仁王 面白い。 【仁王 初心者向き】戦闘の基本【これが分かると攻略できる】

「仁王2」前作と比べて面白さは?前作未プレイでも楽しめる?プレイヤーに聞いてみた。

仁王 面白い

最近仁王にはまっています。 完全にノーマークだったのですが、実際にプレイしてみると面白いですね。 このゲームは別記事でも書いている通り、シャアプレイでフレンドと交代しながらプレイしています。 今回は仁王の魅力について話していきます。 ただし、購入には十分注意してください。 別記事でレビューも書いていますのでそちらもあわせて読んでから検討してくださいね。 難易度がかなり高い このゲームの魅力は難易度の高さにあります。 普通のゲームでは味わえないほどの高難易度です。 具体的に何が難しいのかというと、ボスとの戦闘です。 ザコ戦やダンジョンをボスまで進めるのは大概誰でもできるのですが、ボス戦になるともうめちゃくちゃ難しくなります。 初見ではほぼ瞬殺です。 そして何度も戦いを挑むわけですが、どういう攻撃をしてくるのか、隙はどこにあるのかということを何度も死にながら考えていきます。 全てがカチッとはまるとボスも簡単に撃破することできます。 この達成感が非常に素晴らしいわけです。 よく勉強されたゲーム 本作品は、から発売されたゲームですが、非常によく勉強されて作られています。 のダークソウルシリーズのパクリと言われればそれまでなのですが、作った方もダークソウルのようなゲームを作りたかったのでしょう。 最近のゲームは基本的にレベルを上げればクリアが可能ですが、この手のゲームはキャラクターのレベル上げだけではクリアすることは難しくなっています。 自分がうまくならないといけないということですね。 誰でもクリアできるようにしておかないと、色々問題があるという話です。 しかし、このゲームは多分クリアできない人はクリアできないと思います。 その辺もダークソウルシリーズと同じですね。 システムも、ほぼ同じで、和風になっているだけと思えるほど似ていますが、やはり難易度の高いゲームははまってしまいます。 役割分担も完璧 シェアプレイでフレンドと遊んでいると言いましたが、俺の方がこの手のゲームに慣れていて、フレンドはどちらかというとゴリ押しタイプです。 フレンドも、俺と同じように何度もボスに挑戦すれば勝てるようになると思いますが、俺がボス担当、フレンドが道中+レベル上げと言った感じで役割分担がしっかりできています笑 また非常に集中力も必要なゲームなので、フレンドが動かしているときは休憩できるというのは結構大きいですね。 極めればかなり複雑な動きが可能? 現在は、基本的に「攻撃」「かわす」という行動のみで戦っており、時間をかけてチマチマ敵の体力を削っています。 本作品はダークソウルシリーズよりも複雑な動きやスキルが実装されおり、使い方によってはより早く討伐できるようになったり、ダメージを受けずにボスを倒すことができたりすることが可能となりそうです。 スキルの中に、• 残心後に構えを変えると気力が回復 なんてものがありますが、この辺までプレイに組み込んだら忙しすぎて大変です。 しかし、何度もプレイし慣れてくると、流れるように構えを変え、連続攻撃を繰り出す何てことが可能になるのではないでしょうか。 ただクリアを目指すだけではなく、こういった複雑な技術を取り入れてさらに自分を向上させるという楽しみ方もありそうです。 強敵複数体は同時に相手は鬼畜 ダークソウルシリーズなどでは、中ボス級が複数配置されているということはあまりないのですが、仁王では容赦なく配置されています。 これが本当に鬼畜仕様で、同時に相手などできません。 しかし同時に相手をしなければいけないようになっていて、この辺はまだクリアできていません。 対応できそうなビジョンがまったく湧かないので、レベルを上げてみたり、スキルを習得してみたり色々試しながら挑戦していきたいと思います。 最後に やっぱり難しいゲームは面白い!しかし、ボスとずっと戦っているのでストーリーもなかなか進みません笑 今回も動画をとってアップしたいなと思ったのですが、見所がなさすぎて、現在は録画していません。 死にまくり動画になってしまいますし、一回の討伐だけをアップすると短くなってしまいますので微妙ですね。 しかし、そんなことは御構い無しに面白いゲームなので、腕に自信がある人は是非プレイしてみてください。 逆にアクションが苦手な人は十分検討してから買うようにしましょう!.

次の

【PS4】『仁王』のゲームレビュー:せいやのブロマガ

仁王 面白い

こんにちは。 他の皆さん、隻狼を押されていますが私は仁王の方が面白いと思います。 どちらも難しい事には変わりありませんが、どちらも何度も繰り返しプレイするうちに攻略のカギになる立ち回りかたが分かる事です。 多分、仁王を最後にプレイされて時間の経っている方が多いのかなと思います。 皆、最初の怨霊鬼に何度もやられて悲鳴をあげ、雑魚的にもあっさりやられて発狂寸前を忘れているのでしょうか? のど元過ぎればで、時間が経つとあんなの簡単だよとか言われるのかもしれません。 私は仁王、隻狼ともに現在プレイしています。 どちらかと言うと、今も仁王の割合が多いです。 仁王7・隻狼3位の割合です。 面白さの質が若干違うのは分かります。 仁王は難しいながらもレベルと装備をしっかり整えながら進めば、難易度が上がっても対応しやすいです。 ただ、多対一の状況は数の暴力で押しつぶされやすく、高難易度は防御や体力が死にステという事と、ハクスラ&トレハンに魅力を感じない方には楽しめない事でしょうか。 それに、ビルドに対する度重なる下方修正とアプデ、難易度の上げ方が雑など、粗を探せばかなりあります。 ご質問者様が感じた、かけた時間にたいして主人公があまり強くならないというのは、様々な強武器、スキル、ビルドに対する下方修正ばかりが目立つからでしょうし、それらを差し引いても時間はかかりますね。 中だるみすることが結構あるのは事実です。 隻狼は、それらの育成要素が無く、ひたすらにストイックに戦闘のスキルを磨く事が必要になります。 忍具・スキルありますが、基本は戦闘時の自分の立ち回りがキモです。 私が攻略動画等で参考になったのが、隻狼は高速のターン制バトルという事でした。 システムを理解すれば、攻略の大きな助けになりますし、楽しくなるゲームです。 ですが、これらを楽しいと感じるか、数時間ひたすら強敵に挑んでは殺される単調な作業かで評価が大きく分かれます。 ただ、ヘタでも忍具・スキルでボスを封殺できる方法があったりと、実は救済措置も結構ありますが、やはりアクションに特化している印象です。 私は下手なので、少しずつしか進めていませんが、雰囲気と言いプレイヤーに媚びない難易度と言い、このゲームも大好きです。 両方好きですが、ちょっとだけ仁王の方が上かな。 あくまで個人的な意見なので、「そんなの違うぞ」という意見もあってしかるべきだとは思います。

次の

いやいや……仁王面白いな

仁王 面白い

こんにちは。 他の皆さん、隻狼を押されていますが私は仁王の方が面白いと思います。 どちらも難しい事には変わりありませんが、どちらも何度も繰り返しプレイするうちに攻略のカギになる立ち回りかたが分かる事です。 多分、仁王を最後にプレイされて時間の経っている方が多いのかなと思います。 皆、最初の怨霊鬼に何度もやられて悲鳴をあげ、雑魚的にもあっさりやられて発狂寸前を忘れているのでしょうか? のど元過ぎればで、時間が経つとあんなの簡単だよとか言われるのかもしれません。 私は仁王、隻狼ともに現在プレイしています。 どちらかと言うと、今も仁王の割合が多いです。 仁王7・隻狼3位の割合です。 面白さの質が若干違うのは分かります。 仁王は難しいながらもレベルと装備をしっかり整えながら進めば、難易度が上がっても対応しやすいです。 ただ、多対一の状況は数の暴力で押しつぶされやすく、高難易度は防御や体力が死にステという事と、ハクスラ&トレハンに魅力を感じない方には楽しめない事でしょうか。 それに、ビルドに対する度重なる下方修正とアプデ、難易度の上げ方が雑など、粗を探せばかなりあります。 ご質問者様が感じた、かけた時間にたいして主人公があまり強くならないというのは、様々な強武器、スキル、ビルドに対する下方修正ばかりが目立つからでしょうし、それらを差し引いても時間はかかりますね。 中だるみすることが結構あるのは事実です。 隻狼は、それらの育成要素が無く、ひたすらにストイックに戦闘のスキルを磨く事が必要になります。 忍具・スキルありますが、基本は戦闘時の自分の立ち回りがキモです。 私が攻略動画等で参考になったのが、隻狼は高速のターン制バトルという事でした。 システムを理解すれば、攻略の大きな助けになりますし、楽しくなるゲームです。 ですが、これらを楽しいと感じるか、数時間ひたすら強敵に挑んでは殺される単調な作業かで評価が大きく分かれます。 ただ、ヘタでも忍具・スキルでボスを封殺できる方法があったりと、実は救済措置も結構ありますが、やはりアクションに特化している印象です。 私は下手なので、少しずつしか進めていませんが、雰囲気と言いプレイヤーに媚びない難易度と言い、このゲームも大好きです。 両方好きですが、ちょっとだけ仁王の方が上かな。 あくまで個人的な意見なので、「そんなの違うぞ」という意見もあってしかるべきだとは思います。

次の