 前述したとおり、アプリの入ったスマホとコピー機をつなぐので掲げているお店の看板が違えどアプリが一緒でもなんら問題はないんです。 この PrintSmashをスマホに入れておけばローソンとファミマでの写真プリントに対応できるからアプリのインストールが少なく済みますよね。 なのでファミリーマートのおすすめ写真プリントアプリは PrintSmashにしたかったのですが、 ファミマフォトがあまりにもスマホからの写真プリントに優れていたのでおすすめさせていただきました。 あまりスマホに何個もアプリを入れておきたくない方はファミリーマートと併用できる PrintSmashもおすすめです。 ユーザー登録が必要です。 ユーザー登録することなくご利用できます。 Google Play App Store このミニストップさんも写真に関するアプリが2種類あります。 ここは総合的な おきがるプリント&スキャンをインストールしておけばOKです! コンビニで写真プリントができるUSBやSDカードなどメディア対応比較 ここでは各社のスマホ以外で写真プリントができるメディアに、いったいどんなものがあるかをを見ていきましょう。 各社USBやSDカードなど様々なメディアに対応 セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップの写真プリント対応メディアの画面を見てみて、各社ほぼ同じメディアからの写真プリントが可能です。 microSDカードやUSBメモリー、メモリースティックなど様々なメディアからの写真プリントができます。 メディアからの写真プリントの場合は、お手持ちのメディアを マルチコピー機に差し込むというかたちで直接マルチコピー機に読み込みをおこないます。 そこから写真プリントまで至る過程はスマホからの写真プリントと変わりません。 ローソンのマルチコピー機。 メディアからの印刷の場合は 〇部のカバーが開きそこにメディアを差し込めるようになっています。 写真のスキャンプリントにも対応 さらにコンビニの写真プリントはスマホやUSBなどのメディアからだけではなく、コピー機を使用しての写真印刷になりますので、白黒やカラーのコピーを取るようにコピー機でスキャンしたものを写真にすることもできます。 操作は簡単でカラーコピーを取るように、コピー機に写真にしたいものを置いて、用紙のサイズ選択画面で用紙を光沢紙にするか、写真用の光沢紙にするかも選択できるようになっていますので、そちらで写真用の光沢紙を選択すれば写真用の用紙に印刷されて出てきます。 各社の写真プリント料金・値段比較 ここで各社の写真プリントにかかる料金・値段を比較してみてみましょう。 コンビニ各社で写真プリントの料金比較をするとミニストップが安いのがわかったのですが、スマホからの写真プリントの基準・値段はそもそもいくらくらいが相場なのか。 気なったので写真プリントにコンビニよりもっと専門的な店舗様の値段を調べてみました。 少し比較してみましょう。 カメラ専門店とコンビニの写真プリント料金比較 パレットプラザ L版1枚 42円 税込み 2L版1枚 108円 税込み 2019年8月時点:パレットプラザHP調べ 結果:写真プリントはコンビニのほうが安かった な、なんと!値段の比較をしてみると コンビニでの写真プリントのほうが安かった!! 料金・値段を見てもコンビニで写真プリントをするのは「あり!」なんですね。 実際に印刷(現像)された写真の画質を比較してみよう コンビニでiPhoneなどのスマホやUSBメモリ、microSDカードなどの様々なメディアから写真プリントができるて、しかも料金・値段も安い!ということがわかりましたが、印刷(現像)されてきた写真がものすごく お粗末なものだったら意味がないですよね・・・ そこで各社で実際にわたしが写真プリントをしたものを使って写真の画質を比較してみましょう。 セブンイレブンで印刷した写真 ファミリーマートで印刷した写真 ローソンで印刷した写真 3社の写真を並べると・・・ 結果:安いうえに写真の仕上がりも悪くない いかがでしょうか?筆者は写真というのはド素人ですが普通に満足のいく仕上がりだと思います。 これで1枚30円 税込み って 全然ありだと感じました。 今回はiPhoneで撮影した写真をアプリを使って各社のマルチコピー機で印刷してみましたが、USBやSDカードから印刷しても同じ画像データを使えば同じ仕上がりになるはずです。 素人目線では大満足です。 写真用の光沢紙ではなく普通紙に印刷も可能 今回は写真用の光沢紙に写真として印刷しましたが、写真用の光沢紙だけでなくA4などの普通紙にカメラで撮影した写真を印刷することもできます。 用紙選択の画面で普通紙とその用紙のサイズを選択すればOKです。 拡大印刷や複数枚 焼き増し も可能 ちょっとしたプチ情報的なものになりますがコンビニでの写真プリントでも写真の引き伸ばし 拡大 や1枚の写真を複数枚印刷する焼き増しも可能です。 各チェーンのコピー機の機種によって操作は異なりますが、[拡大・縮小]や[枚数]など調整の際に使用するボタンが分かりやすいものになっているので、端末での操作もそこまで難しくありません。 コンビニは証明写真の印刷も可能 コンビニでの写真プリントはカメラで撮った風景や人物などのいわゆる普通の写真だけではありません。 証明写真の印刷までできてしまうんです。 本記事で紹介しているファミマフォトというアプリでもできますし、本記事で紹介しているアプリ以外を使って証明写真として使える写真をコンビニのマルチコピー機で発行することができます。 きちんと分割もされていて、アプリ内でサイズを選択できて免許証用やパスポート用、マイナンバー・住基カード用など選択するとその申請に適したサイズを一枚の写真用紙に分割して印刷してくれます。 この証明写真実は一枚30円で印刷しているんです。 1枚ってこの1枚です。 だから1枚に4分割された写真がついていて30円なんです。 コンビニで超お得に証明写真の発行方法をまとめた記事がありますのでぜひチェックしてみてください。 まとめ アプリの紹介や対応メディアの種類、料金・値段比較や画質比較をおこなってきました ここでコンビニでの写真プリントについてのポイントをまとめていきましょう! ・スマホからの場合は各社専用アプリが必要! ・スマホ以外のUSBやmicroSDなどのメディアにも対応! ・料金、値段は20円から! ・写真の仕上がり、画質も素人目線では大満足! 最後に いかがでしたでしょうか。 コンビニ各社の写真プリントについてアプリやメディア、料金・値段、写真のサイズについて紹介してきました。 コンビニでの写真プリントについておわかりいただけたでしょうか。 「コンビニで写真プリントできるのは知っていたけどなんか難しそう」 「コンビニじゃないとこのほうが料金、値段が安いんじゃないの?」 「あんまり画質が良くないんじゃないの?」 なんて思っている方も多いかもしれません。 しかし今回この記事を読んでいかにコンビニでの写真プリントが便利でかんたんそして値段もむしろ安い!ということがおわかりいただけたと思います。 ちょっとした食事会や趣味での集まりで写真を撮って、近くのコンビニで1枚からプリントでき、また次回会ったご友人などに写真を渡すこともできます。 写真ってちょっとしたプレゼントになりますよね。 いままで写真をわざわざ印刷するのはちょっと面倒、撮った写真はSNSなどで共有できる時代だし…だけど大切なものを カタチにするってなんかいいももですよね。 この機会にお近くのコンビニで写真プリントしてみてはいかがでしょうか。

次の

コンビニカラーコピーの料金・値段!スキャン・印刷代が最安なのはどこ?

ミニストップ 写真 プリント

ファミリーマートのカラーコピーの値段は、白黒コピー(B5・A4・B4・A3)一枚10円で印刷できます。 カラーコピーの値段は、(B5・A4・B4)50円でA3サイズは80円です。 A4光沢紙の、カラーコピーの値段は一枚80円です。 写真コピーL判は一枚80円で、写真コピー2L判は一枚200円です。 両面コピー、拡大コピー、縮小コピー、免許証コピーなどを利用することができます。 ファミリーマートでは、ファミマプリントでアニメなどのオリジナルイラストをプリントすることができます。 ファミリーマート、サークルK、サンクスのマルチコピー機でプリントできます。 限定イラストが簡単にプリントできます。 カラーコピーの値段|セブンイレブン ミニストップのカラーコピーの値段は、白黒コピー(B5・A4・B4・A3)一枚5円で印刷できます。 カラーコピーの値段は、(B5・A4・B4)30円でA3サイズは60円です。 写真L判は一枚20円、写真2L判は一枚80円です。 また、証明写真は一枚100円で印刷することができます。 親切な操作ガイドが付いているので、誰にでも簡単に使えるのがミニストップのマルチコピー機です。 両面コピーの場合も、回転プレビューで仕上がりの確認ができます。 両面コピー、本やノートのコピー、ポスターのコピー、免許証コピーなどが利用できます。 コピー代が安いので、大量にコピーが必要な場合にも便利です。 最もカラーコピー代が安いコンビニは? カラーコピー代が最も安いコンビニは、ミニストップに設置されている「RICHOコピー機」です。 白黒コピーが、5円でコピーすることが出来ます。 この安いコピーが使える「RICHOコピー機」が、設置してある場所はマックスバリュ(中部・東海・西日本)イオン九州、山陽マルナカ、ダイエーなどにも設置してあります。 ローソンやファミリマートなどのコンビニはコピー代は同じ値段で安い ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、サークルK、サンクス、デイリーヤマザキ、ポプラなどのコンビニは、白黒コピーは10円と統一されています。 10円でコピーできる用紙のサイズは、B5、A4、B4、A3、です。 フルカラーでは、B5、A4、B4サイズの印刷で統一50円です。 最も綺麗に印刷されるコンビニは? 上質紙の印刷で白黒コピーやカラーコピーが綺麗なのは「セブンイレブン」 コンビニのマルチコピー機の機能と料金の2つ目は、チケット購入です。 セブンイレブンでは、映画前売り券やスポーツ観戦、レジャーチケット、高速バスのチケットなども購入できます。 また、くじの購入や払い戻しも簡単にできます。 ローソンのチケット購入は、Loppiでチケット購入できます。 コンビニで簡単に、チケットの購入ができるようになっていますが、チケットの管理をするのに便利なチケットホルダーがあるのを知っていますか?100均のチケットホルダーは、使いやすいものから可愛いものまであります。 下記の記事には、チケットホルダーについて詳しく紹介してあるので併せて読んでみてください。

次の

写真印刷の値段はどれが安い?コンビニ・プリンター・ネットプリント…まとめて比較

ミニストップ 写真 プリント

私だけでなく、「コンビニ 写真 プリント 画質 悪い」で検索 したら、やはり画質が悪いという評判が出てきました。 そりゃコピー機に毛が生えたようなもんなので当然ですが、 例えば55ステーションでプリントしても料金はさほど変わら ないので、そっちの方が手軽さはなくても、画質重視なら よいのかな?と思うのですが。 しのごの言わずに55ステーションなどで同じ画像を同じ解像度 でプリントすれば分かる事なのですが、あらかじめ仮にも写真屋 と名がついたサービス店の印刷機械の方がコンビニのコピー複 合機よりは性能が良いのか?分かる方がいらっしゃいましたら 聞いておきたかったので、お願いします。 ちなみに写真というか私が書いたイラストを写真の2L版をポスト カードに見立てて印刷シミュレーションをしてみましたが、細かい ぼかしを含めて、全体に白っぽいコントラストになり、色があせ てます。 ネットサービスのプリント店などを含めて、ここが画質よかった というお店があれば教えてgoo! トナーで写真のような光沢感をもたせるゼロックスの最新技術。 ローソン、ファミマトetc=シャープ製。 (古い機種はキヤノン製) こちらは、昇華型熱転写式。 ファックスのようにインクリボンを熱で溶かし写真用紙に転写する方式。 何れも、「乾式」による写真プリント方法。 街のDPE店の場合 多くは、富士フイルム製のフロンティア。 こちらは、印画紙を感光させて、これを現像処理する銀塩プリント方式。 コンビニのプリントと違うのは、必要に応じ手動での補正も可能で、これは、その店のマシンの整備状態や技術差の大きい部分であり、お店を選ぶ必要があります。 その他 プロラボ・インクジェットプリンタ。 品質に拘るならプロラボ。 顧客の細かなニーズにも対応して貰えますが、料金もプロ並み。 個人でプリントするには、インクジェットプリンタ。 ただし、複合機はNG。 最低、6~10色独立インクカートリッジ。 発色では、染料インク系のキヤノン。 耐光性では、顔料系のエプソン。 カラーマネージメントのスキルを必要としますが、意のままにプリントできるので、手間を惜しまないならお勧めできる方法です。 一般的には、銀塩プリント方式の方が綺麗ですが、此方は、お店の技術差が大きいと言えます。 この回答への補足 ありがとうございます。 なるほど透明インクがある10色には興味が湧きました、ありがとう ございます。 (古いのはキャノン製) いずれにせよ、写真が出てくるところと、コピーなどの出てくるところが 違うのがわかると思います。 要は、レーザープリンターと昇華熱転写プリンターの2台が別々に入っているのです。 (一部、古い機種の中には、昇華熱転写がついていないものもあります) そこで写真用のプリンターというのは基本、3色です。 「黒」がないのですね。 だから、どうしてもイラストのような画像データはボヤケた雰囲気になってしまいます。 そういうものなので、写真以外は普通にレーザープリンター側で印刷した方がキレイに 出ると思います。 場合によってはインクジェットの方がきれいです。 あくまでも一般論なので、データの作成の仕方によってはきれいになることもあります。 ご参考に。 写真屋さん(その場で現像してくれるところ)は、 デジタルミニラボ機というので印刷しています。 要はフィルムを現像するのと同じ機械です。 よく「銀塩」といわれる昔ながらの方式です。 ですので、これで満足できないのでしたら、もうプロ仕様の 手動で補正しながら印刷するしかないです。 理論上はもっともキレイに印刷できることになっています。 ただ、キレイかどうかはデータの関係もありますし、 色合いの好き嫌いも大きいので一概には言えません。 ちなみに、コンビニでは富士ゼロックス製(セブンイレブン)は、 トナー式(デジタル写真方式)です。 まあ、カラーレーザーの写真プリントに特化させた方式ですね。 シャープ製(ローソンやファミマ)は昇華熱転写式です。 家電量販店によくある、セルフ式の印刷機(プリントラッシュ/DNP製 と同じ方式ですね。 こちらは、もう画質は銀塩と変わらないなどとメーカーは言っています。 もっともイラストを印刷するのなら、これらはやはり向かないですよ。 あくまでも写真がきれいにでるように調整してあるので・・・ どうしても細かいところがぼやけてしまいますね。 イラストならレーザープリンターやインクジェットの方がきれいですよ。 データがそうできているので。 A ベストアンサー プリントするときの構造やインクの違いにより、発色・耐久性・光沢感など違いが見られます。 写真屋さんでプリントを尾根がするときは、お店によりますが、画像編集のスキルを持っていますので暗く失敗した写真でも、修整して見れる写真にしてくれたり、ベストのトリミングや色調に合わせて、印刷してくれるなどメリットがたくさんあります。 コンビニの印刷は、手軽ですぐに印刷でき写真を見られるのがメリットですが、失敗した写真はそのまま出てきますし、発色も違ったりしますし耐久性がなかったりします。 写真屋さんのほうがしゃんを印刷することに関してノウハウがありますし、専用の機械で印刷しているのできれいに写るし、定期的にメンテナスをしてる。 コンビには、もともとはコピー機なのでインクなどには差がある。 ある程度の技術でカバーしている部分はあるが、写真専用のインクなど特別なものは積んでいない、用紙ぐらい。 メンテナスといっても紙詰まりなど、アルバイトの人がチェックするぐらいなので、専門の人が盛んにチェックすることはあまりない コスト上の問題 お手軽に印刷したいときと、記念にしまって置くや友達に上げるときなどは写真屋さんでなど使い分けたらいいと思います。 プリントするときの構造やインクの違いにより、発色・耐久性・光沢感など違いが見られます。 写真屋さんでプリントを尾根がするときは、お店によりますが、画像編集のスキルを持っていますので暗く失敗した写真でも、修整して見れる写真にしてくれたり、ベストのトリミングや色調に合わせて、印刷してくれるなどメリットがたくさんあります。 コンビニの印刷は、手軽ですぐに印刷でき写真を見られるのがメリットですが、失敗した写真はそのまま出てきますし、発色も違ったりしますし耐久性がなかったりしま... A ベストアンサー Q/どの程度差があるのでしょうか? A/本体の出力性能差という意味なら、さほどないでしょう。 現在のプリンタ性能は既に行くところまで行っていますから、粒状感などが高くなるということはありません。 ただし、機種によっては、色再現性が少ない製品はあるかもしれません。 要は、細かい色の発色が出来ない製品は存在します。 そういうプリンタの場合は、白っぽい色が、白に飛んだり、黒っぽい色が黒潰れします。 カメラ屋さんやプリント代行業者の場合は、主にそういう点も配慮できる製品を使っている場合が多いですが、必ず出来るとは限らないので、お店によるということになるでしょう。 それとは、別に現像が専門となるカメラ店などでは、お客オーダーの現像については、色補正を行うなどのサービスも現像代に込みとなります。 また、印刷に使う印画紙なども、少々高価な品物を使うケースもあります。 尚、全ての写真をカメラ屋さんならチェックして綺麗に印刷してくれるとは限りません。 基本的には、現在のデジタル加工は、ほぼオートで色被りや、白飛び、黒つぶれを補正できる技術が各社にありますので、大半はそれらを適用し、前後をチェックする程度のはずです。 まあ、ラボの自動化では2000年代の初頭にはImage Intelligence(FUJIFILMの商標)などが投入されています。 ただ、この手の技術は、蓄積技術を基に補正すると共に、さらに後補正を掛けるとそれに基づいたパラメーターの登録も行える製品もあります。 要は、お店独自またはグループ独自のノウハウを入れることが出来るのです。 カメラ屋さんの場合は、それらをフィードバックし、さらに自動補正もバージョンアップさせることもできます。 それに対して、簡易機種(コンビニ)では、そういう設定は最初にメーカーでプリセットされた情報を基とします。 その辺りに差が生じます。 Q/どの程度差があるのでしょうか? A/本体の出力性能差という意味なら、さほどないでしょう。 現在のプリンタ性能は既に行くところまで行っていますから、粒状感などが高くなるということはありません。 ただし、機種によっては、色再現性が少ない製品はあるかもしれません。 要は、細かい色の発色が出来ない製品は存在します。 そういうプリンタの場合は、白っぽい色が、白に飛んだり、黒っぽい色が黒潰れします。 カメラ屋さんやプリント代行業者の場合は、主にそういう点も配慮できる製品を使っている場合が... Q セブンイレブンのネットプリントは、RGBで作成したデジタルデータでも、とてもきれいに発色されますが、一般的なCMYKによる印刷とは何か違うものなんでしょうか? 今回の質問の背景として、RGBで作成したデータをきれいに大量印刷したいと思っています。 セブンイレブンのネットプリントで印刷されたものを印刷屋さんに持っていけば、それをスキャンして、ネットプリントと同じぐらいの鮮やかさで大量印刷してもらえるのではないかとおもったのですが、もしもセブンイレブンのネットプリントが一般的なCMYKによる印刷と何か違うものだと、それは難しいかもしれないと思い、上記の質問をさせていただきました。 どなたか、お詳しい方がいらっしゃったら、教えていただけませんでしょうか。 A ベストアンサー セブンイレブンの「マルチコピー」でのネットプリントは、パソコンからレーザープリンターに印刷するのと同じと考えて差し支えありません。 RGBデータでも、「マルチコピー」機の内部で、最終的にはCMYKに変換して印刷しています。 CMYK印刷時には、網点や線型のスクリーンで階調を表現しています。 この階調が細やかなので綺麗に見えますが、 これをそのままスキャンしてカラー印刷する 印刷屋さんで となると 印刷屋さんの方でも階調を出すためにスクリーンを掛けますので、 2回スクリーンを掛けることによる「干渉」が発生する可能性があります。 モアレとか、色飛びとか言われるものです。 もとのRGBデータのまま印刷屋さんに持って行く方が無難かと思います。 印刷屋さんでも色の調整はされると思うので、最終的な品質は印刷屋さん次第になると思います。 マルチコピーのすごいところは、ひとつの印刷機で普通のプリントと印画紙風味の写真専用紙のどちらも印刷できるところです 他社は写真プリントは別の印刷機になっています。 なので、それなりに発色性は持っているものと思われます。

次の