モペット 型 電動 自転車。 激安の電動アシスト自転車のコスパは?中古や型落ちなど3つのお得な買い方

モペットは自転車?バイク? 違反続発で取り締まり強化:朝日新聞デジタル

モペット 型 電動 自転車

出席者は、ヤマハ発動機 MC事業本部長 木下拓也執行役員、モビリティベンチャー glafit(グラフィット)鳴海禎造 代表取締役社長。 両社はこの日、業務提携することを伝え、ヤマハ発動機が、glafitに対し約1億円の出資を決めた。 両社の業務提携による公式内容はこうだ。 「グラフィットの『GFR』シリーズをベースとした派生モデルを開発し、2020年春頃の販売を計画。 その後も、両社は電動モビリティにおける両社の強みを最大限に活かし、よりユーザー視点に立った、安心で便利で楽しいモビリティを提供していく」。 「グラフィット(和歌山県和歌山市)は、2017年に二輪ノンユーザーをターゲットにした、自転車でも原付スクーターでもない新しい電動ハイブリッドバイク『GFR-01』を発売し、新規二輪ユーザーを獲得してきた。 今回の資金調達で、製品開発と人員強化し、経営基盤を強化。 和歌山発モビリティーベンチャーとして株式上場をめざす」 グラフィットが販売する「GFR-01」は、足こぎペダルが付いた電動バイクだ。 電動アシスト自転車と違うのは、ペダルをこがなくてもモーターの力のみで走行できる点。 つまり原動機付自転車扱いの電動バイクなので、公道を走行するにはナンバーと、ヘルメット着用、そして運転免許が必要となる。 これをベースとした新たなモビリティが生まれようとしているわけだ。 「GFRの派生モデル」がめざすもの 気になるのは、「GFRの派生モデル」とはどんなカタチか? ヤマハ側は、その回答の前に、ターゲットについて単純にこう言い切った。 「ターゲットは普通自動車運転免許を持っているすべての人たち」と。 「グラフィットは現状、二輪に縁がなかった人たちに注目されている。 地方や田舎ではいまでも移動といえばクルマがメイン。 でも、高齢化などで普通自動車運転免許を返納する人たちが増えたあと、その移動手段としての新たな選択肢がない。 そこに、この新しいモビリティが入り込めればと」 「それから、鉄道や旅客機、クルマを降りたところからのラストワンマイル、クルマと電車と飛行機などと、新しいモビリティを組み合わせるという選択の可能性もある。 そして都市部は、免許はもっているけど、モビリティを保有していない人が、新しいモビリティのターゲットになる。 そこに、「免許なし」「ナンバーなし」「ヘルメット不要」という夢のようなモビリティの近未来が想像できる。 「日本のみならずグローバルにみても、Eバイク、Eモペットのような走る自転車は普及拡大しているのがトレンド。 いっぽうで、メーカーはいまあるモビリティが継続できるか否かを検討していたりする」 「今後の新規制や、規制緩和という大きな変化に対応できる商品を出していけるかが鍵。 次の規制が出てきたときに、原付バイクをどう選ぶか。 規制をクリアしながら、パラダイムシフトへむけた対応力が問われている」 木下執行役員がいう規制とは、二輪車排出ガス規制 EURO5対応 などか。 法律も変えていく 木下執行役員と鳴海社長はさらに、ルールづくりについてもこう語る。 「ヤマハはこれまでのPAS(ヤマハ発動機の電動アシスト自転車)もそうだったが、このグラフィットとの協業による新しいモビリティを出すときにも、法律を変えていくことも想定している」(木下執行役員) 「既存GFR-01も、製品そのものは新しくない。 道路交通法のしばりがあるなかで、新しい二輪の使い方の提案をしたら、なんとなく『新しい』と思ってもらえた。 そこに新しい価値が生まれた」(鳴海社長) このあたりで、「そういえば」と昨今のニュースを思い出す。 アジアなどで製造されるEバイクはいま、実は Amazonなどでかんたんに手に入れられる。 その商品説明には「この商品が原動機付自転車ですよ。 だから運転免許が要るし、道交法などに従って走って」という記載が小さくあるだけ。 だから、それをよく確認せずに買ってしまったユーザーが、のちのちトラブルや危険なシーンに遭遇するというケースも少なくない。 「ヤマハが持つ二輪ユーザーとは違った、『漕ぐ』という動きが新しい価値つくるんじゃないか。 たとえば、時速30キロで走る原動機付自転車はつまらないでしょう。 でも時速30kmで走る自転車は、気持ちいい。 だから、モーターに対して人がどうアシストするとか(を考えていく)。 ヤマハは実は、商品企画の3割が外部との接点から生まれている。 今回のグラフィットとの協業もそう。 違うものと出会ったとき、イノベーションが生まれることに期待している」 2社がつくる近未来モビリティは、どんな走りと楽しさと便利さをくれるか。 鳴海社長は、「価格は既存の商品(15万円)と大きな差は出ないと考えている。 性能面や航続距離の向上、ユーザーの不満も解消していく」とも伝えていた。 《大野雅人》.

次の

「モペット」乗れない留学生ら困惑 ベトナムで若者に大人気の電動自転車 日本では「バイク」扱い|【西日本新聞ニュース】

モペット 型 電動 自転車

本日も宜しくお願いいたします。 今なら自転車がお買い得! お支払いについて 配送について 楽天バンク決済、楽天銀行振込、代金引換、クレジットカードがご利用いただけます。 「銀行振込」の場合、お申し込みいただいて7日以内にお支払いください。 配送日をご指定になる場合はご指定日の5日前までにお支払いください。 指定日に間に合わない場合はその旨、連絡させていただきます。 配送業者に関しては下記の業者にて配送いたします。 地域とサイズにより選別いたしますので、お客様での選択葉できませんのであらかじめご了承お願いいたします。 返品の場合の代金返却について 注文の取り消し 指定の銀行口座に商品代金をお振込みいたします。 通常、即日発送になっておりますので電話等で直ちにお知らせ下さい。 返品方法 クーリングオフについて 不良品の場合は弊社が指定する業者に依頼し引き上げに伺います。 配送業者にお引き渡し下さい。 こちらの依頼した業者以外にて着払いにて返送されましても受け取りを拒否します。 弊社に届きまして検査後、良品と交換致します。 通信販売は訪問販売とは異なりクーリングオフ適用外となります 但し、お買い上げ商品が万が一不良品であった場合には、返品・交換をお受けしております。 』 個人情報と使用目的 セキュリティーについて 収集される個人情報は、他の人に対しこの情報を売ったり、共有したり、また貸したりしません。 当社が収集する個人情報は、下記の目的で利用いたします。 1.お客様への問い合わせのため。 2.お客様へ当社からのお知らせを送付するため。 3.販売傾向などの資料作成のため。 ご提供いただいた個人情報は、これらの目的以外には一切利用いたしません。 【法的免責事項について】 法により求められた場合のみ、個人情報を開示することがあります。 【データファイルについて】 各種のデータファイルは、外部からのアクセスが出来ないように、. htaccessにより保護されています。 【SSLについて】 クレジット決済には代行会社を利用しており、クレジット情報はSSLにより保護されています。 ヘリコプター・飛行機ラジコンのプロポ仕様について ヘリコプター・飛行機返品特記事項 ラジコンのプロポについてですが、特記事項が無い限り、ヘリコプターおよび飛行機のモードは 国際仕様版となっております。 (スロットルが左)。 あらかじめご確認の上よろしくお願いいたします。 (日本仕様は真逆になります。 ) ヘリコプターや飛行機はその特性上墜落させてしまうと破損する確率が非常に高くなります。 ですので、一度でも使用した商品に関しては返品は いかなる場合があっても返品できません ので、あらかじめご了承お願いいたします。 ,Ltd All rights reserved.

次の

【楽天市場】一般自転車 > 折りたたみ型自転車 > モペット型電動自転車:アルザン問屋in楽天市場店

モペット 型 電動 自転車

公道を走れるモペットと走れないモペットとの違いをご存知でしょうか? ここでは混同しやすいその違いの区別についてブログでご紹介してみます。 似ているのでホントまぎらわしいです。 しかし・・・ まだ私が乗っているフキプランニング製は、ガソリンタンクが搭載されているので、「電動アシスト自転車」とは区別がつきやすいかも知れません。 でも 「モペット型電動自転車」、「電動自転車」、「電動アシスト自転車」はホント区別が難しいです。 モペット型電動自転車とは? 買ったはいいが、一般公道を走れない電動自転車に注意しましょう! 最近ニュースで公道を走れない電動自転車の話を目にする機会が増えています。 先日もベトナム人の女性が無許可で電動自転車を乗っていたとして摘発されましたね。 実はこれ、ベトナムで若者に大人気の免許不要の電動自転車も、日本では「バイク」扱いになるからです。 可哀そうに思ったのは、ベトナムでは「モペット」も「電気自転車」と呼ばれて運転免許は不要なんだって。 自国では無許可で公道を乗れる「モペット」も、日本では公道は乗れないので、多くの外国人留学生らが困惑しているようです。 ペダルを漕がずに走行できる通称「モペット」。 ややこしいのが、 「電動アシスト自転車」の存在です。 電動で走るモペットは、 一見すると運転免許不要の主婦に人気の電動アシスト自転車に見えますが、「モペット」は基本モーターの力だけでペダルを漕がずに進むことから、日本では法令上、免許が必要な「バイク」になってしまいます。 道交法上自転車は、人の力により運転する二輪以上の車に分類されます。 ややこしい「電動アシスト自転車」に似たモペットも、右ハンドルがスロットルになり、ひねると自走する仕組みになっています。 でもこれが確かに見た目は電動アシスト自転車だから間違えてしまうのも無理はないと思います。 見た目は 「電動アシスト自転車」にそっくりですからね! モペット型電動自転車を公道で走るには? ネット通販で見た目がそっくりの電動アシスト自転車を購入したつもりが、実は公道を走れない電動モペッドだった。 なんて話を最近とくによく聞きます。 実際にもここ数年、消費者センターなどにこういった相談が多数寄せられているそうですよね。 そもそも電動アシスト自転車と電動自転車は、見た目は酷似していても、その性質や取り扱いは大きく異なります。 電動自転車とはペダルを漕がずに動力のみで走行できる自転車のことです。 これを電動モペッドなどとも呼ばれていますが、日本の道路交通法上は、 原動機付自転車として扱われています。 もちろん原動機付自転車なので、ウインカーランプやブレーキランプなどの保安器具を取り付けて、ナンバープレートも取得して保険に加入しなければ、一般公道を走ることはできませんね。 間違いやすいトラブルの原因は? 間違いやすいトラブルの原因は、販売している通販サイト側の表記の曖昧さや、いい加減な知識と表記によるものが多いと思います。 中にはアシストモードだけを使用すれば、公道を走れるなどと間違った説明が記載されている場合もあります。 このような場合、消費者が誤認して購入してしまうケースもあるでしょう。 また、販売店側でも電動アシスト自転車と電動自転車の区別がついていない最悪なケースもあるようです。 ですから悪気がなく、電動自転車を電動アシスト自転車として納品しているケースもあるようですね。 仮に電動自転車で公道を走った場合は? もし仮に知らなくても電動自転車で公道を走った場合、 無免許運転などの道交法違反や道路運送車両法違反に問われるようです。 これって知らないのに厄介ですよね! 「ペダル付電動自転車」の走行や使用に際しては、注意してください!と警視庁交通総務課でも呼びかけているようです。 楽天やAmazon通販をよく見ると、電動自転車は電動アシスト自転車と比べて割安に設定されていることが多いです。 電動アシスト自転車だと思って間違って電動自転車購入してしまい、そのまま公道で使用してしまうと、逆に高くついてしまう場合もあるので要注意です。 下記も参考にしてみて下さい。

次の