東日本 ntt。 NTT東日本

NTT東日本 関東病院

東日本 ntt

現在、NTT東日本フレッツひかり、ファミリー・ハイスピードタイプ を使用しております。 ひかり電話ルータは PR-400NEを利用しております。 1 Wi-Fiをを使いたいと思うのですが、無線LANカードのレンタルをして使う方がよいか、何か他の機材購入で使ったほうが良いのかお教えいただけるとありがたいです 長期的に使う予定です。 また、他の機材購入が良い時はその機材を買えばいいかお教えいただけるとありがたいです。 また、戸建てで2階までWi-Fiを通そうと思うと中継器は必要でしょうか。 2 プランはファミリー・ハイスピードタイプ 使用しております。 こちらだと回線のスピードはどの程度のものになりますでしょうか。 できればスマホの4G位のスピードがあるとありがたいと思っていますが、それに届きますでしょうか。 わかる方が居ましたら、ご回答をお願いいたします。 よろしくお願いいたします。 尚お住まいが一般的な構造や間取り、建材の家なら今の無線LANルーターやLANカードのスペックなら中継器は必ずしも必須ではないので無線LAN環境を構築した後質問者さん自身が必要だと感じたら導入する形で何も問題はないです。 市販品で2階建てとか3階建て対応と謳っている商品は、9000円くらいするでしょう。 ただ無線LANカードは、市販品のルーターと比べても特別性能が良いわけではないです。 中級機くらいでしょうか。 その代わりNTTの貸出品のため、故障すればNTTが保守・交換してくれるのは強みですね。 中継機は、実際にルーターを置いてみないと必要か分からないです。 (2)回線のスピード(実際に出る速度)は、プロバイダや自宅の環境等の影響を受けるため、これも設置してみて実際に測ってみないと何とも言えないです...

次の

NTT東日本、テレワーク相談窓口とサービス無償提供

東日本 ntt

この図で「MDF室」より右側にある集合住宅内の配線ルートは、集合住宅の所有者側で準備する必要がある。 その中を通る光ケーブルはNTT東日本が設置する VDSL方式は、集合住宅のMDF(主配線盤)から各戸までの接続を、VDSLモデムを用いて電話回線用のメタルケーブルで行う方式。 LAN配線方式は同じく、LANケーブルで接続するもので、フレッツ 光ネクストでの通信速度はいずれも最大100Mbpsだ。 これに対して光配線方式は最大1Gbpsのため、VDSL方式/LAN配線方式から切り替えた場合、通信速度の大幅な向上が期待できる。 ただし、今回の工事費無料が適用されるには、集合住宅においてすでに光配線化のための準備が整っている必要がある。 具体的には、既存の集合住宅内に新たに光配線を敷設するには、光ケーブルを通すための専用の配管を通路などの共有スペースの天井や壁に設置しておかなければならない。 光配線設備の例。 光ケーブルを通す専用管を壁などに設置する必要がるため、写真のように露出する この配管工事は、NTT東日本ではなく、集合住宅の所有者側で行う。 その費用も、一般的に賃貸マンションの場合はオーナー、分譲マンションの場合は管理組合などが負担する。 また、賃貸マンションの場合はオーナーの一存で決定できるが、分譲マンションの場合は管理組合の賛同が必要なため、その段階で時間がかかる可能性がある。 工期についてNTT東日本では、「弊社あるいはご利用場所の設備状況により提供開始までの期間は異なる」としているものの、「一概に半年以上かかるものではない」という目安を示している。 こうした配管工事が完了したのち、NTT東日本が配管に光ケーブルを通すという流れだ。 NTT東日本は、このような集合住宅のVDSL方式/LAN配線方式から光配線方式への切り替えを積極的に進めている。 さらに今回、新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークやオンライン学習などの利用シーンが広がり、以前より多くの利用者から同様の相談が寄せられていることを受け、無料でのタイプ変更工事を実施するに至ったとしている。

次の

現在、NTT東日本フレッツひかり、ファミリー・ハイスピードタイプ を使用して...

東日本 ntt

この図で「MDF室」より右側にある集合住宅内の配線ルートは、集合住宅の所有者側で準備する必要がある。 その中を通る光ケーブルはNTT東日本が設置する VDSL方式は、集合住宅のMDF(主配線盤)から各戸までの接続を、VDSLモデムを用いて電話回線用のメタルケーブルで行う方式。 LAN配線方式は同じく、LANケーブルで接続するもので、フレッツ 光ネクストでの通信速度はいずれも最大100Mbpsだ。 これに対して光配線方式は最大1Gbpsのため、VDSL方式/LAN配線方式から切り替えた場合、通信速度の大幅な向上が期待できる。 ただし、今回の工事費無料が適用されるには、集合住宅においてすでに光配線化のための準備が整っている必要がある。 具体的には、既存の集合住宅内に新たに光配線を敷設するには、光ケーブルを通すための専用の配管を通路などの共有スペースの天井や壁に設置しておかなければならない。 光配線設備の例。 光ケーブルを通す専用管を壁などに設置する必要がるため、写真のように露出する この配管工事は、NTT東日本ではなく、集合住宅の所有者側で行う。 その費用も、一般的に賃貸マンションの場合はオーナー、分譲マンションの場合は管理組合などが負担する。 また、賃貸マンションの場合はオーナーの一存で決定できるが、分譲マンションの場合は管理組合の賛同が必要なため、その段階で時間がかかる可能性がある。 工期についてNTT東日本では、「弊社あるいはご利用場所の設備状況により提供開始までの期間は異なる」としているものの、「一概に半年以上かかるものではない」という目安を示している。 こうした配管工事が完了したのち、NTT東日本が配管に光ケーブルを通すという流れだ。 NTT東日本は、このような集合住宅のVDSL方式/LAN配線方式から光配線方式への切り替えを積極的に進めている。 さらに今回、新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークやオンライン学習などの利用シーンが広がり、以前より多くの利用者から同様の相談が寄せられていることを受け、無料でのタイプ変更工事を実施するに至ったとしている。

次の